かずきび さん プロフィール

  •  
かずきびさん: 1級FPコンサルタントによるマネー情報局
ハンドル名かずきび さん
ブログタイトル1級FPコンサルタントによるマネー情報局
ブログURLhttps://main.kazukibi.net
サイト紹介文フリーランスのコンサルタントによる、家計・副業・投資・年金・節税・資格・スキルアップに関する情報
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 162日(平均3.1回/週) - 参加 2018/02/05 16:59

かずきび さんのブログ記事

  • 売れてきている芸能人や有名人が自分で会社を設立する理由!
  • テレビで華やかに活躍する芸能人。かっこいい人、歌のうまい人、踊りのうまい人、クイズの強い人、おもしろい人…。一発屋で消えていく人もあれば、スキルを磨き続けて、何十年も芸能界に君臨し続けている人もいます。あまり公にはなりませんが、彼らは一体どのようにして、お金を稼いでいるのでしょうか?芸能人といえども、税金の世界でいえば、一般人と同じルールが適用されます。そこで、今回は、税務面から、芸能人の稼ぐ仕組 [続きを読む]
  • 特別警報発令!大雨・洪水・土砂災害…火災保険でカバーできるのは…?
  • 西日本を襲った大雨。何十年に一度の被害規模である特別警報も発令されました。本記事執筆時点(7月8日深夜)において、死者45人超、不明者70名超となっています。そして、私が住んでいる大阪も、2週間ほど前に、震度6弱の地震に襲われたばかりなのに…今回も、大雨にやられました。川の増水に、土砂崩れに、避難指示(緊急)。私は、生死に関わるような被害を受けなかったので、まだマシなほうですが、大きな被害に遭われ [続きを読む]
  • 知らなかったでは済まされない…お金の話は知っていることが全てです!
  • 私は、本業でも副業でも、お金に関するノウハウを追求し続けています。今まで、仕事やプライベートで、さまざまな人と接する機会がありましたが、お金の話については、日々、思い続けていることがあります。それは…”お金の話は、知っているか知らないかで決まる”ということです。・これを知っていれば、こんな損をしなかったのになぁ・これをやっとけばよかったなぁ・なぜ、こんなことをしたのだろうすべて、知ってさえいれば、 [続きを読む]
  • 2018年度の税制改正のポイント…私たちの生活・家計への影響は?
  • 今回は、久しぶりに、税金の話をしたいと思います。普通に、会社員や主婦の生活をしているだけでは、普段、税金のことを意識することは、あまりありませんよね。しかし、政府の戦略や方針に従って、毎年、少しずつ、私たちの生活や手取り収入は変化しています。そして、2018年度も、税金のルールに見直しがかけられています。(2018年度の税制改正)細かい解説をすると、ものすごく長くなりますので、今回は、私たちの生活 [続きを読む]
  • あなたの目標をブログに書いてみよう!それがあなたの成長宣言!
  • 私は、複数のブログを運営しています。・ノウハウの提供を目的としているもの・広告で収益をあげることを目的としているもの・自分の日記として活用しているものブログによって、目的はさまざまですが、一点だけ、共通して心がけていることがあります。それは「実体験に基づいた記事を作ろう」ということです。事実と意見まずは、読み手の立場にたったときの話です。(A)日本の借金は1000兆円である(B)日本は、多くの借金を [続きを読む]
  • プロボノ活動のメリット!あなたのスキルを社会貢献させる方法とは?
  • あなたは、自身の仕事に対して、どのような価値観を持っていますか?・顧客や消費者が、自分の作った商品・サービスを喜んでくれる顔が見たい・自分のスキルが高まるのが楽しくてたまらない・家族を経済的に支えるためにイヤイヤがんばっているさまざまな意見があるかと思いますが、基本的には、「お金を稼いで豊かになりたい」ということが大きな部分を占めているのではないでしょうか。しかし、さまざまなアンケート調査を見てみ [続きを読む]
  • プロボノ活動とは?あなたのスキルを社会貢献させてみよう!
  • あなたは、自身の仕事に対して、どのような価値観を持っていますか?・顧客や消費者が、自分の作った商品・サービスを喜んでくれる顔が見たい ・自分のスキルが高まるのが楽しくてたまらない ・家族を経済的に支えるためにイヤイヤがんばっているさまざまな意見があるかと思いますが、基本的には、「お金を稼いで豊かになりたい」ということが大きな部分を占めているのではないでしょうか。しかし、さまざまなアンケート調査を見て [続きを読む]
  • へそくりに注意!タンス預金は銀行よりも安全なのか?
  • 「タンス預金」金融や経済に興味のない人も、言葉だけは、聞いたことがあるのではないでしょうか。タンス預金とは、銀行や証券会社などの金融機関ではなく、手元にお金を保管しておくことを指しています。夫に内緒で、タンスにへそくりをしている妻も、少なくないと思います。このタンス預金、正確に把握することは非常に難しいですが、推定では、80兆円を超える巨大市場になっていると言われています。しかし、このタンス預金に [続きを読む]
  • 2018年度の税制改正のポイント…私たちの生活・家計への影響は?
  • 今回は、久しぶりに、税金の話をしたいと思います。普通に、会社員や主婦の生活をしているだけでは、普段、税金のことを意識することは、あまりありませんよね。しかし、政府の戦略や方針に従って、毎年、少しずつ、私たちの生活や手取り収入は変化しています。そして、2018年度も、税金のルールに見直しがかけられています。(2018年度の税制改正)細かい解説をすると、ものすごく長くなりますので、今回は、私たちの生活 [続きを読む]
  • 統計検定3級の難易度と資格取得体験記
  • AI(人工知能)やビッグデータといった技術が、ビジネスの世界に浸透してきています。これらは新しい技術のように見えますが、膨大なデータを処理・分析するという意味では、古典的な統計学がベースになっています。統計学は、高校の数学で学習する確率・統計の分野であり、少しマニアックなイメージをもっている人が多いと思います。しかし、最近は「英語、IT、統計」が、ビジネスマンの3大ベーシックスキルと言われるほど、基礎 [続きを読む]
  • 統計検定3級の受験体験記…その難易度とは?
  • AI(人工知能)やビッグデータといった技術が、ビジネスの世界に浸透してきています。これらは新しい技術のように見えますが、膨大なデータを処理・分析するという意味では、古典的な統計学がベースになっています。統計学は、高校の数学で学習する確率・統計の分野であり、少しマニアックなイメージをもっている人が多いと思います。しかし、最近は「英語、IT、統計」が、ビジネスマンの3大ベーシックスキルと言われるほど、基礎 [続きを読む]
  • 「貯蓄から投資へ」が進まない理由…銀行預金に頼るリスクとは?
  • 「貯蓄から投資へ」政府のスローガンともなっているこの言葉は、一体、いつの頃から言われるようになってきたのでしょうか?私の記憶では、2001年から2005年までの小泉政権下で、このキーワードが出てきたように記憶しています。しかし、日本の家計資産のうち、8割強は、現金・預金と年金・保険で占められており、「貯蓄から投資へ」の言葉は虚しく、投資がなかなか進まない状況が続いています。今回は、日本で投資が進ま [続きを読む]
  • 「貯蓄から投資へ」が進まない理由…銀行預金に頼るリスクとは?
  • 「貯蓄から投資へ」政府のスローガンともなっているこの言葉は、一体、いつの頃から言われるようになってきたのでしょうか?私の記憶では、2001年から2005年までの小泉政権下で、このキーワードが出てきたように記憶しています。しかし、日本の家計資産のうち、8割強は、現金・預金と年金・保険で占められており、「貯蓄から投資へ」の言葉は虚しく、投資がなかなか進まない状況が続いています。今回は、日本で投資が進ま [続きを読む]
  • 主婦はへそくりに注意!シンプルなタンス預金の落とし穴とは?
  • 「タンス預金」金融や経済に興味のない人も、言葉だけは、聞いたことがあるのではないでしょうか。タンス預金とは、銀行や証券会社などの金融機関ではなく、手元にお金を保管しておくことを指しています。夫に内緒で、タンスにへそくりをしている妻も、少なくないと思います。このタンス預金、正確に把握することは非常に難しいですが、推定では、80兆円を超える巨大市場になっていると言われています。しかし、このタンス預金に [続きを読む]
  • 勝利至上主義のデメリット…”勝つこと”と”楽しむこと”の両立!
  • ”勝つこと”と”楽しむこと”あなたは、どちらが重要だと捉えていますか?受験やスポーツなど、合否や勝ち負けがはっきりとする世界では、”勝つこと”に重きが置かれがちです。「とりあえず合格するのが先だ!」「つらくても勝てばいい!」これは、勝利至上主義と呼ばれており、近年、批判の的にもなっています。逆に、勝たなくても、みんなが楽しんで笑顔でいればいいじゃないという視点も重要です。今回は、”勝つこと”と”楽 [続きを読む]
  • 親世代の認識はもう古い?現在の小学生が習うことになる教科とは?
  • 主要科目としての、国語、算数、理科、社会。副教科としての、体育、音楽、図画工作、書き方、家庭科。教科外の活動としての、道徳、学活。私が小学生の頃に、先生が教えてくれていた教科です。私は45歳の団塊ジュニアで、小学生の親世代でもあります。もうお気づきのことかと思いますが、現在の小学生が習っている教科は、昔、我々が習ってきたものと若干異なるものとなっています。今回は、勉強や自己啓発の一環として、時代の [続きを読む]