七人囃子 さん プロフィール

  •  
七人囃子さん: 中学受験の取り組み方 ADHDの場合
ハンドル名七人囃子 さん
ブログタイトル中学受験の取り組み方 ADHDの場合
ブログURLhttps://7ninnbayashi.blogspot.jp/
サイト紹介文発達障害ありの息子の、崖っぷち中学受験ラスト一年を書いたブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 11日(平均4.5回/週) - 参加 2018/02/12 17:57

七人囃子 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 家族構成と夫の無関心
  • 突然ですが、我が家の構成をざっくり。まずピエール。小5男子。小2の時に発達障害の診断を受ける。当時の診断はアスペルガー。しかし小4で主治医を変えた際、ADHDに診断が変わる。工作と科学好き。その時々でのめりこむものが変わる。ブレないところだと生物・スターウォーズ。ピエール父の私の夫は会社員。昨年職場を変え、週の半分以上を在宅で勤務。いわゆる士業というやつで、趣味の難易度の高い何の役に立つのかよくわからな [続きを読む]
  • そんな事ですいません。喜びのワケ
  • すごい!よくがんばった!土曜19時のリビングに響く賞賛!なにが起こったのでしょーうか。答えは…パンパカパーン今日1日のタスクを完了できました!!え?なに?それだけ?そう、それだけ。ピエール氏、偏差値50までの道は実は結構明確でして。まずは出されだ課題をやりなさい、と。宿題をやって行かない。確かに塾の宿題、学校に比べたらボリュームあります。とはいっても1週間に4教科を分けたら、フツーにやっていればどんなに [続きを読む]
  • ボンヤリ☆トリップ
  • ピエール氏の受験勉強の最大の敵は ボンヤリトリップ。文字どおり、妄想の世界へ旅立ってしまうこと。前の記事でお伝えしたとおり、これは小学校に入った時からなかなか改善できない課題です。夫と受験監督を交代した際に約束させられたことがあり、その中の1つに『勉強しなさい と言わない』というのがあります。昨夜仕事から帰宅後、夫は妹のお迎えで留守。ピエール氏が、リビングのテーブルで塾の算数の計算日記を広げている前 [続きを読む]
  • 学習する以前の課題と自己流・解決方法
  • 受験前に遡ります。でもって、この記事は受験、ほぼ関係ありません… ピエール氏は3年生までの学校の成績(テストの点数)はそこそこに良い方。学習系の習い事は英語をちょろっとやっていた程度で、学校の宿題+チャレンジタッチで十分。チャレンジタッチ、うちの息子にはピッタリでした。視覚優位であるため、イラストが動いて図式の成り立ちを説明してくれたり、ゲーム仕立ての暗記ものがあったりと、言われなくても喜んでやっ [続きを読む]
  • そして塾選び
  • 今ピエールが通っているのは栄光です。はじめの投稿でも触れましたが、栄光は3塾目です。家族に中学受験経験者もなし、同年代の友達もなし、親は特段の熱意もなし。受験するなら4年生から塾に行けばよいのだろう、と漠然と考えていた私…早めのスタートのつもりで2月の終わりから塾選びをスタートしました。「お母さん、受験スタートは3年の2月からですよ」始めに電話で問い合わせた四谷大塚でそう言われ、出だしの遅さを知るとい [続きを読む]
  • なぜ受験という茨の道を?
  • 我が家の場合、私も夫も、中学受験がスタンダードなエリア育ちではなく、地元中学校 → 公立の高校 → 大学と進んでいます。ですので、はじめから息子に中学受験を勧める気は特にありませんでした。別に公立でも勉強できるし、大学もいけるよ、と。ではなぜ方向が変わったか。<その1 周りの影響>今住んでいるエリアの学校は、学年の半数以上が受験をする。そして受験をしない子はだいぶやんちゃな子が多く、不思議少年のピエー [続きを読む]
  • 監督交代から始まる最後の一年
  • 本番まであと一年切った!これは我が家の挑戦の記録(?)です。我が家のピエール(仮名 現在小5)は発達障害があります。ADHDの切り替えがうまくできない・不注意際立つ、いわゆる のび太型です。大手グループ指導系進学塾から始まり、今は3つ目の塾。ほぼ通常どおり、新小4時から受験勉強をスタートしました。夫は受験自体にはまるで無関心ということもあり、母である私が受験周りの管理をしてきました。が、諸事情あり、この度 [続きを読む]
  • 過去の記事 …