下藤石榴 さん プロフィール

  •  
下藤石榴さん: 花 と しろねずみ
ハンドル名下藤石榴 さん
ブログタイトル花 と しろねずみ
ブログURLhttps://ameblo.jp/hana-to-shironezumi/
サイト紹介文ベランダや室内の植物と 飼育している生き物の事を適当に綴るブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 158日(平均3.2回/週) - 参加 2018/02/10 18:05

下藤石榴 さんのブログ記事

  • 【セントポーリア】葉挿し 4週間後
  • 購入直後に状態が宜しくなかったので 保険として葉挿しにした“フローズン イン タイム”。約4週間経ちましたが…巨大な脇芽を切り離したお蔭で 一気に4鉢になってしまったので 葉挿しを中止することにしました。葉挿しの方は順調に せっかく根が伸びていたのにね…。でもスペースの都合上 潔く諦めます。一緒に葉挿しにした“バルバドス”も根が出ており これは小さなプラカップに移して育生継続。コチラも親株は状態が良くなっ [続きを読む]
  • 【セントポーリア】100円ショップの植木鉢
  • 100円ショップのセリアで見つけた植木鉢。『ミニ観葉ビオラポット(受皿付)』です。見た目の割に容量が少ない(3.5号鉢位)ので セントポーリアに丁度良さそうと思って買ってみました。↑早速 植え替え。オークションで入手した“PT Angelica”です。波状に拡がったフチが セントポーリアの葉を支えてくれるのも良いです(^o^)v鉢底は安定感もあって 排水性も悪くありません。今後の植え替えに普通種のセントポーリア用として使ってい [続きを読む]
  • 【セントポーリア】フローズン イン タイム
  • 購入当初から 脇芽だらけで姿形の悪い 産地直送の“フローズン イン タイム”。下葉を取り 花が終わるまで…と我慢していましたが 気分的に もう限界(´-ω-`)まだまだ花芽が控えていますが 思いきって処理することにしました。↑全部で4つに分かれました。人によっては1鉢で4株も♪と喜ぶかもしれませんが 同じ品種ばかりが こんなに増えたら逆に置場所に困ります…(´-ω-`)一番大きい株は元の場所に。小さい株は別の水槽を簡 [続きを読む]
  • セントポーリア の 土作り
  • 今までは市販の土を利用していましたが 入手先がいつ無くなるかも わからないという不安があったのと 長年育ててきたので そろそろ自分でも土作りをしてみたいという気持ちが相まって 先日やっと実行してみたのでした。参考にしたのは やっぱり この本。日本におけるセントポーリア育生の第一人者 故・川上敏子さんの著書です。本を参考に材料をあちこち巡って かき集めました。↑バーミキュライト。粒の大きい物を探しました。↑ [続きを読む]
  • 現在の様子【BLACK KING × GOLDEN KING】
  • 飼い始めた頃は 2匹とも同じくらいの大きさでした。現在は というと↓何だか1匹だけ巨大化しています(゜.゜)しかも爪の大きさが格段に違います(,,・д・)同じ水槽 同じ餌で育ったのに この体格差(;^_^Aもう個別飼育した方が良さそうです…。にほんブログ村 [続きを読む]
  • セントポーリアを買いに
  • 昨日 犬のトリミング待ちの間 車を走らせ隣県の園芸センターまで行って来ました。去年行った時にセントポーリアが結構置いてあって その時は買わなかったものの 今はどうなのか ずっと気になっていたのでした(;^_^A↑去年行った時は晴れていましたが 今回は雨…それでも お客さんはパラパラと訪れていました。『こんな天気の平日だから さっぱり売れないのよ』という売店のおば様の愚痴を聞きつつ 買って帰ったセントポーリアがコ [続きを読む]
  • 【ザリガニ】鰓脱出後の脱皮1回目
  • 脱皮したら鰓がはみ出ちゃった滋賀県産ザリガニ♀。数日前に再び脱皮しました。↑鰓が引っ込んでいます!!鰓が脱出してしまった場合 脱皮を数回繰り返さないと元に戻らない…とか綺麗に戻すためには はみ出た部分を切除した方が良い…等という情報を目にしていたので まさか1回目で引っ込むとは思ってもいませんでした(°Д°)鰓が飛び出ていても よく食べ よく動いていたので 新陳代謝は良かったのかもしれません。とりあえず [続きを読む]
  • 【セントポーリア】セレンの悲劇
  • ↑購入当時は葉の折れが気になる程度で 元気だったイノーバ種“セレン”。数日前から下葉が萎れてきました。大量生産の国産セントポーリアは 昔から長生き出来ない用土に植えられて販売されてきました。それが故に廃れたような気もします。↑鉢から抜いてみたところ 用土はびちゃびちゃに湿ったままで 葉の付け根が腐り始めていました。傷んだ葉を全て取り払うと…根元の主軸も既に腐りかけて茶色くなっています。このまま放置すれ [続きを読む]
  • 新入りセントポーリア
  • 生産者直営の通販ショップで購入したセントポーリアです。↑“フローズン・イン・タイム”。斑入り葉で 白い花びらのフチが淡いグリーンのセントポーリアです。葉のバランスが悪いので 届いた即日 4枚を葉挿しにしました。↑あまり良い葉じゃ無いけれど…用土はバーミキュライト。メネデール入りの水で湿らせています。↑親株は養生用のケースに入れました。販売時の用土はピートモス主体で質が悪く 根腐れを起こしやすいので 早 [続きを読む]
  • 【ザリガニ】釣ってきた
  • 某公園で子連れのみザリガニ釣りOKという情報を得て 日曜日に行って来ました(^o^)v釣ったザリガニは持ち帰るか 所定のケースに入れて リリースしない=外来種の駆除を皆でしようという試みだそうです。最初に釣れたのは小さいザリガニでした。意外と簡単に釣れるので ケースはあっという間にザリガニだらけになります。真っ赤なやつも釣れました(^o^)v沢山釣れましたが 飼育するのは数匹。↑赤と黒のコントラストがカッコいいオス [続きを読む]
  • 【セントポーリア】続・昔の本を買いあさる
  • 木曜日までに 残る2冊の古書が届きました♪↑『ミニ図解 セントポーリア 栽培のABC…Zまで』(著者:江尻光一 発行所:誠文堂新光社)昭和58年に発行された本です。カラーページや写真は一切無く イラストと文章による構成です。↑『素人園芸HAND BOOK 29 部屋を飾る鉢花 セントポーリア』(著者:江尻光一 発行所:ひかりのくに)こちらは昭和53年発行で カラーページも写真もイラストも多用された本です。今回取り寄せた3冊は い [続きを読む]
  • 【セントポーリア】ネッシス・エンジェル・ブラッシュ
  • 我が家のセントポーリアで最も気に入っているのがコチラ↓ “ネッシス・エンジェル・ブラッシュ”です。育て始めて2年になります。うちに来た当初↓通販で お任せ購入した10鉢のうちの1つでした。ミニチュア種で ピンクがかる斑入り葉と白いシンプルな花が自分好みです。去年の秋に見た目が悪くなったので 形成し直しています。↑形成前。主軸が左に傾いてワサビ茎状態になりかかっていました。↑良い葉は葉挿しにして繁殖用に [続きを読む]
  • 【セントポーリア】昔の本を買いあさる
  • まだ読んだことの無い著者の本を 3冊ほどネット注文しました。もちろん最近の出版物ではなく 流行当時の本ばかりです。まずは…『新百科セントポーリア』(著者:江尻光一 初版:1982/1/20 第2刷:1982/4/1 発行:ひかりのくに)が届きました♪あと2冊は まだ輸送中。到着が楽しみです(о´∀`о)そして今日のセントポーリア。↑イノーバ種“ハデス”。2015年に まとめて3鉢貰ったうちの1つでした。他2鉢は 今は亡き愛犬が [続きを読む]
  • 【セントポーリア】衝動買いの新入り苗達
  • 昨日 購入したセントポーリア4鉢を 消毒前に撮影しておきました。セミダブルの丸形咲きで 赤紫に白の絞りのオプティマラ種“スージー”。ビッシリと咲いた花茎の下にも まだまだ新たな花芽が控えています。セントポーリアのイメージとして一般的なのは この色でしょうか?普通咲き(シングル)の紫で 中心に白いアイのイノーバ種“セレン”。株元を見てみると脇芽が沢山w(゜o゜)w花が終わったら整理してあげようと思います。丸形咲 [続きを読む]
  • 【セントポーリア】誘惑に負けて
  • 昨日 仕事帰りに立ち寄ったホームセンター。目的のものを買う前に吸い寄せられた園芸コーナーに セントポーリアが十数鉢 並んでいるではありませんか!しかも店頭に並んで まだ間もないとみた。鉢にはそれぞれ品種名の書かれた札も付いており 花色も様々でした。価格は税込298円・・・思わず篭に次々と入れてしまったのは言うまでもなく(;^_^A何だかんだで 4鉢も買ってしまったのでした…今日は新入りセントポーリアを配置する場 [続きを読む]
  • 【セントポーリア】(たぶん)スノーマン
  • ↑かなり間延びして 更に葉が痛んでいたのが気になっていた“スノーマン(たぶん)”。脇芽も増えていて見苦しかったので 潔く剪定し それから数ヵ月が経過して・・・現在は↑この通り♪見事に復活を果たしました\(^o^)/剪定直後は見るも無惨な丸坊主状態で 画像を撮らずにいたのですが 寧ろ その驚異の復活劇を画像を残しておけば良かったと後悔(;^_^Aにほんブログ村 [続きを読む]
  • マルタニシ の 性別
  • マルタニシの性別を見分けるのは 成体であれば容易です。触覚の状態を見ればオスかメスか判別出来ます。↑これはオス個体。触覚が くるんとカールしています。↑こちらはメス個体。触覚は真っ直ぐストレートです。因みにタニシのオメメは触覚の付け根辺りにあります(・∀・)ノちっちゃい黒い目がありますね♪なかなかの働き者で よく動くので見ていて飽きません(*´ω`*)にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【セントポーリア】サターン と タロー
  • ↑イノーバ種“サターン”。株分けで殖やしたものになります。親株に負けず劣らず 立派に大きくなりました(*^^*)因みに購入当初の親株は こちら↓白地に赤紫の縁取りといった感じの花でした。土壌の成分や株分け等で花の色合いは変わるものではありますが こんなに変わるとは思ってもいませんでした(;^_^Aそして現在の親株↓購入当初とは まるで別物です(((^_^;)因みに用土は市販のセントポーリア用を使用。水やり時には ぬるま湯 [続きを読む]
  • マルタニシ
  • 近所の用水路から獲ってきたマルタニシです。外来種のジャンボタニシことスクミリンゴガイと混同されがちですが タニシは卵ではなく稚貝を生む卵胎生の生き物。本来は日本全国の水田や用水路で見られましたが 今では環境の変化や汚染等により 野生での数が激減しているそうです。そんなマルタニシを殖やそうと タニシ専用水槽を立ち上げました。観賞魚水槽やベランダのメダカ水槽にも数匹ずつ タンクメイトとして入れています。マ [続きを読む]
  • 滋賀県産 アメリカザリガニ
  • 脱皮の失敗で鰓が はみ出てしまった滋賀県産アメリカザリガニのメス。相変わらず鰓は飛び出ていますが 家で一番活発なザリガニかもしれません。右往左往しながらマツモを食べています。ところで 一緒に獲ってきたオスは かなり赤みが増してきました。それに比べて メスが青っぽく見えるのは気のせい?にほんブログ村 [続きを読む]
  • GOLDEN KING×BLACK KING(F1)
  • オークションで またしてもザリガニを落札してしまいました(;^_^Aお父さんザリガニは“GOLDEN KING”で お母さんザリガニが“BLACK KING”だそうです。“BLACK KING”の体色を受け継いでいることから “GOLDEN KING”は劣勢遺伝という事になるのかな?メンデルの法則では このハイブリッド同士を掛け合わせると“BLACK KING”と “GOLDEN KING”の両方が得られるはずです。飼育容器は黒いコンテナケースにしました。まだ子供なので [続きを読む]