リップラー さん プロフィール

  •  
リップラーさん: 仮想通貨 XRPリップルトラブルセンター
ハンドル名リップラー さん
ブログタイトル仮想通貨 XRPリップルトラブルセンター
ブログURLhttp://cryptocurrencyrescue.blog.fc2.com/
サイト紹介文〜失ったリップルを復旧・復元・復活させよう〜
自由文はじめまして。

リップルトラブルセンターの管理人リップラーです。

今後ともどうぞよろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 13日(平均9.2回/週) - 参加 2018/02/09 16:17

リップラー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • シークレットキーの情報はなぜ流出するのだろうか?
  • シークレットキーという個人情報はどこからどのように流出するのでしょうか。仮想通貨取引所から流出しているケースがあります。取引所にシークレットキーの情報が保管されているため、仮想通貨取引所のデーターベースから直接シークレットキーの情報を盗まれているケースです。他にも個人所有のPCやスマートフォンなどの端末から流出しているケースもあります。インターネット接続可能な端末であれば、ハッキングやウイルスなどで [続きを読む]
  • リップル(Ripple)社やXRPに対する9つのQ&A
  • ※以下の質問と回答はリップル(Ripple)社公式HPの内容です。https://ripple.com/insights/top-9-frequently-asked-questions-ripple-xrp/Q1.どのようにリップル(XRP)を購入できますか?リップル(XRP)は、世界中の60以上の仮想通貨取引所で購入する事が可能です。リップル(Ripple)社は、このページに記載されているゲートウェイや取引所を支持しているわけでも推薦しているわけでもありません。全ての取引所でリップル(XRP)の購入の [続きを読む]
  • リップル(XRP)がインド最大の仮想通貨取引所zebpayに上場!
  • インド最大手の取引所zebpay(ゼブペイ)にリップル(XRP)の取扱い可能となりました。このリリースで、300万人以上の取引所ユーザーがアプリ上でXRPを取引できるようになります。zebpayは2012年にサービスをリリースしたモバイルアプリ専用の仮想通貨販売所でダウンロード数は100万ダウンロードを既に突破しています。またインドでは日本と同様に2017年に仮想通貨の認知度が爆発的に上がったことで有名です。インド最大 [続きを読む]
  • リップル【XRP】復旧にはシークレットキーって必要なものなの?
  • シークレットキーとは、ウォレットのパスワードがわからなくなった時に必要となる情報で、2段階パスワードみたいなものです。複数の取引所やウォレットで発行されるもので、本来メモなどで保存しておかなくてはいけないデータです。ハッキングや不正ログインを防ぐためのもので、『S』から始まる32桁の英数字からなる暗号です。それに、シークレットキーは再発行することができないものなので、シークレットキーを失くしてしまう [続きを読む]
  • リップル(XRP) 格付け
  • 米格付期間Weiss Ratingsは2018年1月24日、世界で初めて投資家保護の観点から時価総額10億ドル以上の仮想通貨を対象として格付けを発表しました。格付けの基準1.価格リスク指数2.投資リターンのポテンシャル3.ブロックチェーン技術4.通貨の採用状況5.セキュリティ6.その他の要因格付けの評価A = excellentB = goodC = fairD = weakE = very weak※他社の格付けと違いWeiss Ratingsの格付けはBランクでもGoodなので、Cで普通の評価 [続きを読む]
  • 仮想通貨トラブル、リップルトラブルでお困りの方へ
  • 昨今の仮想通貨普及に合わせ、仮想通貨トラブルが急増しています。2017年後半になると仮想通貨価格の上昇と共に問い合わせ件数が増えました。リップルトレード(Ripple Trade)からの移管忘れ、シークレットキーの紛失などからのリップル復旧、救済、復元をさせていただきました。2018年に入ってからも既に100件以上の問い合わせがあり、現在多くの復旧作業に追われています。仮想通貨救済サービスCCRにはこのような問い合わせが増え [続きを読む]
  • リップル社の目指す先
  • 仮想通貨XRPの特徴として、『決済速度が非常に速いこと』が挙げられます。ビットコインと比較すると、1回のトランザクション(取引)にビットコインは『1時間以上』かかる場合があるのに対し、リップル(XRP)はおよそ『4秒』で取引が完了します。また、リップル(XRP)の発行上限はあらかじめ決まっており、『1000億XRP』となっています。リップル(XRP)社はそのうちの『646億XRP』を保有しており、これらを市場に出さないようにするこ [続きを読む]
  • 過去の記事 …