株億太郎 さん プロフィール

  •  
株億太郎さん: 株億 | 株億太郎の億超え売買記録
ハンドル名株億太郎 さん
ブログタイトル株億 | 株億太郎の億超え売買記録
ブログURLhttps://www.kabuoku.net/
サイト紹介文株億太郎は東証一部割安株専門で利益5億超えの億トレーダー。利益10億超え間近の最新売買記録を全公開!
自由文億株太郎は株歴30年の個人投資家。東証一部割安株を中心に主力銘柄を避け圏外の無名銘柄の発掘に余念がない。気が向けば投資先の会社まで出向いたり電話もするアクティブ投資家でもある。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 15日(平均12.1回/週) - 参加 2018/02/12 12:31

株億太郎 さんのブログ記事

  • 研究銘柄  5210 日本山村硝子 185円
  • 5210 日本山村硝子 185円国内ガラスビン製造最大手。時代がガラスから紙、プラスチック、そして新素材へと変わり同社も変革期にある。すでに連結も含めガラス以外が30%程度の売上を占める。中国のビン製造会社を買収したが環境対策で特損を15億計上予定で、今3月期は損益がゼロまで落込む予定だ。株価は2016年6月の151円を底に株価は地味ながら上げ潮に乗り2017年2月には218円まで上げてきた。が薄利に加え構造改革特 [続きを読む]
  • いよいよ3月相場へ。日経平均は22000円乗せへ。
  • 先週末の米国市場がダウ平均で350ドルほど上げて終了、日経シカゴ先物も小高く終了したことから日経平均は22000円に乗せ一進一退の動きと予想している。米国の経済指標発表が相次いで続くことやオリンピックが終わり再び北朝鮮情勢の動きに神経質になる場面もありそうだ。トピックスとしては元FRB議長のバーナンキ、前FRB議長のイエレン議長の異例の会談が予定されている。さらに下院で半期に一度の現FRB議長のパウエルの [続きを読む]
  • 参考銘柄 1326 SPDRゴールド・シェア受益証券
  • 一昔前はFX売買が一世を風靡した。ひと財産築いた者もいれば破産した者も多かったという。24時間取引可能なこの投資は手軽だが危険も当然はらんでいた。現在はビットコイン花盛りである。決済手段としてのデジタルデータに過ぎないが利便性が圧倒的に受け、一気に広がった。1売買単価が10倍、20倍、、、と価格が上昇したわけだからバブルに近いかもしれない。しかもそのコインには発行体の担保が無い。それでも良いとする利用者が [続きを読む]
  • 研究銘柄 7261 マツダ 本日終値1471円
  • 7261 マツダ 本日終値1471円売上3兆円を超える自動車メーカーだが証券業界では中堅扱い。旧東洋工業で倒産の危機も経験している。ロータリーエンジンは世間的には普及しなかったがエンジン機能としては世界の自動車史に刻むほど画期的は開発だったと言われている。その後も度々、経営危機を迎え一時は現・三井住友銀行(旧・住友銀行)の支援で生き残り米フォード傘下に入り。後年にフォードから株を買い取り再び国産企業戻 [続きを読む]
  • 日経平均株価300円を超える下げで前場推移。
  • 木曜の日経平均は今朝のNYダウ平均株価下落を嫌気して300円超える下げで推移している。為替動向は1ドル107円前半を維持している。本来なら今日の、後場あたりに日銀のETF買いで反発するところだが最近は先読みを許さない感がある。上げ潮に乗って買い参戦するといったことも多いように思う。新聞、メディア等で日銀のETF買いが日銀そのものの財務が万が一の株価急落の際、毀損するのではといった内容を目にするが、現在の政 [続きを読む]
  • 日経平均プラス圏で推移。
  • 水曜の日経平均は今朝の米国市場安を織り込み小安く始まったが現在はプラス圏で推移している。一時22000円台を回復したが勢いはない。為替動向も株価をにらんで円高傾向だったが円売りドル買いに傾いている。こちらも現在107円台後半で小動き。日経平均そのものに影響を与えるとされるTDK、ファーストリティリング、あたりがプラス圏の貢献度が高い。各種経済指標発表待ちで今日は終日、小動きで推移しそうだ。中低位銘柄 [続きを読む]
  • 50万円ポートフォリオ作成(株億1号) (2月20日終値計算)
  • 最近、株を始めた人、始める人が多くなってきた。ゼロ金利の影響や昨年来の株高も手伝ってのことだろう。しかしネット口座は解説したものの何を買って良いかわからないとする問合せが多い。更に金額も100万円では怖いし50万円では儲からないのでは?と話が進む。確かにそうだろう。そこで自己責任を前提に50万円でポートフォリオを作成した。この内容等において売買したとしても当研究会は利益を保証するものでも損失を補て [続きを読む]
  • 日経平均マイナス200円前後で推移。
  • 今日の日経平均は利益確定の売りと持ち高調整の売買で推移している。24000円の高値から見れば安いし20000円から見ればすでに高値圏との判断も出来るということだろう。ただ3月配当を意識した買いは今後、情勢に変化がない限り起こるはずで日経平均全体もジリ高で推移と判断している。当3月期の配当は全体で13兆円超との想定もあり、すべてが個人の財布に入るわけではないが、一昔前の公共事業投資を思い起こせば相当 [続きを読む]
  • 日経平均株価22000台を回復で推移。
  • 週明けの日経平均は米国株高、為替の安定を好感し輸出関連銘柄を中心に買戻しが進んでいる。これを受け日経平均も14時現在380円高の22100円台ちょうどで推移している。米国株式の過剰な下げで日本市場も大混乱が続いたが収束の方向に向かっていると思われる。現在自邸でも日経平均は高値から2000円以上下げており、絶好のナンピン買いチャンスと見る投資家も多いようだ。政府・日銀も大規模な金融緩和を継続とあるこ [続きを読む]
  • 研究銘柄 8201 さが美 グループホールディングス
  • 8201 さが美 グループホールディングス 118円前後旧ユニー系の和装衣装大手。日本人のライフスタイルが欧米化する中で呉服、浴衣といった主力商品販売で苦戦。ユニー時代からリストラを推進するも常に経常利益段階からの赤字を抜けれず業績が厳しい。その後、投資会社が買収、AG2号投資事業組合として筆頭株主になり2199万株、53.8%を所有している。買収時に債務保証や借入金等をユニーが引き継ぎようやく帳簿上 [続きを読む]
  • 参考銘柄 6444 サンデン ホールディングス
  • 6444 サンデンHD 金曜終値1608円カーエアコン用コンプレッサーで世界2位。独立系で売り上げの7割を海外で稼ぐ企業だ。自動車にはいまや必須の部品だが競合も激しく設備投資に追われ利益が出にくい状況が続いている。さらに昨年決算では220億円を超える特損を計上、無配転落になるなど業績は厳しい。ただ当期は経常利益を通期で75億円を想定していた。これには構造改革による利益50億円も含まれており立ち直りは [続きを読む]
  • 日経平均、円高を織り込みプラス255円高で終了。
  • 週末の日経平均は為替が1ドル105円台に突入したことで市場心理は微妙に推移したが、企業の業績をや財務状況、世界の株式市場と比較して割安との判断に傾き結局、255円高で終了した。年初の高値24000円近辺から見ると依然2000円以上安い割安状態が続いており、カネ余りを背景に買い優勢だったことになる。ある意味、日本市場独自の評価が生まれたことで安心感も広がったようだ。ただ業績の下方修正銘柄は容赦なく売 [続きを読む]
  • 研究銘柄 8029 ルックHD
  • 8029 ルックHD  本日=66円安 286円昨年まではルックだったが今年1月より持ち株会社に移行した。旧レナウンルックとして往年の仕手株として有名。1980年代には株価は3000円近くまで買い上げられ、その後仕手系で内紛が発生、一気に相場が崩れ何度か仕切り直しが行われたようだが結局、儲かった投資家は居ないと言われている。2000年に入り再び超有名人の仕手系が動いたとの噂から2000年代には200 [続きを読む]
  • 研究銘柄 8835 太平洋興発 
  • 8835 太平洋興発 本日 1020円近辺北海道の炭鉱会社が原点。現在は閉山し輸入石炭業が売上の半数を占める。資源エネルギー政策が大きく転換する中で同社も経営翻弄された経緯は数えるほどあるが事業の多角化で乗り切ってきた。昨年11月に株式併合を行い旧株10株に対して新株1株発行とされ長年株価は二桁を推移してきたが現在は1000円前後に位置している。早くからシルバー産業に目をつけホーム経営、賃貸運営に [続きを読む]
  • 週明けの日経平均はプラス転換か?
  • 週明けの日経平均株価はプラス転換スタートを予測するが明日朝のNYダウ市場結果次第だろう。経済指標に問題はなく政治的にも問題は起きていない。財政的には世界各国問題を抱えるが、赤字は国債で賄うと言った自転車操業が世界中で今後も続く。要はデフォルト=債務不履行、、、借金の踏み倒しを国単位で行うといった事態は当分無いということだ。赤字幅が巨額なので、日本、米国がやり玉に上げられるが他国も同様、、、南米など指 [続きを読む]
  • 参考銘柄 6330 東洋エンジニアリング 
  • 6330 東洋エンジニアリング 994円 −229円安三井化学のプラント部門が独立、日揮、千代田化工に並ぶエンジニアリング大手。海外売上比率の8割以上を海外で稼ぐ、筆頭株主は三井物産で同社との協業が多い。案件ごとに売上が違うことや受注、失注等もあり先読みできない企業でもある。従来は当期3月売上3700億、最終利益20億、1株配当15円計画、1株純資産も株式併合(5株に対いして1株割当)1425円と [続きを読む]
  • 日経平均、小高く終了、、、実にたったの35円高で終了。
  • 水曜の日経平均は昨日の急落を受け注目される展開だったが結果は35円高の21645円で終了した。一時700円近い上げを考えると市場心理、需給が落ち着いていないことがうかがえる。為替動向109円前後で推移。こちらの動きは静かだった。一方、今朝のNY市場は大幅に反発して終了している。さてこの700円上げから35円高までの動きの背景については推測の域を抜けないが市場心理の悪化というよりは、信用買いの追加証拠 [続きを読む]
  • 日経平均、米国市場急落を受けて前場−1194円安で終了。
  • 火曜の日経平均は今朝の米国ダウ平均株価急落を受け売り一色でスタート。その後も売り物を吸収できずに下げている。11時24分現在1171円安の21510円で推移している。昨年以降、調整らしい調整を経ないまま新高値に突入したことで、一気に利益確定の売りが出ているということ。既報の通りメディアでは暴落と騒ぐがこれは利益確定の売りであり暴落ではない。何故か?世界経済に変調が起きているわけではないからである。 [続きを読む]
  • 日経平均一時600円を超える下げで市場は混乱模様だが、、
  • 週明けの日経平均は先週末の米国市場株式市場急落の流れをを受け急落、一時600円を超える下げもあったが終値は592円安の22682円で終了した。下げ材料はとりたててなく利益確定の売りと判断するのが正解だろう。今日のNY市場次第だが下げて終わるようだと明日の日経平均も弱含みで推移する可能性もある。日経平均が24000円台に乗せて信用買いも積みあがっていることからここらの下げは追証発生の可能性が高い。逆に [続きを読む]
  • 日経平均前場、300円を超える下げで推移。
  • 米国の長期金利上昇を嫌気して日経平均は下げている。これに呼応する形で日銀も国債の固定金利での買い上げ(吸い上げ)を発表、、為替介入では無いが円売り方向に意志が動いていることは間違いない。しかし世界中が金融緩和でゼロ金利に近い状態で金利を引き上げても利子払いが増えるだけでいまやあまり意味が無い。特に米国はリーマンショック以降サブプライムを収束させるためにドル紙幣を3倍以上刷って世界にばらまいてしまっ [続きを読む]
  • 日経平均米国市場高、円安進行を好感して上げで終了。
  • 木曜日の日経平均は米国市場高、円安を好感して買戻しが進み終値は387円高の23、486円で終了した。輸出関連銘柄が買い戻されたほか一部投信の設定と思われる買いが断続的に入ったとの声もあったようだ。為替動向が109円台で安定110円に乗せるようだと再び24000円台に向けて動き可能性がある。さらに3月期が近づき配当取りを目的とした個人の打診買いも散発的に出ている可能性がある。機関投資家の益出しの一方 [続きを読む]
  • 参考銘柄 7011 三菱重工
  • 7011 三菱重工半場、国策企業に近い総合重機械最大手。日本の代表的企業であることは言うまでもないが守備範囲が広すぎて経営資源に集中できない悩みがある。従業員も連結で8万人超えている。多額の資金を必要とする事業に参画するため損失も大きく売上の割に利益率は低い傾向がある。現在も国産初のジェット飛行機を発売予定だったが延期に次ぐ延期で発注にキャンセルが出る有り様だ。ただ資源エネルギー政策、航空宇宙系の [続きを読む]