海坊主 さん プロフィール

  •  
海坊主さん: MOTO ROO/TRACK DAYS
ハンドル名海坊主 さん
ブログタイトルMOTO ROO/TRACK DAYS
ブログURLhttp://moto-roo.hatenablog.com/
サイト紹介文これからサーキット走をしてみようと思う方と共感していこう、というコンセプトからはじめました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 280日(平均1.3回/週) - 参加 2018/02/05 16:47

海坊主 さんのブログ記事

  • 鈴鹿サーキット ROC 東コース 2018/11/7
  • 乗り慣れてきた999s。とはいえ999sが持つ本来の実力は、半分も出し切れていないと実感もしたトラックデイでした。前回は慌ただしかったので少し余裕をもって到着したので、準備に慌てずに済みました。少し時間があったので遊園地へアプローチしてみたり。トンネルゲートをくぐると別世界になるのは不思議な感覚です。先週では雨マークが出ていましたが覆って晴天です。絶好のコンディションですね。今回の2本走行は1本目Bクラス [続きを読む]
  • 鈴鹿サーキット ROC 東コース 2018/10/23
  • 1か月ぶりの鈴鹿サーキットです。そして999sのサーキットファーストラン。見せてもらおうか、SuperBikeの実力とやらを、と言ったかどうか。翻弄されまくりだったかも。家を出る時間が遅かったのを皮切りに、ずいぶん慌ただしいTrackDayでした。2本走ったのですがインターバルが10分しかないのも厳しいです。肝心な走行内容ですが、まぁ結論から言えばまるで使いこなせていないな、という印象です。タイヤは新品のコンチネンタル・ [続きを読む]
  • 999sからの洗礼
  • 「ドカティは壊れる」というのは本当でした。原因を訴求するとある程度理解はできます。ああ、そりゃ壊れるなと。納得できるかどうかは別として。特に納車されたその日からとか・・・。ただ、走りは素晴らしいの一言です。私は国産の最新SSのすばらしさを堪能する機会はなかったわけですが、残念ながら今後もないかもしれません。走行距離が5万5千kmを超えているTL1000Sと比較するのは、TL1000Sには酷な話ですが、似たような排気 [続きを読む]
  • 鈴鹿ツイン 朝練 うさぎさん 10月13日
  • ついこの間まで、前回来たときは暑い暑いと言ってたのに、今はもう寒さを感じました。なんとなく嫌な予感。タイヤをしっかり暖めておかないと・・・なんせタイヤはそろそろ交換が必要と思われるα-14。いやまだ使いますけどね。当日はRIDING SPORT CUPが開催されていて、場内は混雑気味でした。今回は新しいアイテムとして、自分のライディングフォームチェック用としてアクションカメラを1台追加。本当はGoProが欲しいところでし [続きを読む]
  • 999s
  • 雑誌で999を見たときは、まずナンバーネーミングで痺れてそして縦列ライトの顔とセンターアップマフラーカバーの造詣に惚れ込んだ。916系の系譜を断ち切るような、まったく新しいスタイリング。何これ、空でも飛ぶんですか?ガーランドですか?まずモデルナンバーが美しい数列、999である。銀河超特急じゃないけど、この数列は中二病を患ったことのある男の子なら何か感じるところがあるはずです。その後の1098とか1198とかには申 [続きを読む]
  • ああああ!くそっくそっ!
  • 「いつかはドカティ」とは言いませんが、私にとってドカティは一度は所有したいブランドです。一生に一度でいいから触れてみたいというのは、ブリッテンV1000ですがこっちはちょっと世界が違う。で、その数あるドカティの中でも私の心を掴んで離さないのが「999」。見た瞬間から心奪われてしまい、それ以来、私にとってドカティといえば999なのです。そう、あの999。歴代スーパーバイクの中でも不人気とされるアレ。なんで?どうし [続きを読む]
  • 鈴鹿サーキット ROC 東コース 2018/9/13
  • ずいぶん遠回りしましたが、やっと鈴鹿サーキットに来れる目途が立ちました。本当にずいぶん遠回りしたものです。歴史を感じるたたずまい。そのピットを貸し切り状態で使わせていただく。ライドオンクラブ(ROC)の入会にはSMSCの講習が必要ですが、その講習日は2か月に1度あるかというほどで、スケジュールが合わないとなかなか機会がありません。予算の準備ができつつも、なんだかんだで1年ほどズレこみました。フルコースライド [続きを読む]
  • ガジェットステーを造る
  • ラップタイマーって結構高いのです。サンデーレーサーの味方、クレバーライト製でもパソコン管理できる物は1.8万円。ロードレースやっていた頃に使っていたガーミンを持っているので試してみましたが視認性の点でダメでした。今は以前使っていたスマフォに、RaceChronoというアプリをインストールしたものをマウントしています。そのマウント方法が少しやっかい。今まではタンクの上に両面テープで固定していました。まぁ両面テー [続きを読む]
  • 中古ホイールの再生
  • 以前にヤフオクで1000円のホイールセットを入手していました。1000円というにはいくつか理由がありましたが、中古のホイールを買ったらそれなりの処置をしないと使えないのは、結局の所どれでも同じです。ベアリング・シール交換ハブダンパー交換ディスクローター設置面研磨ディスクローターボルト穴修正本来ならマイクロメーターで振れチェックもするべきですが、これは目視で確認するしかできませんでした。ホイール再生にはこの [続きを読む]
  • 鈴鹿ツイン 金トレ 8月31日
  • 前回と違ってうだるような暑さの中で走ることになったトラックデイでした。タイヤは前回のまま。空気圧は少し抜き気味。これでどうにかなればいいなと、かすかな希望を抱きましたが甘くはありませんでした。滑り出しがつかみやすくなっただけで十分です。おまじないでニャンコを描いてみましたが、当然ながら効果なし。今は速く走ろうと考えることなく、スローインファーストを意識するように走ります。当日は奇跡的に転倒はなく、 [続きを読む]
  • 鈴鹿ツイン 8月17日
  • 先日履いたMAXXIS MA-PSは、年数が経っていたということもあったのかもしれませんが、サーキットではまるでダメでした。腕の問題もあったかもしれませんが。天候は言うことなしのコンディション。うだるのような猛暑はおさらばです。しかし気分は少々複雑です。理由はタイヤ。コースインした直後からもう負けた気分です。ウォーマーで温めていたのも関わらず、タイヤのフィードバックが希薄で感覚がよくわかりません。コースでは常 [続きを読む]
  • 新品タイヤでツルリはお約束
  • ついこの間α-14に履き替えたばかりですが、先日またしてもタイヤを交換しました。銘柄はMAXXIS MA-PS。2015年製造。1円スタート / オークションで前後16,000円で落札。うん、安いは正義。・・・正義なのか?安物買いの銭失いじゃないのか。なんせこの銘柄に関する情報は皆無です。日本ではデイトナが卸していますが、明らかにブランド戦略ミスでしょう。この落札したタイヤもブランド力不足故に売れずに大量在庫のあげく、棚卸し [続きを読む]
  • BERIK TRACK DAY
  • もう、暑いんじゃー!な1日でした。ボスコモト主催の走行会に行ってきましたが、そりゃ連日の猛暑だから覚悟はしてましたが、今回は命の危険を感じましたよ。でも岡山国際サーキットを走る機会は走行会しかないので、コレを逃すとその先はどうなるか・・・。ということです。ホームストレートとバックストレートからのフルブレーキで数回、思考が遅延しました。「あれ?次何するんだったっけ?」そして迫るコーナー。幸いな事に午 [続きを読む]
  • アルミテープはMOD用アイテムの中で究極のコスパアイテムか
  • 2016年にトヨタがトンでも理論で特許を申請したのは記憶に新しいです。日本が誇るグローバルメーカーであるあのトヨタが、カーショップに並んでる得体の知れない燃費グッズメーカーが謳うようなことを言い出した時は、耳や目を疑ったものです。そう、アルミテープでパフォーマンスアップしちゃおうというアレです。AE86用のオプションパーツであり、既にレクサスシリーズなど新車で装着済みの車種もあるというのですから伊達や酔狂 [続きを読む]
  • NISSIN 4PODキャリパーへリプレイス
  • 90年代の他社他車でもよく見かけるTOKIKO 4PODキャリパー。結論から言えば性能はあまり良くないですね。具体的にどの辺りがと言われたら、ピストンが同調しないとか剛性感がとか。なんでこんなの採用したのか推論するに、どう見てもコストカットとしか思えないのです。TOKIKOにはもっと悪名高い6PODキャリパーなんてのがありましたが、こっちは更に輪をかけて酷かった。重い、どれだけメンテナンスしてもバラバラに動くピストン、 [続きを読む]
  • 鈴鹿ツイン 6月29日
  • 先々週が雨で流れてしまい、結局1か月のブランク越しのトラックデイ。しかも前回と同じく湿度が高くて体力を根こそぎ奪われそうな天候でした。今回は熱対策として小さなクーラーボックスにアイスノンと保冷材を入れて持っていきました。これなしでは乗り切れません。今回はタイヤとハイスロとハンドル角が変更点。本来変更箇所は1か所ずつというのが原則ですが、今回はすべてが良い方向性に向いたようでベストタイムが2秒以上、平 [続きを読む]
  • バンズキ
  • TL-Sに関してはSNSを通じて、海外の人と交流をしていたりします。交流といってもいいねボタンを押すか、niceとかcoolとかの単語をコメントに入れる程度ですが。そこで彼らのバイクを見ていると、【バンズキ】という文字列を見かけること多数。英語でVANZUKIと表記されるこの名詞。サインマークはこんな感じで洒落てます。思わず【一体これは何の意味なんだろう?どこから取ってきたんだろう?】と考えてしまうのです。ZUKIはSUZUKI [続きを読む]
  • 手首関節が固い代償
  • バイクのインターフェースでファーストフェーズといえばまずスロットルです。これを人が操作しないとバイクは前に進みませんし、進まないバイクにはブレーキもサスもモックでよい筈です。まぁそれはわかっていますが、だからといってこのパーツを純正からわざわざアフターパーツに交換する必要性は・・・特に無いですね。言い方悪いですが盆栽パーツに近いと個人的には思っています。絶対の必要性があるのはドラッグレーサーでしょ [続きを読む]
  • 梅雨を呪う
  • 皆が体験する嫌なジレンマ。休日の雨。イベントデイの雨。よりによって、何でこの日に・・・イラッ。6月15日は鈴鹿ツインの金トレに行くつもりが、雨模様のためにキャンセルしました。雨の日、路面がウェットの日はサーキットに行かない。これがマイルール。レース活動をしているならともかく、わざわざ転倒のリスクを背負い込みながら走ることはないのです。タイヤも新品で転倒の倍率ドン、というのもキャンセルするには十分な [続きを読む]
  • リッターバイクのタイヤ交換
  • ロードレース(人力の方です)をやっていた頃は、毎日往復46kmをロードバイクで通勤してました。知っている人ならわかると思いますが、ロードバイクのタイヤは細くて薄っぺらいので1mmほどの金属・ガラス片を踏んだだけであっけなくパンクします。帰りはともかく行きの道中でこんな目に遭ったら遅刻してしまうので、即効で修理する必要があります。その結果ロードバイクのパンク修理は5分で済ませられる技術を身につけることができ [続きを読む]
  • 知識と経験とお金
  • 以前ハンドル交換に伴い、スイッチがカウルと干渉していたのでハイスロと薄型スイッチに交換。かなりスッタモンダの作業となり、終わったのは夜の10時を過ぎていました。おかしいな、アクティブのハイスロ交換とスイッチの配線加工は過去に何度もやってるんですが・・・。趣味にはお金がかかります。上記のパーツだけでも1万5千円以上します。店でやってもらったら工賃が更に上乗せされます。TL用の薄型スイッチなんて市販されてな [続きを読む]
  • 土曜日はネヤドラの2輪免許イベントに、日曜日はトレンタドゥエさんの朝走りに参加。なんだかんだでバイクライフで埋まった休日でした。ネヤドラのイベントではレッドブルが飲み放題なんですが、まぁそんなにガブガブ飲むのは身体に良くないですわねと。トレンタドゥエさんはドカティ専門店なわけで、その中にTLが紛れ込んでるわけですが、店長さんはじめ皆さん快く受け入れていただいています。目的地のつきがせは、近くの針テ [続きを読む]
  • PCXタイヤ交換
  • オドメーターは9600km。新車で買ったときのIRCはよく持ってくれたと思います。ということでスリップサインもでていることなので交換となりました。用意したタイヤはIRC モビシティ。リッターバイクに比べたらスクーターのタイヤ交換なんて簡単ではと思いきや、リアタイヤを外すのにアレコレ外さにゃならんのがメンドクサイです。フロントのリフトアップは普段使っているフロントスタンドを使ってみたらすんなりいけました。リムサ [続きを読む]
  • 鈴鹿ツイン 5月18日
  • うだるような暑さに負けた当日の鈴鹿ツイン。思えば積み込みの段階ですでにへばってました。暑い暑い暑い。厚い雲に覆われたせいで湿度と気温がぐんぐん上昇し、おかげでかなり体力を消耗しました。あまりの暑さで集中力がときれたり、先行車をパスしようにもタイミングがつかめなかったり踏ん切りがつかなかったり。さらにブレーキングのタイミングが遅れがちでオーバーランしたりと散々でした。前日までにハンドルの開き角度を再 [続きを読む]
  • フェーエル1の即効性
  • ネットで良い噂話しか出てこないフェーエル1。私には友達がいませんのでそういった話を直接話を聞くことは無いのですが、世間での評価は良いのでしょう。かく言う私も何度か試しています。使ったのは3本ほど。ただしそのうちの1本はOEM品です。その効果は・・・どうなんでしょう?騒がしいVツインでは体感効果が薄いのでしょうか。エアクリーナーを交換したり、クレのエンジンコンディショナーをインテークマニホールドに噴射した [続きを読む]