ポク太郎 さん プロフィール

  •  
ポク太郎さん: ゲーム・オブ・スローンズの人物相関を似顔絵で憶える
ハンドル名ポク太郎 さん
ブログタイトルゲーム・オブ・スローンズの人物相関を似顔絵で憶える
ブログURLhttps://gameofthrones-easydrawings.blogspot.jp/
サイト紹介文登場人物が多い海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の相関を似顔絵を使って整理していくブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供158回 / 283日(平均3.9回/週) - 参加 2018/02/06 15:04

ポク太郎 さんのブログ記事

  • スクープ!|デナーリスの名刺を入手したよ
  • ポク太郎です。スクープです。ターガリエン家最後の生き残り、デナーリスの名刺を入手しました。あまたの肩書きを持つ申し子女王として民の陳情を聞き入れる際のものまず1番古いものがこちら↓。恐らく最古のもの。ミーリーンの金字塔ピラミッド内にある玉座に就いたときのものと思われます。六つの肩書きが並んでおりますが、四つ目に「アンダル人の女王」とあります。アンダル人とは1000年以上前にウェスタロスへ侵攻した民族。 [続きを読む]
  • ミーリーンの元親方ヒズダール・ゾ・ロラク描いてみた[イラスト/似顔絵]
  • ポク太郎です。デナーリスにより奴隷解放が行われたミーリーンの元支配者側の一人ヒズダール・ゾ・ロラクを描いてみました。シーズン4から登場。ただの陳情者じゃないのかいミーリーンの元支配者層:ヒズダール・ゾ・ロラク奴隷都市ミーリーンの一親方の息子。デナーリスが進軍中に道中で見つけた163の里程標。里程標となっていたのは磔にされた子供の遺体。里程標…ミーリーンまで後何里?と距離を示す道しるべ。デナーリスは遺体 [続きを読む]
  • 野人に村を襲われた少年オリー描いてみた[イラスト/似顔絵]
  • ポク太郎です。野人に村を襲われ壁へ来ることになった少年オリーを描いてみました。シーズン4から登場。報復合戦の被害者野人に襲われた村の少年:オリー襲われた村の少年。野人はナイツ・ウォッチを壁から誘い出す作戦。挑発のためオリーのみを生かし、壁へ伝えろと開放します。壁での会議では挑発に乗らず篭城を決定。唯一の生き残りオリーは壁で保護されます。何千年間、ナイツ・ウォッチと野人は報復合戦を行っています。オリ [続きを読む]
  • サーセイ嫌いへ贈る『好きになるための自爆リスト』
  • ポク太郎です。ゲームオブスローンズは、主人公が設定されず、全員が嫌われポイントを持つ特殊なドラマ。視聴者によって受け取り方が違いやすいものでもあります。その受け取り方で今回着目したのは「どうもサーセイが嫌われキャラクターらしい。」元クロニクルズサラ・コナー、サーセイ大好きなおっさんから見ると??。“七王国中から嫌われる王后”ですが、視聴者に嫌われる理由にはなりません。そこでサーセイ嫌いと仰る方に、 [続きを読む]
  • ラムジーの愛人ミランダ描いてみた[イラスト/似顔絵]
  • ポク太郎です。ボルトン家犬舎長の娘でラムジー・スノウの愛人ミランダを描いてみました。シーズン3で瞬間初登場。シーズン4から本格的に登場。嫌われキャラに引きずられる美少女ボルトン家犬舎長の娘:ミランダ犬舎長の娘。ボルトン家の落とし子ラムジー・スノウの愛人。北部から忌み嫌われるボルトン家。Google検索で真っ先に「ラムジー 嫌い」と候補が挙がるラムジー。そんな愛らしいラムジーの愛人です。キャラとしては、嫉妬 [続きを読む]
  • ミーリーンの元奴隷モサドール描いてみた[イラスト/似顔絵]
  • ポク太郎です。奴隷制を敷くミーリーンの元奴隷モサドールを描いてみました。一瞬ですがシーズン4で初登場。存在に着目されるのはシーズン5かな。切実なる奴隷の思いミーリーンの元奴隷:モサドールミーリーンの元奴隷。穢れなき軍団司令官グレイ・ワームに説得され、ミーリーンで反乱→成功し、元奴隷として主君デナーリスの参謀となる。反乱時に父親を亡くし、また、奴隷制の支配体制を知っているため、デナーリス、その他参謀の [続きを読む]
  • ルース・ボルトンの嫁ウォルダ描いてみた[イラスト/似顔絵]
  • ポク太郎です。ルース・ボルトンの嫁ウォルダを描いてみました。シーズン4から登場。金づるではなく銀づるボルトン家嫁:ウォルダタリー家旗手フレイ家から来た嫁。フレイ家といえばウォルダー・フレイ。嫁入り先探しに難航するほど大量に娘が居る強欲ジジイ。自分の娘を娶れば体重分の銀を渡すと言われ、ルース・ボルトンが選んだのが、このウォルダ。字幕では“娘”となっていたのですが、実は孫娘らしい。ちょっと待て。この時 [続きを読む]
  • またアリアのリストページ更新しました
  • ポク太郎です。またただのお知らせです。かなり詳しくなったと思う俺ちょびちょび更新するアリア・スタークの絶対にぶっ殺すリスト、シーズン5迄の分を更新しました。アリアの絶対にぶっ殺すリストまとめ結構時間掛かるんですが、がんばっております。【関連記事】全キャスト〜シーズン1登場〜を並べる“七王国”とは結局どれ?HBOテレビドラマのブラーヴォスは何処にある [続きを読む]
  • リトルフィンガーのヒゲの形全然違うやないか[イラスト/似顔絵]
  • ポク太郎です。“リトルフィンガー”こと大蔵大臣ピーター・ベイリッシュ。何ヶ月も経ってやっと気付きました。ヒゲの形が全然違います。顔も歪んでるので描き直し大蔵大臣:ピーター・ベイリッシュヒゲだけではなく髪型も違うわ、歪んでるわだったので描き直しました。ピーター・ベイリッシュといえば、・動機のない人間は疑われないからと自分に繋がらない無実の人間を陥れる・強者から恩を受けるが、その強者が弱体化したら次 [続きを読む]
  • “顔のない男たち”徒弟の娘ウェイフ描いてみた[イラスト/似顔絵]
  • ポク太郎です。ブレーヴォスのジャクェン・フ=ガーの弟子ウェイフを描いてみました。シーズン5から登場。中後半の登場なので少しネタバレ気味です。ご注意下さい。“ウェイフ”とは宿なし子のこと“顔のない男たち”の徒弟:ウェイフウェイフWaifとは「浮浪児、宿なし子、宿なしの動物、のら犬」を意味する単語。が、そう呼ばれることもなく名前もない謎の娘としてストーリーが進行します。暗殺者“顔のない男たち”を名乗るジャ [続きを読む]
  • アリアのリストページ更新しました
  • ポク太郎です。ただのお知らせです。何をやってんだ俺は以前からまとめていたアリア・スタークの絶対にぶっ殺すリスト、シーズン4迄の分を追記・更新しました。アリアの絶対にぶっ殺すリストまとめGWを潰してまでこんなことを調べています。これって完全にゲームオブスローンズオタクですよね。【関連記事】全キャスト〜シーズン1登場〜を並べる“七王国”とは結局どれ?HBOテレビドラマのブラーヴォスは何処にある [続きを読む]
  • 野人の狼潜りオレル描いてみた[イラスト/似顔絵]
  • ポク太郎です。野人の緑視力保持者オレルを描いてみました。シーズン3で登場します。ゲースロ界の魔法使い野人の狼潜り:オレル緑視力が使える野人。緑視力とは…狼、鴉などに乗り移り、見聞したり、行動させたりする能力。狼潜り、鴉潜りと呼ばれる。ゲームオブスローンズ界での魔法の一種。地味な魔法ですが、大きく取り上げられます。色々と察知する疑い深い人間。事情により同行するナイツ・ウォッチジョン・スノウを信用しま [続きを読む]
  • リトルフィンガーの従業員オリヴァー描いてみた[イラスト/似顔絵]
  • ポク太郎です。王都の娼館で働く従業員オリヴァーを描いてみました。シーズン3で初登場。従業員&スパイ&少数派娼館従業員:オリヴァー娼館で働く従業員。趣向は少数派。娼館のオーナーは財務大臣ピーター・ベイリッシュ(リトルフィンガー)。貴重な少数派で、かつ、リトルフィンガーの従業員ですから、当然スパイとしても動きます。被害者は、良縁を潰されたロラス・タイレル。でも同じく少数派なので、ご本人は気にしてないご [続きを読む]
  • 野人ゼン族リーダーのスター描いてみた[イラスト/似顔絵]
  • ポク太郎です。野人の一部族−ゼン族のリーダースターを描いてみました。シーズン4初っ端で初登場です。北方の食人族登場ゼン族族長:スター食人族。スターStyrという名前ですが、“ゼン族”としか呼ばれません。冥夜の守人が敵対する野人軍団の中でもかなり武闘派。強力な戦力ですが野人の戦頭トアマンドには嫌われています。また、ゼン族を倒せば「ゼン族を倒した初めての男」と自慢できるようです。自慢してる人→演じる俳優は [続きを読む]
  • ダヴォスの息子マットス・シーワース描いてみた[イラスト/似顔絵]
  • ポク太郎です。ついに嘘吐き発動、更新にやたらと間が空いてしまいました。出来上がったので何とか更新。玉葱の騎士ダヴォス・シーワースの息子マットスを描いてみました。スタニス・バラシオンが活躍し始めるシーズン2から登場です。人相悪いが孝行息子ダヴォスの息子:マットス・シーワース海上で奮闘する父ダヴォスの安全を神に祈り、主君スタニス・バラシオンの覇権のため身を尽くす孝行息子。人相が悪いのは、邪教じみた光の [続きを読む]
  • アリアのリストに登場のポリヴァーを人違いしておりました
  • ポク太郎です。ポリヴァーという人物を間違えて憶えておりました。ポリヴァーはロミーの仇ハレンの巨城で、アリアが絶対にぶっ殺すリストを復唱中、物乞いをする奴隷を殴りすぐさまリスト入りした方です。ポリヴァー間違い間違い正解”引用 HBOドラマシリーズ Game of Thronesより。上の人は、ハレンの巨城で捕虜達を拷問してた人。ポリヴァーはその人だと思い込んでおりましたが、正解は下。上の人の拷問シーンの後、夜中にパン [続きを読む]
  • ゲームオブスローンズで英語と歴史のお勉強
  • ポク太郎です。ゲームオブスローンズにハマってからお勉強ばっかりしております。冒頭に自分語り実はこれ意外な話でありまして、十代の頃どんな初老だったかと言いますと、・ ゲームをするわけでもないのにゲーセンの椅子に座り、→ 老人男性が入口の扉をガランと開く。→ 中でたむろする高齢娼婦の一人をチラッと見て、そのまま立ち去る。→ 目線を向けられた一人がいそいそと服を直して後を追う。センター試験の前日にこの光 [続きを読む]
  • アリアの絶対にぶっ殺すリストまとめ[まだシーズン6迄だけど]
  • ポク太郎です。北のおてんば娘アリア・スタークの絶対にぶっ殺すリストをまとめています。まだシーズン6までで完成前ですが、随時更新していきます。ヨーレンが授けた復讐の極意壁の採用係ヨーレンが伝授した復讐の心得、アリア・スタークの絶対にぶっ殺すリストをまとめます。意図せず目に入ってネタバレにならないよう切替スイッチ付。赤いボタンを押すと内容が表示されます。1. シーズン2 第四話『光と影』第二章 四話『光と影 [続きを読む]
  • ボルトン家の残忍な家来ロック描いてみた[イラスト/似顔絵]
  • ポク太郎です。義に厚く皆から慕われるスターク家の旗手を務める残虐非道なボルトン家。そのボルトン家の残忍な家来ロックを描いてみました。シーズン3で初登場します。残虐非道一家の優秀な家来ボルトン家家来:ロックボルトン家に仕える残忍な部下。付近をたむろする他校の生徒に迫る中学生のような表情↑でジェイミー・ラニスターに迫ります。残虐非道は主君のポリシー。誘惑にも強いし頭の回転もわりとグッド。だからこの家の [続きを読む]
  • 誰だゲームオブフローズンって検索してるの
  • ポク太郎です。どんなキーワードでうちに訪問下さってんのかなと検索ワードを調べておりました。ゲーム・オブ・フローズン原作は小説『氷と炎の歌 A Song of Ice and Fire』。なんだ?氷を“凍ったFrozen”で言い換えたのか?意味が通じてるのか通じてないのか微妙だな。スローンズ↓フローンズ↓フローズンちゃんと意味のある言葉への高度な変形。王座からフローズンヨーグルトへ。なかなか味のある変形じゃないか。今描いている [続きを読む]