注文住宅 さん プロフィール

  •  
注文住宅さん: 夢の注文住宅ができるまで!
ハンドル名注文住宅 さん
ブログタイトル夢の注文住宅ができるまで!
ブログURLhttps://chuumonjutaku.com/
サイト紹介文注文住宅を建てたいので、注文住宅で失敗しないためのコツを集めています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 9日(平均13.2回/週) - 参加 2018/02/12 12:29

注文住宅 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • リフォームの口コミは信用できるか
  • リフォームの口コミは信用できるかリフォーム業者に限らず、一般ユーザーを対象とした営業では口コミの影響は大きく、特に経験者の口コミは業績にも大きく影響するため、企業でも重要視されています。一方、ユーザー側から見た時も口コミは参考になり、欲しい情報はネット上の口コミから得られるますので、同様に大きな影響力を持っています。では、口コミ情報は信頼してもよいのか、となると少し疑問が残ります。経験者の心理とし [続きを読む]
  • センチュリーホームのチラシ価格と必要予算
  • センチュリーホームのチラシ価格と必要予算センチュリーホームは注文住宅とリフォームを事業として行っており、その戦略は独特のもので、建築予算を組みときには注意が必要です。特に、チラシなどではとんでもなく安い価格となっていますが、表示価格には仮設工事費、産廃処理費、現場管理費、・・・などが含まれていない材料費だけのものもあり、その場合の実質的な材工価格は材料費の倍と考えておくべきでしょう。これは、ある意 [続きを読む]
  • セルコホームはカナダ住宅だが基礎は純国産
  • セルコホームはカナダ住宅だが基礎は純国産セルコホームに限らず、輸入住宅の基礎は他の国内の住宅メーカーと同様に、地耐力に応じて戸別に現場施工されています。なお、住宅の基礎は、建築基準法によって地耐力の大きさによって制限されており、地耐力が20kn/m2以上でベタ基礎、30kn/m2以上で布基礎、20kn/m2未満では表層改良や杭基礎が必要とされています。日本でも国策として長期優良住宅が推し進められていますが、カナダで [続きを読む]
  • セルコホームの断熱性能と気密性能
  • セルコホームの断熱性能と気密性能セルコホームは、高断熱・高気密の省エネ性能に優れたカナダ住宅を供給している企業で、心地よい暮らしで理想の住まいを実現することを提唱しています。カナダの広範な地域で、それぞれの厳しい自然環境に適応させた高性能な住宅は、世界水準にまでなっており、セルコホームでは「THE HOME」ブランドとして供給しています。この「THE HOME」での断熱性能は、日本の標準的な断熱材の16kg/m3や2 [続きを読む]
  • トヨタホームとセキスイハイムとの基本的な違い
  • トヨタホームとセキスイハイムとの基本的な違いトヨタホームの「シンセ」とセキスイハイムは共に鉄骨ラーメン構造で、共に住宅をユニット分けして工場生産されています。しかし、トヨタホームが構造体ユニットのみを工場生産しているのに対して、セキスイハイムは仕上げまで含んだものをユニットとして工場生産し、現場施工は接合部分のみとしている違いがあります。従って、現場での施工時間はセキスイハイムが圧倒的に短く、早け [続きを読む]
  • トヨタホームの耐震性能
  • トヨタホームの耐震性能トヨタホームの耐震性能は、住宅性能表示制度に基づく最高等級の3を標準で確保しており、実大試験においては震度6の揺れを17回繰り返しても損傷がなかったことを実証しています。ただし、メーカーが公開している資料では、パワースケルトン+T4(制震装置)の場合としています。パワースケルトンとは、鉄骨ラーメン構造で造った箱型の骨組みのもので、T4とはトヨタホーム独自のショックアブソーバーを利 [続きを読む]
  • トヨタホームのLQとは
  • トヨタホームのLQとはトヨタホームが提案しているコンセプトのひとつのLQとは、Life Style + Quality の略で、生活スタイルの質を向上させる、と言うものです。LQのコンセプトを項目別に見ると、選べるデザイン、大空間・大開口、空間アレンジ、そして高品質・長期保証となっています。選べるデザインでは、外観デザインと住設備機器を含めたインテリアを設定しており、大空間・大開口は鉄骨造の利点を生かしたもので特に2階の大 [続きを読む]
  • ブルースホームは建売住宅より注文住宅を推している
  • ブルースホームは建売住宅より注文住宅を推している新築一戸建てを購入する時には、注文住宅と建売住宅の2つのどちらかを選びます。ブルースホームではこれら2つの違いを説明しているページがあるのですが、最終的には注文住宅を勧める形で終わっています。理由は、理想に近い形で家ができるからです。せっかく家を手に入れるのであれば、自分たちが思い描いた通りの家を作ってみてはどうかと問いかけています。建売住宅のメリット [続きを読む]
  • リフォームとリノベーションの費用とコストパフォーマンス
  • リフォームとリノベーションの費用とコストパフォーマンスリフォームとリノベーションの定義は別として、リフォームには住みながら、リノベーションには入居前や仮住まいで行うイメージがあり、費用は後者が高額ですがコストパフォーマンスは高くなると思います。住みながらのリフォームでもその規模が広範囲に渡る場合は、仮住まいで行った方が合理的な場合がありますが、仮住まいでは生活環境が大きく変わること、引越し等の労力 [続きを読む]
  • リフォーム料金は既存部分の状況で大きく変わる
  • リフォーム料金は既存部分の状況で大きく変わるリフォームの料金には、撤去・処分、下地修復・仕上げの各工事費用が含まれますが、同じリ仕様のリフォームでも既存部分の状態によっては、大きく料金が変わることがあります。例えば、同じユニットバスのリフォームでも、窓の有無や既存の出入り口回りの状態によって、リフォーム料金が異なります。窓の有無は、事前調査時に判るものですが、搬入や取付けに際して既存の出入り口部分 [続きを読む]
  • ブルースホームの総額の計算は少し多め設定が無難
  • ブルースホームの総額の計算は少し多め設定が無難特別な注文なら別ですが、ブルースホームにはオプション価格というものがないそうです。2010年の記事であり、また人から聞いた話というので信ぴょう性はそこまでありませんが、満足いくだけの家は標準仕様ですよということらしいです。実際には話を聞かなければわかりませんし、加盟店によって仕様が違っているのかもしれません。もしそうなら総額は単純に坪数に坪単価をかけたもの [続きを読む]
  • ブルースホームが本当に自信のある性能は?
  • ブルースホームが本当に自信のある性能は?ブルースホームが欲張りだなと思ったのは、ホームページに「高断熱・高気密性、耐震性・耐火性、天然素材、高いデザイン性」に自信がありますと書いていることでした。本当のことなのでしょうけれど、1つ1つを性能を他のハウスメーカーと比較していくと全て1位というわけではないので、その総合力で勝負しているイメージです。輸入住宅の得意分野と言えるのは特にデザイン性です。一目惚 [続きを読む]
  • アフターサービスの説明を受けてからブルースホームに決めよう
  • アフターサービスの説明を受けてからブルースホームに決めよう見た目が魅力的な輸入住宅では、それに惹きつけられたアフターサービスのことまで頭が回らない場合が多いです。ブルースホームはアフターサービスも行っていますが、後でトラブルのないよう、契約前にアフターサービスのこともしっかり聞いておくようにしましょう。家を建てることに精いっぱいで、それが完成したら終わり!と一息つきます。しかし、大事なのはその後続 [続きを読む]
  • ブルースホームの欧米流の窓はどれもおしゃれ!
  • ブルースホームの欧米流の窓はどれもおしゃれ!ブルースホームの窓には、半円と四角が組み合わされた「サークルトップウィンドウ」というものが見られます。他にも、欧米の窓というのは日本の窓とは違って、横にスライドするものは少ないです。多くは上下にスライドさせて開けるタイプで、1つ1つがそんなに大きくありません。2つ、3つ横並びになっているものは外観でもおしゃれに見えます。また、窓の下の方に取っ手があり、それを [続きを読む]
  • 過去の記事 …