バレッタ紅茶 さん プロフィール

  •  
バレッタ紅茶さん: 艦隊これくしょん講堂
ハンドル名バレッタ紅茶 さん
ブログタイトル艦隊これくしょん講堂
ブログURLhttp://kouchiyavallettav.blog.fc2.com/
サイト紹介文史実で艦これに関する文書
自由文どうも、初めまして、台湾からの提督です。
このBlogは史実で艦これに関する文書を更新する予定となります。
中国語を日本語に訳しますので、文法や言い方がおかしいなところがありましたら、どうかご暖かい目で見でいてください。
ありがとうございます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 8日(平均4.4回/週) - 参加 2018/02/12 16:58

バレッタ紅茶 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 艦これ小學堂 − 史実上のスリガオ海峡夜戦四:魚雷艇、次から次へと ②
  • 連合軍の第六魚雷艇艦隊は西村艦隊が海峡の南面に入る前にこっそりと接近するつもりでしたが、そのうち3隻の魚雷艇は部隊とはぐれましたため、各別行動で日本海軍の敵影を探索しました。部隊とはぐれたPT-137/132は01:42分の時に西村艦隊を発見しました。距離1000ヤードの所から魚雷を発射しましたが、命中しませんでした。しかし、今回の攻撃の中、日本海軍は01:33分の時すでに魚雷艇を発見しました(*戦闘詳報では魚雷艇発見 [続きを読む]
  • 艦これ小學堂 − 史実上のスリガオ海峡夜戦三:魚雷艇、次から次へと ①
  • 西村艦隊はボホール海に入る前に、重巡洋艦最上の水偵偵察によって、前方にて一定的な数の魚雷艇が発見しました。そのため、艦隊を二つに分けました。 掃蕩隊:最上、山雲、朝雲、満潮 主力部隊:山城(旗艦)、扶桑、時雨掃蕩隊は先行して、主力部隊の前方20Kmのところで魚雷艇の探索や迎撃を実行し、時雨は主力の護衛を担当します。この考え方は基本的に問題がありませんが、あいにく、最初に魚雷艇と遭遇し、攻撃されたのは主 [続きを読む]
  • 艦これ小學堂 − 史実上のスリガオ海峡夜戦二:両軍正式接触前
  • 西村艦隊は10月22日から出航し、スル海(SULU SEA)を経由してスリガオ海峡へと移動します。10月24日は連合軍に見つかれて、午前9時30分にて敵艦載機の空襲に合いました(約20機)。それ程の損傷はありませんが、連合軍は西村艦隊の意図を気づかれ、西村艦隊は南方からレイテ島に突入することを確認した上で、連合軍は戦艦、巡洋艦や駆逐艦などを急配し、スリガオ海峡の北海岸にて日本海軍を迎戦しました。上図のように、第54駆逐 [続きを読む]
  • 艦これ小學堂 − 史実上のスリガオ海峡夜戦一:あらすじ
  • 現実の仕事が忙しいのため、不定的に整理します(ノ゚∀゚)ノ。最初は秋イベントを書くつもりですが、各戦役の内容は大量で、一つの戦役だけに集中することとしました。(各航空隊の)資料方面の整理について、工夫したがなかなか終わらない台湾沖航空戦を一段諦め、より知らされているスリガオ海峡海戦の夜戦を選びました。*この海戦について、国内外の文献や資料の内容は完全に同じではありません。そのためデータの整理は手間かか [続きを読む]
  • 過去の記事 …