ノア さん プロフィール

  •  
ノアさん: あなたに逢えてよかった
ハンドル名ノア さん
ブログタイトルあなたに逢えてよかった
ブログURLhttp://jyonuts20180117.seesaa.net/
サイト紹介文妊娠中に妻の乳がんが発覚。約2年の闘病の末に他界。出産を含め、格好良く生きた妻の2年間の記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供137回 / 298日(平均3.2回/週) - 参加 2018/02/11 13:39

ノア さんのブログ記事

  • 結婚記念日
  • 今日は10回目の結婚記念日今更だけど初めて薔薇の花束を買いましたこんな形で迎えるとは思わなかった…3年前の結婚記念日はお腹に赤ちゃんがいたこともあり2人で過ごす最後の結婚記念日だから夜景の綺麗なホテルの鉄板焼ディナーを精一杯のお洒落をして楽しんだねまだ病気にも気付いていなくてその2か月後から生活が一変するなんて思ってもいない2人だった昨年は病院にケーキを持っていったら『どうしたの?』って忘れてたっけ [続きを読む]
  • 2人で見た景色
  • 去年の11月の最後の日僕は夜勤が終わりそのまま面会に行き妻も調子が良かったので外出をした大好きだったBROOKでパンを買い珊瑚礁でガーリックポテトを買って鎌倉プリンスの前の坂道に車を停めて海を見ながら2人で食べたねあの時の景色、あの時の会話楽しかったこと、2人で泣いたことずっと忘れないよにほんブログ村 [続きを読む]
  • いい夫婦の日
  • 朝、車のエンジンをかけるとカーナビが『今日は11月22日 いい夫婦の日です』とアナウンスした。カーナビは毎日、日付と『〜の日です』というアナウンスをする去年までは何とも思わなかったこの日がやけに皮肉な記念日に聞こえた去年の今日は入院中の妻と外出届けを出し久しぶりに手を繋いで街を歩いたたまたま公休だっただけで11/22に意味は感じていなかった帰宅して息子とテレビを見ていたら【いい夫婦の日】のニュースが流れた [続きを読む]
  • ママの想い
  • せん妄の症状が改善すると次に襲ってきた副作用は便秘だった妻は元々便秘症だったので尚更酷かったその対処として下剤を内服するあまりにも出ないと、下剤の量を増やすそして増やし過ぎると便が緩くなり過ぎて身体の痛みで速やかに動けなかった妻はトイレに間に合わなくなるしっかりと便意もあり、せん妄もないのに便を漏らしてしまう妻はどんな気持ちだっただろうこの頃から息子を妻の両親にお願いして僕は病院に泊まることが多く [続きを読む]
  • 幸せ
  • 今日は10回目の月命日。休みを取って息子と墓参りに行った。息子が大きな声で『ママ!来たよ〜!』と納骨された場所に向かって叫んだこの1枚の石の先に妻の遺骨は眠っている息子は納骨の日の事を覚えてるのだろうかそれとも僕が必ずその石を触るからなのか家でも写真と遺影に向かって話しかけたり朝や夜の挨拶をしている息子なりに状況を少し理解し始めたのかな昨日、職場の人から言われたことがある『いつかは◯◯(僕)さんの幸せ [続きを読む]
  • あなたが好き
  • 2017年11月9日脳MRIの結果は転移の所見なし全く異常はなく綺麗な脳の画像だった約1週間のせん妄状態からも回復したその1週間の記憶が妻にはあやふやだったでも名前を書けなくなったことは覚えてたそして記憶が断片的な1週間だったことも『生きているのがつらい…』妻が初めて生きることを諦めようとしたそれほどまでに耐えられない事だったんだ『◯◯(息子)と3人で死のうか?』と僕は言っていた今思えばとても自分勝手な言葉だ [続きを読む]
  • センサーマット
  • 面会に行くと妻が書類にサインをしようとしていた『やばいよね』と言いながら妻が笑ったそれはセンサーマットの同意書だった妻も仕事柄センサーマットを使用する事がどういうことなのか分かっている屈辱だっただろう…そして、その同意書に向かって手が止まる『あれ…』と言って照れ笑いのような表情を浮かべたが、すぐに涙に変わった自分の名前が書けなくなっていた途中まで書いていた苗字も線が多かったが物心ついた頃から書いて [続きを読む]
  • 義父との衝突
  • 疼痛ケアの麻薬の副作用で眠気や便秘、せん妄の症状が出てきた僕は仕事柄、せん妄がどういうものなのかある程度は理解していたが妻の両親には受け入れがたい症状だったトイレと言って立ち上がったが洗面所で歯磨きを始めたり息子の誕生日が言えなくなったり会話が成立しないことが多くなり面会に来ても私に対して『どうしてこんな状態になったんだ?』『おかしくなったのか?』『脳転移じゃないのか?』そんな事は僕じゃなく主治医 [続きを読む]
  • 迷い
  • LINEの文章がおかしくなり夜中に電話をかけてきたり普通の時もあるけど明らかにおかしい時もあった本人もそれに気付いていたみたいだがお互いに言えなかった何故言えなかったのかというともしかしたら脳に転移しているのかも…その思いがあったからだ以前妻が言った言葉を忘れてなかったから『脳に転移したら死にたい』息子や僕のことが分からなくなったら生きていても意味がないと言った検査をした方がいいのか検査をして、いい結 [続きを読む]
  • あの時…
  • 痛みを抑えるための麻薬の副作用はじわじわと妻の気力を奪おうとしていた面会に行っても会話の途中で寝てしまう息子にご飯をあげていてもスプーンを片手に途中で寝てしまうふと目が覚めるとその状況に自分で気付き一瞬考え込んでから落ち込む『副作用なんだから大丈夫だよ』そんな僕の言葉も気休めにはならないあの時、どんな言葉をかけてあげることが妻にとって良かったんだろう?そんな後悔ばかりが襲ってくることがあるでもきっ [続きを読む]
  • 乗り換え
  • 1年前の秋は、妻の疼痛が激しくなり車での移動が苦痛に感じる程になったシートをフラットにできる車を検討し購入した車の納車が10/26だった誰よりも楽しみにしていた妻は病院に外泊届けを出して納車に立ち会った新車を一番最初に運転したのは妻だ家の周りをほんの1km弱だがドライブした『これでみんなで旅行に行けるね』結果的には妻が運転したのは最初で最後乗ったのも外出外泊での14回しかなかった今となっては息子と僕には無 [続きを読む]
  • 小さな奇跡
  • 今日は地元の花火大会すっかり忘れていて、休みを取り忘れたこの家を買う時に、見晴らしと陽当たりそして花火大会が家から5ヶ所以上見えるそんなところに妻が惹かれ決め手となったその中でも地元中の地元一番大きく見える花火大会が今日だった昨年は妻が入院中だったこともあり花火大会をやっていたかも覚えていない今年は家に妹と姪っ子が来て息子と一緒に花火を見てくれた僕は仕事の帰り道妻が眠るお寺の横で信号待ちをしていた [続きを読む]
  • 泣くための日
  • 息子を保育園に送り今日は徹底的に後ろ向きに時間を送った涙を流す時間は減ってきたが時々、堰を切ったように涙が溢れ出すこうやって【泣くための日】が僕には必要あの日の写真あの日のLINEあの日のレシートあの日の記憶…一人、家のなかで妻のことだけを想った返事は返ってこないけど色んなことを報告した色んなことを相談した色んなことを語りかけた息子の前で泣いてる姿は見せたくないからいっぱい泣いていっぱい泣いて息子を早 [続きを読む]
  • トイレトレーニング
  • アンパンマンが大好きなのでアンパンマンの便座を買ってみました予想通り大喜びで掴まって用を足してます昨日は計1時間トイレにいた気がします〓今日は日中は紙パンツに1回だけ少量のオシッコがありましたが7回はトイレでしっかり出しましたアンパンマン様のパワーに驚くばかりそしていつの間にか息子も成長してるトイレトレーニングなんて出来るのか?僕には不安しかありませんでしたがアンパンマン様の力を借りて何とか頑張っ [続きを読む]
  • 終わりへの始まり
  • 1年前の今日妻が再入院をした痛みが強くなり、 自ら望んでの入院当日のLINEでは『目標は10日間〓?』と明るい感じで、あくまでも薬の調整での入院のつもりだったちょうどその1年前の同じ時期にも痛みが強くなり入院をしていたからその時はトモセラピー(放射線治療)も含めて1ヶ月の入院だったけど今回はそんなに長く入院したくないからと妻は早めの対応の入院との位置付けだった外出や外泊はできたけどまさか【退院】が出来ない [続きを読む]
  • 優勝したよ
  • ライオンズが本当に優勝しちゃったよ喜んでるかな?それとも怒ってるかな?『1年遅いよ!』って怒ってそうだねでも、やっぱり嬉しいよね数えきれないほど球場に行って今日を待ちわびていたんだもんね一緒に見て喜びたかったけど息子のユニフォームと一緒に見届けてくれたよねにほんブログ村 [続きを読む]
  • 最後の旅行
  • 妻が大好きだった東伊豆の温泉季節ごとに年に4回産後も息子が6ヶ月になるのを待ち抗がん剤の休薬の週に体調を見ながら行っていた左胸を全摘していたこともあり客室露天風呂や貸切りの露天風呂がある旅館を巡るのが妻の楽しみになっていた辛い治療に耐えるモチベーションにもなり大切な思い出を残すことでもあった結果的に去年の9月の旅行が最後になった妻、妻の両親と兄、僕と息子の6人でそれは息子が始めて靴を履いて外を歩い [続きを読む]
  • 8回目の月命日
  • 今日は8回目の月命日僕の心の時が止まって243日もうそんなに逢ってないんだね息子は驚くほど成長したんだよ少し会話でキャッチボールが出来るし食後は食器をキッチンに持ってきてくれるうがいや手洗いは1人で出来るよ出掛ける前は『ままバイバイ』って写真に手を振ることを忘れないよパパは頼りないけど息子はしっかりと育ってくれてます今日はお墓参りに行ってから職場の人が招待券をくれたので油壺マリンパークへ行ってきた2 [続きを読む]
  • またひとり…
  • さくらももこさん浜尾朱美さん樹木希林さん乳癌を患った方の訃報が続く病気でも、急死でも、事故でも、災害でも大切な人を喪うことは同じだそれでも【乳癌】という文字や言葉には特別な感情を抱いてしまうにほんブログ村 [続きを読む]
  • オプソ
  • 去年の9月の中旬頃から妻はレスキューで使っていたオプソを予防的に使用するようになっていた痛みが強くなる前に内服するようになり量は自分でも気を付けており1日の上限を超えたり上限近くなることはなかったただ副作用として眠気が著明に現れボーッとしていることも多くなった子供と遊んだりお風呂に入ったりご飯を作ることも少なくなっていった内服量が徐々に増えて気にはなったが処方されている量は守っていたし何よりそれだ [続きを読む]
  • 引き渡し訓練
  • 今日は保育園の引き渡し訓練の日だった入園の面接の際、先生に聞いた休みを取る関係で年間行事での優先順位を・懇談会・引き渡し訓練・個人面談この3つの行事は出来るだけ都合をつけてほしいとのことだった割と融通のきく職場なので休みは取り易い保育参加や運動会なども行ける引き渡し訓練は15時半なので半休を取った今年も色んな所で災害が起きているいつ何があるか分からないどんなことがあっても息子を迎えに行く迎えに行ける [続きを読む]
  • レスキュー
  • 実家を生活の拠点とするようになり一人で育児をする時間の不安から解放され【出来るときに全力で】と思うようになりある意味メリハリのある生活を送れていただが、奇跡を与えてくれていた抗がん剤【カルボプラチン】の効果が低下した事を妻も僕も薄々は感じていたそれは9月に入りレスキューを使う機会が着実に増えていたからだ身体の痛みは日を追うごとに増していたレスキューの副作用で眠気が出る横になる時間も増えた辛かったの [続きを読む]
  • 9月6日
  • 『◯◯(息子)と2人でいるのが不安』僕が仕事の間、2人で留守番をすることに妻が初めて不安を口にした息子の動きについていけないと薬の副作用でいつの間にか寝てしまうと『私一人では無理な時が来たみたい』と…1年前の9月7日から妻の実家へ生活のベースを移した妻がこの家で生活をしたのは1年前の今日が最後だったにほんブログ村 [続きを読む]
  • 苦しい季節に…
  • 9月に入りましたこの3ヶ月間、闘病記を休んでましたそれには理由があり去年の5月〜8月までは本当に元気だったこのまま息子の成長を一緒に見れるのではそう思えるほどに…今思えば、夢を見せてくれた3ヶ月でしたこれからは1年前の時系列に沿って闘病記も平行して書いていこうと思うにほんブログ村 [続きを読む]