amane さん プロフィール

  •  
amaneさん: ひきこもり主婦・com
ハンドル名amane さん
ブログタイトルひきこもり主婦・com
ブログURLhttp://nyaonnyaon.seesaa.net/
サイト紹介文専業主婦です
自由文夫が会社を辞めると言い出しました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 174日(平均1.6回/週) - 参加 2018/02/05 06:03

amane さんのブログ記事

  • のぞき癖
  • 毎日暑いけど、クーラーは苦手で扇風機さえも、長時間だと具合が悪くなる。ベッドに入る前の30分くらい、寝室の窓辺にあるビーチチェアに横になり、テラス窓を通る外からの風で涼む。少しだけ高級な日本酒を飲んで、気持ちよくトウトしていると隣の奥さんの車が帰って来る。外からは自分の姿が見えないように対策しているつもりだけど、一応用心して、車からこちらが視界に入る時にはじっと動かず気配を消す。奥さんが車から降り [続きを読む]
  • ノラリクラリの日々
  • 信じられないくらい暑い。ここが日本だと思えない。庭でさえずる鳥の声も熱帯のジャングルみたいな響く声だ。ジャングルに行ったことはないけれど。扇風機を回しながらパソコンで懲りずにライティングの仕事をする。暑いから頭がぼーっとして、先週はたくさん失敗をした。と普通の人は言うだろうか。私の生活には暑くなくてもそういうことがよく起こる。まず最初に、買い物に行きレジで精算しようとすると、財布がなかった。幸い並 [続きを読む]
  • 先月の在宅ワーク
  • 午前中は夫からの依頼で近所のスーパーやドラッグストアを4軒はしごする。1円でも安いものを買ったり無料のイオン水を汲んだりするためにガソリン代を使って下手な危なっかしい運転で汗だくになり、買い物をする。果たしてこれは、節約なのか?と時々思うけど。帰ってきたら、急いで布団を干し、愛猫のご機嫌をとりつつ自分の昼食を、パソコンを見ながら済ませる。食べながらやれる仕事はボチボチ食べながら済ませる。先月稼いだ金 [続きを読む]
  • しかたない。
  • 細々と続けている在宅ワーク。ハードルの高い仕事は無理なので、文字単価の安い、初心者okのライティングの仕事しかしないことにしている。ひとつ前の急ぎの案件が終わり、実績がまだ1件もない運営者の仕事をしてみた。文字単価は安いが、画像の選出がなく構成が決まっている。文字単価が0.1円0.2円高くても画像がやたらと多いとか構成にもマニュアルがたくさんあるとか・・。そんな仕事よりはいいかと思った。しかし、なぜか自分 [続きを読む]
  • どこに行っても嫌われ者
  • あれからお隣がアメシロ対策をしてくれたかどうか、やっぱり気になるのでまたこっそりと隣の庭を覗いてみる。隣だけでなく、住宅街の他の家も車をチェックし誰もいない時に隣の庭に入ってみる。アメシロの巣は撤去されていた。ご主人も奥さんも、何事にも行動は早い。あっという間にやってしまう。ほっとしたら一気に冷静になった。そして廃屋の庭のように成り果てた隣の庭を改めて見直す。隣の子供達がまだ小さかったころは、自分 [続きを読む]
  • 変なのは私?<br />
  • 奥さんの言った、旦那は今いないというのはある意味本当で隣のご主人は2年ほど前から単身赴任で県外にいる。だけど、毎週末、規則正しく金曜の夜遅くには帰ってきて土曜の朝から元気にユニフォームを着て出かけていく。ご主人の今のこだわりは、あぜの草刈りらしく、必ず毎週末隣のあぜは綺麗になる。何故奥さんがこんな嘘をつくのかはわからない。責められないように、同情を買いたいのだろうか?どちらにせよ奥さんの仕掛けた罠に [続きを読む]
  • 苦情
  • スプレッドシートに苦戦していたライティングの仕事だが、慣れてしまうと文章を入力する程度は困らなくなる。だけどとにかく急ぎの案件で量をこなさなければならない。集中力の持たない私はホスファシジルセリンを飲んで、脳内神経伝達物質の伝達がスムーズになるようにする。仕事をしながら隣の奥さんが帰って来るのを待っていた。出来れば庭にたまたま出た時に、たまたま会ってたまたま思い出してアメシロのことを教えてあげると [続きを読む]
  • 完全武装
  • 先週は急ぎの仕事が入り、一日中在宅ワークの仕事をやっていた。それでも主婦としての最低限の家事として庭の水まきと最低限の植物の世話を急いでやりまた仕事に戻るべく、そそくさと道具を片付けた。ふと物置を見ると、アメシロの幼虫(毛虫)が2匹も。その幼虫は我が家に隣接した隣の木から来る。裏に回って、奥さんの車がないこととを確認して、くだんの木を見る。アメシロの巣がたくさんあった。以前話し合って、この苦情は夫が [続きを読む]
  • 才能開花?<br />
  • ここ最近は寝る前に飲むお酒のお蔭でどうにか精神の安定を保っている。飲むお酒の種類は甘口のワインや梅酒にウォッカとか強いお酒を混ぜて、睡眠薬の代わりに飲む。先週末は在宅ワークで新しい仕事が入ってきた。下調べはほとんど不要の簡単な記事を書くだけで、画像は選ばなくていい。文字単価0.5円。いい仕事だ。私なんかにとっては。でもその代わり、スプレッドシートを使えなくてはいけない。スプレッドシートどころかエクセ [続きを読む]
  • 私にできる仕事なんて、ない
  • 「自分の人生を邪魔する大嫌いな人こそ 自分の魂を汚し寿命を短くしてまで あなたを変えてくれたのだと思いましょう。自分のエネルギーを人に向けず反面教師にしましょう。天界は公平なのです。人をおとしめるとそれだけの責任をとらされ、やられた方の充実度が上がるようになっています。その代わりに あなたも変わることが条件です。シフトチェンジして 次のステージを目指しましょう。」今日はネットで素敵な言葉を見つけた [続きを読む]
  • またあの夢
  • 毎日毎日死にたいくせに、毎食栄養バランスを考えた食事を摂りウォーキングを欠かさない。矛盾しているといつも思う。そう思いつつも今日もしっかりとした昼ごはんをせっせと一人食べる。雨でウォーキングができなかったせいか昨日は寝つきが悪く、あの会社のことばかり思い出した。次第にそれはリアルさを増し、いろんな人の悪意が現実になり形あるものに変わる夢を見た。言葉にならないくらい怖い。睡眠薬もあるし安定剤ももらっ [続きを読む]
  • 考えてもわからない
  • 子供のいない専業主婦といっても毎日けっこう忙しい。朝はまず、夫が広告を見て買うように指示したものを買いにスーパーに行かなくてはならない。限定何個のお買い得品をまず買ってから、ウォーキングに行く。ものすごく車の中が熱いので、スーパーで買い物した時に、氷を袋詰めして持ってくる。レジの人達はこんなに氷をもらっている私を変な目でみてないだろうか?と不安になりながら。内心ビクビクしながら。幸いスーパーのレジ [続きを読む]
  • 前科
  • 長めのウォーキングをした日の翌日は気分が良い。在宅ワークをやり始めて鬱がひどくなったのは時間を惜しむあまりウォーキングの時間を減らしたせいもあるかも知れない。洗濯物と布団を干しながら、「世界はこんなにも美しい」みたいなことをふと考えた。そうこうしていると、隣の奥さんが習い事の教室から帰ってくる。いつもはやりの格好をして、きれいで可愛らしくて痩せている。母の日に義実家に行ったときのこと。義母から、隣 [続きを読む]
  • 常識の壁を越え地雷へ落下
  • ここ何年もずっと、私の一日は目覚めた直後に過去の辛い記憶のフラッシュバックがやってきてから始まる。ごくたまにそれがないと、ものすごく嬉しくい。幸せになれたような気がする。土曜日に一人でかなり長いことウォーキングをしたせいか、寝る前に睡眠薬と、残り一粒だけとなったデパスを飲んだせいか日曜の朝はフラッシュバックがなかった。これでもう解放されるんじゃないか?といつも期待してしまうけど、また同じ一日が始ま [続きを読む]
  • 酩酊状態
  • 病院に行って良かったことは薬を解禁できたことだと思う。まだわずかに残されているかもしれない自然妊娠の可能性。これかがあるうちは薬は飲んじゃいけないと思い込んでいた。でも、医師に相談したところ。高温期が始まって妊娠してからやめたら問題ないんだけど。妊娠に気づかず飲み続けると危険なんだそう。どちらにせよもう妊娠する可能性はないのだからもういいといえばいいし。ということで15年まえのデパスとかマイスリーと [続きを読む]
  • 精神病院2<br />
  • 病院から帰ると疲れてしばらく寝てしまった。気が滅入ったまま、ばたばたと慌てて夕飯を作り、夫の帰りを待つ。帰ってきた夫に病院での一件を話す。病院にもいかないまま15年も生きてきたんだから、鬱病ではないし認定の必要もない。障害年金は望めない。それからアスペルガーは生きていくのに少し不器用なだけで、認定の対象にはならないと思う。という医師の言葉に、「じゃあ死ななきゃダメってことか?」と夫は言う。確かに障害 [続きを読む]
  • 精神病院
  • 以前から予約をいれていた精神病院に行ってきた。結局、睡眠導入剤とセロトニンを増やすタイプの抗うつ剤を処方してもらった。ついた病名は「全般性不安障害」。「発達障害の認定はここではやってない。認定されたとしても、なんの解決にもならないし。隣町まで行けば認定してもらえるよ。15年も病院に行かず生きてこれたんだから、鬱病じゃないはず。だから障害年金なんて無理だよ」と身もふたもなく医師は言う。最近一日に何度も [続きを読む]
  • 敵と味方
  • 人間の中には、3種類の人達がいると思う。自分にとって、「敵」と「味方」と「どちらでもない人」がいる。「敵」はこの世界でもスピリットの世界でも、いつでも、友達ではない人。ただ「敵」としての役割を演じる人と魂。「味方」は魂の世界でも味方で、この世界でも味方の役割を果たす人。辛い時にも味方でいてくれる人。もう1種類は、どちらでもない。ひよりみ菌みたいな人だ。日和見(ひよりみ)菌は、腸内細菌の中で、善玉菌が増 [続きを読む]
  • 孤独に苦しむ人の生きる指針
  • GWは実家で過ごしたので、手持無沙汰な時にはひたすら本を読むことが出来た。精神世界の本を。実家に帰ってもまだ「あの会社」での出来事は私の頭にまとわりついて離れようとしない。一体どれだけ私の人生には、クリアできていない課題が残っているのだろう。実家にまだ置いたままにしていたエドガーケーシーの生まれ変わりに関する本をひたすら読んだ。中でも「孤独な人々」に関する項目は興味深く読み返した。ケイシーの過去生リ [続きを読む]
  • 疲れているのに眠れない
  • ものすごく疲れている。今日も明日も忙しいのに、眠れない。寝る前にお酒を飲むと少し気が楽になる。こうやってアル中になるんだろうか。でもその前に胃がおかしくなりそうだ。持っていた仮想通貨のリップルが値上がりしてきた。それが今は唯一の楽しみだ。小さくやったから、小さな儲けしかない。2万にもみたない。だけど、その儲けは一か月頑張った在宅ワークとポスティングと、創作活動で得たお金よりは多い金額なのだ。しかも [続きを読む]
  • ずっと負け組
  • 今朝は仕事をしていた頃の悪夢じゃなくて、違う夢を見て目が覚めた。いい夢ではなく、どちらかというと悪い夢。だけど目覚めて最初に思ったのはあの職場の夢じゃなくてよかった、ということ。それくらいあの会社でのことは思い出したくないトラウマだった。生まれてこのかた一度も勝ち組になったことがないのに、この先が負け組でなくなるなんてあるわけもない。生きていても辛いことしかない人生だ。私は子供の頃に、薄っすらと前 [続きを読む]
  • キチガイ病院
  • 来月に予約が取れた精神科の下見に行った。夫の家族は昔からあるその病院のことを「キチガイ病院」と呼んでいたらしい。最近はよくある小ぎれいな近所のクリニックじゃなくて、鉄格子のついた窓があるという噂の本当のキチガイの行く病院。そこにわざわざ予約を入れたのは、小ぎれいなクリニックに行ってやってもらえるのは薬と、医者に少しばかり話を聞いてもらえるだけだと知っているから。それはもう16年前に地元で何度も試して [続きを読む]
  • やっぱり仕事はできない
  • 在宅でネットのライティングの仕事をしはじめて、8記事ほど書いて、書けなくなった。20年近く前に会社で起こったことが毎日毎晩フラッシュバックするようになったから。トリプトファンを飲むとすっと楽になる。よく眠れる。でも、朝起きてサプリの効き目が切れたころフラッシュというよりタイムスリップというくらい過去の辛い出来事が私の脳内で鮮明に繰り返される。それが゜だんだん進化してきて夢の中まで現れるようになる。物 [続きを読む]
  • ウォーキング
  • どこまでもどこまでも続く桜並木のジョギングロードを平日一人でウォーキングした。2〜3人とすれ違っただけで、後は誰もいなくなった。桜並木と空と川。自然に囲まれたこんな場所で平日のこんな時間にゆっくりできるなんて、なんて恵まれた人だとはたから見れば思うだろう。ここはもうあの世で、私が死んでいてあの世の散歩道を歩いているんだったらいいのに。そんなことを考えながら歩いているなんて誰も思わないだろう。ここには [続きを読む]
  • 病院にいこう
  • トリプトファンを飲むと、フラッシュバックの連続で眠れなかったのが改善されて、眠れるようになった。少しでも良くなればと、日中も飲む。コリンやイノシトールも。それからホシファシジルセリン。コリンとイノシトールは自閉症スペクトラム独特の「怒り」のコントロールに効くのだそう。確かにコリンを飲み始めて、隣の奥さんに対する蓄積された「怒り」に苦しめられることはなくなった。今までの人間関係での失敗の多くは、怒り [続きを読む]