アジュ さん プロフィール

  •  
アジュさん: 某国立小学校をお受験した話
ハンドル名アジュ さん
ブログタイトル某国立小学校をお受験した話
ブログURLhttps://ameblo.jp/schneckemithaus/
サイト紹介文教育業界の片隅で講師として働く母と、のんびりな性格の子の、某国立小学校お受験記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 11日(平均8.9回/週) - 参加 2018/02/12 03:13

アジュ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 閑話休題〜今日は猫の日
  • 我が家にも3匹猫がおります。全員元野良です。そして我が家の敷地内にて捕獲しました。↑空♂いちばん賢い猫↑海♀私のダンナのことを死ぬほど愛している↑大地♂いちばん食いしん坊猫の日なので、便乗。▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう [続きを読む]
  • 幼児教育と高等教育〜お話の記憶と論説文の読解力〜
  • チョモの解いている問題を見ると、なるほど高等教育と繋がっているな、と感じることがあります。例えば、お話の記憶の中にはこんな問題があります。(例)ここに、うさぎさんと犬さんと猫さんがいます。みんなでかけっこをしました。犬さんはうさぎさんよりも速く走りました。猫さんは犬さんよりも速く走りました。いちばん遅かったのは誰でしょう。この問題を聞き、描いてある動物の絵の中から答えを選んでマルをつけるのです。これ [続きを読む]
  • 学びをゲーム化する
  • チョモが「プリントをやったら、そのプリントの下の端のページが書いてあるところを切って集める」と言い出しました。なるほど、見ると、しょうがく社のテキストのページの数字のところだけ、まるで「切ってください!」と言わんばかりに黒く三角に塗られています。続いてチョモが「この箱に貯めたい」とジップロックコンテナを持ってきました。透明なので、どれだけ貯まったかが一目瞭然です。これをはじめてから、「もうやりたく [続きを読む]
  • 個人的な夏の思い出
  • ※あくまで私見です高学歴とは何でしょうか。よく小学校の宿題なんてやる意味がないからやらせず中学受験に専念させる、という保護者を見かけますが、「そんなにしないと合格しないの?」と聞きたいです。合格するのが目的になっている人がいますが、合格はゴールではありません。中学受験、高校受験、大学受験と様々な受験をサポートしてきましたが、良い受験というのはレベルが高い学校を受験することとイコールではないと思うの [続きを読む]
  • 志望校
  • 実は私も小学校受験をしたクチです。とある国立大の附属小学校を受験して一次は合格したのですが、二次の抽選で不合格になりました。二次の抽選で不合格になったとき、私は家にいたのですが、母から電話がかかってきて「ダメだったよ」と言われたときは、めちゃくちゃ泣きました。なんであんなに頑張ったのにダメだったのだろう、と悔しくて悔しくてたまりませんでした。しかしこの学校、最近抽選がなくなったらしく、完全に実力主 [続きを読む]
  • 点描写
  • 我が子は点描写が大の苦手でした。横で見ていると「何をどうやったら良いのか全くわかりまへん」という、完璧なるお手上げ状態のようでした。逆にこちらから見ていて「何が分からないの!?」という感じでもありました。「どこでも良いからはじめの点を決めよう」と言えば、本当に吃驚するようなところの点(2本以上線が交差していたりする)をおずおずと指差したりするのです。私が星一徹なら問答無用で卓袱台をひっくり返してると [続きを読む]
  • 高等教育講師から見た小学校受験
  • 私が、塾や予備校で講師をしたり家庭教師をしていることは、早々に教室長には打ち明けまして、そのせいで教室長からは本当に色んな話をしてもらいました。高等教育ではできないことを指摘して苦手を克服するプランを立てるけれど、幼児教育ではできることを指摘して自信をつけることで苦手を克服するのだ、と言われました。これがまた難しい。自分の生徒であればできるのです。いわゆる「褒めて伸ばす」ということは。目の前の我が [続きを読む]
  • 映像派?文字派? 色々記憶術
  • 講師をしていると色んな生徒さんを見ます。とある漢字が苦手な生徒がいました。「あー…ここに入るのは、『イイナオスケ』ですよねー。『イイ』ってどちらが先でしたっけ?『井伊』かなー…『伊井』かなー…、でもなんか前は四角で後ろは台形をひっくり返したような形のイメージなんで、『井伊直弼』ですね☆」ビックリです。今までたくさん生徒を見てきましたけど、漢字を三角や四角などの形で捉えている子は初めて見ました。この [続きを読む]
  • 高等教育講師から見るお話の記憶
  • お話の記憶って、大人でも吃驚するくらい難しいです。最初は語学系の検定のリスニングを想像していた私。ちなみに、私が受けた語学検定のうち、いちばんリスニングが難しかったのはイタリア語検定です。難しいと感じた原因は2つ。まず、スピードがネイティブスピードであること。5級だろうが4級だろうがお構い無しにネイティブスピードでがんがん流れます。そして第2に、未知の単語がバンバン出てくること。この2つのせいで、 [続きを読む]
  • 幼児教育について 高等教育側から見て
  • チョモの幼児教室に初めて行った日、教室長から「少し良いですか?」と言われて1時間ほどお話を聞きました。曰く「幼児教育とは詰め込み教育ではない」と。そこは高等教育でも同じです。と、言うか今こそ声を大にして言いたい!たとえば、語彙力が圧倒的に少ない、進学校の生徒さんが結構居ます。大学受験の勉強を本格的にはじめる高校3年生くらいになってから、語彙力がないことに気付き、書店で「現代文用語集」みたいな本を買 [続きを読む]
  • 次のステップ
  • 数週間パソコンとにらめっこして、他の講師からのアドバイスもあり、結局ちゃんと幼児教室に通うことにしました。ただ問題があって、私の仕事の時間を考慮すると、いろいろとある幼児教室の中で、1つしか通うことができそうにありませんでした。で、2月の末に体験授業に行きました。そこで衝撃を受けました。私たちの業界のスタートと言えば3月なんだけど10月とか11月から新学年が始まっていたのです!私の仕事上、生徒の大学入 [続きを読む]
  • 次のステップ…なかなか踏めない
  • さて、私の仕事はプロの講師です。と、言っても、どこかの予備校や塾に所属しているのではなく、フリーランスで大学受験生を中心に授業をしています。元々、某塾で講師をしていたのですが、結婚を機にフリーになりました。主に大学受験生を見ていますが、中学入試や高校入試なども見ることがあります。しかし小学校入試は見たことがありません。と、言うことでまずは他の講師たちにリサーチしました。「子供を小学校お受験させよう [続きを読む]
  • きっかけ
  • チョモがお受験することになった、きっかけをお話していこうかな、と思います。あれは2016年のことでした。わたくし、病気になりました。しかも結構な確率で死ぬ病気でありました。病気が発覚したあと、8時間にも及ぶ大手術を受け、それでも再発の可能性を抱きながら日常に戻った時に、「私はチョモに何を遺してあげられるのだろうか」と、めちゃくちゃ考えました。で、思い付いたのが「良い環境での学び」でした。プロの講師とし [続きを読む]
  • 某国立小学校をお受験した話
  • 2018年1月。某国立小学校をお受験いたしました。はじめまして。アジュと申します。このブログでは2018年1月に某国立小学校をお受験した我が家のあれこれについて書いていきたいと思います。これからお受験を目指される方の参考になるかどうかは分かりませんが、徒然なるままに書いていこうと思っていますので、宜しくお願いしますね。さて、この話の主人公は他でもない、私の息子のチョモであります。チョモは地元のかなりのんび [続きを読む]
  • 過去の記事 …