青山 淳 さん プロフィール

  •  
青山 淳さん: 不思議な世界を受け入れてみよう
ハンドル名青山 淳 さん
ブログタイトル不思議な世界を受け入れてみよう
ブログURLhttp://aoyamajun.work/
サイト紹介文世の中の不思議な現象や事件を真面目に取り上げます。科学だけを信じないで常識を飛び出してみませんか。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 17日(平均6.6回/週) - 参加 2018/02/06 22:36

青山 淳 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • あぁ 大杉 漣さん
  • どの芸能人にもたくさんのファンが付いていると思いますが、この方は、とりわけ多かったのではないでしょうか?大杉 漣 さん女性からはもちろん男性からも「かっこいい」と言われる俳優さんです。主役を引き立てる名わき役として、この方の顔を知らない人は極めて稀かと思います。わき役 と言うイメージよりはるかに存在感のある俳優さんをバイプレーヤーと呼びますが、まさに、バイプレーヤー 大杉 漣さんでした。300の顔を持 [続きを読む]
  • 月の裏側に宇宙人の基地がある
  • アメリカの宇宙飛行士 エドガー・ミッチェル の証言( 1971年にアポロ14号で月面に降り立ち月面を歩いている )2008年のイギリスのラジオでの発言『地球にはすでに宇宙人が訪れている。 政府は60年以上にわたって真実を隠してきた。 宇宙飛行士は出発前に宇宙人の存在を説明される』これ、凄いことですよね。当たり前に宇宙人がいることを説明されてから打ち上げられるんですよ。もし、存在そのものを政府が公表したら逃げようと [続きを読む]
  • 悪霊も自分で見たら信じるでしょ
  • 気持ちよく寝ていましたお話に よくあるような、寝苦しい夜ではありませんでした。記憶では、すぐに寝付いたように覚えています。当時は私も高校生、寝苦しいという事を知らない世代です。寝ている最中、なんとも息苦しい感覚があって起きようと思いました。ここ、変ですね。『起きよう』なんて思って起きることは通常ありません。そんな感覚とは関係なく、気がついたら起きています。その時は、『起きよう』 『起きなきゃ』と思 [続きを読む]
  • オリンピックとドーピング
  • そうそうドーピング違反なんかしないまたもドーピング疑惑が平昌オリンピックで出てしまいました。平昌 13日公表日本のスピードスケート・ショートトラック斎藤選手です。もちろん、本人は「思い当たる節はない」と言っています。斎藤選手の主張は書面でCAS(スポーツ仲裁裁判所) のアンチドーピング部門に提出済みだそうです。斎藤選手は、薬物摂取をしていないという証拠を短時間で提出できず、チームに迷惑を掛けたくないと、自 [続きを読む]
  • オリンピックとドーピング
  • そうそうドーピング違反なんかしないまたもドーピング疑惑が平昌オリンピックで出てしまいました。平昌 13日公表日本のスピードスケート・ショートトラック斎藤選手です。もちろん、本人は「思い当たる節はない」と言っています。斎藤選手の主張は書面でCAS(スポーツ仲裁裁判所) のアンチドーピング部門に提出済みだそうです。斎藤選手は、薬物摂取をしていないという証拠を短時間で提出できず、チームに迷惑を掛けたくないと、自 [続きを読む]
  • ピョンチャン夜間の競技が多すぎる訳は?
  • 夜間のジャンプ競技ついに始まった平昌オリンピック。4年間、もしくはそれ以上の期間 この瞬間に焦点を合わせて練習・調整を重ねてきたであろう選手たち。晴れの舞台ではあるが、夜間の競技が多すぎます。開会式も帰りの電車が無くなる不始末があり、史上最も寒いだろう とまで言われたこの大会で、寒風吹きすさぶ中、夜間ひたすら出番を待つ、ジャンプの選手の気持ちはいかばかりか?あのレジェンド 葛西紀明選手でさえ、「もう [続きを読む]
  • ピョンチャン夜間の競技が多すぎる訳は?
  • 夜間のジャンプ競技ついに始まった平昌オリンピック。4年間、もしくはそれ以上の期間 この瞬間に焦点を合わせて練習・調整を重ねてきたであろう選手たち。晴れの舞台ではあるが、夜間の競技が多すぎます。開会式も帰りの電車が無くなる不始末があり、史上最も寒いだろう とまで言われたこの大会で、寒風吹きすさぶ中、夜間ひたすら出番を待つ、ジャンプの選手の気持ちはいかばかりか?あのレジェンド 葛西紀明選手でさえ、「もう [続きを読む]
  • あおじゅんの半生
  • 生まれた当時の故郷私が あおじゅん  です人はだれでも生れてくる時期や場所、そして親を指定することはできません。決してお金持ちの家ではありませんでしたが、世界の中では最も安全と言われる日本に、戦争のない時期に生れることができたことは、世界の何十億の人々からは羨ましがられるものと思います。ですので、まずは感謝です。私は長崎県の小さな島で生まれました。 佐世保から船で一時間半程度でしょうか。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …