eskky28 さん プロフィール

  •  
eskky28さん: 日本の歴史とつながる週末御朱印さんぽ
ハンドル名eskky28 さん
ブログタイトル日本の歴史とつながる週末御朱印さんぽ
ブログURLhttp://eskky28.blog.fc2.com/
サイト紹介文日本のルーツ、古事記、日本書紀、神話、神社、ユダヤ人のつながりを御朱印を頂きながら巡っていく日記です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 250日(平均2.6回/週) - 参加 2018/02/07 12:48

eskky28 さんのブログ記事

  • 晴明神社へ参拝
  • 本日は朝9時から16時までサッカ−をしてきました。日焼けと一日中だったので大変疲れました。ボルダリングに行きだしてから現在5級の課題をクリア(あと4つ)するのを目指しています。しかし、ボルダリングジム1周年ということで、10/20までで課題を全てはずして入れ替えるそうなのです。それで9月から週2で頑張ってましたが、残り4つがクリア出来ません。難しいです。あと少ししかないですが、最後の10/20(土)しか行けません。奇跡 [続きを読む]
  • 御金神社(京都)
  • 平成三十年 一月三日参拝今回は伏見稲荷大社の後に御金神社に参拝させて頂きました。京都府京都市中京区西洞院通御池上る押西洞院町618番地に鎮座する神社です。世界文化遺産・二条城の近くの閑静な住宅街の中に黄金の鳥居があります。「御金」と書いて「みかね」と読みます。伏見稲荷大社からの参拝帰りの下りで、ヒザを痛めてしまったのでびっこ引きながら歩きました。特に辛かったのが駅の下りの階段でした。スマホのナビをみ [続きを読む]
  • 伏見稲荷大社へ参拝
  • 本日9/30は台風24号(前回と同等クラス)が、大阪にも夕方から夜に上陸するということで停電に備えています。前回とはコ−スが違うので空振りになるかもしれませんが、電源ポ−タブルを購入していたので出し、ランタン(単一電池購入済み)も出しています。電源ポ−タブルとは片手でもてる電源です。13,000円ぐらいです。100Vコンセント2口、USBが3口ありスマホの充電もできます。トイレもコンセントを差し込めば流せます。あると万一 [続きを読む]
  • 伊弉諾神宮へ参拝
  • 久しぶりに神社に参拝させて頂いたときのことに戻ります。おのころ島神社の次に参拝させて頂きました。昨日(9/24)にこの記事を書いていたら、パソコンが画面が消えているのに電源は入ったまま何も受け付けず諦めてスマホで写真を貼り付けていました。朝起きてからパソコンをみたら電源が切れていたので、入れると普通につきました。ブログを確認すると、保存されておらず一切進んでいませんでした。ガクッとなりました。平成三十年 [続きを読む]
  • 外宮はシラギ神崇拝教が作った見張り所
  • やっと最終回(本の紹介)です。今からご紹介する『暴かれた古代史』は「飛騨の口碑」にもとづいて全国を調査して書かれた本です。著者山本建造氏が飛騨の若田翁から、先祖代々からの言い伝えを託されました。それは飛騨の古代史ですが、大和朝廷以前の歴史であり日本の古代史でもありました。現在の出雲大社とは関係ありません。二一代雄略天皇の御代に、ついに見つけられる「八咫鏡」は伊勢のどこかにあるのは分かっていたので、シ [続きを読む]
  • ヤマト姫 伊勢国へ
  • 台風21号の影響で停電しましたが、翌日17時頃に自宅は復旧、工場は翌々日の昼に復旧しました。水道は使用できたから、まだましでした。マンションでは水道もとまっていたそうです。ニュ−スなどみると大阪でも南部(関西空港があるほう)被害が大きかったところが多いような気がします。前回からの続きです。今からご紹介する『暴かれた古代史』は「飛騨の口碑」にもとづいて全国を調査して書かれた本です。著者山本建造氏が飛騨の若 [続きを読む]
  • 台風21号 の影響 ご報告(大阪の端、北部)
  • 台風21号の影響で現在も停電中です。14時前から工場も自宅も停電しています!どうせ残業するので通り過ぎれば関係ないと思っていましたが、停電で機械もパソコンも電話も動かず何も出来ませんでした。16時過ぎに風も収まってきたので帰宅することにしました。帰り道、瓦や木、草、ゴミが散乱していました。工場付近と自宅付近だけ停電していて、信号機も消えていました。しかし、すぐ隣の信号機はついてたりしていました。何故?と [続きを読む]
  • 「八咫鏡」が危ない
  • 前回からの続きです。今からご紹介する『暴かれた古代史』は「飛騨の口碑」にもとづいて全国を調査して書かれた本です。著者山本建造氏が飛騨の若田翁から、先祖代々からの言い伝えを託されました。それは飛騨の古代史ですが、大和朝廷以前の歴史であり日本の古代史でもありました。「八咫鏡」が危ないニギハヤヒの御霊代が盗まれるの報せが入ると、天皇は直ちに笠縫村のトヨスキイリ姫の元へ使いを走らせました。「八咫鏡」が危な [続きを読む]
  • 大和一の宮をとられる
  • 前回からの続きです。今からご紹介する『暴かれた古代史』は「飛騨の口碑」にもとづいて全国を調査して書かれた本です。著者山本建造氏が飛騨の若田翁から、先祖代々からの言い伝えを託されました。それは飛騨の古代史ですが、大和朝廷以前の歴史であり日本の古代史でもありました。弱みにつけ込まれた天下の御諸山がどうやって乗っ取られたのでしょうか?大和の民衆の心をつかんだ出雲・シラギ神崇拝教は満を持してじっとその時が [続きを読む]
  • 飛騨の口碑は『日本書記』より正しかった
  • 前回からの続きです。今からご紹介する『暴かれた古代史』は「飛騨の口碑」にもとづいて全国を調査して書かれた本です。著者山本建造氏が飛騨の若田翁から、先祖代々からの言い伝えを託されました。それは飛騨の古代史ですが、大和朝廷以前の歴史であり日本の古代史でもありました。歴史の裏まで伝えた飛騨の口碑は『日本書記』より正しかった筑紫平定の見通しが立つと、ニニギの後継者のウガヤフキアエズは息子のサヌ(神武)に大和 [続きを読む]
  • 本来 三諸山はニギハヤヒの山
  • 無事に戸隠神社の参拝から戻ってきました。寝付けなかったので、AM1時30分に出発して眠くなったらパ−キングで寝ることにしました。松本の手前らへんで1時間くらい寝ました。社務所が開くのは9時からなので、8時30分までに着いて参拝をすませて9時に御朱印を頂くために並ぶつもりでした。調べるとG.Wではそれでも30分ぐらい待ったそうです。五社巡りもG.Wなのに11時過ぎには参拝をすませれたそうなのです。私もそのつもりでした。 [続きを読む]
  • 出雲でシラギ神崇拝教が興る
  • 明日、ドライブをかねて戸隠神社五社巡りの参拝をさせて頂く予定です。所要時間は約5時間30分から6時間になりそうです。やはり戸隠そばですかね。食べてきます。また後日ご報告します。前回からの続きです。今からご紹介する『暴かれた古代史』は「飛騨の口碑」にもとづいて全国を調査して書かれた本です。著者山本建造氏が飛騨の若田翁から、先祖代々からの言い伝えを託されました。それは飛騨の古代史ですが、大和朝廷以前の歴史 [続きを読む]
  • 大陸的なやりかた
  • とうとうボルダリングシュ−ズをジムで購入してしまいました。続けていかなければならなくなりました。面白いですけどね。今のところ毎週土曜日に通うつもりです。昨日、仕事帰りに行ってきました。10回目になります。前回からの続きです。今からご紹介する『暴かれた古代史』は「飛騨の口碑」にもとづいて全国を調査して書かれた本です。著者山本建造氏が飛騨の若田翁から、先祖代々からの言い伝えを託されました。それは飛騨の古 [続きを読む]
  • 「神事」が物語るホヒの死の真相
  • 前回からの続きです。今からご紹介する『暴かれた古代史』は「飛騨の口碑」にもとづいて全国を調査して書かれた本です。著者山本建造氏が飛騨の若田翁から、先祖代々からの言い伝えを託されました。それは飛騨の古代史ですが、大和朝廷以前の歴史であり日本の古代史でもありました。現在の出雲大社とは関係ありません。実際に出雲に残る意味不明の神事が解説されています。出雲大社には「古伝新嘗祭」があります。極めて異様な神事 [続きを読む]
  • ホヒは殺された?
  • 前回からの続きです。今からご紹介する『暴かれた古代史』は「飛騨の口碑」にもとづいて全国を調査して書かれた本です。著者山本建造氏が飛騨の若田翁から、先祖代々からの言い伝えを託されました。それは飛騨の古代史ですが、大和朝廷以前の歴史であり日本の古代史でもありました。現在の出雲大社とは関係ありません。実際に出雲に残る意味不明の神事が解説されています。オオクニヌシの子  逆恨みオオクニヌシには妻と妾が二十 [続きを読む]
  • オオクニヌシ幽閉の痕跡
  • 7/15に日帰りで新潟県糸魚川市の天津神社と石川県白山市の白山ひめ神社に参拝させて頂きました。後日、記事にしたいと思います。前回からの続きです。今からご紹介する『暴かれた古代史』は「飛騨の口碑」にもとづいて全国を調査して書かれた本です。著者山本建造氏が飛騨の若田翁から、先祖代々からの言い伝えを託されました。それは飛騨の古代史ですが、大和朝廷以前の歴史であり日本の古代史でもありました。現在の出雲大社とは [続きを読む]
  • 出雲に残る不可解な神事
  • 前回からの続きです。今からご紹介する『暴かれた古代史』は「飛騨の口碑」にもとづいて全国を調査して書かれた本です。著者山本建造氏が飛騨の若田翁から、先祖代々からの言い伝えを託されました。それは飛騨の古代史ですが、大和朝廷以前の歴史であり日本の古代史でもありました。現在の出雲大社とは関係ありません。実際に出雲に残る意味不明の神事が解説されています。『諸手船神事 』 コトシロヌシが祀られている美保神社に諸 [続きを読む]
  • 『暴かれた古代史』その5
  • 西日本豪雨災害で、亡くなられた方々に衷心よりお悔やみを申し上げます。被害に遭われた全ての方々にお見舞いを申し上げます。日本は災害大国なので、公共工事(災害対策、インフラ整備、耐震工事、老朽化対策など)を増やし、長期の計画を立て適正価格で予算を組み、建設業者が人材確保や設備投資をしやすくしていかなければならないと思います。なんでもかんでも価格競争させるのではなく、ある程度の談合は許容していかなければな [続きを読む]
  • 『暴かれた古代史』その4
  • サッカ−W杯ロシア大会対ベルギ−戦(FIFAランキング3位)、めちゃくちゃおしかったですね。日本代表の皆様、お疲れ様でした。日本代表が使用していたロッカ−ル−ムがキレイに清掃され、ロシア語で「ありがとう」と書かれた置き手紙を置いてある写真が現地スタッフにより掲載されていたそうです。「他の国も日本を見習うべきだ」とつぶやいていたそうです。今回だけでなく毎回とのことです。プレ−もですが、すごく誇らしいです。前 [続きを読む]
  • 『暴かれた古代史』その3
  • 前回からの続きです。今からご紹介する『暴かれた古代史』は「飛騨の口碑」にもとづいて全国を調査して書かれた本です。著者山本建造氏が飛騨の若田翁から、先祖代々からの言い伝えを託されました。それは飛騨の古代史ですが、大和朝廷以前の歴史であり日本の古代史でもありました。現在の出雲大社とは関係ありません。「飛騨は大軍を率いて出雲に」飛騨と出雲が仲良くしていくためにヒルメムチ命(天照大神)は息子のクマノムスビを [続きを読む]
  • 「飛騨の口碑」にもとづいて 『暴かれた古代史』その2
  • 前回からの続きです。今からご紹介する『暴かれた古代史』は「飛騨の口碑」にもとづいて全国を調査して書かれた本です。著者山本建造氏が飛騨の若田翁から、先祖代々からの言い伝えを託されました。それは飛騨の古代史ですが、大和朝廷以前の歴史であり日本の古代史でもありました。現在の出雲大社とは関係ありません。『出雲は奉還した国を乗っ取った』飛騨は国防のために国造りに励み、ヒルメムチ命(天照大神)の時代には、国内で [続きを読む]
  • 「飛騨の口碑」にもとづいて 『暴かれた古代史』その1
  • サッカ−W杯ロシア大会対コロンビア戦の日本代表の皆様、勝利おめでとうございます。前回W杯ブラジル大会では対コロンビア戦は1-4で完敗。FIFAランキングコロンビアは16位、日本61位。相当な差です。まさに『ジャイアントキリング』です。4年間が積み重ねててきたものが無駄にならなかったのです。続けてセネガル戦も勝利して下さい。応援しています。ちなみにセネガルは27位です。格上のポ−ランド(8位)に勝っています。とても強 [続きを読む]
  • 続々日本のル−ツ?のお話(あくまで一説)
  • 前日6月18日大阪北部の震度6ほどの地震に通勤時の車の中で遭いました。道路が歪んでみえました。最初、車のタイヤが外れたのかと思いました。(そんな経験はないのですが)家では家族皆ケガもなかったです。子供たちは休校になったみたいです。北南方向の食器棚、茶碗4ケが落ちて割れました。本棚も倒れていました。テレビは東西方向なのと、嫁さんが抑えてくれていたらしく無事でした。今記事を書いているときも何回も揺れています [続きを読む]
  • 続 日本のル−ツ?のお話(あくまで一説)
  • 前回の続きです。『飛騨の口碑』が書かれたの『日本のル−ツ飛騨』からの紹介です。【神武天皇の東征】出雲からタギリヒメが逃げ帰って出雲と飛騨の関係が危なくなった頃、筑紫(九州)では外国の人たちが大勢上がって来ていて、三つのグル−プで争い逃げ帰って、元から住んでいる人たちから物を奪ったり、殺したりして悪さをしていました。このまま月日がたてば勝ち残った集団が子孫をドンドンふやして、東へ攻めてこられてからは手 [続きを読む]
  • 日本のル−ツ?のお話(あくまで一説)
  • 今日は(六月十日です)は前日に、またまたボルダリング(3回目)をしてきて、かなり疲労が溜まっており、まったり(ぐったり?)しています。昨日は家の中でいつでもどこでも寝落ちしてしまいました。「疲労感、ハンパない」って言いたくなります。三日くらいは疲労と筋肉痛はあるのですが、そのあとは四十肩の右肩も少し楽になる気がします。気のせいかも知れませんが・・・。女性の方も五人くらい来ていて、私には到底出来ないところ [続きを読む]