めい さん プロフィール

  •  
めいさん: 空缶を蹴飛ばしたい
ハンドル名めい さん
ブログタイトル空缶を蹴飛ばしたい
ブログURLhttp://may25.hatenadiary.com/
サイト紹介文2022年2月の中学受験に向けた親バカ備忘録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 281日(平均2.2回/週) - 参加 2018/02/11 22:37

めい さんのブログ記事

  • 書見台でストレスがなくなる
  • 娘はダイニングテーブルで勉強しています。たくさん広げられるし、並んで座ったり向かい合ったり、かなり便利です。もともとリビング学習などは考えず、家を買った際に私の好みで大きめの140サイズを購入したのですが、いざ娘が勉強をするにあたって、いっぱいいっぱいにいろいろ広げることができて、結果オーライでした。しかし、広げすぎて今度は寄せることもせず、ノートの位置に合わせて身体が斜めになっていたり、結構な姿勢 [続きを読む]
  • かけ算の洗礼
  • 都市伝説のように、まことしやかに噂されていた、かけ算の順序が合ってないとマルをもらえない問題。とうとう我家も、学校のカラーテストでその洗礼を受けました。問題は、1こ90円のおかしを、1箱に2こずつ入れてもらいます。4箱買うと、代金は何円ですか。1つの式に表してもとめましょう。というもの。模範解答は、90×2×4=720。これに対して娘の式は、こちら。先生のコメント付き。計算しやすいように書いたのに、と娘の言い [続きを読む]
  • 100点
  • 基礎トレは朝やっています。入塾してから、これは朝やると娘が自分で決めて、今でも変わらずやれています。恐らく最後まで、基礎トレは朝やることでしょう。一ヶ月全日100点、が目標なのですが、実はまだ達成できていません。問題が難しいというよりは、ほとんどがケアレスミス。ノートへ写す数字を間違えていたり、字が汚かったり。昨日は2の横線に筆算の線が重なってしまい、何を思ったか2を7で計算していました。自爆。家 [続きを読む]
  • Sir Paul McCartney
  • 二度目のポール・マッカートニー。こんなかっこいいおじいちゃんいいなあ!と娘は言いますが、私だってこんなかっこいいお父さんうらやましい!なんなら夫にでもなんつってキャー(図々しい)。いえ、メイドとして雇っていただけたらもうそれで。ハイ。娘は二歳からビートルズを好んで聴いていて、なかなかビートルズ歴があります。今でこそ自分で好きな曲を聴いていますが、当時は聴きたいCDや観たいDVDを持ってきてグイグイ押 [続きを読む]
  • 10月確認テスト〔結果〕
  • 国語も算数も、今までで一番書けていたテストでした。答案てこんなに埋まるんだっけ、と思う程に書けていました。これまでって一体…。男女別算数|偏差値50後半男女別国語|偏差値60半ば男女別合計|偏差値60前半今回の確認テスト、よく書けていたのもありますが、成績としても今までで一番でした。なんといっても、ついに、得点で算数が国語を上回りました…!ひゃっほう!国語、記述回答が以前よりキビキビしていたのが驚 [続きを読む]
  • 三年後期保護者会
  • 前期保護者会は、あったことすら知りませんでした…。お知らせのプリントを持って帰ってこなかったよ娘が。後期はしっかりプリントも拝見、そして夫を同伴しての参加。私の言うことには耳を貸さないけれど、第三者の意見は素直に聞く夫が、娘との軋轢に打開策を見い出せればいいな、という狙いがあります。あと百日で新四年生、と、どの先生もしきりにおっしゃっていました。新四年生というより、あと百日で二月一日なのですよね [続きを読む]
  • 生物学者に憧れる
  • ツチノコがいる、ということは捕まえてくれば証明になるけれど、ツチノコがいない、という証明はどうしたらいいと思う?という、悪魔の証明のような話になりました。いる・ある・できることは、実物を見せたり実際に何かをやってみせたりすることで証明できるけれど、いない・ない・できないことを立証するのは難しい。昨日の話の延長みたいなものですが。見つけた生物を飼ったり調べたりする仕事は、調べていくうちに新種だった、 [続きを読む]
  • カンニング
  • 学校から帰ったらひとりでやっておいてね、と出していった問題の、答えを丸写ししていました。よりによって国語の記述問題ですから、丸写しはバレバレ。ああとうとう、という感じです。パパに褒めてほしかった、満点だったらパパが喜ぶと思った、というのが娘の言い分。その裏には、前にもやったのに何でできないのか、と父親に詰められたくない心理があったと思います。絶対バレないと思っていたそうなので、そのへんはまだまだこ [続きを読む]
  • 月と火星が大接近
  • 今日は月と火星が大接近、とのことで、久々に我家の天体望遠鏡の出番がありました。あと6日もすれば満月、満ちていく途中の月齢9日の月と、左下に赤く輝く火星。我家の望遠鏡では、残念ながら火星の表面までは見えません。赤い小さな点が、50円玉の穴くらいの大きさで見える程度。それでも、月のクレーターははっきりバッチリ見えます。今回は、娘が自分で望遠鏡を操作して、月に焦点を当ててみたりもしました。未来のJG天文班員に [続きを読む]
  • 涙なしには読めなかった
  • 私はわりと何でも感情移入してしまう方で、お笑い番組で優勝したタレントさんが嬉し泣きしているのを見て、もらい泣きしてしまいます。こどもの発表会でよその小さい子がステージに出て頑張ってる姿で、目頭が熱くなります。先日購入した《中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ》は、涙なしには読めませんでした。そりゃもう大洪水です。何人か登場する小学生、娘は舞ちゃんと綾香ちゃんを足して割った感じだなー。夫は舞ち [続きを読む]
  • サピックスオープン〔結果〕
  • 速報値が出ました。やっぱりという思いと、意外だったなという気持ちと、母は複雑です。男女別算数|偏差値40前半男女別国語|偏差値70前半男女別合計|偏差値50後半算数…。もうなんと言ったらいいのやら。ぶっちゃけ80点だったのですが、娘に点数を伝えると「え、すごいじゃん!」と。いや、サピックスオープンは150点満点です娘さん。100点満点のテストなら50点レベルの話です。平均99.2点なので、平均以下です。とほほ。難 [続きを読む]
  • サピックスオープン
  • 受けない予定のサピックスオープンでしたが、マグノリア祭で奮起した娘が受けるというので急遽申込み。そして散々でした…。いつもの組分けテストや復習テストと問題の構成が違っていて、焦ったとのこと。そりゃそうよね、いつもと同じな訳がない。国語はいつもどおり。ただし記述を白紙回答あり。記述の書けた方はそこそこ書けていました。自己採点ですが、その記述はもしかしたら満点もらえるかも、という気がしないでもないで [続きを読む]
  • 女子学院という風格
  • 一番最初に行く文化祭は、マグノリア祭。ずっと前からそう決めていました。希望は大きく、結果届かぬ夢だとしても見ていたい。学校の偏差値などを知る前、校風や所在地などの情報だけを見て、一番娘の性格に合っているのは女子学院だと直感しました。その後偏差値一覧を見て震え上がった訳ですが、まだまだ三年生、もう少し夢は見ていたいお年頃。マグノリア祭の前情報なしで行きました。行って感じるものが、何かあるはずなので。 [続きを読む]
  • 語彙力
  • 我家も他の多くの中受家庭同様、学研プラスの《言葉力1100》を購入しております。この他にも、ドラえもんの四字熟語やちびまる子ちゃんの慣用句など、語彙力強化のための用意はしています。していますが、残念ながらどのくらい活用されているかは不明です。《言葉力1100》は結構前に買ったのですが買ったままになっていたので、夏休みから毎朝数ページずつ消化しています。ドラえもんやまる子はマンガ形式なので、数回読んだような [続きを読む]
  • 芸術の秋
  • 十月からは、私も娘も観に行きたい美術展やコンサートが目白押しです。美術部門、まずはムンク!これは絶対に見逃せない。娘が大好きなのです。そしてルーベンス。フランダースの犬も読んでおきたいところ。なんとフェルメールまで!上野の森美術館では、今年の春、エッシャーもやってたんですよね。昆虫展に気を取られてすっかり忘れていました。十月いっぱい(かな?)太田記念美術館の歌川広重、サントリー美術館の京都醍醐 [続きを読む]
  • ようやくブルグミュラー
  • 三歳から始めたピアノですが、三年生になり、ようやくブルグミュラーに到達しました。ここにくるまでに、先生四人目です。時間と曜日重視で選んだ楽器店の教室なので、先生の交代は致し方なしとは思うものの、一年に一回な感覚で交代するとは思いもよらず。とはいえ代わるたびにいい先生にあたるので、いろんな先生に教えてもらうのもいいかなと。昔からのやり方だとバイエルから始まるのですが、最初の先生がそうではなく、呉暁 [続きを読む]
  • 小さい秋
  • 恐ろしいことに、もうすぐ九月も終わろうとしています。今年はなんだか時間の経つのが早い気がするのですが、気のせいでしょうか。ついこの間、夏期講習の心配をしていたばかりなのに。外を歩いていたら、金木犀が香ってきました。花を見つけたのは娘です。まさしく小さい秋だね、と。なんだなんだ、ちょっと知的なことが言えるようになったじゃない!でもさあ、金木犀がせっかく満開になろうとすると、絶対に大雨が降って台無 [続きを読む]
  • アサガオ
  • 今年のアサガオは、様子がおかしい。例年と同じタイミングでいつもと同じように種を植え、芽が出て、ツルを伸ばし、すくすくと育っていったのに、七月半ば〜八月はほとんど咲きませんでした。夏休みの間は、毎日数十の花を見られる算段で植えたのに、そうはならなかったのです。暑過ぎたのではないか。という仮説を、娘がたてました。アサガオが咲くのは夏の暑い日。けれど今年の夏は暑過ぎた。暑過ぎて、アサガオは咲けなかっ [続きを読む]
  • SOと全統
  • サピックスオープンと全統の申込みが始まっています。さて、どうしたものか。なんとなく、今回SOを受ける意義が感じられないので、恐らく見送ります。今のところ、ですが。同じく全統も見送る可能性大。ただ、全統は受けてもいいんじゃないかなー、と、我家で私だけが思っています。娘は別にいいや、だし、夫はそこに向ける労力を他の勉強に回したい、なのです。確かになー。テストの結果より、娘の基礎学力。テストを受けなく [続きを読む]
  • アシナガバチの群れ
  • 我家の裏手に、アシナガバチの巣ができていました。居室(というのかしら)20穴前後の、比較的小さめの巣です。中はもう空っぽで、誰も住んでいない様子。この巣があるあたりには花鉢を置いているので毎日来ているのですが、全然気が付きませんでした。いつからあったんだろう。アシナガバチがうちに巣をかけるのは今回が初めてではありません。シャッターカバーの縁に二回程、居室がひとつふたつできた程度で発見したので、その時 [続きを読む]
  • 名物に麺が多い理由
  • 北海道の札幌ラーメン、秋田の稲庭うどん、岩手のわんこそば、ジャージャー麺、冷麺、宮城の白石温麺、冷やし中華、福島の喜多方ラーメン、群馬の水沢うどん、栃木の佐野ラーメン、東京の深大寺そば、神奈川の横浜ラーメン、新潟のへぎそば、イタリアン、福井の越前そば、富山の氷見うどん、山梨のほうとう、長野の信州そば、静岡の富士宮やきそば、愛知の味噌煮込みうどん、きしめん、奈良の三輪素麺、京都のにしんそば、兵庫の揖 [続きを読む]
  • トモエ学園
  • 私の実家にあった、黒柳徹子さんの《窓ぎわのトットちゃん》をたいそう気に入った娘。他の読み散らかしている本たちはそっちのけです。この本はルビがなかったり句読点の打ち方が独特だったりして、いつも読んでいるような文章とは一線を画すのですが、娘にもこの本の面白さがわかるようで、ゲラゲラ笑いながら読んでいます。気に入りすぎて、トモエ学園を受験したい、と言いだしました。残念ながらトモエ学園はもうなくなってし [続きを読む]
  • 夏期講習で(親が)学んだこと
  • 夏休みも終わり、塾も再開となったところで、夏期講習の復習は昨日ようやく終わりました。終わったというより、一回全部に目を通した程度。復習と言っていいものかどうか…。予定ではギリギリ夏休み中にひと回し終われるはずでしたが、今となっては強行スケジュールだった感もあります。案の定、終わらなかった訳ですし。あと少しなんですけどね。四教科になると、なかなかうまく回すのも難しく。ネックは国語です。特に記述。漢 [続きを読む]
  • 庭にいる
  • カナヘビがうちの庭にいるのは知っていたんです。毎年見かけるし。今年はどうやら、ヤモリもいるようです。まだ産まれたて。同じ場所で見つけました。奥がヤモリ、手前がカナヘビです。飼いたい!と娘は言うだろうなと思っていましたが、言いませんでした。これまでの経験で、カナヘビが小さすぎると、エサを選ぶのが大変なことを知っているからです。そして今回はヤモリもいて、カナヘビと同じエサでいいのか、一緒の水槽で飼っ [続きを読む]
  • イイ子ちゃん
  • 中高一貫校に通っていたという後輩がポロッと漏らした一言が、ずっと気にかかっています。――校則が厳しかったので、イイ子ちゃんでいようとしていました。イイ子ちゃんだったがために、自分で考える力、疑問を持つこと、意見を持つこと、ができないまま、大人になってしまったんです。あれれ、これは。自分で考える力、疑問を持つこと、意見を持つこと。常日頃、娘に足りないと思っていることと同じではありませんか。そもそ [続きを読む]