ポク太郎 さん プロフィール

  •  
ポク太郎さん: ゲーム・オブ・スローンズの人物相関を似顔絵で憶える
ハンドル名ポク太郎 さん
ブログタイトルゲーム・オブ・スローンズの人物相関を似顔絵で憶える
ブログURLhttps://gameofthrones-easydrawings.blogspot.jp/
サイト紹介文登場人物が多い海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の相関を似顔絵を使って整理していくブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供147回 / 255日(平均4.0回/週) - 参加 2018/02/06 15:04

ポク太郎 さんのブログ記事

  • 大嫌いなジョフリーの名シーンを振り返る
  • ポク太郎です。ネタがないので再度シーズン1から1.3倍速超で見直しております。相変わらず大嫌いなジョフリーですが、役者さんに罪はなし。それどころか初っ端から名演技。 という訳で、ジョフリー役を演じるジャック・グリーソンの名演技、これぞ七王国の王子ジョフリーという名シーンを洗い出してみました。シーズン2までのネタバレを含みます。ジョフリーの名シーン1一つ目はシーズン1第二話『王の道』にて。5:40頃〜。意識不 [続きを読む]
  • アリアスタークの『実際に殺したったリスト』まとめ [シーズン7まで]
  • ポク太郎です。名門出身の高貴な暗殺者アリア・スタークの実際に殺したったリストをまとめました。公開済シーズン7までの分。中学生の歳で60人近く意図せず目に入ってネタバレにならないよう切替スイッチ付。赤いボタンを押すと内容が表示されます。壁の採用係ヨーレンが伝授した、ブツブツ呟く有名な方は↓。アリアスタークの『絶対にぶっ殺すリスト』まとめ殺し屋アリア・スタークが実際に自身の手を成敗した方々です。表中に「 [続きを読む]
  • タイウィン公のかっこいいシーンまとめ【動画なし】
  • ポク太郎です。『ゲーム・オブ・スローンズ』の登場人物中、カッコイイのはタイウィン・ラニスター公。かっこいい場面をさっと再確認するための目録を作ります。王の手タイウィン公王の手:タイウィン・ラニスター、俳優チャールズ・ダンスタイウィン公といえば、ご存知こんな方→「獅子は羊の評判など意に介さん。」強者が強者であり続け、重要なのは自分の家系だけ。ラニスターの名を利用しない長男の虚栄心を叱責。既にライバル [続きを読む]
  • 商人イリリオ・モパティス描いてみた[イラスト/似顔絵]
  • ポク太郎です。ペントスの豪商イリリオ・モパティスを描いてみました。シーズン1の第一話で初登場。シーズン1第五話『狼と獅子』で再登場。このエピソードのネタバレを含みます。マークしてなかったが意外に重要ペントスの商人:イリリオ・モパティス:俳優ロジャー・アラムエッソスの自由都市ペントスに邸宅を持ち、商いを営む豪商。ヴィセーリス、デナーリスの二人を匿った人物。デナーリスがカール・ドロゴに嫁いだ際、ドラゴン [続きを読む]
  • サーセイはさっさとハイガーデンへ嫁げばよかったのに|ゲースロ考察
  • ポク太郎です。初老が大スキなのはもちろんサーセイ。嫌いなのはアリア。理由は「サースィ」と発音するから。とにかく考えるのは大スキなサーセイのこと。あの時こーしたら、この時あーしてたらと常にサーセイの可能性を考えてしまいます。シーズン5のネタバレを含みます。分からなかったシーズン5の描写以前こんな記事を書きました。サーセイの発想は根本的に間違ってる中で、サーセイは「ラニスターに非ずんば人に非ず」なので、 [続きを読む]
  • マージェリー、念願叶えた不幸な王后|ゲースロあらすじ考察
  • ポク太郎です。とにかく“后”になりたい一心の狡猾な女性マージェリー・タイレル。番組中、存在感も大きく出番も多いのですが、よくよく考えたらマージェリー自身の夢・希望が結果どうなったのかを整理したことがありません。似顔絵の描き直しに合わせ、あらすじを書いて考えてみます。シーズン6までのネタバレを含みます。マージェリーに着目したあらすじ七王国の“后”を目指す女:マージェリー・タイレル裕福な平野部リーチ、 [続きを読む]