newworld さん プロフィール

  •  
newworldさん: motorinformation
ハンドル名newworld さん
ブログタイトルmotorinformation
ブログURLhttps://motorinformation.net/
サイト紹介文バイク関連情報、アメカジ、ツーリング日記等ライダー視点で発信中!
自由文バイクはKSR110、バルカンSの2台持ちです。
2014年にKSR110で北海道を11日間で一周しました。
2019年にバルカンSで日本一周を計画中ですが

アメリカに3カ月滞在も検討中。
ジーンズはリーバイスの501にレッドウィングで合わせています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 345日(平均2.5回/週) - 参加 2018/02/11 00:27

newworld さんのブログ記事

  • レビュー リアルマッコイズ バーガススウェット
  • LEVIS,LEE,AVIREX等根強い人気のアメカジブランドですが その中でも頂点と思われるのが知る人ぞ知るアメカジファッション界の王The Real McCoy’s です。(※実は日本のメーカーです) リアルマッコイズはミリタリージャケットを中心にアイテムを展開しているブランドです。 その特徴は一切の妥協を許さない商品作りです。 大戦時のアメリカ製ジャケットに至っては素材、デザイン、ジッパーの金具まで忠実に当時 [続きを読む]
  • 2019年 新年初走行
  • さて2019年がやって来ました。 バイクにとっては厳しい季節ですがバッテリーやエンジンの調子を保つ為に2週間ぶりにバルカンSで走ります。 と言っても市内を20分程度走るだけですが それでもバッテリー充電、エンジン内部の油膜保持インジェクションノズルの詰まり防止が出来ます。 という訳で2週間ぶりに乗ったバルカンSは重厚な車体感とは裏腹に軽快な走りで ヘルメットの中で思わずにやけてしまう程の楽しさを味あわ [続きを読む]
  • 正立フォークと倒立フォークの違い
  • バイクのフロントサスペンションはフロントフォークと言う呼び方をします。(以後フロントフォーク) 自動車と比べると1つの車輪に左右2つのサスペンションを備えているのでしっかりとした減衰力が有ります。 そしてバイクのフロントフォークには正立式と倒立式の2種類が有ります。 バイクに詳しくない人はどちらも同じ様に見えると思いますが 正立式と倒立式は多少の違いが有ります。 その違いはアウターチューブの位置で [続きを読む]
  • レッドウィング オックスフォード レビュー
  • 私の愛用しているバイク用の靴はレッドウィング製です。 ▼ オックスフォード 4年使用 走行時間が1時間未満ならオックスフォードを履いて 1時間以上ならエンジニアを履きます。▼ エンジニア 約半年使用 という感じで走行時間で使い分けています。 ▼これは私の靴箱左の革靴はリーガル製です。 基本的にはソール交換ができるグッドイヤーウェルテッド製法かノルウェージャン製法の靴しか履きません。 またレッドウィン [続きを読む]
  • 車のバッテリー交換 解説
  • 私の軽のバッテリーが今年の冬は目立って弱くなっています。 調子の良いバッテリーはセルを回すと「キッキキキ……ボン!」という感じでエンジンが始動しますが 今の状態はセルを回すと「ガシャシャシャシャシャ……ボン!」 という感じです。 一応電圧を計ってみます。何とまだ(12.6ボルト)出しています。優秀だ! 電圧だけで見ると正常値です。 このバッテリー来月で7年という大台を目指していたのですが ついこの間イ [続きを読む]
  • 平成最後の走り収め
  • 今日は幸いにも天気になったので軽く今年の走り収めをする事にしました。 早速バイクに乗ろうとすると車体に埃がびっしり付いていて余りに汚かったので洗車しました。 最近になってはじめて気づいたのですがバイクを洗車した後は少し走った方が車体に付いた水滴が飛んで錆を防げます。 今日は市内を移動するだけなので20キロ程度しか走りません。 それでもバッテリーの調子を維持できるのとキャブレターに溜まった燃料を循環さ [続きを読む]
  • 正しいバイクを冬眠させる方法
  • さてすっかり年の瀬になり関東の平均最低気温は5度前後となり バイクにはとても厳しい季節となっています。私はバルカンSを購入してからは冬でもバイクに乗るオールシーズンライダーになりました。 冬はバイクに乗らないという人も多いとは思いますが バイクにとっては冬場乗ってあげる事がコンディションを保つ為にも大事です。 例えば一冬1度も乗らないと殆どの場合バッテリーは死んでしまいます。それ以外にも長時間エンジン [続きを読む]
  • ツーリング B級スポット珍宝館と榛名山
  • さて今日は今年最後のツーリングです。 今年ももう走り収めです。 ちなみに今回は群馬県のB級スポットである知る人ぞ知るあの?珍宝館?と榛名山へ行きます。 12月初旬という事も有り今回は防寒対策をしました。 グローブは防寒仕様 それとこの為にユニクロのあのウルトラライトダウンを買いました。 これで防寒対策は万全です。 そしてしばらく走って到着しました珍宝館 これがあの珍宝館か……何気ない日本庭園かと思ってみ [続きを読む]
  • 車のバッテリー7年目を目指す!
  • さて車のバッテリーですが 一般的には5〜6年位で寿命です。 メーカーは3年を目安としていますがスパークプラグと一緒でかなり早めの交換を推奨しています。 その裏には売り上げを伸ばしたい思惑が透けて見えなくもないですが。 さて冬将軍が到来してめっきり寒くなりました。 朝車のエンジンをかけると明らかにセルの音が弱いです。 バッテリーをチェックしてみると…… 2012年2月23日に交換しているので 既に6年9 [続きを読む]
  • 車のタイヤ交換 ブリジストンのエコピア
  • 以前から自動車タイヤの劣化状況が気になっていました。 タイヤはミシュランのMXK溝はまだまだ有るのですが……溝の内側がパックリと割れています。 しかも四本全て同じ状態です。 タイヤは製造日を見ると2011年8月の第2週なので7年位が経過しています。 と言っても実際に交換したのは5年位前です。 どういう訳かミシュランのタイヤは日本に入って来た時から既に古いみたいです。(KSRのミシュランタイヤも古かった [続きを読む]
  • KSR110 冬の冷感時対策を施工
  • 今日は長年検案課題であったKSR110の真冬の冷感時のアイドル不安定を根本的に解決しようと思います。 これまでにキャブレーターをオーバーホールしたりエアスクリューで空燃比を真冬に合わせて濃くしたりと様々な冬季冷感時対策を行いましたが どうしても冷感時にエンストしない回転数に合わせるとエンジンが温まった時にアイドル回転数が上がってしまい何だか気に入りませんでした。 具体的には真冬の冷感時にエンジンをか [続きを読む]
  • リチウムイオンバッテリーを考察する
  • さてバイクのバッテリーは四輪車を差し置いていち早くリチウムイオン化が進んでいます。 ▼前回の記事はこちらバイクバッテリーもリチウムイオン化の時代か 四輪車はエンジンが大きくフライホイールも重い為にバイクの5倍位のバッテリー容量が必要になるので バッテリーのリチウムイオン化はまだハードルが高そうです。 そこでバイクに関してはリチウムイオンバッテリーの価格が大分手ごろになって来ています。 ▼ CB400S [続きを読む]
  • バイクに時計を取り付ける 2
  • さて前回KSR110にアナログ式腕時計を取り付けた訳ですが▼前回の記事はこちらバイクに時計を取り付ける 満足していたのですが 夜になってバイクで帰る際に時計を見ようとすると暗くて何時か分かりません。 そこでバックライト機能が付いている時計を付けたいなぁと思いながら行きつけのダイソーを散策していると 丁度良さそうな時計が有りました。かなりGーSHOCKをインスパイアしているデザインですがそれがカッコいい [続きを読む]
  • KSRの積載性に驚く
  • 我がKSR110はツーリング仕様というか買い物仕様になっていてこんな小さい車体に(50L)の大型リヤボックスが付いています。このリヤボックスはキジマ製で大容量である事も良いですが何よりもデザインがカッコいいので気に入っています。 純正のキャリアは肉薄で華奢なうえにボルト四本を横に固定する方式なので荷重を受ける部品がボルトになっています。その為最大荷重設定が1キロと低くこれだけ大きなリヤボックスを付 [続きを読む]
  • バルカンS 冷却水点検
  • 今日はバルカンSの冷却水の点検です。 バルカンSはアメリカンスタイルですが水冷エンジンです。整備士の方曰くバルカンSのパラレルエンジンはニンジャと共通でこのエンジンの冷却水と部品の接合部分で構造上冷却水が減りやすいとの事でした。 すいません具体的な部品名称を忘れてしまったのですが恐らくはウォーターポンプ付近の部品だと思います。 これは別にリコールとかいう類では無くカワサキの考え方でメンテナンス性を考 [続きを読む]
  • 空冷エンジンと水冷エンジンの違い
  • 現在バイクのエンジンの冷却方式は?空冷エンジン?と?水冷エンジン?が有ります。 ▼空冷エンジン ▼水冷エンジン 一部に油冷エンジンというのもあります。 ちなみに現在四輪車では空冷式エンジンを採用している自動車は有りません。 昔は四輪車でも空冷エンジンの設定は有ったのですが様々な理由で空冷エンジンの四輪車は消滅しました。 では何故空冷エンジンを採用する四輪車が無くなったのかと言うと まず空冷エンジンはど [続きを読む]
  • 空冷エンジンと水冷エンジンの違い
  • 現在バイクのエンジンの冷却方式は?空冷エンジン?と?水冷エンジン?が有ります。 ▼空冷エンジン ▼水冷エンジン 一部に油冷エンジンというのもあります。 ちなみに現在四輪車では空冷式エンジンを採用している自動車は有りません。 昔は四輪車でも空冷エンジンの設定は有ったのですが様々な理由で空冷エンジンの四輪車は消滅しました。 では何故空冷エンジンを採用する四輪車が無くなったのかと言うと まず空冷エンジンはど [続きを読む]
  • バイクの盗難対策をしよう
  • バイクに乗っている人なら誰しも気を付けているのが愛車の盗難です。 直近の日本の盗難状況を見ると2017年度の盗難認知件数は(20184件)となります。 2013年〜2017年の5年間の盗難件数の推移をグラフ化しました。 2013年ではバイクの盗難件数は(51442件)もあったのが 2017年では(20184件)と半分以下に減っています。 5年連続で盗難件数が右肩下がりで減っているのはSNSでの盗難情報 [続きを読む]
  • バイクの盗難状況と対策
  • バイクに乗っている人なら誰しも気を付けているのが愛車の盗難です。 直近の日本の盗難状況を見ると2017年度の盗難認知件数は(20184件)となります。 2013年〜2017年の5年間の盗難件数の推移をグラフ化しました。 2013年ではバイクの盗難件数は(51442件)もあったのが 2017年では(20184件)と半分以下に減っています。 5年連続で盗難件数が右肩下がりで減っているのはSNSでの盗難情報 [続きを読む]
  • バイクの盗難状況と対策
  • バイクに乗っている人なら誰しも気を付けているのが愛車の盗難です。 直近の日本の盗難状況を見ると2017年度の盗難認知件数は(20184件)となります。 2013年〜2017年の5年間の盗難件数の推移をグラフ化しました。 2013年ではバイクの盗難件数は(51442件)もあったのが 2017年では(20184件)と半分以下に減っています。 5年連続で盗難件数が右肩下がりで減っているのはSNSでの盗難情報 [続きを読む]
  • ブレーキの進化について考える
  • 今日はブレーキについて考えてみます。 ブレーキと言えば普段は何気なく使っている装備ですが実は最も重要な装備がブレーキです。 走らないのも困りますが止まらない事が一番恐ろしいですから。 ではまずもっともベーシックなドラムブレーキです。 ドラムブレーキの主な構成部品はブレーキシュー(ライニングシュー)ブレーキドラムホイールシリンダー の3つの部品で構成されています。 現在フロントブレーキにドラムブレーキを [続きを読む]
  • 燃料タンクトラブル! ブリーザーホースが詰まる
  • この間ガソリンを入れようとスタンドに寄って給油しようと燃料タンクのキャップを開けようとすると……。 ……うん!? か、固い! 動かない……。 仕方ないので力を入れてぐい〜っと引っ張ってみると……。 ポンッ!!と大きな音と共にキャップが開いたのでビックリしました。まるでシャンパンを開ける時と同じ様な音にスタンドの女性スタッフもビックリしていました その時は夏場だからタンク内の圧力が高くなったのかなと思っ [続きを読む]
  • 台風被害が関東にまで
  • 先日の台風で関西地方は大きな被害が出ました。 関東の私の所でも外に出しているカン、ビン用のゴミ箱が吹っ飛んでしまいそのすさまじい力を実感しました。 そしてバイクですがもちろんカバーをしてあったので問題無しです。バイクカバーは私のお気に入りのモトプラスです。 ▼バルカンSはこのサイズです。サイドケースを装着した状態でも問題ありません。 ▼こちらは上位版 ▼ニンジャ250、CB400SF等 このモトプラ [続きを読む]
  • 自転車のノーパンク化にチャレンジ
  • 今日は自転車のタイヤをノーパンク化します。 タイヤサイズは一般的な26インチです。厳密には(26×1、3/8 ) ▼これがノーパンクチューブです。▼これです。26インチパンクレスチューブ まず自転車からタイヤを外します。 これまでに付いているチューブをカットします。 この際にエアバルブを再利用するので余分なチューブをカットして残しておきます。 ▼エアバルブ余分な所をカット。タイヤレバーを使います。これ [続きを読む]
  • ネジ穴に残った折れたボルトの除去方法 解説
  • さて整備や修理をしているとボルトを締め過ぎたり、何らかの原因でボルトが折れてしまう事が有ります。 こんな時はネジ穴の中にボルトの先端が残ってしまい取り出す事は容易では無いように思えます。 早速ネジ穴に残ったボルトの先端の除去方法を解説します。 まずは用意する工具は電動ドリルと延長コードリールです。そして恐らくは殆どの方が使ったことが無いであろう直径1ミリ程度の極小ドリルの刃を用意します。ドリルの刃が [続きを読む]