株億太郎 さん プロフィール

  •  
株億太郎さん: 株億 | 株億太郎の億超え売買記録
ハンドル名株億太郎 さん
ブログタイトル株億 | 株億太郎の億超え売買記録
ブログURLhttps://www.kabuoku.net/
サイト紹介文株億太郎は東証一部割安株専門で利益5億超えの億トレーダー。利益10億超え間近の最新売買記録を全公開!
自由文億株太郎は株歴30年の個人投資家。東証一部割安株を中心に主力銘柄を避け圏外の無名銘柄の発掘に余念がない。気が向けば投資先の会社まで出向いたり電話もするアクティブ投資家でもある。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供172回 / 276日(平均4.4回/週) - 参加 2018/02/12 12:31

株億太郎 さんのブログ記事

  • 研究銘柄 6121 滝澤鉄工所 1597円
  • 6121 滝澤鉄工所 1597円(前日比−10円安)工作機械中堅で海外売上比率6割近い。NC旋盤中心、アジアに商機を見出し邁進中だ。売上も毎年積み上げ300億円程度に達する。独立系のため小口の取引に専念し開拓を急いでいる。財務内容も良好、自己資本比率44%、有利子負債55億に対し利益余剰金が117億と実質無借金経営だ。昨年10月に株式併合を行い10対1を実施している。1株純資産2423円、配当64円想定、、実に利回りが4%に達す [続きを読む]
  • 米国市場急落を受け日本市場も急落が波及。
  • 米ダウ平均はアップル社の株価急落を受け大幅に下げて終了した。その額ダウ平均で602ドル安。開けて日本市場も先物主導で700円超の下げまであった。現在も荒い値動きとなっている。個別でも全セクターで急落。信用買い依存組は問答無用で清算を求められることになりそうだ。この下げは一時的なものと思われるので現物組は雨宿りに徹したい。ここ1カ月で2度目の大きな下げであり振るい落としも完了すると思われるからだ。午後には政 [続きを読む]
  • 週明けの日経平均は小高く推移。
  • 週明けの日経平均は小高く推移している。為替が1ドル114円に近い円安水準を支えに先物主導だが買いが断続的に入っているとしている。一方、概ね出揃ってきた三月決算企業の中間決算、、、会社想定と合致していても市場予想、コンセンサスが下回ると叩き売られる傾向も顕著だ。一流企業でありながら一日の下げ幅が10%超えは当たり前になってきている。PBR1倍(1株純資産)割れ、一桁PERが当たりまえになっている。逆に見れば絶好 [続きを読む]
  • 研究銘柄4092 日本化学 現在2691円
  • 4092 日本化学 現在2691円(前日比ー70円安)で推移無機化学では国内首位級。創業125年を超える老舗メーカーだ。化学品素材が事業骨子のため最終商品を扱う事業者が相手先となる。がん研究や素材研究、開発にも積極的。今後開花する材料として電池正極材が期待されている。その他、工場跡地で不動産賃貸業を手掛けるなど手堅い経営で知られる。昨年10月に10対1の株式併合を行う。その結果、1株純資産4018円、配当が前期は記念配 [続きを読む]
  • 日経平均、米中間選挙の影響で乱高下の末、終了。
  • 今日の日経平均は3月期決算企業の中間決算の影響と、米国、中間選挙を注視する動きから乱高下。寄り付きは小高く始まり前場引け頃には米、下院で民主党優勢が伝わるなどを材料に一時、300円近く上げる場面もあった。後場は寄り付きから、相場展開について強弱論が出て一進一退の動き。後場引け直前には22000円を一時割り込むなど荒い展開となった。終値は22085円だった。結局、米国は下院を民主党が制したことで、今後、トランプ政 [続きを読む]
  • 週明けの日経平均は300円前後の下げで推移。
  • 週明けの日経平均は先週の上げ幅1000円の利益確定の売りが出て300円程度の下げで推移している。ほど良い調整の範囲内だ。為替動向も113円と大きな動きはない。世界はもっぱら米国の中間選挙に注目するが下院で野党共和党が過半数を握って上院とのねじれが発生しても大きな影響はないものと判断している。先週木曜より米中貿易摩擦にトランプ政権による代替案用意のニュースから上げているが米朝問題でもあったように、政治的決定事 [続きを読む]
  • 買い除外銘柄 6366 千代田化工建設 382円ストップ安
  • 6366 千代田化工建設 382円 ストップ安売り気配三菱系の石油ガス系、総合エンジニアリングで国内2位の老舗。プラント設計は最終納期まで受注から時間がかかるため受注目標をベンチマークにしている。現在の目標金額は8000億円とある。6月末時点での受注残が6248億円であるから一見問題はなさそうに見える。ただ売上が6000億円超から4000億円に減るなど厳しい。手堅い受注で赤字受注を避けているためだ。これは同業の日揮や東洋 [続きを読む]
  • 携帯御三家の下げで投資家心理悪化傾向。。。。
  • 現在の日経平均は200円強の下げで推移している。事の発端はNTTドコモによる携帯料金値下げ、、、2〜4割のリリースから始まる。消費税値上げにあたり20年前には家計にあまり圧迫の無かった携帯料金が高いので下げろという政府の意向が働き、下げに至って、、、云々という話だ。これを受けドコモは約14%、KDDIは16%、ソフトバンクは10%程度の下げで推移している。比較的、高配当で業績も安定、株主還元にも力入れる3社だが、こ [続きを読む]
  • 本日の売買(10月31日) 4615神東塗料 195円
  • 4615 神東塗料 195円 25,000買いすでに5万株ホールドしているので総計75,000株となった。昨日、第二四半期と通期の業績発表を行い赤字転落となった。主因は海外の減損とあるが赤字幅が3億円程度なので影響は軽微と見ている。ちなみに同社は現預金で58億円を持つキャッシュリッチ企業であり、1株純資産540円、配当は年5円だ。信用貸借銘柄ではないため相場の圏外に置かれているが、これも大証1部に在籍していた名残だろう。筆 [続きを読む]
  • 日経平均、大幅反発一時400円を超える上げ。
  • 今日の日経平均は需給悪化が一段落したことや為替が円安方向に振れたこと、さらに年金資金による買いが断続的に入り日経平均は大幅高で引けて終了した。終値は307円高の21457円。決して上値が軽くなった訳ではないが一旦、売り尽くしといったところだ。ただ米中貿易摩擦による受注減やユーロ圏での景況感悪化で業績は想定通りで動かず株価の上値追いには材料が必要と見ている。今日の年金資金(GPIF)の買いに見られるように景気が [続きを読む]
  • 日経平均続落で終了。
  • 小幅ながら続落で終了した。前場引け間際に追証の強制売却出た模様だ。先週の敗戦処理続行中ということになる。個別ではメルカリが8日続落。通期で下方修正の日本ハムも下げている。仮想通貨事業の赤字化を嫌気してマネックスGも安い。等々、印象の悪い下げで心理的に悪化したことは事実だろう。明日の後場まで続く見通しだ。 [続きを読む]
  • 日経平均続落、一時21000円割込む。
  • 何やら世界同時株安のような勢いだが実際の動きは静かだ。と言うのも戦争、紛争、テロ、政治問題、エネルギー問題といった課題に差し掛かかっているわけでもなく、景況感悪化の過剰反応と言うのが大筋の見解であるためだ。うがった見方をすれば米国の金融縮小に苛立ちを見せる新興国の怒りであり、意味のない米中貿易戦争への警告とも取れる。さらに保護貿易政策は結果、自国経済へ何らプラスにならないことへの意味もあるだろう。 [続きを読む]
  • 日経平均急落、一時800円超下げる。
  • 米国NYダウ平の急落を受け日本市場も売り優勢、一気に先物主導で株価が崩れている。現在650円安前後で推移しているが後場、信用買いにおける追証が発生する予定で、強制売却を含む大規模になる可能性が高い。一方、下げの主導が先物中心で安値をコツコツ拾う向きもありここからの大崩は無いかもしれない。現物組はしばらく待ちで良いだろう。信用買い組はきついが証拠金次第で二階建てでなければ市場退場まではいかないだろう。や [続きを読む]
  • 日経平均500円超下げでバーゲンセール中。
  • アジア株の下げを受けて日経平均も急落22000円台スレスレで推移している。とりたてて下げ要因は無く中国経済の減速程度がニュースとなっている。為替も112円台を維持している。前場に大口のファンド解約の動きとの情報が流れたがきわめて懐疑的だ。根拠無き話だろう。今日も後場から信用売買における追証発生が出始めているという。ということは明日の前場も同様ということだ。世界経済に変調がおきているならともかく何ら問題ない [続きを読む]
  • 日経平均プラス引けで終了。米NY市場もプラス引け
  • 週明けの日経平均は3日ぶりに反発して終了。材料は山ほどあるが安値感に着目した買いが優勢であったということだ。減速気味の中国も経済対策を打つとされ好感、中間選挙が近い米国も減税報道を素直に好感した格好だ。一方、米ソ連時代に締結したどうでも良い条約が破棄sれるとの報道に緊張感があるとして国内では石川製作所、豊和工業が買われていたが滑稽な話だ。先週から揺れるKYBは年初来安値更新。こちらは想定補償金額が見 [続きを読む]
  • 本日の売買(10月19日) 4615 神東塗料 206円
  • 4615 神東塗料 平均206円 新規で15,000株買い日経平均が乱高下する中同社も年初来安値201円をつけるなどパッとしない。業績に伸びないこと。社名が無名であることが響いていると思われる。もともと大証1部に上場していたものが市場の併合で東証に移動したという経緯がある。ただ財務内容が良好で配当も5円と確実。待機資金の置き場としても最適と判断し買いとした。目標株数まで達していないので株価を注視しながら検討する予 [続きを読む]
  • 本日の売買(10月19日) 6773 パイオニア 108円
  • 6773 パイオニア 108円 新規で70,000株買い創業80年を迎える音響機器の老舗。時代が固定型音響機器から移動式に大きくかわり通信手段のひとつにしか扱われない商品を生産する同社は経営に苦しんでいる。当期も赤字計上予定で3期連続予想だ。カーオーディオに経営資源を集中し乗り切る算段であったがAI搭載や自動車そのものが家電化する中で再び迷路に入りこんでいる。そんな最中、主力銀行より借入金の乗り換えを要請したところ [続きを読む]
  • ポートフォリオ(10月18日)現在 約2.8億円
  • 連日乱高下する証券市場だが個人ポートフォリオの時価総額は比較的安定している。慎重すぎる結果、大きく動けないため売買が少ないことが要素として大きいかもしれない。金額が増えるにつれこの傾向は強くなるかもしれない。このポートフォリオの他にネット証券分のポートフォリオが乗るために時価総額の金額は2倍強となるが地味な売買で今後も利益を積上げる予定だ。こうして見るとマイナス銘柄も多いのだが配当が年3%を超える [続きを読む]
  • 本日の売買(10月16日) 6489 前澤工業 413円
  • 6489 前澤工業 平均413円 25,000株 新規で買い上下水道用機械大手。公共事業依存度高く90%を超える。事業規模は年300億程度の売上で全国展開で事業。3月末に売上が予算消化で進むため売上が期末に偏重。そのため決算が5月期となっている。財務内容が良好で自己資本比率53%超。実質無借金経営に近い。1株純資産が921円。配当が11月半期と5月期末で合計10円配当を実施している。さきほど中期計画が好感され上げた場面もあった [続きを読む]
  • 日経平均、一時400円を超える下げで推移。
  • 週明けの日経平均は消費税導入を宣言した材料を景気悪化懸念と報じ急落。一時400円を超える下げで推移している。現在は300円中盤の下げだ。もっともこの話、既定路線であり材料としては過剰反応と見ている。景気悪化なら通貨は売られて円安になりそうなものだが、為替は円高傾向で推移。すべての辻褄が合わないマーケットがいま存在している。要は上げても下げてもメディアは材料探しに明け暮れているわけで参考にもならないところ [続きを読む]
  • 本日の売買(10月12日) 4293セプテーニHD 新規で買い
  • 4293 セプテーニHD 161円 30,000株 新規で買い。先月179円で買った5万株を同値の179円で処分売りとしたが今回の株価急落劇で同社もツレ安したので新規で再び買い参戦とした。年初来安値は157円である。本日は159円まで一時下げた場面もあった。終値は163円。同社はネット系広告代理店だが競合激化で利益が減少傾向。有料課金の漫画やゲームといった分野まで進出しているが十分な成果が出てない現状がある。株価も分割、第3者 [続きを読む]
  • 日経平均株価900円を超える下げで推移。
  • 今朝のNYダウ平均株価急落を受け日本市場もツレ安。900円を超える下げで推移している。お隣、上海市場も急落するなど総崩れの様相だ。為替も円が買われ111円台とひさびさの円高に振れている。もっともこの下げ米国ダウ平均が連続高する中での調整の範囲で、特段何かが起こった事象で起きているものではない。メディアでは米国の金利高による済停滞を先取りしたリスクオフの動きと解説しているが全く違う話だろう。この下げで日銀が [続きを読む]