Naoya05 さん プロフィール

  •  
Naoya05さん: なおやのせかいさんぽ
ハンドル名Naoya05 さん
ブログタイトルなおやのせかいさんぽ
ブログURLhttps://naoyaworldwalk.blogspot.in/
サイト紹介文外国人との面白話や体験談エッセイブログで、他ブログさんと違い何の役にもたちませんが、面白いと思います
自由文世界一周バックパッカーです!
英語が得意なので旅先で出会った外国人とのおもしろ体験談や自分の経験を面白おかしくエッセイのように綴っていますので、是非お楽しみください!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 93日(平均1.7回/週) - 参加 2018/02/04 17:17

Naoya05 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • お金があるということ
  • p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'; -webkit-text-stroke: #000000} p.p2 {mar
    gin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'; -webkit-text-stroke: #000000; min-height: 18.0px
    } span.s1 {font-kerning: none} この先、なんぼ使うかわからんし、ケチ過ぎずに出来るだけ節約せなア
    カンな。と旅中はいつも思ってる。物価の安い国では、食事で50円 [続きを読む]
  • 空を自由に
  • スカイダイビングしたいな。空を見上げるたびに、僕はそう思う。いつかあの空を。飛ぶことができれば。そういった考えが、四六時中、頭の中を駆け巡る。それは僕の使命なんだ。そう気付いた。オーストラリア、パース。最近流行りの何かの小説のようなスタイルではじまりました、なおやのせかいさんぽ。いったんアジアを抜けて、オーストラリアのお話でございます。バリからオーストラリアのパースに向かった僕は、意気揚々、余裕し [続きを読む]
  • 早朝登山サバイバル
  • フィリピンのあと、まだまだ東南アジアのビーチを体験したいと思い、インドネシアのバリ島に飛んだ。観光島として人気のバリ島は、都会のビーチパーティーエリアと、外れにはバリ文化を残したところがバランス良く残っている。ビーチでパーティーをひとしきり楽しんだ僕は、休憩する為に緑の自然とバリのヒンズー教の文化が強く残っているウブッドという町に移動した。ウブッドは火山や滝などの自然が多く、宿で仲良くなった新しい [続きを読む]
  • ええなぁフィリピン
  • マレーシアの後、僕はせっかく近いしフィリピンに行ってみようと思い向かった。フィリピンはいい方向で想像を超えてきた、本当に楽しいところやった。まず、食事が日本人の口にあう!と思う。初めてのフィリピン料理は「アドボ」っていう豚肉料理を食べたんやけど、豚の角煮のような味付け、、、だけど、またちょっと違った、豚肉の旨味と醤油ベースの味付けがマッチし、そこにニンニクの風味が後押しした、一品!クックパッドにも [続きを読む]
  • 場違いシンガポール
  • クアラルンプールの後、シンガポール在住の大阪の友達が何人かいるので会いに行っていた。5日間、旅を休憩して、友達と日本語で話してリラックスできるのを心の底から楽しみにしていた。その中でも、インヒャンは現地で駐在員勤め、コンドミニアムに一人暮らしとの事で泊まらせてもらう事に。まず、コンドミニアムってなんや。思いながら、事前に教えてもらった住所には高層マンションが並んでおり、小汚いバックパッカーには相応 [続きを読む]
  • ボルネオ島 ジャングル探検
  • 今回の主役    クルーズで発見した巨大クロコダイル僕は何か計画したり、挑戦したりする分には度胸がある方なんやけど、病気とか何か莫大な負担になるような事に対してはとっても小心者であると自負している。例えば、身体のどこかに変な感覚がするなと思ったら、すぐにガンかも。。。と不安になり、寝ても冷めてもその事ばっかり考えて、時には病院に行ったりもする。そして、お医者さんに、特に何もないですよ。と嬉しい結果 [続きを読む]
  • 美しき街と人 クアラルンプール
  • 有名なツインタワー 「イスラム教」と聞いて、危険、テロ、イスラム国などネガティブなイメージを持っている方も多いと思います。しかし、それは限りなく極一部の過激派のイメージで、僕の周りの実際のイスラム教徒の方々は、家庭や環境によって違いはあるものの、コーランの教えに従い、「清く・正しく・美しく」の日常生活をおくっている様子である。僕は、東南アジアの中のイスラム教国家、マレーシアに向かい、7年ぶ [続きを読む]
  • ヴィパッサナー 瞑想修行
  • シャワー上がりに踊るデービッド自分がものすごくいけてると思ってるデービッド10日間の瞑想を終えたデービッドの姿1つ前の日記で紹介したドイツ人のデービット。彼は若いのに自分の考えを持ちつつ、かつ僕たちの意見にもしっかりと耳を傾け、色んな話題について議論したりして、僕も彼から学ぶことがとても多かった。しかし、ちびまるこちゃんの山田くんを西洋人化して、かつ大人にしたようなタイプとお伝えしたとおり、「なん [続きを読む]
  • 古き良きミャンマー
  • 子どもや女性はこんな白粉みたいなんをつけてる ミャンマーで第二の車生を過ごす日本車たちジュンとデービッド旅をスタートして約2ヶ月たち、5カ国目のミャンマーはヤンゴンに到着なんとなく近いし行ってみようかなと、よく知らないまま入ったミャンマーは、観光客を受け入れるようになってから数年しかたっておらず、仏教の影響や自国の文化が生活に強く根付いてるのが街を歩いてるだけでよくみられる。例えば、男性はロンジー [続きを読む]
  • ライスのラオス
  • ラオスの国境ブルーラグーンラオスってどこ?って思ってる人も多いと思うけど、ラオス人もラオスってどこ?って聞かれるのにウンザリしてるらしい。東南アジアの中でも海に面していない内陸国で、人々も落ち着いていて、アメリカの旅雑誌で今訪れる国ナンバーワンにもなったと聞いていたので、とても楽しみな気持ちで、ベトナムからラオスの首都ビェンチェンにバスで移動した。バスで国境を越える感覚は未だにメッチャ新鮮やけど、 [続きを読む]
  • いろいろいろな人たち
  •                (写真)ベトナムの交通事情/アイスクリームに並ぶ蚊殺しの2人/アンコールワットの夜明け旅をしていると、ほんまに嫌でも色んな面白い人に出会うんやけど、今回はいつもの日記と違って、そんなオモロイなぁ自分という人を紹介していきます。《旅は道ずれ》ベトナムのビーチリゾートナーチャンは、ロシアからの直通便があるらしく、ロシア人観光客が多かった。チェックインした後、すぐに40代 [続きを読む]
  • 人情の街、ホイアン
  • ホイアン。ベトナムの中でも歴史的な貿易地でベトナムと中国と日本の文化が織り混ざった何とも趣のある世界遺産の街。現在は観光街として栄えており、街中のランタンが風情を高めている。夜行バスでホイアンの街にホッポリ出されたのが朝の5:30。バスの休憩所でドリアン買って、車内で食べやがったオバハンは絶対に許さん。これまでのブログは誰かと出会ってこんな事あったよーっていう話ばかりでしたが、1人旅というだけあり [続きを読む]
  • 年齢と敬語
  • 「日本人ですか?」「お名前は?」「何歳ですか?」これを僕は<日本人旅人、三大はじめまして質問>とします。名前と出身については全世界共通。 この「何歳ですか?」は出会って速攻質問されることは、他の国の人からはほとんど無いよなという印象。「欧米人は人に年齢聞かないんだよ!それは失礼なんだよ!素敵!」っていう欧米かぶれがおるようですが、ある程度仲良くなったら会話の中で年齢を聞くこともあるんやで。年上を敬 [続きを読む]
  • ロッククライミング
  • クラビはロッククライミングの聖地と呼ばれるぐらい、断崖絶壁の風景が広がっており、ちらほらロッククライマーの姿も。一緒にピピ島にいたみんなとはお別れしたので、ちょいと1人で崖でも登ってみるかと思い、翌日のロッククライミング教室に申し込んだ。1人でロッククライミングしてる姿を想像。 登りきった!やったー!おーい!みんなー!!ってできひんやん。1人じゃ。そもそも僕はホンマにロッククライミングなんてしたか [続きを読む]
  • ビーチでリラックス
  • 前回の投稿でピピ島の魅力は充分に伝わりましたでしょうか。ぼく、わたしに伝わったよー?って人。主にクーラーの話しかしてないのに、嘘つくんじゃない。ばかたれ。ピピ島の魅力については、例のごとく、このブログは全く参考になりませんので、ご自身で何なと調べて、行きたかったら勝手に行ってくださいませ。しかし、ピピ島の海は本当に綺麗かった。遠くまで歩いても、ひざ下程度の深さで波も穏やか。さざ波の音を聞きながら広 [続きを読む]
  • 常夏の島、ピピ島
  • バンコクから飛行機で1時間半ぐらいのクラビというタイ南部のビーチリゾートに移動しました。クラビって??という人が多いと思いますが、有名なプーケットの近くで、海が綺麗なのはもちろん、そのほかの自然も沢山ある場所です。なぜプーケットじゃなくてクラビかと言うと、旅に出発する前にタイ人の友達に、「8月にタイに行くよー」ってメッセージしたら、タイ友達「私はクラビに住んでるから遊びに来てね♪」僕(そんな、どこ [続きを読む]
  • ナイトマーケットへGO
  • タイラー。それはバンコクの宿で同じ部屋やったアメリカン。「ハロー」「元気かい?」「出身は?」「 夜ご飯食べた?」「一緒に食べようか」これぐらいの会話したところで一緒に夕飯を食べに出かけ、食事中になおや 「明日の予定は?」タイラー「いや、特に決めてない」なおや 「ナイトマーケット行かない?」タイラー 「いいね、行こう」こんな感じで意気投合したタイラーとのナイトマーケットの話をします。翌日、宿の近くで [続きを読む]
  • バスと予防注射
  • 初めての街をバンコクにした大きな理由の1つに予防注射が安い!っていうのがありました。発展途上国を含めて、いろんな国に行きたいなと思ってたので、バンコクで最初に色んな種類いっぺんに打ちました。どれぐらい安いかというと、奥さん!今このナオネットタカタをご覧の今!この時間だけですよ!なんと!内容は変わらず、全5種類!日本ではなんと9万円のところ!6分の1のお値段で!1万5千円!!!いっぺんやってみたい。 [続きを読む]
  • 夜な夜な集まるのは
  • 前回のクラブの5人とは、その後も仲良くさせてもろてましてん。泊まってた宿はリビングみたいなスペースがあって、観光から帰ってきては、みんなワラワラと集まってお酒でも飲みながら、そこで談笑したりトランプしたりしてたん。これまた日本人同士で話す話題とは違って、お互いの国の文化、歴史や政治なんかを時には討論するように話したりして。インテリー。話してる時にはホンマに色んな事を考えて、(ほうほう、そういう考え [続きを読む]
  • 旅、初夜
  • p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'; -webkit-text-stroke: #000000} p.p2 {mar
    gin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'; -webkit-text-stroke: #000000; min-height: 18.0px
    } span.s1 {font-kerning: none} バンコクには深夜に到着し、贅沢にもタクシーで宿まで移動して(それ
    でも900円ぐらい)チェックインしたのが夜中の2時。バックパッ [続きを読む]
  • バックパッカーってなんや?
  • さて!いよいよ!満を持して!みなさんの期待をもとに!遂に!!!あの天才おもしろブロガー、なおやが復活しました!!!よっ!!!おめでとーーーう!誰も思へてんか。今回の旅の1カ国目に選んだのは、ほほ笑みの国、タイ!韓国、中国、台湾は行った事があり、今後も比較的気軽に行けるかなと思ったので東南アジアからにしました。訪問を楽しみにしてくれていた韓国、中国、台湾のファンの皆さんへ本当にごめんなさい。僕の心は [続きを読む]
  • はじめに自己紹介
  • みなさん、こんにちは。最近、世界の色んなところへ旅を始めました「なおや」と申します。僕の旅に少しでも興味を持って頂き、訪問してくれたことに感謝感激でございます。早速、まずは自己紹介をさせていただきますね。僕はゲストハウスの経営を目標に29歳まで6年間ぐらい頑張ってお金を貯めていました。その目標は変わってませんが、その前に絶対に世界中を旅してみたい!というがもう1つのやりたかった事で、2017年の8 [続きを読む]
  • 過去の記事 …