Me さん プロフィール

  •  
Meさん: 創価と引寄せと私
ハンドル名Me さん
ブログタイトル創価と引寄せと私
ブログURLhttps://ameblo.jp/soka-hikiyose-me/
サイト紹介文創価学会2世のバリ活だった私(Me)が非活になり引寄せの法則を学ぶようになった経緯と今を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 190日(平均2.4回/週) - 参加 2018/02/06 22:51

Me さんのブログ記事

  • 心の声を聞く感度を上げる
  • 本当はどうしたい?本当は何が望みなのか?心の声をキャッチする感度をあげる方法のひとつ。それは五感を磨くこと。五感を感じること。 嗅覚・視覚・聴覚・触覚・味覚五感はその瞬間瞬間に感じるものだから、「美味しい!」と感じたのに「不味い」と感じ直すことは出来ない。 「気持ちいい!」と感じたのに「気持ち悪い」と感じ直すことは出来ない。 その、瞬間的に湧いてきた気持ち。これが本音。 だから五感に敏感になると自分 [続きを読む]
  • 心の声は1秒未満
  • 心の声って1秒にも満たない瞬発力をもって答えは出ている。まさに一瞬の出来事。聞こえない理由は大概が、○本音に蓋をしすぎて聞き取る能力が低下している○聞こえても常識や固定概念でそれを封じ込めるのどちらかだ。 1秒にも満たないくらいの速さで心にフッと沸き起こってきたその感情・感覚。それが本音。 でもそのすぐ後にこうしたら、ああなるよねってああ言ったら、こう返されるよねって ○過去の経験から○未来の不安 [続きを読む]
  • 自己対話のススメ
  • インナーチャイルドと向き合ってから自己対話の大切さを知った。 どれだけ自分の本心よりも”周りや環境からみてどうか”を優先して生きてきていたか。 こんなにも我慢や苦しい思いをたくさん握り締めて生きてきていたんだと気付いた。 もちろん本心だけで生きていくことは時に難しいこともある。 だけど問題は自分から湧いてきたその本心を無かったことの様に扱うこと。常識で考えたらこうするべきだから損得で考えたらこうある [続きを読む]
  • 宿命からみる両親との関係
  • 自分で作ってきたマイルール=解釈・観念・思い込み そのマイルールは親の影響や育った環境があるにせよ自分で選択し積上げてきた思考だ。だけど親との関係性を語るにあたりこれが全てというわけじゃない。 そもそもなぜこの両親から生まれたのか? という疑問。 そんな理由を探しても本当のところはどうかなんてわかんないし証明もできないけど、自分(魂)が選んでこの両親の元に生まれたと思っている。 なぜこの父親と母親だっ [続きを読む]
  • マイルールの上書き 〜母親編〜
  • 次に母親とのエピソード母親はお金がいつも無い無いと言いながら安くはない塾代を払い私を通わせていた。 ある日熱があり塾を休み家で寝ていたら「なんで塾休むの!行きなさい!」母親がと怒り出し、私は熱がありながらもよたよたと体を起こし半泣きになりながら塾に行ったことがあった。 これは母親の性格からして勉強が遅れるからという理由ではなく塾代がもったいないから行かせたことは明らかだった。 私の頭の中での解釈は [続きを読む]
  • マイルールの上書き 〜父親編〜
  • 前回からのつづき 過去の経験やその時に感じたことから無意識に作り上げてきたマイルール。 マイルールが作り上げられたきっかけは一つじゃなく複数の場合もあるけど具体例をあげてみてみようと思う。まず父親とのエピソード 私が小学生くらいの頃、家族みんなで兄弟や私が生まれる時の話を聞いていた時、父親から 「男の子が欲しかったのに女(私)が生まれて あ〜女かぁって思ったんや(笑)」 と言われた。 その時は家族で笑 [続きを読む]
  • マイルールは上書きできる
  • 幼い頃に両親から教わってたこと言われたこと、されたこと、それに伴いその時々に信じた思考や経験 「これが真実だ」「これが自分だ」 と思い込んでいる思考が無数にある。 何か物事ひとつが起こったことで一つの思考から別の思考を呼んだり経験や人から言われたことなどあらゆる思考がごちゃ混ぜとなり、無意識すぎて自分でも理解ができていない様々な思考が作られていく。 無意識下にある潜在意識にどんどん入っているらしいが [続きを読む]
  • 親想いの健気な子ども
  • 私は前回ブログで書いた黒い感情「親が嫌いなバージョン」が強めだったけど 「健気バージョン」もあって 「親を助けたい」「親に迷惑をかけたくない」「親に心配させたくない」「親より幸せになってはいけない」「親より苦労しないといけない」「親より裕福になってはいけない」など 子供なりに考えて自分の本音よりも親の立場親の期待に応えることを優先してしまう。 優しい子ほど空気を読んでしまう子ほど優等生な子ほど親の心 [続きを読む]
  • 親への黒い感情を認める
  • 年齢は関係なく、子どもの頃から両親との関係で苦しみ傷ついている人たちは他人に話さないだけで結構いるはず。 、というか程度の差はあれほとんどの人がそういう一面を持っていると思う。 親からされたこと親に言われたこと親にとられた態度 辛かった傷ついた苦しんだ そんな記憶は消し去りたいのに消したくても出来なくて、思い出さないように蓋をしてきた。 そうして何かの拍子に時折その蓋は開き辛かった、傷ついた、苦しん [続きを読む]
  • インナーチャイルドを癒して変化したこと
  • インナーチャイルドを癒すワークをしてから親との関係に変化を感じたのはある日、父親と会話していた時のこと。 父親が私の仕事のことでバカにするような言い方をしてきた。 これまでの私ならなんて言い方!ひどい!ムカつく!そうやって人を下に見て!って思ってたのに、 一瞬ムカっとしたものの、"あ〜、お父さんはお父さんなりに私のこと心配してくれてるんやな。その心配する気持ちがあんな言い方になってしまってるんやな" [続きを読む]
  • インナーチャイルドを癒して見えてきたこと
  • ずっと信心してきたけど私の中で晴れることのなかった両親に対する黒い感情。 それが、インナーチャイルドを癒すワークをしたことで解決してしまった。 いや、完全に解決した訳じゃないけど 重くて重くて苦しんでいた心の荷物がふっと軽くなった。 そんな印象。 私がインナーチャイルドを癒してみた中での気付きは、 "傷ついたインナーチャイルド"と言ってしまうと 自分を被害者親を加害者 とみなしがちだけど、 被害者意識をも [続きを読む]
  • わたしの中のインナーチャイルド
  • 親に反発心を持ったまま活動を頑張りだした頃、 「お父さん、お母さんと大切に」 と池田先生が指導で言われる度に心からそう思えていない自分に落込んだりダメな自分と思ったり泣きたい気持ちになった。 指導で言われていることも世間的に考えても両親を大切にって、ごもっともだしそうあるべきだとは頭では理解していた。けど、表向きには両親を大切にと思ってもそうあろうとする自分を作ろうとしても心からそうできない自分が [続きを読む]
  • 学会2世から見たインターチャイルド・親との関係性
  • 心理学をかじり始め出てきた言葉インナーチャイルド。 日本語で「内なる子供」という意味で幼少期の記憶、感情、感傷のことでそれらの経験を元に性格や思い込みが作られているそうだ。 小さい頃は、両親、兄弟、学校の先生特に両親(育ててくれた大人)から一番影響を受けており、その時に受けた心の傷は大人になっても癒されないまま人格の一部になっているらしい。 これは学会2世〜でないにしても、誰しも幼少期に受けた両親 [続きを読む]
  • 心の悲鳴を知るサイン
  • 好きな食べ物はなんですか? パッと答えられない人、もしかすると心がお疲れかもしれません。 もし身体的な病気やケガがないのに 食欲がない寝れない といった症状がある場合、心が相当疲れているかもしれません。 心身ともに体の異変に気づいた方はここで紹介したワークなどやらず、モヤモヤと考えてしまうあらゆる情報(ネット、TV、新聞、雑誌など含め)をなるべくシャットアウトして下さい。そして出来るだけ 寝たいだけ寝る良 [続きを読む]
  • 「罰論・謗法の恐怖心」と「周りの目を気にしなくなる」方法 〜その5〜
  • 長々と説明してきましたが、前置きから始まったこのシリーズも今回の〜その5〜で締めくくります。 ※初めての方は、ワークをする際は必ず前置きから読み始めて下さい。 ワークの内容をまとめると、【 まとめ 】 ①「〜すべき」「〜すべきでない」が  頭に浮かんだらノートに書き出す。 ②自分が心地よいと感じること=「快」を 書き出し行動に移す。 2つのワークをご紹介しましたが、実際にやってみましたか? 今日はどん [続きを読む]
  • 「罰論・謗法の恐怖心」と「周りの目を気にしなくなる」方法 〜その4〜
  • 前回までのブログを読んでない方はこちらを先にお読みください。→前置き→その3「自分を満たす」について私が実際にやってみた事や感じた具体的変化を書いてみます。あぁ、こんな感じかぁ〜って参考になれば思います!決してこれが正解とかじゃなく一例にして自分の心の声を一番において下さいね。【自分の「快」に従ってみた一例】私は節約家です(ケチとも言う(笑)お金に苦労した経験から財務は思いっきりやり生活費は切詰め [続きを読む]
  • 「罰論・謗法の恐怖心」と「周りの目を気にしなくなる」方法 〜その3〜
  • 前回までのブログを読んでない方はこちらを先にお読みください。→前置き 2つ目いきます!まずは自分を満たす私はこのワークをして周りの目が気になりにくくなり、自分責めや他人批判の気持ちが薄まったり、本当にやりたいことが見えてきたり、何を得なくても他人から評価がなくても今のままで幸せを感じられるようになったり とにかくやってみたらいい事がたくさんありました。「自分を満たすこと」のポイントは、他者から何か [続きを読む]
  • 「罰論・謗法の恐怖心」と「周りの目を気にしなくなる」方法 〜その2〜
  • 前回の記事を読んでない方はこちらを先にお読みください。→前置き→その1 前回のブログ〜その1〜をやってみましたか?自分の中にいるべき子いくつ発見できましたか?会社は休むべきでない時間は守るべき旦那は働くべき子供に対し勉強するべき無駄遣いするべきでないなどなど学会活動での例をあげると、会合には参加するべき御本尊を疑うべきでない学会組織を批判するべきでないネットの情報は信じるべきでない組織から離れる [続きを読む]
  • 「罰論・謗法の恐怖心」と「周りの目を気にしなくなる」方法 〜その1〜
  • 前回の記事を読んでない方は必ずこちらを先にお読みください→前置き 1つ目いきます!「〜すべき」「〜すべきでない」の思考を取り除く 「正しい」「間違っている」をベースに物事を考えるクセがついていると、「〜すべき」「〜すべきでない」と思考が働き、自己や他者を責めることに繋がるのは前に説明した通り。 罰論・謗法の恐怖心からも解放されやすくなります。 >>>> ステップ①まず最初にやることは、「〜すべき」「〜す [続きを読む]
  • 「罰論・謗法の恐怖心」と「周りの目を気にしなくなる」方法 〜前置き〜
  • 前回のブログの続き。 1つ目「〜すべき」「〜すべきでない」の思考を取り除く。 2つ目まずは自分を満たすこと。非活になり引寄せの法則を学ぶ中で主にこの2つをやったら ○罰論・謗法の恐怖心○周りの目(親や周りの学会員)を気にする心 が薄まり心の平穏な時間が増えたやり方(ワーク)をお伝えします。 これは誰にでも有効なワークなのでもちろん学会関係以外の人にもオススメなんですが、 元バリ活・現非活の私としては、 ○ [続きを読む]
  • 引寄せの法則 と 学会指導の ”願いが叶う” の相違点
  • 信心を本気で始めるきっかけも引寄せの法則を意図的に使いこなしたい人も当初は叶えたい願いがあったり悩んでいることを解決したいと思い取組み始める人がほとんどだと思う。 引寄せの法則を学んでみたら学会で聞いてきた内容と類似する点が多かった。 仏法の教義学会指導引寄せの法則 とかって、一年学んできて思うのが、表現方法や解説方法が違うだけで引力と同じで目には見えないけど実際にある働きのことを説明している。そ [続きを読む]
  • 自己受容と自己否定を繰り返す学会活動
  • 本来、釈尊が言いたかったことは、一人一人の生命には無限の可能性が秘められている尊い存在だということでそれに気付かせるための教えが仏法の根本であると私は思ってる。それを実践している学会員さんは、 自分らしく生きていたり悩みを克服した体験を持っていたり優しく思いやりのある人だったり人の痛みのわかる慈悲深い人だったり人として尊敬できる人だったり 人として、この人いいなぁ温かい人柄だなぁ一生懸命な人だなぁ [続きを読む]
  • 自己受容できたはずが、自己否定に逆戻り
  • 自己否定から自己受容へ生きることに前向きになれたはずだった。 この仏法を現代にわかりやすく示してくれた人生の師匠の存在 共に励ましあい活動した先輩幹部や同志 この道は間違いないこの道以外に幸せになる道はない だから 師匠の期待にお応えするため学会の正義を証明するため組織を守るため 学会活動してきた。 それが広宣流布の戦いだと信じて。 その正義の世界を実現させるために小さな自分の我を中心におくことなく 師 [続きを読む]
  • 私の原点
  • 「創価は正しい」の世界で生きてきて紆余曲折はあっても御本尊への祈りを根本に師弟の道を疑うことなくまっすぐに進んで行くことが幸せになる正しい道で私の使命を果たしゆく最高の人生を歩んでいる そう、心から信じて第一線で活動してきた。 私はなぜ、そう思ったのだろうか?バリ活になったんだろうか…? 原点に戻ってみよう。 2世だからといってみんながみんな活動家になるわけじゃない。 幼い頃からバリ活両親に植付け [続きを読む]
  • 「正しい世界」で生きてた私
  • 「創価は正しい」の世界で生きてきた。 この仏法こそが「正しい」この仏法でしか本当の幸せは手に入らないそれ以外は間違っているの世界観。 だからこの仏法を世界へ流布している創価学会こそ「正しい」組織だ、と。2世で育った環境や両親の影響はもちろんあるけど、この、物事に「正しい」を重視し、「間違い」を嫌う傾向は日本の学校教育や社会構造も強く影響していると思う。 テストの○×学校の規則や社会のルールを守るべ [続きを読む]