下藤石榴 さん プロフィール

  •  
下藤石榴さん: 花 と しろねずみ
ハンドル名下藤石榴 さん
ブログタイトル花 と しろねずみ
ブログURLhttps://ameblo.jp/hana-to-shironezumi/
サイト紹介文ベランダや室内の植物と 飼育している生き物の事を適当に綴るブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 10日(平均17.5回/週) - 参加 2018/02/10 18:05

下藤石榴 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ヒメツメガエル
  • 熱帯魚の水槽に居るアルビノのヒメツメガエル。うちに来たばかりの時は“骨と皮”って感じの ガリガリ体型で心配しましたが 最近ようやく標準的な体型になりました(^_^;)餌の時以外は 流木の隙間に頭から突っ込んで隠れています(;´∀`)苦しくないのかな(;´_ゝ`)にほんブログ村 [続きを読む]
  • レオパ に 名前
  • ヒョウモントカゲモドキの姉妹に名前を付けました。生まれてから何年も経つのに今更ではありますが(;^_^A今後 繁殖するにあたり 区別しやすい方が良いので(;´∀`)↑2011/6/16生まれのメス命名【姉石(あねいし)さん】↑2011/6/21生まれのメス。命名【妹尾(せのお)さん】名前の由来は特にありません( ̄- ̄)姉か妹かわかるように そんな苗字を名前にしました( ´∀`)センス?ナニソレウマイノ?↑そんな姉妹の父(19才♂)は 無事に脱皮を終えま [続きを読む]
  • 青系 の セントポーリア
  • ↑オプティマラ種“タロー”。結構 花期が長いです。そして花芽もどんどん上がってきます(^ー^)↑イノーバ種“ハデス”。そろそろ終盤。今回は たくさん咲いてくれて長い間 楽しませてくれました(о´∀`о)↑八重咲き品種の“グレース”。こちらも花期が長いです。花持ちも良く 嬉しいかぎりです(*´ω`*)↑“グレース”の子株。無事に品種の特徴を備えた花が咲きました♪大株は古い葉が傷み始めたり 姿形が乱れたりしてきたので [続きを読む]
  • 今日のレオパ と 餌について思う事
  • ↑今日はコオロギ2匹食べたアルビノ♂。暫くして水を飲みに シェルターから出てきました。↑そして そそくさと退散(^_^;)いつも 素っ気ないヤツです(;´∀`)↑パターンレス気味なハイイエロー♂。こちらは3匹のコオロギを食べました。↑ファスキオラータス♂。今日はコオロギ2匹食べました。↑19才のハイイエロー♂。今朝 昨日までに食べたコオロギを未消化に近い状態で全て吐き戻していました。脱皮の兆候が見られたので と [続きを読む]
  • サターン
  • ↑セントポーリア“サターン”の親株。これから2つの子株が取れました。無事に子株も大きくなって いずれも花を咲かせることが出来ました♪↑大きい子株は すっかり親株と変わらぬサイズに。↑小さい子株は負けじと花芽を付けて ようやく咲き始めています。セントポーリアは室内で長く楽しめるのが魅力です(*´ω`*)にほんブログ村 [続きを読む]
  • モルモット
  • 2015年3月生まれのオス。イングリッシュ種として売られていましたが どうやらシェルティかペルビアンが混ざってそうです。台所でまな板を取り出すと 鳴いて野菜を要求します。例え切るものが野菜でなくても とりあえず鳴きます(^_^;)モルモットは食いしん坊。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 今日の給餌 と コオロギの餌
  • ↑アルビノ♂。シェルターから顔だけ出してます。今日も餌は要らないそうです。よくあることなので気にしません( ´∀`)↑ファスキオラータス♂。珍しく徘徊していました。コオロギを投入してみたら 捕獲の体勢に入りました。尻尾を震わせながら 狙いを定めてジリジリと接近していきます。一気に獲物目掛けて突進!!見事捕獲!…したように見えましたが この後コオロギに逃げられて 暫し放心状態に(;^_^Aワイルド系のくせに 実は [続きを読む]
  • レオパをピンクマウスのみで長期飼育した結果
  • 今朝 無事にヨーロッパイエコオロギが届きました\(^o^)/今回 初めて注文した専門店でしたが 今までで一番丁寧かつ適切な梱包が成されており 死着は たったの1匹でした(*゜Q゜*)保温用のカイロもまだ温かく コオロギ達は活きが良かったので 早速ヒョウモントカゲモドキ達に与えてみます。約2年ピンクマウスのみで飼育してきた我が家のヒョウモントカゲモドキ達は 果たしてコオロギを食べてくれるでしょうか?先ずは19才のヒョウ [続きを読む]
  • 昔取った杵柄
  • 本棚から古い本を引っ張り出して来ました。今 久しぶりに読み返しています。生き物の飼い方や常識というものは 人間の育児と同じように 年月の経過と共に新たな情報が追加されたり 覆されたりするものなので 最近出版された本も入手を検討しています。昔取った杵柄を期待され 春からペット業界に復帰が決まりました。それに伴い ブランクを感じさせない働きが出来るように…というわけです。もう二度と戻るまいと思っていた道でし [続きを読む]
  • 冬の薔薇 と チューリップ
  • ミニバラは 現在5鉢。手前の左にあるミニバラは 下にある鉢に植え替え予定。去年 新苗で購入した3鉢は 何とか冬を越せそうです。手前から “ラ・フランス” “コウフンレン” “オレンジマザーズデイ”です。手前から“グレーテル” “アンジェラ”。寒さに負けず 新芽が出始めています。“グレーテル”は剪定した枝を挿したら根が出たようです。今まで挿し木用に別の鉢を用意していましたが 上手くいったのは“リトルウッズ”だ [続きを読む]
  • ウズラ
  • 近所のスーパーマーケットで購入したウズラの卵を 自作の孵卵器で孵化させたのは 今から凡そ3年前。沢山の卵の多くは無精卵でしたが その中から2つが無事に孵化し 1羽が半年位で落鳥。今は残りの1羽が無事に3才を迎えました。元気なオスのウズラで 夕方から夜にかけて 高らかに鳴きます(;^_^Aちなみに卵から孵したのに あまりなついていません(泣)餌をくれるけど たまにテリトリーを荒らす(←掃除)ヤツ程度の認識らしいです。 [続きを読む]
  • 賛否両論 ピンクマウス
  • ヒョウモントカゲモドキの長老さん(19才)。今日も食欲旺盛で元気です。我が家では4年位前から 賛否両論ある活ピンクマウス(自家繁殖)を与えていますが 肥満や消化不良とは無縁です。2年位前からは ピンクマウスのみ。給餌の頻度は特に決めておらず ピンクマウスが産まれた時に1匹だけ与えています。ちなみにマウスはオス1匹に対してメス3匹のケースを4つ管理しています。そんな中で先日初めて試した人工飼料ですが 昨夜まで [続きを読む]
  • どうやら 相性が 悪いらしい
  • ↑この簡易温室には 花が咲いていないセントポーリアだけを入れています。花が終わったセントポーリアと株分けや葉挿しで増えた子苗の他 実は家に来てから一度も咲いていないセントポーリアも(泣)こんもり葉ばかり繁っているトレイル種の“ガリウインク”達。植え替えても 栄養素を与えてもダメです(T_T)他のセントポーリアは全て咲かせられたのに…どうやらトレイル種は 私には向いていないのかも( TДT)にほんブログ村 [続きを読む]
  • ふたりの娘 と ファスキオさん
  • 今年19才になる彼(ハイイエロー)には 2011年6月生まれ(ハッチ)の娘が2匹います。↑割と物怖じしない姉。お父さん似だと思う柔和な顔付き。色合いは ややくすんだ感じです。↑シュッとした顔付きの妹。警戒心が強いです。メリハリのある色合いのボディが特徴です。彼女達の今は亡き母はハイポタンジェリンでした。(画像無し)多くの愛好家は繁殖を考えた時に 多種多様なモルフの作出に興味が湧くものです。一方 私は新しいモルフや [続きを読む]
  • ザリバカ日誌
  • 水替えから一夜明けて 水が落ち着きました。ザリん子は元気に動き回っています。どうやら うちのメキシカンオレンジドワーフクレイフィッシュさんは メスのようです。小学生の頃はザリガニ馬鹿だった私。アメリカザリガニのオス2匹とメス2匹を飼っていた頃を思い出します(*´ー`*)その後も定期的に(?)白ザリガニやドワーフではないオレンジザリガニ等を飼っておりました。今回このドワーフ種を飼育してみて思ったことは 大人に [続きを読む]
  • メキシコ の 小さいザリガニ
  • この水槽で独り暮らしをしているのは オレンジ色した小さいヤツです。右下の隅に写っています。メキシカンドワーフクレイフィッシュです。体長は凡そ3cm程の小さなザリガニです。水替え直後で やや濁りがあり 少々見づらいですが(;^_^A底砂は目の細かい川砂。流木を3つ入れてあり 1つには水草の“アヌビアス・ナナ・プチ”を活着させてあります。小型ヒーターで水温は24度位に保ち 投げ込み式フィルターで水を循環させています [続きを読む]
  • 19才 の 初体験w
  • ヒョウモントカゲモドキ飼育18年目にして 初めて人工飼料を買いました。これまではコオロギ各種(活・冷凍・ドライ)・ミルワーム(活・缶詰・ドライ)・ピンクマウス(活)・シルクワーム(活)・ハニーワーム(活)・デュビア(活)・レッドローチ(活)を与えてきました。果たして我が家のヒョウモントカゲモドキ6匹は人工飼料を食べるのでしょうか?結果は 食べる個体3匹。食べない個体3匹でした。1時間後に様子を確認したところ 19才の [続きを読む]
  • 1999年生まれ の ヒョウモントカゲモドキ
  • ↑彼は今から18年前に 某ホームセンターのペットコーナーで売られていたヒョウモントカゲモドキ。まだ生後半年経たない入荷当初は19800円だったのが 1年経っても売れないので極端に値下げされ これで売れなければ危うく野外に棄てられていた(店員談)という不憫な子でした。彼には2011年に産まれた2匹の子供が居て 妻には先立たれましたが 今は穏やかな老後を独りで過ごしている…といった感じです。ところで ヒョウモントカゲモ [続きを読む]
  • 花 と しろねずみ
  • ↑あの時 赤ちゃんだった子ネズミは すっかり大きくなりました。どっしりしてます(о´∀`о)産まれた子ネズミは 家に2匹残しました。↑ずっと撮りたかった構図で(笑)ちなみに花をかじっているように見えますが クンクン嗅いでいるだけです(^_^;)↑これは前足で花を押さえちゃって 花の向きがイマイチですが なかなか上手くポーズをキメてくれたかも(^o^;)そんなわけで ブログタイトル『花 と しろねずみ』のイメージ画像が完成し [続きを読む]
  • 今日のセントポーリア
  • ↑多分“ライジング・ラスカル”。今回も沢山の花茎を出現させていますが やはり紫のスプラッシュが極めて少ないままです。↑品種不明。前回咲いた時はピンクだった中心の色ですが 今回は薄い紫です。もう一度調べてみたものの 結局品種名はわからず…でした(´-ω-`)↑多分“スノーマン”。中心部をよく見てみると…花芽が上がってきていました\(^o^)/咲くのが楽しみです(о´∀`о)↑オプティマラ“ドーリー”。赤紫の花を次々 [続きを読む]
  • セントポーリア開花
  • ↑多分“ライジング ラスカル”。今回は紫の斑がほとんど出ていません。↑品種不明のこちらも小さな蕾が柔らかくなってきました。一輪しか咲かなかった前回より花芽が沢山あります。↑次々と咲き始めた オプティマラ“ドーリー”。混み合った葉の間から 頑張って花茎を伸ばしています。↑株分けのダメージにも負けず花を開き始めた“グレース”。豪華でありながら花持ちの良いセントポーリアです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 株分け
  • セントポーリア“サターン”に子株が2つ。これでは窮屈そうだし 子株に栄養が分散されて 花も付かなくなります(;・ω・)早速 株分けすることにしました。↑切り分けた子株達。品種名は アイスクリームに付いてくる木のスプーン(未使用)を利用して記載しています。↑こちらが親株。名札が刺さっている辺りに子株があったので その部分の葉が少ないです(^_^;)葉挿しは根は出たものの その後は芽が出ぬまま失敗に終わっていたので [続きを読む]
  • でっかいセントポーリア “ドーリー”
  • 我が家最大の株となった“ドーリー”。リーフサポーターが欲しい今日この頃…その辺に売っているのかしら(;・ω・)今年2期目となる“ドーリー”の蕾たち。前回は株に見合う巨大な花を見せてくれました(о´∀`о)古い本には『大株作りには2ヶ月に一回の植え替え』と有りましたが 実践したら更に良くなるかしら('_'?)今回の花が終わったら植え替えたいと思います(^ー^)にほんブログ村 [続きを読む]
  • 過去の記事 …