産業衛生・労務オフィス さん プロフィール

  •  
産業衛生・労務オフィスさん: 働く人々の現場から〜社労士兼産業医事務所だより
ハンドル名産業衛生・労務オフィス さん
ブログタイトル働く人々の現場から〜社労士兼産業医事務所だより
ブログURLhttp://sroh39.blog.fc2.com/
サイト紹介文産業医経験豊かな社会保険労務士が書いています。働く人々の現場にまつわる様々なことをつづります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供97回 / 282日(平均2.4回/週) - 参加 2018/02/06 09:08

産業衛生・労務オフィス さんのブログ記事

  • 合格発表
  • 先日、今年度の社会保険労務士試験の合格発表がありましたねこぶしを突き上げた方も、うなだれてしまった方も本当にお疲れさまでした私の場合、複数回受験していますが、不合格がわかると本当にがっくりきますね受験自体やめてしまおうと何度思ったことか…以前、取得の理由を書きました。「より有名な国家資格をもっていることで、労働衛生に関する助言の説得力を上げたい」というのがモチベーションでしたので、ここまで積み上げ [続きを読む]
  • 大きな医療機関には…
  • 以前の記事で、産業医は専任しかありえないけど例外がある、と書きましたそれは、大きな医療機関です医療機関には、メディカルスタッフだけでなく、医療事務や人事総務系のメディカルスタッフ以外も働いています。その規模が1000人以上であれば、「専属の」産業医が必要です医師はたくさん雇用されていますから、1人くらいは「産業医として選任できる要件を満たした」医師はいることでしょう。その医師を監督署に届け出れば、晴れ [続きを読む]
  • WhyではなくHow2
  • 日経メディカルAナーシングにマンガが掲載されていますhttp://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/anursing/chinhyakkei/201709/552502.html日経ビジネス会員なら閲覧できるかもしれません閲覧できない方向けに、文字でご紹介しますある病院にめちゃくちゃ厳しいベテラン外科医がいましたあるとき研修医がその外科医の指導の下で医療行為をしていましたが、「そうじゃない!」「違う!」と厳しい声をかけます。挙句、「もういい [続きを読む]
  • WhyではなくHow
  • なんでできないんだ!なぜそんなことをしたんだ!なぜやらなかったんだ!目上の人間からこう言われて、「その理由は…」と答えられる人、いると思いますか?きっと多くありませんすみません、と言おうものなら、「謝ってほしいわけじゃない!理由を訊いているんだ!」とまくし立てるのがオチかなり昔の新聞記事に、某航空会社の女性役員のコラムがありました「なぜ?」と訊かれると人間は思考停止に陥る。だからなぜ?と訊くところ [続きを読む]
  • 面談の目的
  • 産業医に面談を依頼するとき、きちんと目的を伝えていますか?以前、ある事業場から面談依頼がありました事務担当者がその依頼を受けたのですが、「診断書がでたから」という旨ん?意味がさっぱりわかりません。診断書がでたからといって、産業医面談は必須ではありません面談をしてみると、『体調が悪いので精神科を受診したところ、しばらく休んだほうがいいといわれた。診断書がでた』、ということでしたで?事業場は何をしてほ [続きを読む]
  • いろんな角度からみてみよう2
  • 今回の指標は、「有給休暇消化率」です前回も平均値について書きましたが、消化率は「平均値」に近いので、「ならされて」しまいますたとえば、ある人はほとんど有給休暇をとることができないでいるのに、別の人が私傷病で休む際に休暇を消化したらどうでしょう?消化率は上がってしまいますよね?そこで提案するのが「有給休暇 消化者率」です目標を50%と定めたとすると、50%以上消化した人の率を指標にするわけですそうすると [続きを読む]
  • 45分休憩のワナ
  • 大きな企業では、早く退勤できるようにという配慮のために、45分休憩にしているところがあります労働基準法では、6時間を超えて8時間以下の所定労働時間の場合、少なくとも45分休憩をとらせることを定めています。60分の休憩が必要なのは、8時間を超えた場合なわけです労働者の拘束時間をへらしてあげよう、と所定労働時間を8時間ではなく7時間30分とかに減らしている企業もあるでしょうところが、残業がほぼ毎日あるような場合、 [続きを読む]
  • いろんな角度からみてみよう
  • 衛生委員会でとりあげる議題の一つに長時間労働に関するものがありますみなさんの事業場では、どんな形で議事にされていますか?多くは「報告型」だと思います時間外労働の階層ごとに人数を報告されているのではないかとこの人数以外に別の指標を使っている事業場はありませんか?例えば平均値「今月の残業の平均値は22.3時間でした…」とかここでタイトルどおり、「いろんな角度からみる」ことを提案しています平均値のデメリット [続きを読む]
  • 職業病科医
  • これまで何度か話題にしていますが、改めて産業医は事業場から選任された状態の医師を呼ぶので、必ず「事業場名」が前につきますだから、「産業医インタビュー」とか「産業医が語る」というのは厳密には誤りですその誤りをおかす最たる原因が、産業医業務をメインにしている医師に「●●科」という標榜科がないためです世の中で最も多いとされる嘱託産業医は、ベースは内科医とか精神科医ですだから、何科のお医者さん?と聞かれれ [続きを読む]
  • なめられるな!人事マン
  • これまでも「人事」に関する興味を書いてきましたが、きっと「人事課長 鬼塚」の影響が強いです鬼塚人事課長は何者にも屈しない強い人物として描かれていたので、弱い人事マンをみると残念に思ってしまいます大きな権限が集中するのはよくないことですが、「ここぞ」というときには強権発動できないと人事マンである意味はありませんこの記事に出てくる「クセの強い」部長も、この記事にでてくるパワハラ部長も、私の知りうる限り [続きを読む]
  • 産業医の工数
  • みなさんの事業場では、毎月の定例訪問時、産業医に何をしてもらっていますか?衛生委員会の出席だけですか?それはもったいないことこの上なし、ですある事業場のニーズは「安全衛生委員会に出席してもらいたい!」が中心でしたそのため、時によっては2時間近く、委員会に参加していたのです本来の契約時間は1.5時間なので、完全に延長料金がかかっていました「長時間労働に関する面談をしてもらいたいので、早めに来てもらえない [続きを読む]
  • 全国労働衛生週間
  • 毎秋、というと我々の業界はうずうずします。労働衛生週間があるからです労働衛生週間は、いつのころからか「全国労働衛生週間」と呼ばれるようになりました。6-7月の全国安全週間と統一するためだと思いますさてさて、今年も10/1-10/7が全国労働衛生週間、9月は準備月間でした安全衛生にかかわるお仕事をされている方は、「労働衛生のしおり」購入されていますよね?常識ですよ。購入がまだの方は即刻購入しましょう中災防や厚生 [続きを読む]
  • 産業衛生学会 参加
  • 先日、日本産業衛生学会の全国協議会に参加してきました教育講演、シンポジウムとポスター発表がメインの学術集会ですこうした研究発表を目の当たりにすると、「もっと勉強せねば」という気持ちにさせられますただ、残念なことが1つ「産業医」は役職名ではないということを学会の運営サイドがご存知なかったことですあるシンポジウムに、大学の先輩後輩が登壇しました。仮に【鳩村周五郎 医師】であるとします講演集には彼らの氏 [続きを読む]
  • 言葉遣い
  • 今回も言葉遣いのお話ですカウンセリング、という言葉がありますまれですが、「カウンセリングをお願いしたい」という依頼があります話を聴いてあげてほしい、という意味で他意はないのでしょうけど…う〜ん、産業医面談はカウンセリングではないんですよね広い意味ではあたるかもしれませんが、カウンセリングだと思っている医師は少ないと思いますやはりカウンセリングは、臨床心理士、産業カウンセラー等の心理職が行うものだと [続きを読む]
  • 人材派遣健保 解散
  • 先日、とても大きなニュースがとびこんできました人材派遣健保が解散の予定とのこと加入者50万人は協会けんぽが引き受けることになります解散した健保に入っていた人を引き受けるのは、健康保険法26条に規定されています人材派遣健保の名前を知ったのは、「NTT健保の加入者を抜いた」というニュースでしたそれだけ派遣労働者も、それを支える派遣会社のコーディネート従業員も増えているということなのだ、と改めて実感したのを覚 [続きを読む]
  • 定時に帰る〜LOOTプロジェクト
  • ニュースアプリを眺めていると、ふと飛び込んできた【「定時に帰る」を英語で言うと…】の文字英語では、leave the office on time というそうです頭文字をとるとLOOTです。おおっ語呂がいい!定時退社を促すキャンペーンに使えそうです。 LOOTプロジェクトとして広めたいと思ってしまいましたLOOTを調べてみますと、「略奪」というネガティブな意味があるようで、若干トーンダウンしかし「戦利品」という意味もなくはないという [続きを読む]
  • 残念な上司…
  • 先日、復帰面談をした労働者からこんなことを聞きました「100%治してからこい」直属の上司から言われたそうですう〜ん、残念ですこれだけメンタルヘルス対策が強調されている現代にあって、今でもこんなことを言う人がいるのが…しかも、その人、「人事系部門」の人です…残念です、残念すぎますさらにさらに、その事業場は、みなさんも絶対ご存知の大企業の看板がついてますその企業の子会社なんですね看板は伊達じゃないでしょ [続きを読む]
  • 健康診断個人票
  • 労働安全衛生法令に係る健康診断は、個人票を作成して保管する必要があります様式第5号と呼ばれますが、内容が網羅されていれば、必ずしも標準様式でなくても構いませんここで、この部分をみてください医師の診断も医師の意見も、医師が記載する欄には違いありませんここに、同じドクターが記載してしまっていることがよくあります下の欄、「医師の意見」欄は産業医等が記載する欄です健康診断の結果と、作業態様、作業場所などを [続きを読む]
  • 天災時の通退勤
  • 先般、台風21号が日本に上陸しました上陸前から、1993年に鹿児島に上陸して甚大な被害をもたらした台風と同等、という報道がなされましたさあ、みなさんの会社はどんな対応をとったでしょうか?「台風ごときで出社しないの?仕事なめてる?だれが仕事すんの?」といったニュアンスのことを上司や上の立場の人間に言われた、ということがツイッターなどでつぶやかれますね確かに、ギリギリの人員で事業を行っているところは「だれか [続きを読む]
  • 荷揚げ屋さん
  • 先日、「家を建てる」内容のテレビを見ていると荷揚げ屋さんが出ていました初めて聞く仕事内容ですクレーン等の重機が使えないような狭い場所で、重いものを必要な場所へ運ぶ仕事のようですその番組では、入り組んだ場所に狭小住宅を建てていて、重い柱材などを「荷揚げ屋さん」が運んでいました。外での作業はもとより、ある程度出来上がったあとでとてつもなく重い浴槽を2階より上に運ぶなど至難の業です。出来上がっているので [続きを読む]
  • 統括と総括
  • 今回の話はとてもマニアックです大きな会社で、専属産業医を選任しないといけない事業場をいくつももつ会社には、その産業医たちを束ねたり、全社的な健康管理施策の助言を行う医師を雇っているところがありますこうした医師を「統括産業医」と呼ぶことがあります。ただ、私が以前いた会社は「総括産業医」と呼んでいましたまだまだ専門医でもなかった当時の私は、疑問におもって医局のボスにぶつけてみましたボスの解説はこうです [続きを読む]
  • dele テレビ朝日のドラマ
  • 今期一番面白いと思われるドラマ、「dele」契約者が亡くなると、その求めに応じてデジタルデバイスの中身を遠隔操作で消去してくれる会社の話ですドラマの内容もとても面白くて、なんで深夜ドラマなの?プライムタイムでも十分いける!と思うのですが、深夜ドラマです第1話、一人で会社を切り盛りしていた圭司(演:山田孝之)のもとに、弁護士の姉(演:麻生久美子)が補佐役として祐太郎(演:菅田将暉)を連れてきますさてさて [続きを読む]
  • 乳がんは外科医が診る病気
  • 先日、さくらももこさんが亡くなられたとの訃報がとびこんできましたご冥福をお祈りいたしますこうして著名人がご病気で亡くなると、社会の病気に対する感度が上がるように思います先日、ツイッターで「産婦人科医」を名乗るユーザーが、「乳がんの検診はこう受けたほうがよい」とツイートしました。そこに別の医師ユーザーが「そのツイートは乳がん検診にかかる科学的根拠がない」というニュアンスのリプライをした、という一件が [続きを読む]
  • 医師の人事
  • 今回は「医師の人事では、経験や力量で評価をしてほしい」という内容です研修医時代のこと学生時代に引き続き、「人事」に興味をもっていたのですが、なんとも解せないことがあったのですある外科系診療科に2名の医師がいました一人は、大学院を修了して医学博士の学位を持っている医師歴8年目のA医師もう一人は、医師歴4年目のB医師(医師としては3年の経験値)でも、この二人、立場がまったく違っていたのですA医師は消化器外科 [続きを読む]
  • なぜそうする必要があるのか
  • 先日の安全衛生委員会での委員長の一言に感銘をうけた一件委員長はとても重要な訓示をされました「ルール守れ、ルール守れって皆言うけどさ、なんでそのルールが必要かを教えないとダメよ」そのとおり!故 児玉清さんの往年の一言を思い出します本当にそのとおりなんですなぜそのルールがあるのか、必要なのかをしっかり教えないと、「別にいいか〜」となってしまう。人間ですからなぜアースをとる必要があるのか「静電気によって [続きを読む]