たびネコ8号 さん プロフィール

  •  
たびネコ8号さん: たびネコ8号
ハンドル名たびネコ8号 さん
ブログタイトルたびネコ8号
ブログURLhttp://www.tabineko8.com/blog/
サイト紹介文ネコのこと、旅や城のこと、車(レガシーアウトバック)のこと、デジタルガジェットなど書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 288日(平均2.0回/週) - 参加 2018/02/11 15:26

たびネコ8号 さんのブログ記事

  • AVIOT TE-D01bの電池は何時間持つのか
  • 残念ながら切れてしまうとあんまりいいことを書いてないAVIOT TE-D01bですが(でも、ほとんどの時間はちゃんとつながっています)、もう一つメーカーがウリにしているのは、左右イヤホンの主接続を切り替えることによる長時間の電池持ちです。これまで使っていたものは持っても1.5時間程度だったので、2時間くらい持つかなと思っていたくらいでした。今日散歩に出かけて2時間。戻ってきてもまだまだ再生していたので、そのまま放置 [続きを読む]
  • AVIOT TE-D01bの手動aptX接続をトライしてみるが・・・
  • 前の記事で書いた通り、残念ながらExperia XZ + AVIOT TE-D01bは音が途切れてしまいます。もしかしたらaptXでつながっていなくて、強制的に繋げたら変わるかも・・・、と思って、Androidの設定の開発者メニューをオンにして、そこからコーデックをシステムの選択(標準)を使用↓aptXに変更して1週間使ってみました。が、残念ながら改善することはなく、おそらく最初からaptXでつながっていたのだと思われます。 平日の朝、新宿駅 [続きを読む]
  • Experia XZで利用するAVIOT TE-D01bは果たして途切れないのか・・
  • 先日アップした通り、「途切れ」が原因でBluetoothのワイヤレスイヤホンの利用を断念した私ですが、「途切れない」という強みを前面に押し出しているAVIOT TE-D01bを購入してみました。Experia XZとペアリングして、1週間ほど小田急線/JR総武線の通勤の途中で使ってみたので果たして本当に途切れないのか、まずは一次報告です。ですがまずはその前に、バッテリを兼ねたケースへの収まり具合と充電口をご紹介。上部についているひ [続きを読む]
  • スバル純正ドラレコについていた運転診断機能
  • スバル純正ドラレコはデンソーテンのOEM品のようで、デンソーテン DREC4000パソコンで取り込み、再生するために「DR Viewer S16」というソフトを使います。動作も遅いしUIもいいとは言えないのですが、動画だけでなく場所や加速度なども含めて取り込んでくれるので、基本的にはこれを使うことになります。今回改めて起動して見ていて気づいた機能が「運転診断機能」で、「アクセル」「ブレーキ」「ハンドル」が採点されている履歴 [続きを読む]
  • ドラレコ用のメモリカードについて
  • ドライブレコーダーは当然車内にあります。夏は本当に灼熱の暑さになる過酷な環境です。それに加えて書き込み回数も多いため、ドラレコのメモリカードについては専用のメモリカードの利用が推奨されています。前方と後方にドラレコをつけていますが、いざという時に撮れてないと無意味なので前方はスバル純正ドラレコに、シリコンパワー 高耐久 ドライブレコーダー用 microSDHCカード 32GBをつけています。ちょうど1年前に買って [続きを読む]
  • 点検時のアウトバックの代車は・・・&E型ホイール
  • 一年点検時のアウトバックの代車は・・・、アウトバックでした。おそらくひとつ前の世代のC型で、Limitedではなく無印のほうでした。車が同じなので運転しやすくて楽ですが、他車種との乗り比べも想定していたので若干残念な気も。ただ、1世代の違い+Limitedの違いは実はまあまあ感じられまして、言葉では説明しづらいですが、少し重い感じがして自車に戻った時に軽やかさがあるなと思いました。そして少しインターフェースが違い [続きを読む]
  • 明日の1年点検でタイヤを換装
  • 早いものでアウトバックが来てから1年。追突されたりリコールされたりとトラブルもありましたが、安定した走りと高機能なアイサイトに満足した車生活です。そんなわけで明日は1年点検で冬が近づいてきたのでスタッドレスタイヤに換装します。点検の際にタイヤを外す作業があるため、タイヤ交換の作業料は無料でやってくれるため、ありがたいところです。先ほどシートを倒してタイヤを積み込みましたが、改めてタイヤは重いし車の [続きを読む]
  • 再びリコールにヒット&給油量チェック
  • 以前大規模にニュースになっていましたが、完成検査に関わるリコールについてhttps://www.subaru.co.jp/press/recall/2018_02_08_5383/ということで、完成検査を十分に行っていなかったということで私のアウトバックもリコールの対象になりましたが、「検査のみ不十分」ということで、来週行う1年点検で一緒に検査を行うこととしておりました。そこへ新たなリコールということで、スバル レガシィ、航続可能距離過大表示でガス欠 [続きを読む]
  • トランク収納用の Siivton 車用収納ボックスを購入
  • アウトバックはトランクが大きな車なので、いろいろと積むことができます。しかし、その分スーパーに買い物に行った際などに、買い物袋のまま置いておくとごろごろ転がってしまう事態に陥ってしまいます。もともとは、プラスチックのカゴを置いていたのですが、囲いの網目がスムーズではなく引っ掛かりがあってレジ袋に穴が開いてしまっていたのと、場所を取るのでサイズ変更や収納が可能なトランク 収納 Siivton 車用収納ボックス [続きを読む]
  • アウトバック、秋の燃費情報
  • 最近はゴルフに出かけることが多かったので、高速中心の燃費情報更新となりました。高速に乗ったときはリッター当たり10Km超、乗らないときは10Km未満、ということで大体数値が安定してきました。11月には1年点検があるので、その時にはYOKOHAMAのスタッドレス、iceGUARD SUV G075 (225/65R17)にまた換装予定です。ゴムバルブ付属 ヨコハマ スタッドレス アイスガード iceGUARD SUV G075 225/65R17 225/65-17 102Q 4本去年の経験 [続きを読む]
  • SUBARU純正とHQBKiNGのドラレコ比較(動画あり)
  • 先日記載したHQBKiNGは後方用に設置しましたが、せっかくなので前方に仮止めしてみて、純正との比較をしてみました。HQBKiNG小型車載カメラ値段はかなり安い(タイムセールで5千円程度。純正は数万円)ですが、それほどの差はない、もしくはナンバープレートは純正よりもよく読み取れるように見えましたので、その様子を動画でお届けします。 にほんブログ村ランキングに参加しています [続きを読む]
  • タッチペンは小キズに有効なのか
  • 11月に1回目の1年点検を迎えるということで、もうすぐアウトバックに乗り換えて1年が経ちます。一年もたつとところどころに小さなキズもあったりして、気づくと給油口の脇に数センチの小キズができていました。(小さな丸い穴は壁の排水溝の映り込みなのでキズではありません。)小キズ消しで磨いてみたところ特に消えなかったので、先日用事があってディーラーに行ったときに、・このキズはサビの元になるか?・直したらどれくら [続きを読む]
  • 東海お城巡り3日目:③最後に武田逍遥軒の拠点大島城へ
  • 旅の最後は、武田信玄が西上作戦の際に秋山虎繁に補給拠点として整備を命じ、武田流築城術を駆使して改修したという下伊那郡松川町にある大島城です。ここは台城公園という名前になっていますが、結構マイナーなので場所も上げておきます。お城は武田流築城術の典型である天竜川に面した舌状台地の先端に本丸を置き、そこから二の丸三の丸を川と反対側に拡張していった跡が見られます。ここは三日月堀の大きな丸馬出が見どころです [続きを読む]
  • 東海お城巡り3日目:②帰り道に飯田城と松尾城に立ち寄る
  • 苗木城を見た後は、中央高速で東京方面へ移動を開始。途中でいくつか南伊奈のお城を探索してから家に帰る工程です。まずは中央高速で濃信国境を越えて飯田に入り飯田城へ行ってみましたが、ほぼ遺構は残っておらず神社があるのみでした。佐幕派だったために明治維新の際にお城が徹底的に破壊されたとのこと。ただ、断崖の上にあって堅城であった雰囲気は残しています。 せっかく来たので、同じ飯田にある信濃小笠原氏の一族の居 [続きを読む]
  • HQBKiNG小型車載カメラを後方につけてみた
  • アウトバックには後方ドラレコがオプション設定されておりませんので、自分で設置するなりどこかで設置してもらうなりしないといけません。もともとは余っていたアクションカメラをトノカバーの上に磁石で付けていたのですが、トノカバーを動かすときに邪魔だったり、電池が切れるとタイムスタンプが元に戻ってしまうのが地味にストレスでした。<もともと代用していたアクションカメラの図> この時にトランク脇のシガーソケット [続きを読む]
  • ボルボ新V60はなかなか良さそうです
  • 前に書いたことがありますが、アウトバックの前はボルボのV70に乗っていました。頑丈さがしっかり伝わってくるいいワゴンで、これまでで一番長い8年間の付き合いでした。(詳しくは前記事「前車 ボルボV70のこと」を参照ください)燃費も極悪でしたが、実は一番のネックは修理費で「ドアパンチされて小さなへこみを修理したた」「自転車がサイドミラーにぶつかって交換した」で相手の負担で2度ほど修理をしましたが、どちらも20万 [続きを読む]
  • アイサイトはどの程度の豪雨でも作動していたのか
  • 先週末に豪雨に運転中に遭った話を書きましたが、せっかくなので当時の様子をドラレコから書き出した動画を作ってみました。 撮影したレコーダーは・前方はスバル純正ドライブレコーダー・後方は先日購入してつけてみたHQBKiNG Q1です。レコーダーの動画を見るとまあまあ見えるのですが、実際にはもっと見えない感じでした。高速を降りた後もかなり激しく降られましたが、アイサイトは異常を出すことなくしっかりと前を見つめてく [続きを読む]
  • アウトバックに自転車を積んで山梨に向かうの巻
  • アウトバックを購入した時から、自転車を乗せて遠くに出かけてサイクリングしてみたい・・・、と思って、DOPPELGANGER マルチユースキャリングバッグ 4WAY輪行バッグを去年の11月に購入していました。しかし自転車を車内にそのまま乗せるには後部座席を両方倒す必要があり、旅行にヨメと子供抜きで行く機会はなかなかないため、そのままアウトバックのトランクの下の収納スペースにしまっておりました。この三連休は3日目に都留に [続きを読む]
  • アウトバック E型発表!
  • 最近仕事が忙しくて更新をサボってしまっていますが・・・、気づいたら、アウトバック E型発表と出てくるとうわさがあったLEGACY OUTBACK X-BREAKが発表されました。D型ユーザーとしては、E型であまり進化されると複雑な気分ですが、SUBARU 「レガシィ アウトバック/B4」改良モデルを発表のスバル公式発表によると【レガシィ アウトバック/B4の主な改良内容】■ 安全性能・ アイサイトのプリクラッシュブレーキ性能の [続きを読む]
  • LUMIX TX2の兄弟機 ライカC-LUXの記事
  • LUMIX TX2の兄弟機と思われるライカC-LUXの記事が載っていました。ライカの協力ありということで広告記事のようですが、書いてあることはTX2と共通する部分があるなと思うのでご紹介です。ライカC-LUXとバンコクを旅する1型センサー+光学15倍ズームで切り取る、旅先の日常https://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/special/1139908.html1インチセンサーということで、これまでのデジカメと比べてもう少しボケるかなと思いました [続きを読む]
  • 東海お城巡り3日目:①山城ランキング1位の苗木城の巨石ぶりに驚く
  • 最終日となった3日目は、まず近くにある恵那峡を見てみました。早朝だったので観光施設も空いていませんでしたが、いろいろ工事をしているのか水も濁っていて今は時期があまり良くないのかなという感じでした。恵那峡から苗木城までは12Kmほど。ここも近くまで車で登っていけるので、最後の本丸の岩山を登るところ以外は割と楽に行ける場所です。(最後の本丸はまあまあ体力使いますが)駐車場から本丸のほうに向かうと、かつての [続きを読む]
  • 城の本丸から見下ろした時のLUMIX TX2ズーム力
  • 今回の東海お城巡りの写真のほとんどはLUMIX TX2で撮影しました。前面のズームリングの機能を露出補正に割り当てていて、露出補正のみ時々少し変更しています。それ以外はオートで撮影してほぼ外れがない状態で撮影してくれるいいカメラだなと思います。バッテリは長距離移動時は車のUSB充電ポートから充電していたのでほんとの1本フルの能力は分かりませんが、3つの目盛りが2つになるまでかなり持つので、電池持ちもいい機種だと [続きを読む]
  • 東海お城巡り2日目:④岐阜県の広さを感じながら悲運の岩村城を訪れる
  • 岐阜城を14:30に出た後、今回の旅の主な目的地である岩村城目指して恵那方面に向かいます。約90Kmの道のりなので、できるだけ高速を使いたいと思ったルートは、20分ほど一般道で関ICまで行き、関IC→美濃関JCT:東北北陸自動車道美濃関JCT→土岐JCT:東海環状自動車道土岐JCT→瑞浪IC:中央道で、そこから南部の一般道を通って岩村に向かうというもの。やはり1時間40分ほどかかってしまい、着いたのは16時過ぎ。国道257号から脇道 [続きを読む]
  • 東海お城巡り2日目:③岐阜城とその落城理由を考える
  • 犬山城から見える木曽川を渡るとすぐに岐阜県なので、近いだろうと思って移動したら、岐阜駅から北のほうにある岐阜城は結構遠かった・・。一般道で26Kmの道のりを50分かけて移動し、到着は12時40分ごろ。正面からではなく、裏側の長良川沿いのやや狭い道で向かいましたが、ほんとに切り立った崖の上にある城であることがよく分かります。標高300Mある金華山の頂上にある天守閣へはさすがに歩いて上る元気はないので、ふもとにある [続きを読む]