edoharu さん プロフィール

  •  
edoharuさん: edoharu
ハンドル名edoharu さん
ブログタイトルedoharu
ブログURLhttps://ameblo.jp/edoniharuga/
サイト紹介文詩を書いてます。宜しければ是非。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 18日(平均3.5回/週) - 参加 2018/02/08 04:12

edoharu さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • メルヘン通りのカフェで
  • 「あの人はね・・・」 と口にして すごく便利な言葉だと そう 思った あの人は 一体 私の中に何人いるんだろう 笑ってるあの人 怒っているあの人 泣いてるあの人 キッチンでコーヒーを淹れてくれたあの人 私が「あの人」と口にする度に 目の前で話を聞いている人は いつも同じ人を思い浮かべているのだろうか カフェで隣の席で座っているサラリーマン 小説を読み耽っているけれど 私の話を届いているかしら 私の [続きを読む]
  • reboot
  • 次の街 履いてきたスニーカーでは場違いで 雨の音とアスファルトを叩く革靴の音ばっか 誇るように背筋を伸ばしてみて 歩いてる 大通りの向こうに 君の着ていたコートを見つけて あんなの着てる人もこの街にいるんだ よそ見をしてたら 知らない誰かにぶつかられて その人の傘の水滴が世界に弾け飛んで それがタクシーのヘッドライトに照らされて 輝いてさ 思い出したんだ 20180202 [続きを読む]
  • 雨の宮
  • 雨音が嫌い 誰かに非難されて 誰かに責められて いるみたい その矛先は耳を劈く 垂れる血液は地面に落ちて雨粒に薄められて排水口へ 絆創膏が一箱リュックの底に入ってたと思うけど 間に合わないや 20180210 [続きを読む]
  • ピースサイン
  • あの人もあの人も 朝の戦場にも似たラッシュのホームに降りた ふりかえった さっきまでの居場所は一瞬で空虚な空間になり すぐになくなった すれ違う ひとりひとりただ 誰もが何となく 今日一日がうまくいくようにと願っている とてもさりげない祈りでつぶやくようで声にならないくらいに 聴こえないくらいに 20180125 [続きを読む]
  • 白昼夢
  • その時がきたら 多分迷わず君を選ぶだろう もし私も助かることができるとしても そのせいで君の生存率が少しでもさがるくらいなら 迷わず私は助からない方を選ぶだろう 死にたがりに見えるかな? 私がいない方が君の生存率が上がるなら 笑いながら手を振るだろう 怒られたって君の進む方と逆の方に走るよ 呆気にとられる君の表情すら見れないな くやしいなぁ 声? 多分聴こえないよ 泣いて叫んで走り去るから 201 [続きを読む]
  • 意味を
  • 生まれた意味を奏でる意味を探しているのだ詩を紡ぐのは何のためでこれを読む人の気持ちを尊重しない時間を悔いる エゴイスティックは言い訳だ 20180127 [続きを読む]
  • スベテノハジマリ
  • 壊したいわけじゃなかった変えたいわけじゃなかった ぐるりと回り続ける世界の中で私は飲まれ 息もつく間もなかった ただ波間にように尊い時間は突然やってきて次の波までの時間を空けてしまう その時間に意味が欲しかったのだ [続きを読む]
  • 過去の記事 …