こころ さん プロフィール

  •  
こころさん: 甘いものはそんなに。
ハンドル名こころ さん
ブログタイトル甘いものはそんなに。
ブログURLhttp://amaimonohasonnani.com/
サイト紹介文元Bakerが、オススメしたい料理・お菓子のレシピをカナダ・トロントから発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 100日(平均1.5回/週) - 参加 2018/02/07 09:09

こころ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • オムレツっぽくなっちゃう・・・?タラのピカタ。
  • ずいぶんと時間が空いてしまいました・・・。え?一か月以上ぶり!?って自分でも驚いています。3月に仕事が決まり、4月から週一で働いているのですが、これがなかなか・・・もう、家で準備したりするのが大変で。週6日は自宅でその仕事の準備に時間を費やしていたら、ずいぶんと美味しくできたレシピが溜まってしまいました。今回のタラのピカタ、実は義父がロシアのお惣菜が売ってるところから買ってきたお魚よりヒントをもらい [続きを読む]
  • スープからリゾットへ変身?ほっこり温まる鶏団子スープ
  • 去年一時帰国したとき、日本ではもち麦をご飯に入れて食べるのが流行ったようだと知りました。(健康系雑誌情報より)そこでカナダへ帰ってからもち麦(sweet barley)を購入し、お米に混ぜて炊いていたのですが、もち麦分のお水を別に計量するのが面倒くさくなって、最近はずっと放置でした。そこで今回思いついたのが、スープにもち麦を入れたら、お米を炊かずに時間短縮できるのじゃないかというアイディアです。先に言います。 [続きを読む]
  • 麺つゆで簡単味付け鮭のムニエル+手作りタルタルソース
  • 突然ですが、私はしょっぱい味が好きです。酸っぱいよりも、甘いよりも、塩味/醤油味が大好き。なので、子どもの頃、鮭のムニエルを母が作ってくれたときは、それが塩鮭でないと、なんだか味がパサパサしているような気がして正直苦痛でした。今、夕食を毎日作っていて思うのは、鮭のムニエルって作るのが楽!あとはこれを家族が好きな味にすれば、皆が喜ぶ一品になるということ!こちらでは塩鮭を見かけたことがありません。なの [続きを読む]
  • やり方は人それぞれ?懐かしの卵サンドイッチ
  • 子どもの頃、母の作る卵サンドが大好きでした。母のはゆで卵とピクルスを刻んでマヨネーズで合えたものです。あんまり好きじゃないピクルスも、これだと美味しくてパクパクいけちゃうんですよね。イブちゃんもピクルス好きだから買って入れたら喜ぶと思うのですが・・・一瓶に入っている量が多いし、面倒くさくもあって、私はいつもゆで卵だけです。。。手順はこんな感じです。ゆで卵を作ります。ゆで卵をフォークで潰したりして、 [続きを読む]
  • シナモンが薄っすら香るドライフルーツ入りちぎりパン
  • 友人お手製のドライフルーツのラム酒漬けをいただいたので、何か作りたくてウズウズしていて、最初に思いついたのがレーズンパンならぬドライフルーツパンでした。ちなみに彼女が入れたのは、プルーンとアプリコットとイチヂク。歯ごたえが程よくあって、美味しいです♪手順はこんな感じです。材料を計量し、合わせて捏ねていきます。1時間以上、一次発酵します。分割して、ベンチタイム5分。型に入れて、二次発酵45分から様子を見 [続きを読む]
  • 揉み海苔がアクセント♪鶏ひき肉で親子丼
  • うちの近所には韓国系のスーパーが近所にあるので、韓国の味付け海苔の方がバリエーション豊かに手に入ります。昔からあるのはごま油で味付けしたものだと思うのですが、ヘルシー志向からか、オリーブオイルで味付けしたものやグレープシードオイルで味付けしたものもあるんです。・・・試したことは無いのですが、美味しいのかなーと、いつも気になっています。今回のレシピはこの韓国海苔を消費したくて作ったものでは無いのです [続きを読む]
  • 野菜入れ放題!カリフラワーのスープパスタ
  • イブちゃんには強いこだわりがあります。『ドライフルーツとナッツはサラダや料理に入るものではなく、ケーキなど甘いものに使われるべし』とか、『牛乳や生クリームは料理に使われるものではなく、ケーキなど甘い物に使われるべし』などです。このNGポイントが地味に料理の選択肢を狭めていくんですよねぇ。。。牛乳や生クリームが使えないと、ホワイトソースがNGになるのでグラタン系は作れないし、ホワイトシチューとか白っぽい [続きを読む]
  • 豆腐と鶏肉の割合でいくらでもヘルシーに!鶏つくね
  • イブちゃんが二週間前にベジタリアンになりたい宣言をしました。・・・無理です。私はお肉、好きです。シーフードも好きだけど、お肉をときどき食べないと力が出ないのは経験済みなんです。という訳で、交渉の結果、鶏肉/ターキー肉はOKになりました。とはいえ、牛肉・豚肉を使わないようにすると、レパートリーが一気に無くなった気分になります。イブちゃんのヘルシーになりたい気持ちを叶えるべく、今回は鶏肉のひき肉に豆腐を [続きを読む]
  • 卵白消費できるお助けレシピ、ラング・ド・シャ。
  • 例えばカスタードクリームを作ると、たくさんの卵白が余ってしまいます。カレッジでは実習のときはいつも大量に作るので、余る卵白も半端なくて、捨てなきゃいけないときは本当に卵に申し訳ない気持ちでした。なので、家で作るときには、いかに捨てずに使いきるかが私の一番の考えるポイントです。(つまり、卵黄のみを使うものを作ったら、同日または翌日に卵白のみ使うものを作ります。大変です。結構、メンドクサイです。)ラン [続きを読む]
  • 色々と便利!うま味成分タップリな醤油麹。
  • 醤油麹なんて、トロントのスーパーで手に入れられるものでもないので(そもそも麹が簡単に手に入らない・・・)、COOKPADなどでレシピを見かけても自分には縁が無いと思っていました。が、昨年の12月に味噌を手作りして、中途半端に余った米麹を消費するため醤油麹を作ったんです。簡単そうだし、自分が醤油大好きだし。ついでに醤油麹を使うとどんなメリットがあるのか調べたところ、うま味成分たっぷりだと分かったけれど、食べ [続きを読む]
  • 醤油麹を使った、ジャンクフード代表チキンウィング
  • コストコで買い物すると、何でも量が多いですよね。我が家では、鶏肉やお魚はコストコで買い物し、小分けにして冷凍庫に入れて一か月以内に使いきるように頑張っています。一度にたくさん買い過ぎるとそれぞれに下味をつけるのが面倒くさかったりもしますが、それでも、鶏肉の手羽元を買ったときは忘れずに醤油麹に漬け込み冷凍するようにしています。というのも、これを日中外出しなくてはいけない日の夜に前もって解凍しておき、 [続きを読む]
  • 中華風しゃぶしゃぶ鍋、ホットポット。
  • 中華系のレストランでホットポット(HOT POT)のレストランがあります。日本でいう火鍋というところでしょうか。こちらのホットポットは一人約3000円近く払って食べ放題というケースが多いです。スープはベーシックな物から辛い物まで、自分たちで二種類選択することができ、お肉は牛・豚・ラム肉のスライスや鶏肉の小さく切ったものを好きなだけ注文できます。野菜も色々あり、食べたいものを用意された紙にチェックして、持って [続きを読む]
  • 炒飯みたいな、鮭の炊き込みご飯。
  • イブちゃんが「できるだけ赤身の肉を避けた食生活をしたい。シーフードか鶏肉だけがいいな」と先週の初め頃に言い出し、それから頑張って続けているシーフードか鶏肉の夕食。(ちなみにお昼は前の日の夕食の残り、週に1-2回は赤身の肉をOKにしてもらってます)そこで鯛の炊き込みご飯か、鯛が売っていなければイカの炊き込みご飯が食べたいな〜と色々レシピを調べた上で買い物に出かけたのに、残念なことにどちらも売っていません [続きを読む]
  • カナダの子どもが必ずやる、ピーナッツ・ジャムサンド。
  • カレッジの寮にいた時のルームメイト(カナダ人)や、パン屋に勤めていたときの先輩(やっぱりカナダ人)が「こころ、こんなサンドイッチ、食べたことないでしょ?(ニヤニヤ)」と言って作ってくれたサンドイッチがあります。それが、ピーナッツクリームとイチゴジャムを塗ったサンドイッチです。彼ら曰く、カナダ人なら子どもの頃、絶対やっていた懐かしの味なのだそうです。聞くとなんだか甘すぎそうな、なんとも複雑な味がしそ [続きを読む]
  • コストコのみたいに美味しい、キヌアサラダ。
  • キヌアは身体に良いと、一時期ブームになりましたね。日本にいたときは、私にとってキヌアサラダはカフェのオシャレなランチの一つでした。どうやってキヌアを食べられるようにするのかよくわからないし、そもそも作るのが面倒くさいって思っていたからです。ところが、カレッジの実習でキヌアサラダを作ることになり、やってみたらご飯を鍋で炊くのに比べたら、ずっと簡単♪今では、友達の家にお邪魔するときにはこれを作って持っ [続きを読む]
  • しいたけの旨味がグッと染みこんだ肉詰め。
  • カナダで椎茸はShiitakeとして、中国系・韓国系のスーパーだけでなく、カナダ系のスーパーでも売られています。が、生の椎茸はなかなかお値段が張ります。そこで、今回使ったのは別の、直径12cmくらいある椎茸に似たキノコを使いました。手順はこんな感じです。野菜の準備をする。鶏ひき肉・野菜・卵・ショウガ・塩を合わせて、混ぜる椎茸に詰める。余ったのは丸めてつくねを作る。フライパンで焼く。調味料を加えて、タレを椎茸の [続きを読む]
  • 卵もマスカルポーネも使わない、極旨ティラミス
  • カナダでは生卵は食べません。サルモネラ菌の食中毒を恐れているので、目玉焼きだってレストランで両面焼くのを希望する人もいます。なのに、カレッジの実習で驚いたのが、意外に半熟のポーチドエッグやゆで卵を作るのが採点の対象になっていたりするんですよね。ヨーロッパでは半熟卵はOKなっているのか・・・少なくとも夫のイブちゃん(ロシア人)はラーメンに入ってる半熟卵など喜んで食べているので、完全な生卵は食べられない [続きを読む]
  • アンチエイジング効果ばっちりなビーツ。
  • ビーツって皮をむくと手のひらが真っ赤にしばらく染まってしまうし、なんとなく扱いにくい野菜のイメージがありました。が、あのボルシチが火を通すと甘くなるビーツの特徴をよく引き出して、すごく美味しいスープになったので、ビーツが好きになりました!(単純ですが・・・)ビーツが栄養豊富だとはよく耳にしていたけれど、実際どんな効果があるのか知らなかったので、スキンケア大学の美肌xレシピというサイトで、野菜ソムリ [続きを読む]
  • ボルシチ〜ウクライナのビーツスープ〜
  • ウィキペディアによると、ボルシチはウクライナの伝統的なスープで、世界三大スープのうちの一つなのだとか。てっきりロシアだと思っていたので意外でした。ちなみに世界三大スープの他のについては、ウィキペディアによると中国のフカヒレスープ、タイのトムヤムクン、フランスのブイヤベースだそうです。って、四つあるじゃん!とツッコミを入れたくなっちゃうんですけれどね(笑)お義父さんに材料と美味しくなるコツを教わって [続きを読む]
  • 初めまして。
  • 初めまして。こころと言います。現在、カナダ・トロントにてロシア人の夫と義理の父、飼い猫のキサと三人+一匹で暮らしています。義父がハーフチャイニーズだからか、和食に全く抵抗なく喜んで食べてもらっていますが、さすがに和食一色では申し訳ないので、ときどき材料や簡単な作り方を義理の父に教わってロシア料理も作ったりするようになりました。仕事では、パン屋に勤めたりパティシエをやっていたりましたが、実は子どもの [続きを読む]
  • 過去の記事 …