66 さん プロフィール

  •  
66さん: TALK BACK
ハンドル名66 さん
ブログタイトルTALK BACK
ブログURLhttp://talkback66.com
サイト紹介文35才の個人投資家が日々考えることを共有してゆきます。 ビジネス 投資 読書 日常 理想 向上
自由文とにかく活字中毒です。街中に溢れる文字からポテチの裏まで、文字があるとすぐに読んでしまいます。
そして良い文章は気持ちが良くなり、悪い文章を読んでしまうと機嫌が悪くなってしまいます。
Twitterやってます @talkback66
よろしくお願い申し上げます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 11日(平均14.6回/週) - 参加 2018/02/12 17:42

66 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • キャッシュレス社会 へ想いを馳せてみる
  • 急速に進んではいるけどいまだにインフラは十分とは言えず、結局現金を持ち歩かなければいけない現状は一般レベルではほとんど変化が見られない。なぜキャッシュレスが推奨されているかと言えば、筆頭に挙げられるのは人件費問題でしょう。我々の生活の中で、比較的初期から取り組んでいたのは鉄道会社ですかね。僕が小さい頃は切符をパチっとしてもらうのが楽しみなものでした。自動改札気がつけば日本中ほとんどの駅が自動改札に [続きを読む]
  • 無料 の考え方 そろそろちゃんと理解した方が良い。
  • 価値を交換するはずの行為が本来商品なりサービスを手に入れたり、受けたりするためには相手が設定した金銭を支払う。その交換行為に双方が納得してなされる契約です。では無料の商品やサービスは、どういう構造で無料になっているのか(金銭を必要としない契約)考えたことはあるでしょうか。今日はその辺のことをお話ししようと思います。この世に無料のものは親から享受するもの以外存在しない。よく無償の愛とか例えられるあれ [続きを読む]
  • 長時間労働 本当に悪いのは企業側でしょうか
  • 長時間労働 考えを見直す言われるがままに長時間労働をし、月給を時給にならすとびっくりみたいな話は非常に良く聞きます。でもそれって自分の労働力を安売りしている、あるいはそのくらいの金額でしか売れないのかもしれません。世間的に色々な労働問題がクローズアップされている今、改めてご自分の価値について考えてみる良い機会かと思います。待っていても基本的には改善しない。もしも長時間労働を取り締まる動きが今後強く [続きを読む]
  • お寿司のしゃり 残す問題 賛否両論あってはいけない
  • テーブルにさえ上がっていない。呆れてものが言えない。と思っています。ずいぶんと日本も変わってしまいました。美しい思いやりの文化はもはや風前の灯です。 自分の行動で人がどう思うかなんていうのはどうでも良く、そこには敵意さえありません。(せめて敵意があるならば、戦うことができます)悪気がない。のでしょうけど。それは無関心という最も人間らしくない行為です。オリンピックがやっていますね。あれが、見ていて清 [続きを読む]
  • 引越し わかっていてもハマっちゃう罠
  • もう少しで 引越し シーズン到来ですねえ僕は今年で36歳、引越した回数はちょっと多めの12回(汗)もともと飽きっぽい性格で、新しい物好きっていう属性なんで引越しも必然と多かったです。でも僕はこれからも条件次第で引越しをするでしょうね。60歳くらいまでは平気で賃貸生活を謳歌すると思います。現在は借り手にとってとても良い状況都心部のアパートマンションは高価格帯は別として、学生さんや新婚さんむけ物件が供給多寡 [続きを読む]
  • 切り口の話 とびきりの器用さと執念にも似た諦めの悪さ
  • 日本人が苦手とする分野日本人はアップデートの天才と世界から評されます。既存のものをより良いものにリビルドすることにおいては驚異的な成果を叩き出し続けてきました。が新しいものを作り出すことにおいては決定的に苦手です。それは固定観念に囚われたモノの見方がある意味において美徳とされてきたからに他なりません。悪しき島国根性とにかく人様に悪く思われないようにする。と、ちっちゃな頃から刷り込まれているもので、 [続きを読む]
  • ガマンしてはダメです もっと自分を大切にしましょう
  • 今日もいろいろ我慢していますか?社会人をやってるいると本当にいろんなことを我慢するケースがありますよね。我慢しない人をわがままな人だみたいに決めつける人はほっといて、我慢しなくても良い方法について考えてみることにします。だって我慢するって結構辛くないですか?心がキューっとなって、なんだかモヤモヤして、はっきり言って不快な気持ちになりますよね?あなたが我慢するたびにあなたの心はダメージを負っています [続きを読む]
  • いらないもの を持ち続けること。必要ですかそれ。
  • 豊かすぎるが故の副産物。あっちもこっちも散らかっていて、移動もままならないようなお家に住んでいる方はいらっしゃいますか?大抵の言い分は「こっちの方が落ち着くし、どこに何があるのか”だいたい”わかるし」まあ精神衛生上そちらの方が良いのであれば無理にとはいえません。が、片付いている方(どこに何があるのか)がストレスは少ないのはいうまでもありません。これは絶対です。整理整頓が得意な人も苦手な人も考えてみ [続きを読む]
  • あなたのお仕事はなんですか?分類と観察の話
  • 現在のあなたに通知表を出して見ましょう。色々な仕事があって世界が成り立っています。最近のジョージアのCMなんてとってもいいですよね。それぞれ、各々、自分の仕事をこなすことで、日本、あるいは世界規模のチームワークが生まれ、世界の経済は成り立っています。それはすごく尊いことであり、無駄な仕事なんて、この世にはないってことですね。今どんなお仕事をされていますか?大きく分けると二つのことになるのではないでし [続きを読む]
  • 雇用のあり方。そろそろ見直しませんか?
  • 世界基準からは程遠い現実若い世代の離職率や就職に対して前向きでない風潮はやはり旧来の企業体質も一役買っていると言わざるを得ないです。働き方改革とか言って、早く帰るようにとか、残業しないようにとかやってますけど、全く的外れであり、そもそも論点が違うように僕は感じています。昨日端末の修理のためにApple表参道店にお邪魔しました。ユーザーエクスペリエンスの境地当日の16:20に予約していまして、到着したと [続きを読む]
  • ビットコインの今後 然るべき道を歩く
  • 素晴らしいものは素晴らしい。今朝読んだ何かの記事で仮想通貨関連の世界のリッチが発表されていました。ブロックチェーン関連の会社の創業者が大半を占めており、改めて明確に構造的な部分が浮き彫りになってきた格好です。仮想通貨のボラティリティに振り回されてしまっている人にとっても静観している人にとっても、やはりこれは良い方向に向かっていると判断すべきことです。全く新しく、それでいて優れた技術。新しいものが生 [続きを読む]
  • 偶然という必然 たまたま何かが起きる時
  • 偶然とかたずけ続けることはもったいない。偶然。たまたま。よく耳にしますが、それって本当にものすごく勿体無い場合があります。本当にそれが偶然だったのか考えたことはありますか?ガリガリ君であたりが出たことがある人は割と多いと思います。まあ「当たる」って表現があれですけど、それを偶然と考え、片付けてしまうのは勿体無いと思います。たまたま信号に捕まらない。車で移動している時ずっと青の時がありますよね?「ラ [続きを読む]
  • 時間の使い方 人間にとって最も必要な資源
  • 絶対に抗えませんこればっかりは。。世界中の誰一人としてこの資源を無限に使用している人はいません。(居ないはず)老若男女問わず、どっかの誰かが決めたこの単位を過ごして居ます。人間はある一定の時間がすぎると活動できなくなってしまいます。将来的に時間を自由に操作できるようになったとしたら、僕たちはこんなにも一生懸命で居続けることはできないでしょう。有限だから価値が生まれる。有限だからこその価値ってありま [続きを読む]
  • 必要なもの 不必要なもの あなたが一番欲しいもの。
  • 今欲しいモノはなんですか?パッと浮かぶと思います。そこで質問です。「それは手に入るものですか?」「なぜ手に入れないのですか?」いろいろな言い訳を持って「手に入らない」とどこかで決めつけていませんか。欲しがるということそれは非常にシンプルな人間の活動原理です。そして望んだものを手に入れるためにはいろいろなハードルをクリアしなければいけないはずです。簡単に手に入るものをそもそも欲しいと思わないからです [続きを読む]
  • 諦めてはいけない。絶対に諦めてはいけない。
  • 今日は天気が良かったので。お気に入りの自転車の修理と昼食を兼ねて近所のショッピングセンターに出かけました。自転車を押しながら、春を思わせる陽気の中、とっても気分が良かったです。初めて入ったラーメン屋さんも美味しくて、店員さんに笑顔で見送られ、預けていた自転車の様子を見に戻ろうとして横断歩道の信号を待っているときに、なんともいえない臭気を感じました。ふと振り返ると二十代半ばと思しき青年が立っていて、 [続きを読む]
  • お金の使い方知っていますか?
  • 使う・貯める・あげる・働かせるなどこれらは全てお金の使い方です。日本では価値に対する明確な教育があまりなされていないので。ピンとこない方が多いかとは思いますが、読んでみてください。少しだけでも価値に対する価値観に触れておくのは現代社会で経済活動をするためには非常に有意義だと思います。使うほとんどの方のお金の使い方が、機能としてのお金の使い方です。食材だったり洋服だったり、日々お金を使っていることと [続きを読む]
  • 気持ちのやりとり。してあげられることと、してもらえたこと。
  • 台湾で大きな地震がありました。一部で建物が倒壊し、お亡くなりになられた方や、怪我をしてしまった方も出ていると報道されています。以前、東日本大震災の時、米国についで多くの寄付をしてくださったのは台湾という国でした。みなさんは台湾という国をどのぐらい知っていますか?なぜ台湾は日本を助けようとしてくれたのでしょうか。世界には親日とされている国が何カ所かあります。歴史を紐解くと、現地にいた日本人がとった行 [続きを読む]
  • 情報の信憑性と的確な判断力 情報化社会の本番が始まります。
  • 今までの主要メディアはテレビや新聞でした。テレビも新聞もスポンサーがいて商売が成り立っている以上、発信する情報には一定以上の責任が求められていたので、曖昧な情報は発表できず、情報を得る側は何も考えずとも血統書付きの情報を得られていました。現在はスポンサー企業が旧来のメディアに依存しない柔軟な戦略を取るケースが格段に増えてきていて、よりピンポイントな顧客を狙った媒体が一般的になりました。インターネッ [続きを読む]
  • 信じる力がもたらす結果 成し遂げ続ける事
  • 漠然とではなく、確かに信じる事。薄っぺらい言葉ではなく自分を本当に信じることはとても勇気のいる事です。誰も保証してくれない自分の設定した成功に自分を連れていくために。順番はどちらでも良いです。しかし、プロセスが始まってしばらくしたら、ほとんどの事が具体的になっています。解決可能な問題なのか不可能なのか。常に自己診断をする。ほとんどの問題は解決できます。しかし成功プロセスの中にいる時間は非常に息苦し [続きを読む]
  • マナー 礼儀 人付き合い 他人との接し方 品格
  • 対人情報交換の必要性が薄れていますみんなわからない事があればすぐに手のひらの中にあらゆることをあらゆる角度から教えてくれる道具を使って知る事ができるようになりました。以前東京では隣に誰が住んでいるのかもわからないとよく言われていました。最初は都心部で起こっていた事がいまでは日本全体。そして外に向いていた目線はいま手のひらを眺める行為となりました。無意識に他人と関わるのは最小限という風潮人間は意識的 [続きを読む]
  • モンスター部下 調子に乗って責任転嫁をあたりまえとする風潮
  • できない事はできない。(キリッ)一貫して彼らの主張は自己保身を前提とした発想であり、そこに必要最低限の自己犠牲は含まれておりません。自分が嫌なことから逃げるためにはあらゆる手段を講じて戦う姿勢をとります。誰も助けてくれないとわかった時、彼らはふさぎこんでしまいます。(だれかに声を掛けてもらえるまで)偉くないのに偉そうなやつ。僕は偉くないのに偉そうなやつ(中身が伴っていない)が大っ嫌いです。根拠のな [続きを読む]
  • 新たな世界への警鐘 力の分散 権力の分散
  • 一部のリーダーが握っていた覇権が分散傾向 時代時代のリーダーが覇権を握っていました。 国交のない時代からあらゆるコミュニティには自然発生的にリーダーが誕生し、意見をまとめ行動方針を決めたり、あるいは権力を行使し独裁してき … 続きを読む 新たな世界への警鐘 力の分散 権力の分散投稿 新たな世界への警鐘 力の分散 権力の分散 は TALK BACK に最初に表示されました。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …