ニコ さん プロフィール

  •  
ニコさん: 今日は何にワクワクした?アンビー
ハンドル名ニコ さん
ブログタイトル今日は何にワクワクした?アンビー
ブログURLhttps://365good.jp
サイト紹介文英語やリーディング、ライティングの教室(オンラインまたは札幌)です。英語に限らず色々教えています。
自由文学ぶことが好き、言葉が好き、知りたくなったらどこまでも・・・
そんなワタシの「!」や「?」をブログに書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 12日(平均10.5回/週) - 参加 2018/02/06 00:23

ニコ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 教えなくても英語を読める子と読めない子
  • ちょっと保護者さんに知っておいてほしいことがあります。英語を習い始めた生徒さんには二種類あって、何も教えなくても自分で英文を読み始める子と、いつまでたっても読み方がわからない子がいます。その事を叱ったり、がっかりするのは百害あって一利なしです。自分の子どもが一緒に習い始めた子に比べてなかなか読めるようにならないと、心配になったりするかもしれませんが、それはその子のせいではないと覚えておいてほしいの [続きを読む]
  • 新しい名前はアンビーです。Facebookページやサービスの名前を変更しました。
  • 今年はいくつか新しい仕事に挑戦する予定です。今まで子ども向けの英語がメインのサービスでしたが、大人の方への講座やスケッチノートを使った講座などサービスの種類も広がってきたので、今年から新しい名前でスタートすることにしました。新しい名前はアンビーです。ambitionとbeeの造語で、アンビーです。ヨーロッパではハチ(bee)は幸運の象徴だと言われています。新しい名前をアンビーにした理由は色々ありますが、幸運を運ぶ [続きを読む]
  • 車内で本を読んで、ブログを書く。生活って、どんどん変わってくなぁ。
  • ここの所、平日はお仕事を頑張ってて、本を読んだりブログを書けなくて、ちょっとストレス気味でした。で、今週末は2時間くらい離れたトマムに久しぶりにスキーに来ています。移動の時間をもう少し有効に使えないかなと思ってて、読書、ブログ書きに挑戦してみましたよ。出来たのは、読書とブログ書き。やればできるもんです。読書はiPad Proに事前にダウンロードしてあったKindle本を読み上げ機能とイアホンを使って、一冊。途中 [続きを読む]
  • 中学生向けにノートの取り方セミナーをしてきました。
  • 私の書いたスケッチノートを見た先生から依頼を受けて、中学生向けのノート術のセミナーをしてきました。本当はビジュアルを使ったノートの取り方を伝えたかったのですが、中学生の場合は学校の先生が決めたノートのルールがあったり、ノート点検をする学校もあって、カラフルなイラストの入ったノートを書いていると落書きしていると誤解されかねません。講義の内容を大幅に変えて「中学生に必要なノートテクニック」という新しい [続きを読む]
  • 逆算キムラボ 第一回に参加しました。
  • せっかく買った逆算手帳、しっかり活用したいので1年間続く少人数でのオンラインセミナーに登録しました。その名も「逆算キムラボ 」。逆算手帳と、時間術のあきらこ先生のコラボなんて、なんですかね、このお得感。これから毎月、福岡や千葉など日本中から参加する仲間と逆算手帳の活用の仕方や悩み事をシェアしていきます。もちろんあきらこ先生のコ−チングやアドバイスつきです。あきらこ先生からのフィードバックあれこれまず [続きを読む]
  • 表紙のデザインについて勉強中です。【Kindle出版】
  • キンドル本の文章を書くのと並行して、表紙を作り始めています。KDP(Kindleダイレクト・パブリッシング)に登録しました。 | willbe表紙と本のタイトルは、手に取ってもらえるかどうかを大きく左右しますので、力を入れて作りたいと思っています。基本的なデザインの初歩は、インテリアコーディネーターの学校に行っているときに習っているのですが、表紙とインテリアは全く畑違いなので、改めてデザインのことを勉強したいと思っ [続きを読む]
  • 私の1日が24時間を超えてる!と焦った話。一日一時短はじめました。
  • お恥ずかしい話ですが、時間貧乏です。 あれが終わってない、これもやらなきゃ・・・と最近は寝るのが夜中の12時を過ぎています。 やっぱり12時を過ぎると体調は万全ではないなと考えていたら、当たり前のことに気づいてしまいました。 私の1日、24時間を超えてる! 深夜1時ごろに寝ているということは、1日が24時間で終わってなくて、25時間か26時間使って生きてる事になります。で、その押し出された1〜2時間はどこで辻褄を合 [続きを読む]
  • 過去の記事 …