なべ さん プロフィール

  •  
なべさん: 公団ライフ〜とある都営住宅の暮らし方
ハンドル名なべ さん
ブログタイトル公団ライフ〜とある都営住宅の暮らし方
ブログURLhttp://kodan.nabelog.work/
サイト紹介文都営住宅にポイント方式で入居しました。ちょっと特殊な公団住宅での暮らしの実際をお届けいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 13日(平均10.2回/週) - 参加 2018/02/10 09:11

なべ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 都営住宅を自分でリフォーム!どこまでできる?DIY。
  • めでたく都営住宅の入居が決まりました。入居許可日は10月1日。2月のポイント方式の申し込みから、およそ8ヶ月ですね。実際の引っ越しは、夫婦で休みの取れる10月20日頃にしました。本来は15日までに引っ越さなきゃいけないんですが、まぁ許容範囲でしょう。入居手続きから引っ越しまで1ヶ月ぐらいあるので、その間に都営住宅をより住みやすく!掃除をしたり自分でプチリフォームを敢行いたしました。DO it yourself!DIYプチリ [続きを読む]
  • 知っておきたい都営住宅の抽選倍率を調べました。
  • 都営住宅の抽選倍率、都営住宅に住みたい人にとって、最も気になることではないでしょうか?この倍率次第で当選確率が上がったり下がったり。築年数が新しい都営住宅や、最寄り駅が人気の駅、駅から近いなどなど、様々な条件によって倍率が違いますので、どうしても都営住宅に住みたい!という場合には、人気のない物件を狙ってみるのも、当たるため方法の一つですね。その前に、今回は色々な種類がある都営住宅の募集内容ごとの倍 [続きを読む]
  • 30代?40代?子育て世帯はどの都営住宅に応募するべき?
  • 一言で都営住宅の募集と言っても、様々な条件があります。都営住宅では、その公団の入居者の年齢層、単身、家族、障害を持つ人などのバランスを見極め、その団地にどんな人を募集するべきか?も考慮した募集を行っています。ここでは、30代や40代の子育て世帯が、少し有利に応募するために知っておきたい募集情報をご紹介いたします。応募する都営住宅の選び方の参考にどうぞ。子供が居なくても大丈夫、若年ファミリー向けの募集。 [続きを読む]
  • 都営住宅に入居するまで〜都営住宅の下見
  • 入居説明会から書類の提出までおよそ3週間。その間に1度だけ公団の下見をする事ができます。入居説明会で貰う請け書があれば鍵を貸してもらえるので、入居説明会が終わったその足で下見に向かう人も居ます。申し込む前に内覧したり、いろいろな部屋を見たり、角部屋を選んだりはできません。なので、この下見で初めて自分の住む部屋を見ることになります。窓口センターに鍵を借りに行く。鍵を借りる場所は、青山のJKKではなく、管 [続きを読む]
  • 都営住宅に入居するまで〜入居説明会。
  • あっせん及び入居説明会の通知書が届きまして、都営住宅に入居できること、そして家賃や部屋番号も判明。いよいよ入居するための説明会です。ちなみに都営住宅の申し込みは住宅単位の申し込み。部屋の希望などは出せませんので、このあっせん通知書が来るまで、どの部屋になるのかわかりません。わが家は3階建ての都営住宅の3階に決定!最上階です、なんてね…エレベーター無しなので、2歳の子供を連れてだと、少し階段の昇り降り [続きを読む]
  • 都営住宅に入居するまで〜都知事から登録のお知らせ!
  • 都営住宅のポイント方式の募集に応募してから、およそ5ヶ月。申し込み↓資格審査↓実態調査という一連の手続きを済ませると、ようやく入居に向けての登録と相成ります。この登録から、入居を希望する住宅の部屋が空くのを待つ、空き部屋待ちの状態になります。すぐに入れる?都営住宅の空き部屋状況。都営住宅の募集というのは、空き部屋が発生するかも?の、かもしれないという見込みで募集をするそうなんですね。実際には、まだ [続きを読む]
  • 都営住宅に入居するまで〜実態調査。
  • ポイント方式の都営住宅の申し込みから入居まで。順位が高順位で資格審査が無事に終わると、次は実際に現在の自宅の状況を、JKKの方が見に来る実態調査があります。住むところに本当に困っているのか?を見に来る調査ですね。申し込み書にウソが無いのかのチェックの意味もあるでしょう。2月のポイント方式に申し込むと、実態調査は5月の下旬です。実態調査の省略?実態調査を行わない場合もあるようで、その時にはハガキが届くそ [続きを読む]
  • 都営住宅に入居するまで〜資格審査。
  • ドキドキの都営住宅ポイント制の資格審査です。前回送られてきた資格審査のお知らせには、色々と必要な書類が書かれていましたので、資格審査の日までにそれらを準備します。ギリギリにならないよう、早目に余裕を持って準備したいところですが、申し込みから資格審査のお知らせまでの期間は随分と待たされる割に、ここでは時間が少ないです。(およそ2週間!)役所に行って貰う書類もあるので、ちょっと急ぎで準備。気持ちもはやり [続きを読む]
  • 都営住宅に入居するまで〜資格審査のお知らせ。(電話調査も)
  • 都営住宅などの公営住宅、いわゆる公団の入居までの道のりは、なかなか長いです。申し込みから入居までの期間がどれくらい?かと言いますと、短くて7ヶ月、長いと一年以上!一般的な賃貸住宅と比較すると、かなり長〜いですね。わが家の場合は、ポイント制の申し込みから入居まで8ヶ月なので、比較的早かったのですが、それでも長いですよね。ドキドキしながら待っていたり、心の準備も含めた準備期間を考えると、意外と短くて、引 [続きを読む]
  • 高齢者向けの都営住宅、シルバーピアの入居資格。
  • 各地方自治体が提供している公団住宅には、高齢者向けの住宅の募集があります。東京都の場合、シルバーピアという名前で募集していますね。一般の家族向けや単身向けの中には、抽選方式とポイント方式のいずれの場合も、60歳以上の高齢者の方は入居資格を1つクリアしていて、当選しやすいという環境もありますが、それとは別で、シルバーピアは完全に高齢者向けの公団です。シルバーピアとは?シルバーピアは、建物に手すりや各種 [続きを読む]
  • 都営住宅に入居するまで〜申し込み。
  • 都営住宅の申し込み方法は、基本的に2パターンあります。抽選方式ポイント方式このうちのポイント方式での申し込みをして、入居に至りました。ポイント方式とは、その名前の通りに、都営住宅に入居の必要度が高い人が優先して入居資格を得られる方式です。都営住宅の応募の条件を満たしていて、なおかつ都営住宅の目的である、住宅の困窮度が高い人から入居できるという仕組みですね。都営住宅の目的から考えると、そもそも何故抽 [続きを読む]
  • 単身者向けの都営住宅の応募資格。
  • 公団の入居希望者の募集の中でも、少し特殊なのが単身向けの住居。単身向けの住居の入居の資格には、少し特徴がありますね。それは社会的にも、少し援助や手助けが必要な人の募集をしているという事とも言えます。一般的な家族向けの公団の入居資格は以下の通り。都営住宅の入居資格東京都内に住んでいること。同居している親族がいること。所得が定められた基準内であること。(3人家族でおよそ年収260万円以内)住居に困っているこ [続きを読む]
  • 家族向け都営住宅の入居条件。抽選方式とポイント方式の違いは?
  • 都営住宅をはじめとした、全国各地にある自治体が提供する、家賃が安い公団住宅。公団住宅には、それぞれの自治体が定める応募条件があります。東京都の公団住宅である都営住宅に入居できる条件は以下の5つ。都営住宅の入居資格東京都内に住んでいること。同居している親族がいること。所得が定められた基準内であること。(3人家族でおよそ年収260万円以内)住居に困っていること。暴力団員ではないこと。ですが、ポイント方式で申 [続きを読む]
  • 都営住宅の入居資格をわかりやすく説明します。
  • 都営住宅をはじめとした公団住宅に入居するには、資格があります。資格と言っても試験や免許が必要なわけではありませんよ。なんだか難しそうで申し込みをためらっている方、それほど難しい資格ではありませんので、キチンと把握して自分に合った条件の公団の申し込みをすれば、当選の確率や入居の確率もアップしますよ。都営住宅の募集の種類家族向け単身者向けシルバーピア(65歳以上の高齢者向)事業再建者向定期使用住宅家族向け [続きを読む]
  • 過去の記事 …