naoki さん プロフィール

  •  
naokiさん: レジーム・チェンジ
ハンドル名naoki さん
ブログタイトルレジーム・チェンジ
ブログURLhttp://eskunsf.blogspot.com/
サイト紹介文皆が豊かになる「経世済民の国家」を目指し、日々情報を発信しています。理念は「反グローバル資本主義」。
自由文「20年以上デフレ・不況が続き、いつまで経っても脱却できないのはなぜなのか?」そんな素朴な疑問から、国民一人ひとりを豊かにする、経世済民という真の意味での「経済」について勉強を始めました。同じ疑問を抱いている方は、正しい経済知識を学びませんか?経済評論家の三橋貴明氏や京都大学大学院教授で内閣官房参与の藤井聡氏、経済産業省の官僚で評論家の中野剛志氏などに学び、豊かに安定して暮らせる国を実現しましょう!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 331日(平均2.5回/週) - 参加 2018/02/12 11:47

naoki さんのブログ記事

  • 「空気」と闘うということ
  • 「空気」とは、思った以上に怖いものです。例えば、何か意見を言おうとしても、その意見を発してはならない「空気」がある場合や、意見の内容が、一般に流布するものとあまりにも違う場合、かなりの覚悟を持っていなければ、意見を発信することが難しくなってしまうのです。…。ここで重要なのは、「覚悟」という言葉です。意見を言ってはならない空気があったとしても、それに抗い、反発に遭う覚悟をもつ人あれば、意見を発するこ [続きを読む]
  • 今年は来年よりもいい年?
  • 今年ももう残すところあとわずかになりました。こうした年の瀬に必ず思う浮かぶフレーズがあります。それは…。「今年は来年よりもいい年!」です。この言葉は、かつて中野剛志さんがとあるシンポジウムで言われたものです。意味はもちろん、政治にせよ、経済にせよ、年々状況が悪くなっているということです。確かに、いつまでも「国の借金問題」のウソが蔓延し続けており、そのために政府が緊縮財政を継続し、デフレからいつまで [続きを読む]
  • 国家と家計を混同してはならない
  • 「財政再建」のフレーズに酔ってはなりません。「政府予算案 財政再建を投げ出すのか」https://www.chugoku-np.co.jp/column/article/article.php?comment_id=491328&comment_sub_id=0&category_id=142…。おなじみの「国の借金問題」の記事です。記事中には、「次世代にツケを残してはならない」や「歳出の精査が必要」など、ありふれたフレーズが並んでいます。確かに、国家と家計が同じ存在であるならば、この記事に書かれてい [続きを読む]
  • 財界のワガママで日本が移民国家に
  • 財界のワガママが、我が国を滅ぼすことになりそうです。「外国人拡大、『賛成』5割超す 高度人材に期待多く」https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3916171019122018TJ2000/財界の方々は、深刻化する人手不足に対して、投資による生産性の向上ではなく、外国人労働者の受け入れ拡大で対応したいようです。要は「おカネ」を使いたくない、ということです。人材投資や設備投資を行えば、確かにおカネはかかります。しかし、生産性 [続きを読む]
  • 外国人に買い叩かれる国・日本
  • 日本を訪れる外国人の数が伸び続けています。「訪日外国人旅行者数、史上初の3000万人突破」https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181218-OYT1T50077.html…。まぁ、悪いことでは決してないのですが、「外国人様」に媚へつらう風潮は我慢なりません。どのメディアも、訪日外国人数増に大喜びをしていますが、外国人に買い叩かれている事実をどう捉えているのでしょうか?本来であれば、今の「来ていただく」ではなく、「来たい人が [続きを読む]
  • 間違った覚悟が日本を滅ぼす
  • まだ確定したわけではありませんが、19年10月の消費増税に対する、対策の全容が決まりました。「10月消費増税へ対策厚く 与党大綱、車・住宅など減税」https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38952320U8A211C1MM8000/…。その内容を報じる記事に添えて、こんなコラムが掲載されていました。「骨太の改革から逃げるな 見えぬ消費増税後の日本」https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38828150S8A211C1EE2000/?n_cid=SPTMG053…。 [続きを読む]
  • 研究に「経営」を持ち込むな!
  • 我が国はここまで思考が劣化してしまったのでしょうか…。何やら、研究機関であるはずの大学に対して、「売り上げを出せ!」なんていうバカげた考え方が蔓延しているようです。「大学、求められる『稼ぐ力』 大型の産学連携模索」https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36972080W8A021C1TJM000/…。根本にあるのは、おなじみの「緊縮財政」です。政府が大学に対して十分な予算を配分しないため、研究者が困窮し、企業と連携するこ [続きを読む]
  • 発言することに意味がある
  • 現役の官僚で、評論家の中野剛志さんはかつて著書(反官反民 中野剛志評論集)のあとがきでこう書きました。「正しいことを言っても、世の中を動かさなければ意味がないなどと言われることがあるが、それは根本的な間違いである。発言することそれ自体に、意味があるのだ」…。私は、皆が豊かになる国を将来世代に残そうと考え、微力ながら(本当に微力…)言論で闘っています。確かに、「こんな微々たる発信力で記事を書いていて [続きを読む]
  • 緊張感を持って生活すること
  • 「危機と対峙する保守思想誌」と銘打つ、雑誌「表現者クライテリオン」。その執筆陣がローテーションでメールマガジンを配信しているのですが、目に留まったものがあったので、ご紹介します!「緊張感のある思考の習慣を取り戻す」https://the-criterion.jp/mail-magazine/m20181220/…。大まかな内容としては、サッカーとは点が入りづらく、その分生じる緊張感を楽しむスポーツだと紹介した上で、それを現実の世界になぞらえ、我 [続きを読む]
  • 財政破綻プロパガンダに反撃を!
  • 日本経済新聞の中で、記者が匿名でコラムを書くコーナー「大機小機」そのコーナーでまた、ありもしない財政破綻論の煽りと、消費増税対策(軽減税率など)への批判が書かれていました。「再考すべき増税対策」https://www.nikkei.com/article/DGKKZO38764620Q8A211C1EN2000/…。まぁ、ご本人は正しいと思って記事を書かれているのでしょうが、残念ながら誤りです。特に見逃してはならないのが、中盤付近の「消費税は一時的な駆け込 [続きを読む]
  • 「黄色いベスト運動」を考える
  • 現在、フランスでは、国民による「黄色いベスト運動」が巻き起こっています。「フランス全土が怒りに震える『黄色ベストデモ』という?階級闘争?」https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58845…。日本での報道を見ていると、マクロン大統領が進める燃料税の増税に対して、国民が反対したことがデモの要因かのような印象を受けます。ですが、実態はそれだけではありません。根本にあるのは「反・グローバリズム」です。マクロン大 [続きを読む]
  • 保守ではなく「保身」である
  • 山本太郎参議院議員が、安倍政権の「移民受け入れ法案」成立への抵抗として、議案への投票時に「牛歩戦術」を展開。「山本太郎氏が与党に『保守と名乗るな』と怒り絶叫」https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201812080000021.htmlそこで発したセリフが、記事にもあるように、「法案に賛成する者は、二度と『保守』と名乗るな。『保身』だ!」とした上で、「官邸の下請け、経団連の下請け、竹中平蔵の下請けだ。この [続きを読む]
  • 「違いをもって排除せず、同じをもって連帯する」
  • 経済評論家・三橋貴明さんの本日(12月10日)付のブログを読みました。目が覚めるような正論が書かれています。「反・グローバリズムの結集を(後編)」https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/…。内容としては、フランスを中心とする、欧州での「反・グローバリズム」の流れを受け、「日本以外」の主要国では、グローバル化で貧困化の憂き目に遭ってきた国民が、「反・グローバリズム」を合言葉にまとまりはじめている。その上で、 [続きを読む]
  • 経世済民の精神を取り戻せ!
  • 先日の中国新聞社の社説に、既視感のある記事が掲載されていました。「消費増税対策 ばらまきのツケ心配だ」https://www.chugoku-np.co.jp/column/article/article.php?comment_id=481063&comment_sub_id=0&category_id=142…。際立つのは、「ばらまき」というフレーズ。自己陶酔的な記者が好んで使用する言葉です。とても意味が曖昧ですね。たとえデフレ対策に必要な(デフレギャップを埋めるため)規模の財政出動でも、この記者 [続きを読む]
  • 増税前提でなければ財政拡大できない虚しさ
  • 来年の消費増税は確定かのような空気が世間にはありますが、決して確定しているわけではありません。しかし、政府は増税を前提に経済対策を打つようです。「首相、内需拡大へ対応指示」https://mainichi.jp/articles/20181113/k00/00m/020/132000c…。防災対策を含めた国土強靭化への予算配分や、国立大学への運営交付金の拡大など、実に真っ当な政策を方針に掲げています。こういった類の報道を目にすると、素直にこう感じます。 [続きを読む]
  • 同じ日本国民を叩くのはやめよう
  • かなり古い動画ですが、中野剛志さんが、ここ20年間の日本について、同じ日本国民を叩き続けた事実に苦言を呈されています。中野剛志「TPP不参加でも日米軍事同盟に影響はない」https://www.youtube.com/watch?v=aPtK6mgIIxI…。動画の後半の方になりますが、「ここ20年間、日本国民は他人を叩き続けてきた。銀行が悪い、官僚が悪い、自民党が悪い、建設業が悪い、郵政が悪い、農業が悪い…」とした上で、「論理は、『奴らは生産性 [続きを読む]
  • 日経新聞は国民の命よりもカネが大事らしい
  • また、日経新聞が「ザイセイガ〜!」系の記事を書いています。「増税対策 色濃く 公共事業費増額、災害受け規律緩む」https://www.nikkei.com/article/DGKKZO38531280U8A201C1EE8000/…。相も変わらず、「バラマキ」だの「精査」だの、それっぽい言葉を並べ立てて、財政支出の抑制を訴えています。特に看過できないのは、国民の生命・財産を守るための防災インフラへの財政支出についての部分。一応、必要性は認めている記述をし [続きを読む]
  • 人手不足には生産性の向上で対応せよ!
  • 人手不足が叫ばれる中、現場では、自動化・機械化による対策が進められています。「弁当に総菜詰めるロボ 立命館大など、人手不足を解消」https://www.nikkei.com/article/DGKKZO38161100V21C18A1TJM000/…。まだ研究段階ではあるようですが、2020年頃には、一部で導入が進むようです。いやー、実際に人手不足に直面している人々は何てまともなことか。このように、人手不足には、自動化・機械化による生産性の向上で対応すること [続きを読む]
  • 詐欺師「大阪維新」を増長させるな
  • 大阪維新の会について、先日に引き続き書きます。「大阪万博決定、その一方で…」https://eskunsf.blogspot.com/2018/11/blog-post_30.html…。大阪万博の開催が決まり、それを「府市の連携の結果だ」とし、大阪府と市の統合「大阪都構想」を党是とする大阪維新の会が党勢の拡大に結びつけようとしているようです。「大阪万博決定、追い風にしたい維新 府市の連携強調」https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38161690V21C18A1AC8 [続きを読む]
  • なぜ政府に予算拡大要求をしないのか
  • 昨日、我が県の地方紙である中国新聞の社説に、極めて真っ当な記事が掲載されました。一部分を除けば…。「水道法改正 民営化で危機脱せるか」https://www.chugoku-np.co.jp/column/article/article.php?comment_id=486029&comment_sub_id=0&category_id=142…。水道民営化による水道料金の高騰ほか、そもそも公共サービスを民間企業に開放することへの疑問などを、外国の事例を挙げながら論考しています。その通りです。今回の水 [続きを読む]
  • ロナルド・ドーア氏が死去
  • 著名なイギリス人日本研究者のロナルド・ドーア氏が、11月13日、死去されました。「ロナルド・ドーア氏が死去 英国の日本研究者」https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37825590V11C18A1CZ8000/残念です…。ドーア氏は、イギリスの工場と日本の工場を比較するなどして、日本の独特の経営手法に注目。いわゆる「日本的経営」に高い評価をしている人物でした。そして案の定、90年代以降の我が国における「構造改革」に反対し、「日 [続きを読む]
  • もっと夢を見よう!
  • 経済評論家・三橋貴明さんもブログで取り上げておられましたが、日本の未来を左右する(大げさでもなんでもなく)、国際リニアコライダーの岩手県への誘致について、日本学術会議が否定的な提言をまとめました。「国際リニアコライダー(ILC)の学術的意義とは」https://webronza.asahi.com/science/articles/2018112600016.html…。同会議は、「誘致のための予算が…」と、ありもしない財政問題を強調した上で、「経済波及効果が [続きを読む]
  • 大阪万博決定、その一方で…
  • 万博の大阪開催が決定しました。それ自体はめでたいことこの上ないのですが、松井大阪府知事のこの発言には呆れました…。『「風呂敷広げすぎた」松井知事が協力要請』https://mainichi.jp/articles/20181128/k00/00m/010/039000c…。何だかなあ。普段あれだけ「地方分権!道州制の導入!大阪都構想」なんて主張しているクセに、こういった困ったときにだけ、中央政府に助けを求めてくる。「厚顔無恥」とは、まさにこのことでしょ [続きを読む]
  • 日本を衰退から救う2人
  • 経済評論家の三橋貴明さんと、内閣官房参与の藤井聡さんの対談動画がYouTubeに上がっています。三橋TV番外編#1「国民をコケにしている?2014年の消費増税は国家的詐欺だ」https://www.youtube.com/watch?v=e_oLOPO7JgY…。お二人とも、実に地に足の着いた議論をされております。消費増税など、現在の経済状況ではありえません。そんな当たり前のことを、当たり前にお話されています。こういった正しいことを堂々と発信することが [続きを読む]
  • あがき続けることが大切
  • 現役の経産官僚で、評論家の中野剛志さんのとある講演動画を観ました。「没落について」 中野剛志氏(評論家)グローバル資本主義を越えてhttps://www.youtube.com/watch?v=OoduEx7tl2k&t=5s…。観てもらえれば分かりますが、相変わらずの悲観っぷり(笑)まあ、それが中野さんの持ち味とも言えますね。内容としては、我が国は経済的にも、政治的にも、軍事的にも八方ふさがりで、「没落の運命」に?ロックイン?されている、とい [続きを読む]