なべ さん プロフィール

  •  
なべさん: 公団ライフ〜とある都営住宅の暮らし方
ハンドル名なべ さん
ブログタイトル公団ライフ〜とある都営住宅の暮らし方
ブログURLhttp://kodan.nabelog.work/
サイト紹介文都営住宅にポイント方式で入居しました。ちょっと特殊な公団住宅での暮らしの実際をお届けいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 84日(平均3.3回/週) - 参加 2018/02/10 09:11

なべ さんのブログ記事

  • 都営住宅の暮らしの中の掃除当番。
  • 都営住宅には、マンションのような管理人は居ません。なので、都営住宅の共用部分、例えば階段や外廊下の電気の管理は自治会長さんが。ゴミ捨て場などの管理は、自治会長さんの仕切りの元、住民が順番に行っています。この共用部分の掃除も、当番制でみんなが順番に行っています。(それとは別に月に一度はみんなが集まって掃除します。)都営住宅の掃除当番。僕の住む都営住宅は、一階あたり6部屋の3階建てなので、全部で18世帯が暮 [続きを読む]
  • 都営住宅の自治会の月に一度のみんなでお掃除。
  • 都営住宅に住み始めて、初めての春です。アメリカのワシントンの日米友好の証の桜の木が見頃を迎えているようですが、日本は桜ももう散って、葉桜も意外とキレイなもんだな。なんて気持ちです。そんな春の先日、月に一度の同じ公団に住む住民たちが集合しての掃除がありました。都営住宅の暮らしの中で、唯一、面倒くさいと感じる月に一度の住民みんなでのお掃除なんですが、実は3ヶ月ぶりなんですよね。しかしこの時季、散った桜 [続きを読む]
  • とってもユルイよ。都営住宅の自治会の活動内容。
  • 都営住宅には、各住宅ごとに自治会があります。共益費はありませんが、自治会が定める自治会費を毎月、自治会長さんに支払うという制度をとっている都営住宅が多いですね。僕の住む都営住宅の自治会費は1,500円で、入居説明会では自治会費はだいたい1,500円〜3,000円と聞いていたので安いのでしょう。自治会長さんへの挨拶。入居が済んだら自治会長さんのところに挨拶に行きました。これから長くお世話になる予定なので、失礼の無 [続きを読む]
  • 気になる?都営住宅のご近所付き合いや自治会の活動の実際。
  • 都営住宅をはじめとした、家賃が安い住宅の公団。自治体が所有する物件を、近隣の家賃相場の1/3ほどという安い家賃で住めるので、都営住宅に入りたい!都営住宅に住みたい!と思う人も多いのですが、そんな人達が気になる都営住宅のご近所付き合い。長く住むためには、ご近所さんと円満な関係を築くことが必要不可欠ですが、都営住宅のご近所付き合いって自治会とかあってめんどくさそう…というイメージを持っている人も多いよう [続きを読む]
  • 都営住宅にエアコンを取り付ける時の注意点。
  • 都営住宅に無いものの中で、無くて困る物のナンバーワンがエアコンですね。今のご時世、エアコン無しでは生きていけません。今のご時世どうしてエアコンが付いてないのか?おそらく、エアコン付きの住宅にすると、故障した時の修理や古くなった時のエアコンの交換なども、都が負担しなければならなくなるからだと思います。退去する時の原状回復が基本の都営住宅では、賃貸住宅と同様、エアコンを取り付ける時の注意点があります。 [続きを読む]
  • 都営住宅にお引越し!引越し業者は一括見積もりが以外と良かったよ。
  • いよいよお引越しです。2月の都営住宅のポイント方式の申し込みから8ヶ月後の10月1日が、使用許可日。この日から半月以内に引越しする事、1ヶ月以内に住民票を移して、入居届けをJKKに送ることが条件ですが、仕事などの都合上、引越し業者に頼んでの本格的な引越しは、20日頃になりました。そのぐらいは大目に見てくれると思います。(特に届出はしませんでした。) 引越し業者の一括見積もりで値段を比較!引越しは大半を業者に頼む [続きを読む]
  • 家賃の減免措置の申請をしたら家賃が半額になりました。
  • 入居説明会でも少しだけ説明があった、都営住宅の家賃の減免制度。もともと安い家賃の都営住宅ですが、減免の申請が受け付けられて適用されると、最大で50%!家賃が減額されます。この減免制度は申告しないと受ける事ができませんが、申告できるのは入居してから。つまり、入居した最初の月は減免制度を利用する事ができません。入居前から気になっていた減免制度。入居後、早速申請に行ってきました。減免制度の申請方法。まずは [続きを読む]
  • 工事不要の都営住宅のお風呂の湿気対策、安全対策のアイデア。
  • 都営住宅、いわゆる公団ですね。平成築の公団では、おそらく大丈夫なんでしょうが、数多く残る昭和50年代に建てられた都営住宅では、不便と感じる点や古い作りのままの部分もあります。中でも最も気になったのがお風呂場。お風呂場の床はコンクリートのままですし、入り口の段差、浴槽までの高さも高く、お年寄りや小さな子供さんにはかなり不便な場所です。このお風呂場を、なるべくお金をかけずに安全に、快適に、カビ対策まで考 [続きを読む]
  • 取り付けられない?いえ、これなら取り付けられます〜都営住宅の網戸。
  • これもなかなか衝撃的な都営住宅事情の1つなんですが、都営住宅には網戸がありません!資格審査で初めて渋谷のJKKに行った時に、入り口で何やら怪しげな封筒を愛想よく配っている作業服姿のおじさん達…「何だか胡散臭い人たちだな…」と思っていましたが、しっかりまともな商売をしている人たちでした。その正体は網戸屋さんや都営住宅が得意な工務店さん。結局、この人たちにお世話になりましたが、そんな都営住宅の網戸の状況 [続きを読む]
  • 都営住宅に玄関チャイム(インターホン。)を簡単に取り付けよう。
  • 自宅に来客があった時、それから宅配便が届いた時や、はたまた新聞や宗教の勧誘、そしてNHK…とにかく訪問時に押してピンポーンと鳴る音でお知らせしてくれる玄関のチャイムやインターホン。これも都営住宅には無い物の1つなんですね。玄関チャイムやインターホンの種類。都営住宅の玄関、そして室内には、玄関チャイムやインターホンが取り付けられる配線があるであろうという場所があります。(下見の時に取った都営住宅の玄関の [続きを読む]
  • 都営住宅の間取りはこんな感じですよ。
  • 都営住宅の間取りについて、疑問に思ってる人や知りたい人が多いようです。ですが、調べてみても意外と見つからない都営住宅の間取り図。募集期間中のみに配布とダウンロードが可能な申し込み用紙の中に、都営住宅の標準的な間取り図が載っていました。申し込む区分によって間取りも部屋の広さ、大きさもいくつもある都営住宅の標準的な間取り図を載せておきます。都営住宅の間取り図1DKの間取り図。1DKは単身者向けの住宅ですね。 [続きを読む]
  • いくらか知りたい?相場よりかなり安い都営住宅の家賃の計算方法。
  • 都営住宅をはじめとした公営住宅。いわゆる公団ですね。家賃が安いということは皆さんご存知かと思いますが、一体いくら?都営住宅は収入が少なくて住むところに困っている人に対して、東京都が安い家賃で住宅を貸し出すことが目的なので、家賃は当然安いです。ですが、都営住宅に住むためには色々な条件をクリアしなければいけませんね。意外と謎に包まれた都営住宅。その家賃は収入によって変わってきますので、家賃の計算方法を [続きを読む]
  • お早めに!都営住宅の保証人の条件は意外と厳しいよ。
  • 都営住宅に入居する時には、一般的な賃貸住宅のような敷金・礼金は必要ありません。更に2年ごとの更新!のような更新料もないのがメリットとも言えるでしょう。ですが、敷金と同じ役割りを果たす保証金は必要です。(家賃の2ヶ月分)それとともに、入居の際には保証人も用意しなければなりません。この保証人になれる人の条件が意外にも厳しいので、保証人の収入などの条件をお伝えしておきます。都営住宅をはじめとした公団に入居を [続きを読む]
  • 都営住宅を自分でリフォーム!どこまでできる?DIY。
  • めでたく都営住宅の入居が決まりました。入居許可日は10月1日。2月のポイント方式の申し込みから、およそ8ヶ月ですね。実際の引っ越しは、夫婦で休みの取れる10月20日頃にしました。本来は15日までに引っ越さなきゃいけないんですが、まぁ許容範囲でしょう。入居手続きから引っ越しまで1ヶ月ぐらいあるので、その間に都営住宅をより住みやすく!掃除をしたり自分でプチリフォームを敢行いたしました。DO it yourself!DIYプチリ [続きを読む]
  • 知っておきたい都営住宅の抽選倍率を調べました。
  • 都営住宅の抽選倍率、都営住宅に住みたい人にとって、最も気になることではないでしょうか?この倍率次第で当選確率が上がったり下がったり。築年数が新しい都営住宅や、最寄り駅が人気の駅、駅から近いなどなど、様々な条件によって倍率が違いますので、どうしても都営住宅に住みたい!という場合には、人気のない物件を狙ってみるのも、当たるため方法の一つですね。その前に、今回は色々な種類がある都営住宅の募集内容ごとの倍 [続きを読む]
  • 30代?40代?子育て世帯はどの都営住宅に応募するべき?
  • 一言で都営住宅の募集と言っても、様々な条件があります。都営住宅では、その公団の入居者の年齢層、単身、家族、障害を持つ人などのバランスを見極め、その団地にどんな人を募集するべきか?も考慮した募集を行っています。ここでは、30代や40代の子育て世帯が、少し有利に応募するために知っておきたい募集情報をご紹介いたします。応募する都営住宅の選び方の参考にどうぞ。子供が居なくても大丈夫、若年ファミリー向けの募集。 [続きを読む]