naoki さん プロフィール

  •  
naokiさん: レジーム・チェンジ
ハンドル名naoki さん
ブログタイトルレジーム・チェンジ
ブログURLhttp://eskunsf.blogspot.com/
サイト紹介文皆が豊かになる「経世済民の国家」を目指し、日々情報を発信しています。理念は「反グローバル資本主義」。
自由文「20年以上デフレ・不況が続き、いつまで経っても脱却できないのはなぜなのか?」そんな素朴な疑問から、国民一人ひとりを豊かにする、経世済民という真の意味での「経済」について勉強を始めました。同じ疑問を抱いている方は、正しい経済知識を学びませんか?経済評論家の三橋貴明氏や京都大学大学院教授で内閣官房参与の藤井聡氏、経済産業省の官僚で評論家の中野剛志氏などに学び、豊かに安定して暮らせる国を実現しましょう!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 156日(平均2.7回/週) - 参加 2018/02/12 11:47

naoki さんのブログ記事

  • 「空気」や「ノリ」にご用心
  • 少し前の記事ですが、気になったので…。「日本郵政、陰る収益力」https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30536510V10C18A5EE8000/…。日本郵政グループの収益が悪化しているようです。何やら、郵便事業は堅調なものの、稼ぎ頭の「ゆうちょ銀行」が、マイナス金利の影響などにより、利益が落ちています。…。ていうか、この手の記事を読むと、そもそも日本郵政を利益追求が目的の「株式会社」にする必要があったのか?という疑問が [続きを読む]
  • どこからどこまでが「バラマキ」なのか
  • 「バラマキ」という言葉、私は非常に嫌いです。定義が不明確にも関わらず、フレーズの響きだけで聞く人にネガティブな印象を与えるからです。例えばこの記事、「もがく農産物輸出 バラマキを越えて」https://www.nikkei.com/article/DGKKZO32629960U8A700C1EA1000/…。どうやら、自民党の改革派(笑)の議員たちが、「補助金依存との訣別」などと寝言を垂れ流しながら、『農産物を輸出する農家は良い農家、そうでないのは悪い農家』 [続きを読む]
  • 「ザ・お前が言うな」の記事
  • 先日の日本経済新聞の社説に、思わずツッコミを入れたくなるような記事がありました。「科学技術人材の育成にもっと危機感を」https://www.nikkei.com/article/DGXKZO32175790U8A620C1PE8000/…。いや、お前が言うなよ!上記の記事では日本の科学技術力の凋落を嘆いているようですが、その主たる要因は、ここ20年間進めてきた「緊縮財政」です。緊縮財政によって、20年間も科学技術予算が全く増えずに来たのです。投資をしない国に [続きを読む]
  • 「日本の未来を考える勉強会」を応援しよう!
  • 安藤裕衆議院議員らがつくるグループ、「日本の未来を考える勉強会」が先日、安倍首相に、財政拡大を実現するための「提言書」を提出しました。「デフレ完全脱却による財政再建に向けた来年度予算編成についての提言」https://www.andouhiroshi.jp/wp/wpcontent/uploads/2018/07/26ed80e2cec31706c6b8a0b3d9b7dfbd.pdf…。この提言書、今後の経済政策の指針を定めた「骨太の方針2018」に沿うように、しっかりと練られています。例 [続きを読む]
  • 日本を壊す『中枢世代』
  • また、現在の我が国を動かす「中枢世代」が寝言を言っているようです。「財政に足りぬ危機感」https://www.nikkei.com/article/DGXKZO32507390S8A700C1TCR000/…。経済同友会代表幹事の小林喜光氏や、自民党政調会長代理の三ツ矢憲男氏などが、ドヤ顔で「ニホンノザイセイハキキテキダー、ショウヒゼイハモットアゲルベキダー」と、苦笑を禁じ得ない提言(笑)をしていらっしゃいます。こういう人たちって、生きてて恥ずかしくないん [続きを読む]
  • 企業がデフレに怯えている
  • 民間企業の資金余剰が増え続けています。「企業、資金余り鮮明に 昨年度10兆円増 7年ぶり水準」https://www.nikkei.com/article/DGKKZO32326350X20C18A6EE8000/…。不況が続く中で懸命に収益を上げている企業であっても、設備投資や賃上げに躊躇しているようです。上記の記事によると、民間企業の資金余剰は昨年に比べなんと「10兆円」(!)も増加。7年ぶりの高水準だそうです。記事の中でその要因について、案の定というか、「国 [続きを読む]
  • 国家観を取り戻せ!
  • 先日、我が地元紙の中国新聞の社説に、外国人との「共生」を促す内容のものが掲載されました。「外国人就労拡大 共生に向け議論深めよ」http://www.chugoku-np.co.jp/column/article/article.php?comment_id=442059&comment_sub_id=0&category_id=142…。毎度のこと、ツッコミどころ満載の内容なのですが、特に疑問を感じたのは、「外国人を安価な労働力として活用するが、日本への定住は受け入れないというスタンスは身勝手では [続きを読む]
  • 処方箋はただ一つ…。
  • 安倍政権は、今月策定した「骨太の方針2018」において、外国人の単純労働を容認する方針を固めました。「保守層の壁崩す人手不足」https://www.nikkei.com/article/DGKKZO31649980S8A610C1EA1000/上記の記事は、その舞台裏を取材したものです。…。安倍政権が外国人労働者の受け入れを決めたこと。私としては、非常に残念です。なぜなら、これまで何度も繰り返してきましたが、今、外国人労働者を受け入れてしまうと、経済成長の芽 [続きを読む]
  • 活動的な○○ほどなんとやら
  • 6月7日の中国新聞朝刊にこんな社説が。「骨太方針案 財政再建から逃げるな」http://www.chugoku-np.co.jp/column/article/article.php?comment_id=438266&comment_sub_id=0&category_id=142うーん。まあ、よくある「クニノシャッキンデハタンスルー」系の記事ですね…。政府が今後5年間の経済政策の方向性を決める「骨太の方針」に、財政再建の意思を感じられないことを批判したいようです。記事を読めば分かりますが、よくぞここ [続きを読む]
  • 恥知らずの中西・新経団連会長
  • 5月31日に、日立製作所の中西宏明会長が、経団連の新会長に就任しました。日経新聞が就任に対するインタビュー記事を掲載しています。「対米交渉、民が橋渡し 経団連・中西新会長きょう就任」https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31155450Q8A530C1EE8000/…。うーん、ツッコミどころが多すぎる(^_^;)まず、「国だけで国際関係が作れる時代ではない」という発言について。?今は企業が国家よりも優位に立つ「グローバリズム」の [続きを読む]
  • 日本の経済、万事休すか…
  • 本日の日本経済新聞の一面トップに、政府が6月に閣議決定する「経済財政運営の基本方針(骨太の方針)」の原案が掲載されました。「歳出抑制、踏み込み甘く 骨太原案に消費税10%明記」https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31050750Y8A520C1MM8000/…。タイトルにはツッコまずにいましょう。この方針は、今後5年間の経済政策の方向性を決定づける大変重要なものです。すなわち、デフレ脱却に向けて、十分な規模の財政出動ができ [続きを読む]
  • 過度な市場競争は幸福につながらない
  • 少し前の記事ですが、紹介します。「両備の黒字バス路線、参入組と全面対決へー公共交通のゆくえ」https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28646990X20C18A3LC0000/私が住む広島のすぐ隣の岡山で、公共交通と市場競争の在り方について、非常に考えさせられる出来事が起きています。岡山には、交通のほか不動産事業なども手掛ける企業、「両備グループ」があります。この会社は古くから岡山県を中心に、バス事業を展開し、地域住民の [続きを読む]
  • バカしかいない、ポスト・安倍
  • 2012年12月の総選挙で自民党が勝利し、第2次安倍政権が成立して約5年。世間では、「好景気だ!」などという寝言を耳にしますが、いまだに我が国はデフレから脱却できていません。これはひとえに、安倍内閣が緊縮財政政策を推し進めているからにほかなりません。このことを批判するのはもちろん必要ですが、安倍首相にも任期があります。次なる自民党の有力議員、すなわち「ポスト・安倍」に挙げられる方々は、デフレ脱却に不可欠な [続きを読む]
  • 投資なくして成長なし
  • 日本の企業の研究開発費が減少しているようです。「日本の研究開発 見劣り」https://www.nikkei.com/article/DGKKZO30119680T00C18A5MM8000/…。どうやら、「世界企業の研究開発費ランキング」の顔ぶれが、2007年から17年の10年間で大きく変わっているようです。07年時点で、トヨタは3位ですが、17年には10位に後退しています。うーん…。ここにもデフレの影響が大きく出てきているようですね。タイトルにもあるように、企業にし [続きを読む]
  • ハンナ・アーレントと思考停止
  • 今回は、「ハンナ・アーレント」という人物について。彼女はドイツ出身の哲学者。かのマルティン・ハイデッガーの弟子で、彼と不倫関係にもあったそうです。またユダヤ人であることから、ナチスドイツに迫害も受けていた人です。全体主義の分析に取り組み「全体主義の起源」を著し、2013年に映画で描かれたりもしました。なぜ彼女にスポットライトを当てるかと言うと、アーレントが残した言葉や考え方は、今の自分たちに十分当ては [続きを読む]
  • 「日本の未来を考える勉強会」の提言を支持します。
  • 「日本の未来を考える勉強会」。同会は、自民党・衆議院議員の安藤裕氏が呼びかけ人代表を務める若手議員の集まりです。デフレ脱却を果たすには、「金融緩和に加えて財政出動が必要」という、極めて真っ当な政策を主張されていらっしゃいます。そんな一政治勢力が、先日、安倍首相らに政策提言をしました。「消費増税『凍結を』自民若手 首相に申し入れへ」https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30361800R10C18A5EA3000/提言書「 [続きを読む]
  • がんばれ、厚労族!
  • 財務省(およびその御用学者たち)が、新たな緊縮策を提案しているようです。『財政審 75歳以上の医療費負担「2割に引き上げ」提案https://mainichi.jp/articles/20180426/k00/00m/020/090000c「膨張する医療費を抑制する」だの、「現役世代の負担を軽くする」だの、何も考えていない人であればコロッと騙されそうな聞こえのいいことは言っていますが、結局は緊縮財政を維持、推進したいだけの話です。膨張する医療費?そんなもの [続きを読む]
  • 緊縮財政で地方が悲鳴を上げている
  • 高知県の観光名所の1つ、四万十川にかかる橋が老朽化により壊れてしまっています。「沈下橋守れ 官民足並み、四万十川流域で老朽化対策」https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29164090Z00C18A4LA0000/以上の記事によると、橋の沈下により、観光資源としての魅力が半減していることに加えて、当然ですが、住民の日常生活が脅かされているようです。同市も復旧に乗り出していますが、予算が大幅に足りず、補修工事が進んでいませ [続きを読む]
  • 「日本的なモノ」が壊れた日本
  • このGWに、京都に行ってきました。せっかく足を運ぶので、「友達と飲み歩いて楽しかった!」とか、「観光名所がいいところだった!」など、誰もが抱く感想だけではなく、(もちろんそれも大切)「京都に暮らす人々の?生活の空気感?」を味わいたいなと思っていました。そのために、電車だけでなく、より乗客と距離が近いバスを利用したり、街並みを見るために、あえて徒歩で移動したりしました。そこで見えてきたことが、いくつか [続きを読む]
  • 現状認識もできないおバカさんが多すぎる
  • 私は、とある地方都市の出版社で働いています。先日、その社内でイラっとする出来事が…。何やら、とある社員が入社10年目を迎えたそうな。そこで一言あいさつをするとのこと。その方は普段から、「僕らは経営者の話を聞いて回ってナンボの商売。情報を集めるために、人に会わないと話にならない」と息巻く人物。さぞかしその情報とやらを踏まえた含蓄のある話をしてくれるだろうと、期待して聞いていました。すると…。「僕が入社 [続きを読む]
  • ?政商?の大勝利
  • 政治家や官僚と癒着し、自らの企業に利益誘導する「政商」。そのもっとも足る存在の竹中平蔵氏が取締役会長を務めるパソナグループが、売上高を伸ばしたようです。「パソナG、黒字転換、6〜2月最終、人材派遣が好調」https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29094240W8A400C1DTA000/…。知っている人も多いと思いますが、竹中平蔵氏は、パソナグループの経緯者であると同時に、「国家戦略特区諮問会議」の民間議員の一員です。竹中 [続きを読む]
  • 物事は少しずつしか進まないゆえに…
  • 雑誌「表現者クライテリオン」の編集長、藤井聡氏が毎週お話する、「週間ラジオ 表現者 藤井聡 あるがまま日本・京都」。その4月9、16日放送分は、・「今やもう『衰退途上国』 貧困と格差が蔓延る平成日本」https://the-criterion.jp/radio/20180409-2/・「今やもう衰退途上国 〜買いたたかれる安っい日本〜」https://the-criterion.jp/radio/20180416-2/「衰退途上国・日本」 がテーマでした。過去20年間、世界の国々の中で、 [続きを読む]
  • クニノシャッキンデハタンスルー
  • もはやおなじみの「クニノシャッキンデハタンスルー」系の報道について。しかも今回は社説です。中国新聞社 4月8日付社説「財政健全化 歳出、より厳しく審査を」http://www.chugoku-np.co.jp/column/article/article.php?comment_id=423512&comment_sub_id=0&category_id=142リンク先で読んでもらえればわかりますが、冒頭からテンプレのような内容です。「日本には1000兆円を超える借金がある〜」「プライマリーバランス黒字化 [続きを読む]
  • 報酬カットを訴える政治家、それってホントに正しいの?
  • 私の故郷、広島県府中市に関する話題。4月15日告示、22日投開票の日程で、市長選が行われます。争うのは、現職の戸成義則氏と、新人で元市議の小野申人氏。11日の夜に同市で公開討論会が開かれました。「府中市長選 市政の課題、公開討論 立候補予定の2氏」https://mainichi.jp/articles/20180413/ddl/k34/010/476000cやはり、生まれ故郷の話ですから気になります。まぁ、同じ県内には住んでいるんですけどね。気になったのは、 [続きを読む]