めい さん プロフィール

  •  
めいさん: 空缶を蹴飛ばしたい
ハンドル名めい さん
ブログタイトル空缶を蹴飛ばしたい
ブログURLhttp://may25.hatenadiary.com/
サイト紹介文2022年2月の中学受験に向けた親バカ備忘録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 16日(平均9.6回/週) - 参加 2018/02/11 22:37

めい さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • レールの敷き方_2
  • 前回の続き(まだやる…)。そりゃあすぐに答えが出る話ではないのですが、考え出すといつまでも悶々としてしまいます。例えば、学歴や将来のことなんかをきれいに全部取っ払ってしまえば、私の希望としては音大に入ってもらいたかったりします。発表会では小さい子たちが憧れるような演奏ができるようになってほしいし、コンクールに出て審査員の先生方の批評も伺ってみたい。あわよくば、みたいな気持ちもないでもない。でもそ [続きを読む]
  • レールの敷き方
  • 学校から帰ってきて夜ご飯までの間、どんなことをしていても叱られないから何やっててもいいことになったら何をしたいか、を娘に聞いてみました。娘の答えは「録画してるテレビ観て、あ、違うな、宿題とドリルやってからテレビ観て、そのあと本を読むよ!」でした。やっぱり読書はあるのか。宿題やる、を先に言い直したのは、親向けの答えだったかもしれません。それでも、勉強は毎日するもの、という意識は根付いているようでし [続きを読む]
  • さぴあ3月号
  • 合格発表会場でのインタビューを読みながら、泣いています。みんないい笑顔で、自信に満ち溢れていて、そして何よりコメントがもう、グッときます。両親祖父母、サピックスの先生方や警備員さんへの感謝。我慢していたゲームテレビマンガを楽しみたい、SS特訓でのお弁当が楽しかった、基礎トレとコアプラスが大事、部活が楽しみ。安心した、嬉しい、嬉しくて叫びたい、頑張った甲斐がある、努力は裏切らない、諦めない、等々。私が [続きを読む]
  • 読書と国語の成績の相関
  • 我家のマイペースちゃんは、親が驚く程に本を読みます。これだけは親バカ的にも自慢してしまうくらい、読みます。学校の休み時間も図書室へ行き、読書に勤しんでいるようで、読みたいなら読めばいいけれど頼むから学校でくらいお友だちと遊んでちょうだい、と言いたくなりますが、我関せず。学校の図書室へ休み時間にお友だちと一緒に行って、各々好きな本を読んで、時間がきたら教室へ戻る。というのが、充実した休み時間の過ごし [続きを読む]
  • 取捨選択が難しい
  • 娘の習い事の数は、多い方だと思います。三年生、四年生、五年生と、どれを残してどれを辞めていくか、なかなか難しい選択です。選択にあたっては、塾のスケジュールも重要です。何曜日が塾なのか、それによっては習い事の曜日や時間を変えてもらったり、諦めたりが必要になります。入塾説明会では、今年の学年別スケジュールはあくまでも今年のものなので次年度は曜日が変わることもあり得ます、と言われました。困る!五年生 [続きを読む]
  • 手強いプリント整理
  • 国算社理、一回ずつ授業が終わりました。わかっているのかいないのか、楽しかったー!しか娘の感想がないのですが、新三年だし、そんなものなのでしょうか。新三年にして噂に違わぬプリント量、学年が上がるにつれ、これがどれだけ増えていくのか、戦々恐々としています。これがないとやっていけない!いまだかつて、取説の類いをこんなに真剣に読み込んだことがあっただろうか。いや、ない。きっぱりとない。通塾の手引きプラ [続きを読む]
  • 授業後の電話
  • 初めての算数・理科の授業が終わって、サピックスから電話が。着信を確認して、一体何があったのか、いや、何をしでかしたのかと、二秒くらいの間にグルグル考えてしまいました。塾の前に、娘には「わからないことはわからないと先生に言う」「わからなくても恥ずかしくないから」っぽいことをしつこいくらいに言っていたのですが(わからない前提…)、もしかしてそれが仇となったのかもしれない。または、調子にのって騒いでし [続きを読む]
  • ドライヤータイムは読書タイム
  • 入浴後のドライヤータイムは、格好の読書タイムです。甘えて「ドライヤーやって!」と言うので自分でやりなさいと突っぱねていましたが、その時間に本を読みたいと言われてしまい、こちらが負けました。先日、購入失敗したと書きました歴史マンガですが、娘は二巡目に入りました。いつの間にかコツコツ読んでいるようです。今読んでいるところに武蔵坊弁慶が登場しておりまして、「この弁慶は内弁慶の弁慶?」という質問が。おお [続きを読む]
  • サピックス恐るべし
  • 初日を終えて。娘はクタクタな顔こそしていましたが、楽しかったー!とニコニコ満面の笑みで帰ってきました。うんうん、よかった。社会はともかく、国語の量がすごい。これを二週間で復習していくのか…。ていうか、来週はこれに算数理科が上乗せされるのかと思うと、サピックス恐るべしです。なんというか、切実に、新三年からにしてよかったと思いました。新三年でこれだもの、新四年からだとうちは絶対に着いていけない自信があ [続きを読む]
  • サピックス初日
  • 念入りに探した塾用のリュックは、まだ少し大きめです。六年生まで使えていたら、ちょうどいいサイズになってるのかな。学校はキャラ物禁止なので、塾くらいは!と、大好きなキャラクターのペンケースと鉛筆を新調。可愛くて削れないよ〜と言いながら、目を瞑って鉛筆削り器に差し込んでいました。今日から、サピックスの授業が始まります。昨日の夜は、何度も持ち物(といっても筆記用具くらいしかない)をリュックから出して [続きを読む]
  • ピアノ発表会
  • 先日、ピアノの発表会がありました。ステージに出るときは、下手から中央まで歩いて正面を向いて一礼、顔を上げて椅子に座ります。今回観ていて、椅子への座り方で、親御さんのピアノへの関わり具合がわかるような気がしました。一礼してそのまま回れ右して手前から椅子に座る子。一礼したら椅子の奥へ回って座る子。手前から座る子は、ミスが多かったように感じました。緊張からくるミスタッチではなく、練習不足かもねと思える [続きを読む]
  • 明日
  • 四年後の今日、私はどうしているんだろう。いよいよ明日なんだなー、と、六年生の中受ブログを拝見しながらしみじみ考えています。そして何故かすでに涙ぐんでいたりもします。何年にも渡りお子さんを支え続けてきた親御さんたちの気持ちは、まだ私にはわからないし、想像するだけで五臓六腑から何かが噴出しそうです。私に耐えられるだろうか。娘は、どんな気持ちで、四年後の今日を迎えるだろうか。想像を絶する年月を過ごして [続きを読む]
  • 学校の選び方
  • まだ志望校と言えるような学校は決まっていませんが、憧れるだけなら!という学校はあります。主に私が。本当に、偏差値さえ許すならあれもこれも、素敵な学校が東京にはたくさんあります。偏差値が高ければいいとは思いませんが、いいな〜と思う学校は、やっぱり偏差値高めの傾向にあります。わかりやすく、羨望の眼差しで見つめてしまうのは御三家で、男子は開成、女子なら桜蔭、が偏差値的には最高峰。どこの学校は落ち目だと [続きを読む]
  • 四年ぶりの大雪、とニュースから聞こえてきました。そういえば四年前の二月、二週に渡って土日に大雪が降りましたね。朝からずっと雪かきをしていた記憶が。ふと思ったのですが、まさかまた四年後に大雪、なんてことはないですよね。四年後って、受験の年なんですけど…。今年の二月一日は、今のところ曇りの予報。でも最低気温がマイナスなので、路面凍結には気をつけて。今年の六年生も、頑張ってくださいね。 [続きを読む]
  • インフルエンザでした
  • 先週月曜の夕方から発熱、みるみる上がって火曜には40度。かかりつけ医で診察を受け、インフルエンザB型の判定でした。やっぱり…。来月にはピアノの発表会をはじめ、いくつか発表会が続いているので、このタイミングで練習やレッスンを休むのは苦しいけれど、致し方なし。身体が大事ですからね。しかしこどもの回復力は素晴らしく、今日はもうすっかり元気です。明日からは学校にも行けるので一安心。そんな折、今度は私がイン [続きを読む]
  • インフルエンザ疑惑
  • 学校から帰ってきて、いつもよりおとなしいと思ったら、少しダルいと。熱を測れば37度超えたところ。嫌な予感とともにみるみる悪化。寒気がして、どんどん上がる熱。夜には38度7分。昨日から少し喉がおかしいとは言っていたのです。あっという間の出来事でした。いつもの風邪より辛そうだし、これはきっとインフルエンザなのだろうなと思っています。やっぱりこの時期なんですね。受験ではないにしても、我家も習い事の発表会を [続きを読む]
  • 歴史マンガ
  • クリスマスに届いた、朝日学生新聞社刊、日本の歴史七巻セット。巻数が少なく、ざっと時代の大局を知るのにいいかと思ってのセレクト。低学年向けなので難しい言い回しもなさそうだし、高学年になったら小学館や角川の長い方を書い直せばいいかな、と。但し、個人的には失敗でした。全七巻と短いので、近現代までの流れは掴みやすい。各時代毎、まとめの豆テストがあるのもいい。でも、でも。何が一番ダメだったかというと、言葉 [続きを読む]
  • 国語辞典
  • 保育園卒園の記念品でいただいたのは、小学館の学習国語新辞典。はじめての国語辞典、というキャッチが印刷されていますが、はじめてもはじめて、調べたい言葉は悉く載っていませんでした。未就学児向けかも。小学生には物足りない辞書です。これじゃいかん、と、低学年向けの国語辞典を購入することに。しかし、低学年向けという縛りがあると、なかなか選ぶのが難しいですね。ネットで調べて、本屋で実物を見て、同じ言葉を引き [続きを読む]
  • SAPIX入室オリエンテーション
  • 全学年共通の入室前オリエンテーションに参加。途中で低学年と高学年に分かれましたが、五十名程いた保護者のうち、低学年保護者は四人だけでした。あとはぜーんぶ新四年生の保護者。入室テストのとき十人程いた新三年生、今日は我家のほかにもうひとりいただけ。もしも残りの八人が入室テストに落ちたのだとしたら、新三年生で入室合格率二十パーセントですか。実際には受かっても入らない人もいるだろうけれど、でも低学年でわ [続きを読む]
  • 通信教育ジプシー
  • ジプシーと言うほどのものでもありませんが、いきなり一足飛びにどーんと塾に決めた訳ではなく、我家もやはり通信教育にはお世話になりました。 ▼ 定番のこどもちゃれんじ時代 一歳から卒園までは、こどもちゃれんじ&チャレンジイングリッシュ。実のところ、チャレンジイングリッシュはほとんど手つかずで、ローマ字を覚えたからまあいいか、というレベル。英語こそしっかり時間を取って毎日やらないと身に付かないのです [続きを読む]
  • ひとりっ子です。早生まれ、マイペース。よその家庭よりは、甘やかし気味かもしれません。まだ幼い面が目立ちます。ひとつ下の学年の子より小柄なので、この子は何月に生まれても小さいタイプなのだと思います。保育園では常に背の順で一番前だったし、小学校に入ってからも前から二番目。前ならえできるんだよ!と喜んでいましたが、二列になると前ならえの時に手は腰になります。この、早生まれ、小柄、幼さは、言わずもがな中 [続きを読む]
  • はじめに
  • 娘のSAPIX入塾が決まりました。来年の二月、新三年生からスタートです。のんびりマイペースなので、一般的な入塾タイミングより一年早めました。今はまだ習い事も多く、これから少しずつ調整が必要なのが、判っちゃいるけど悩ましいところ。どこまで伸びてくれるかな。楽しみ半分、怖さ半分。我家の中学受験が始まります。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …