タク さん プロフィール

  •  
タクさん: マスタク
ハンドル名タク さん
ブログタイトルマスタク
ブログURLhttp://takublog.hatenablog.com/
サイト紹介文童話や昔話を現代風に書くだけのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 116日(平均2.3回/週) - 参加 2018/02/07 10:54

タク さんのブログ記事

  • 頬太郎
  • むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんがいました。おじいさんは山へ柴狩りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。おばあさんが川で洗濯をしていると、大きな桃がどうしてよ、どうしてよと流れてきました。おばあさんが桃を持ち帰って割ると、中から頬がふっくらした赤ちゃんが出てきました。それにちなんで、名前を「頬太郎」に決定。頬太郎は大事に育てられ、すくすくと育ちました。そんなある日、頬太郎は鬼ヶ島に [続きを読む]
  • 浦島太郎がゲーマーだったら
  • むかしむかしあるところに、浦島太郎というゲーマーがいました。浦島太郎が暇つぶしにゲーセンに行くと、亀が、常連の子どもたちにイジメられている姿が見えました。子ども「お前、こんな簡単なのもできないの?下手にもほどがあるだろ」浦島太郎「お前たち!亀がかわいそうじゃないか!止めてやれ」子ども「はぁ?ホントのこと言ってるだけだし」浦島太郎「ならば、俺が相手をしてやろう」「ゲーム界の変人」の異名を持つ浦島太郎 [続きを読む]
  • SM桃太郎
  • むかしむかしあるところに、ドMのおじいさんとドSのおばあさんがいました。おじいさんは会社へ叱られに、おばあさんはムチを持って川へ洗濯に行きました。おばあさんが川で洗濯をしていると、大きな桃がびっくらこん、びっくらこんと流れてきました。おばあさんは持ち帰った桃をおじいさんと一緒に割ると、中から赤ちゃんが出てきました。子どもは桃太郎と名付けられ、大事に育てられました。ある日、桃太郎強くなるために鬼ヶ島に [続きを読む]
  • すごいビビりの桃太郎
  • むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんがいました。おじいさんは山へ柴狩りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。おばあさんが川で洗濯をしていると、大きな桃がすごい勢いで流れてきたかと思ったら、おばあさんのところで急にスピードを落としてきました。まるで「拾ってください」と訴えかけているようです。おばあさんは桃を持ち帰っておじいさんに割ってもらうと、強面だけど優しそうな赤ちゃんが出てきました。 [続きを読む]
  • 少し腹黒い桃太郎
  • むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんがいました。おじいさんは食費をケチるために山へキノコ狩りに、おばあさんは水道代をケチるために川へ洗濯に行きました。しかし、おばあさんが行った川は水質が良くなかったので、洗濯物は一向にきれいになりません。おばあさんは仕方なく帰ろうとしたそのとき、大きな桃が流れてきました。おばあさんはあっさりと桃を持ち帰りましたが、法律上では犯罪です。幸い、何も咎められ [続きを読む]
  • 3が多い桃太郎
  • むかしむかしあるところに、オジーサンダーバード(おじいさん)とオバーサンダーバード(おばあさん)がいました。オジーサンダーバードは山へ山菜取りに、オバーサンダーバードは3分クッキングの特別ゲストとして呼ばれました。オバーサンダーバードは収録を終えて帰宅する途中、大きな桃が3個流れていることに気づきました。さすがに3つは持って帰れないので、オバーサンダーバードはその中からひとつだけ持ち帰りました。帰宅 [続きを読む]
  • 桃太郎を現代風にしたら多分こうなる その4
  • むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんがいました。おじいさんは山へ稲刈りに、おばあさんは趣味の料理教室へ行きました。おばあさんは料理教室の帰り、大きな桃が皿に盛られた状態で流れていることに気付きました。本能がうずいたおばあさんは、即効で桃を持ち帰り、料理することにしました。おばあさんが包丁を入れると、中からコック帽をかぶった赤ちゃんが出てきました。子どもがいなかったおばあさんは感動し、お [続きを読む]
  • ウラシママンタロウ
  • むかしむかしあるところに、ウラシママンタロウという背の高い漁師がいました。ウラシママンは仕事のために釣りに出かけると、亀が子どもたちにイジメられている姿が見えました。亀「やめて!痛い!痛いよ!くっそ〜ウルトラマンでもいてくれたら…」ウラシママン「お前たち、亀をイジメるのはやめろ!」亀「やった!ウルトラマン…じゃない」ウラシママンは子どもたちの反撃に耐えながらも、3分以内に亀を救い出しました。亀「あ [続きを読む]
  • ナレーションが変な浦島太郎
  • 俺の名は浦島太郎、一応漁師でときどきニートだ。ちょっくら釣りに出かけてる途中で、亀が子どもたちにいじめられているのを見ちまった。俺は何度も注意したが、子どもたちは一向に話を聞かない。仕方がないから、俺は子どもたちに寿司をおごってやった…給料前なのに痛い出費だ。亀は助けてくれたお礼にと、俺を竜宮城に連れていってくれた、いい奴だったよ。海の中なのに、息ができる…これが不思議でならなかった。科学ではわか [続きを読む]
  • 漫才風桃太郎
  • ※ボ→ボケ、ツ→ツッコミボ「むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんがいました。」ツ「昔話はおじいさんとおばあさんがよう出てくるね」ボ「おばあさんは山へ柴狩りに、おじいさんは川へ洗濯をしにいきました」ツ「ん?逆ちゃうの?」ボ「山はおばあさんへ柴狩りに、川はおじいさんへ洗濯をしにいきました」ツ「そういう意味ちゃう!話めちゃくちゃやな…もうええわ、続けて」ボ「おじいさんが川で洗濯をしていると、 [続きを読む]
  • 「何」が多い浦島太郎
  • 何年か前、何処(どこ)かわかりませんが、浦島太郎という漁師がいました。浦島太郎は何となく釣りに出かけてると、何やら声が聞こえました。声のする場所まで歩いていると、子どもたちが亀に何かをしている姿が見えました。浦島太郎「お前たち、亀に何をしている!」子どもA「何?あんた関係ないだろ、あっちいけ」浦島太郎「何だと!お前たち何様だ!」浦島太郎は何とかして亀を助け出し、亀はお礼に竜宮城に連れていくことにしま [続きを読む]
  • 筋肉質桃太郎
  • むかしむかしあるところに、ジーサン・ド・剛(おじいさん)と、バーサン・リヒ・恵子(おばあさん)がいました。ジーサン・ド・剛は山へ肉体強化に、バーサン・リヒ・恵子はジムへ肉体強化に行きました。バーサン・リヒ・恵子はジムの帰り、大きな桃がどうしたの、どうしたのと言いながら、猛烈な速度で流れてきました。とっさの判断でバーサン・リヒ・恵子は桃を獲りましたが、腕を負傷してしましました。ジーサン・ド・剛が代わ [続きを読む]
  • 花が咲かない花咲じいさん
  • むかしむかしあるところに、優しいおじいさんが住んでいました。となりには欲張りなおばあさんが住んでおり、欲張りと男好きが取り柄です。ある日、おじいさんは愛犬のしゃべけん(しゃべる犬)を連れて散歩に出かけました。移動中にしゃべけんが急に立ち止まり、おじいさんに言いました。しゃべけん「おじいさん、この下何かにおいますよ、少し掘ってみてほしいな〜」おじいさん「う〜ん、面倒だがお前が言うなら掘ってやろう」お [続きを読む]
  • 滑舌が悪い桃太郎
  • むかしむかしあるところに、ま行が上手く喋れないおじいさんと。さ行が上手く喋れないおばあさんがいました。おじいさんは山へ合宿に、おばあさんは川へ散歩に行きました。おばあさんが川を歩いていると、桃がどぅんぶらこ!どぅんぶらこ!と流れてきました。桃を持ち帰ったおばあさんが斧で割ろうとすると、急に泣き声が聞こえました。おじいさん「ただいみゃ〜、ん?なんだそのみょみょは?」おばあさん「しゃっき川で拾ってきた [続きを読む]
  • 桃太郎組合
  • むかしむかしある村に、おじいさんとおばあさんがいました。おじいさんは山へ武者修行に、おばあさんはおばば組合の活動に行きました。おばあさんが移動している最中、近くの川でおばあさんの息子がどんぶらこ、どんぶらこと言いながら泳いできました。おばあさん「あんた、こんなとこで何してるの!この川は水質良くないんだから早く上がってきな」息子「この村プールないから川で泳いでたんだよ、あっ途中で桃拾ったんだけどいる [続きを読む]
  • ひとこと多い浦島太郎
  • むかしむかしあるところに、浦島太郎と言う漁師が住んでいました。浦島太郎が釣りに出かけると、子どもたちが亀をいじめている姿が見えました。浦島太郎「お前たち!亀をいじめるんじゃない!」子どもA「なんだよおっさん!」浦島太郎「なっ…おっさんだと!?」子ども「邪魔すんなよおっさん」浦島太郎「やめろ!俺のライフが減る!」メンタルに大きなダメージを受けた浦島太郎でしたが、気力で亀を助けました。亀「ありがとうご [続きを読む]
  • 桃太郎(吉本新喜劇風)
  • むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんがいたんですか?ツッコミ「いや、そんなん訊かれても知らん」おじいさんは山へ柴狩りに、おばあさんは川に洗濯に行ったんですか?ツッコミ「せやから、知らんて!」おじいさんは山へ柴狩りに、おばあさんは川に洗濯に行ったんですがツッコミ「『が』かい、ちゃんと点々つけなアカンやん」おばあざんががわでぜんだぐをじでいるど、おおぎなももがどんぶらご、どんぶらごどなが [続きを読む]
  • 全部ば行の桃太郎(訳付き)
  • ぶばびぶばびばぶぼぼぼび、ぼびびばぶぼぼばばばぶばびばびば。ぼびびばぶばばばべびばばびび、ぼばばばぶばばばべべぶばぶびびびばびば。ぼばばばぶばばばべべぶばぶぼびべびぶぼ、ぼぼびばぼぼば、ぼぶぶばぼ、ぼぶぶばぼぼばばべべびばびば。ぼばばばぶばぼぼぼびべびぼびばべぶぼ、ぼぼぼぼぼべばびばびば。ぶぶぼ、ぼぼびばばばばびばぶばべばびば。ぼびびばぶぼぼばばばぶば、ぼぼぼぼぼぼばぼぶぼばぶべ、ばびびびぼばべば [続きを読む]
  • 桃太郎を現代風にしたら多分こうなる その3
  • むかしむかしむかし、あるところに、オジジアン(おじいさん)とオババアン(おばあさん)がいました。オジジアンは山へゴルフに、オババアンはなんとなく川に行きました。オババアンが川を眺めていると、桃が猛烈な勢いで流れてきましたが、オババアンのところで急ブレーキをかけました。オババアンは桃を持ち帰って割ってみると、中から赤ちゃんが出てきました。赤ちゃんは桃太郎と名付けられ、すくすくと育ちました。数年後、桃 [続きを読む]
  • 名前が長い浦島太郎
  • むかしむかし、ある村に、浦島一二三五右衛門久長丈史太郎(うらしまひふみごえもんひさながたけふみたろう)という漁師がいました。浦島太郎が釣りに海へ出かけると、カメが子どもたちにいじめられている姿が見えました。浦島太郎「おい、お前たち!弱い者いじめはやめろ!」カメ「僕を弱い者扱いするな!」浦島太郎「え〜?じゃあ、助けないけどいい?」カメ「それはやめて!助けてください!」浦島太郎はカメを助け、カメはお礼 [続きを読む]
  • 浦島太郎をルー大柴風にしたら多分こうなる
  • あるところに、浦アイランド太郎(あだ名;浦島太郎)という漁師がいました。ある日、浜辺でチャイルド達がカメをいじめているのをルックした(見た)ので、ハリー(急いで)でレスキューしました。カメはレスキューのお礼にと竜宮城へと連れて行きました。竜宮城ではビューティフルなプリンセスちゃんに歓迎され、ワンダフルなご馳走をゲットし、楽しいエブリデイを過ごしました。数日経って浦アイランド太郎は村のことがスピリッ [続きを読む]
  • 桃太郎を現代風にしたら多分こうなる。その2
  • むかしむかし、ある冬の日に、おじいさんとおばあさんがいました。おじいさんは山へ柴狩りに、おばあさんは川で洗濯する予定でしたが、あまりにも寒いので、洗濯機を回していました。おばあさんが洗濯機を回していると、急に動きが鈍くなりました。おばあさん「ありゃ、もしかして壊れたのかい?」そう言って、おばあさんが洗濯機を開けると、中に大きな桃が入っておりました。おばあさんは、帰ってきたおじいさんと一緒に桃を食べ [続きを読む]
  • ところどころ間違えている桃太郎
  • え〜と、何年前かはわからないけど、結構昔、おじいさんとおばあさんがいました。おじいさんは山に柴狩りに、おばあさんは川へ洗濯に行った…んだったかな?おばあさんが川で洗濯をしていると、桃がトムヤムクン、トムヤムクンと流れてきた…あれ?なんか違う。え〜、おばあさんはその桃を持ち帰ったと思うんだけど、それって窃盗なんじゃ…それから、持ち帰った桃を、え〜、確かおじいさんが割って、中から…中から…あっ!赤ち [続きを読む]
  • カチカチ山を現代風にしたら多分こうなる
  • あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。おじいさんが畑を耕していると、意地悪なタヌキがやってきて、畑を荒らしました。激怒したおじいさんはタヌキを捕まえ、檻に閉じ込め、ふたたび畑に向かいました。捕まえられたタヌキは、おばあさんに向かってこう言いました。タヌキ「おばあさん、僕はすごく悪い事をしてしまいました。もうしませんから僕を解放してくれませんか?」おばあさん「そんなこと言って、また悪 [続きを読む]
  • さるかに合戦を現代風にしたら多分こうなる
  • あるところに、コシヒカリを持ったカニと、柿の種(お菓子の方)を持ったサルがいました。サルはコシヒカリをゲットしようと、カニに向かってこう言いました。サル「そのコシヒカリと俺の柿の種を交換しようぜ!柿の種を植えればきっと大きな柿の木が実る、そしたらいっぱい食べられるぞ」カニ「お菓子から柿が実るわけないでしょ、そんなの小学生でもわかるよ」サルは腹立ち際にカニからコシヒカリを奪いとり、カニに柿の種を渡し [続きを読む]