ざうらー さん プロフィール

  •  
ざうらーさん: コリドラス 7.2cm
ハンドル名ざうらー さん
ブログタイトルコリドラス 7.2cm
ブログURLhttp://corydoras7cm.blog.fc2.com/
サイト紹介文コリドラスに関係していたり、していなかったりする諸問題を、地味にディープに検証するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 230日(平均2.5回/週) - 参加 2018/02/04 12:44

ざうらー さんのブログ記事

  • コリドラス水槽の立ち上げ・その3
  • リセットから8ヶ月、完成に近づいた1200水槽。立ち上げから3ヶ月経過した時点では、こんな感じだった。スタートして3ヶ月経過してコレでは、一般的に「失敗」と判断されて、再リセットされちゃうかも。でも、私の所ではいつもこんな感じ。田砂・上部フィルター・CO2添加なしと、水草の育成を第一に考えた環境ではないので、水槽の立ち上げには時間が必要になる。理由は水草が育つ要素(光量やCO2など)の中で、一番低い [続きを読む]
  • ヤフオクで流木を買ってみた!
  • 特に事件もなく、平和に推移している1200水槽。プルケールね。石の上に乗って、斜め上を向いてぼーとしていた。何か考え事でもしてたのかしら。こちらはスーパーシュワルツィとSLNスーパーシュワルツィの2ショット。流木の陰から、覗いているみたい。この流木、形が気に入ってヤフオクで落札した。高さ、幅、奥行きともに50cm以上ある。この大きさだと、なかなかショップには置いていないし、気に入った形がない。・・ [続きを読む]
  • シベリアンハスキーとレッドシクリッド
  • コリドラスが大好きな私。一方、大型シクリッドも好きだったりする。その為、我が家の水槽構成は「コリドラス」と「大型シクリッド単独飼育」の組み合わせになる。最初はアストロノータス・オセレータス。その後は、テキサスシクリッド、サウスアメリカンシクリッド、パラクロミス・モタグエンセと続いた。現在はシクラソマ・フェスタエ、いわゆるレッドシクリッド。画像は7歳くらいの時のもの。30cmを超え、立派なオスに育っ [続きを読む]
  • コリドラス史 作用と反作用編
  • コリドラスの歴史は、新着魚の歴史だった。新時代の幕開けとなったバルバータス。白い河の恐怖と呼ばれた、アイバンドを持つコリドラス達。プルス河の大型種。アマパ州からの新着種。衝撃的な「初入荷」は、愛好家を活性化させるカンフル剤にはなる。一方で、コレクション偏重は価格の高騰や、良く分からない派閥の形成など、負の要素も作り出していた様に思う。そんな、この狭い世界が殺伐とした雰囲気に包まれた1994年。アク [続きを読む]
  • バリスネリア
  • コリドラスとバリスネリアの組み合わせ。実は、あまり宜しくない・・・との意見があったりする。実際、バリスネリアの葉の縁部分って、結構、ギザギザで硬い。密植してきて隙間が狭くなると、コリドラスの体表を傷つけるかも。だけど、個人的に好きな組み合わせなんです。コリドラスとバリスネリア。解決策は2つ。①バリスネリアの間に、石を置いて隙間を確保する。②増えたら、ランナーごと切り取って捨てる。まぁ、毎週のメンテ [続きを読む]
  • コリドラス史 勝者の混迷編
  • コリドラス、いや、南米の魚を語る上で外せない人がいる。避けては通れない・・・と言った方が良いかもしれない。松坂實氏である。もっとも、私自身は2回しか会った事がなく、氏について語る程の知見を持たない。1回目の遭遇は、品川区中延にあった小林熱帯魚。ドラドキャットの説明をしてもらった。2回目はアグアプロダクション主催の怪魚展。ロングノーズのトカンチーニョを購入した。これだけ。つまり、よく知らない。このま [続きを読む]