yoshimi さん プロフィール

  •  
yoshimiさん: WJLTのブログ
ハンドル名yoshimi さん
ブログタイトルWJLTのブログ
ブログURLhttp://choichoiviet.com
サイト紹介文日本語教師の海外就職をサポートします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 88日(平均0.6回/週) - 参加 2018/02/06 12:01

yoshimi さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 情報にオープンである
  • 人材紹介に正解はあるのか?何が正解か?難しいですが、求人者、採用側ともに喜んで頂けることが正解です。しかし、求職者と求人者との間で、事前の情報伝達不足によるミスマッチによって、早期退職を引き起こすことになれば、それは失敗となります。日本国内での就職とは違い、海外就職は言葉の壁、価値観の違いが往々にして問題になります。採用側と求人者の双方からヒアリングをして、求人者と求職者双方と対等な立場で、情報を [続きを読む]
  • 日本語教師のみの求人を扱うからこそ
  • WJLTは日本語教師に特化した海外就職を支援する人材紹介サービスです。人材紹介には主に2種類、通常求人と専門求人があります。 多種の職種を扱う「通常求人」ではコンサルタントは自社で扱う職種の数だけその職種について把握していなければなりません。職種や業界によって、給料や待遇、仕事の環境は異なるものですから、全ての職種についてプロフェッショナルのコンサルタントになることは非常に難しいことがわかります。 私た [続きを読む]
  • 海外で働く日本人にとって必要なもの
  • 前回の投稿で、日本語教師に必要なスキルは以下の3つをあげました。1.語学としての日本語の知識2.指導技術3.教養 私が最も大事だと思うものは④です。 4.日本人としての社会的マナー日本人として海外で働く以上、「日本人」という大きな枠組みで扱われます。◯◯さんではなくて、「日本人の◯◯さん」、「日本人の先生」とカテゴライズされます。「日本語を教えること」以外に、「日本人としての立ち居振る舞い」「社会人 [続きを読む]
  • 日本語教師に必要なスキル
  • 1.語学としての日本語の知識母語として私たち日本人は日本語を使います。しかし、外国人に日本語を教えるためには、専門的な知識が必要になります。読み書き・文法・発音、言葉の由来、漢字の成り立ち、これら専門的知識が必要です。 2.指導技術私たち日本人は「日本語」という語学を勉強して、日本語を話すことができるようになったわけではありません。「日本語が話せれば、日本語教師になれる」というわけではありません。 [続きを読む]
  • 日本語教師とは
  • 1.仕事内容日本語を母語としない人に外国語として「日本語」を教える語学の教師です。読み書き、文法、発音、会話。外国人に“使える日本語”を「教える」仕事です。一方的に「教える」ではなく、学習者が日本語を使えて初めて、“使える日本語”を「教えた」と言える、そんな仕事です。学習者は日本語を使って何をしたいのか?日本の文化や生活習慣、歴史、日本人のマナーを伝える役割もあります。 2.日本語教師になるには日 [続きを読む]
  • 外国人雇用に関わるようになったきっかけ
  • 今、ベトナムで働いています。 私の日本での仕事は理学療法士です。病院から介護施設、訪問リハビリなど、医療介護業界で約8年間働きました。介護業界は団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年4人に1人は介護が必要と言われています介護職員の充足率は、2017年度が94.0%、2020年度が91.1%、2025年度が85.1%と年々下がり、2025年には37.7万人の人材が不足するといわれています…これを補うためには毎年7〜8万人の補充が [続きを読む]
  • はじめまして
  • はじめまして、WJLT近藤です。外国人技能実習生や外国人労働者の人材紹介をきっかけに、日本語教育に携わりました。今、海外では日本語教師が非常に不足しています。私が滞在しているベトナムも同じく、日本人が一人もいない日本語教育機関はたくさんあります。ネイティブが日本語を教える意味は大きいことを非常に実感しました。海外で日本語教師をしてみたいという方のために、日本語教師とベトナムの日本語教育機関の橋渡しをで [続きを読む]
  • 過去の記事 …