ITTO越中島校 さん プロフィール

  •  
ITTO越中島校さん: ITTO個別指導学院 越中島校ブログ
ハンドル名ITTO越中島校 さん
ブログタイトルITTO個別指導学院 越中島校ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/itto-etchujima/
サイト紹介文東京都江東区にある個別指導塾のブログです。 塾の紹介やイベント告知などを載せていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 82日(平均2.0回/週) - 参加 2018/02/12 18:05

ITTO越中島校 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 個別指導塾の役割とは
  • 私が小中学生だった頃と比べても塾の役割というのは変わってきていると感じています。 昔は、塾と言えばおっかない先生がいて、ひたすらゴリゴリと勉強をさせられるそんなイメージがありました。 一昔前は、学校も部活も家の教育も塾も、基本的には非民主的な軍隊式が多かった印象です。 この風潮はかなり変わってきたと思います。 そんな現代での塾の役割とは何なのでしょうか。そして現代っ子たちに適した勉強の仕方も何なので [続きを読む]
  • 中学生になるうえで気を付けたいこと②の補足
  • 前回の続きというか、補足です。 難しくなって平均点も下がる中学のテストでは平均点が60点前後となります。 とはいえ、先生方も人間です。狙った通りの平均点になるかは蓋を開けるまで分かりません。最初のテストで90点、次のテストで80点だったとしても本当にその子の学力が下がっているのかどうかは分かりません。 そこで参考になるのが、偏差値です。当塾の周辺の中学の成績表では「標準点」と書かれています。偏差値と同じで [続きを読む]
  • 中学生になるうえで気を付けたいこと②
  • 前回に引き続き、中学に進学する際に「心の準備をしておいて下さい」というお話です。 ②テストが難しい! 勉強が難しくなるのですから、テストも難しくなるのは当然です。 それよりも注目していただきたいのは、平均点自体がガクンと下がるということです。 小学校で90点を普通に取れていたからと言って、中学でも同じように取れるとは限りません。 小学校のカラーテストは平均点が85点前後なのです。 国や都などの行政が行うテ [続きを読む]
  • 中学生になるうえで気を付けたいこと①
  • 今回は中学に進学する際に「心の準備をしておいて下さい」というお話です。 どちらかと言うと、小学生の親御さん向けの内容かもしれませんが、中学生の保護者様も、お子様は大丈夫か確認をしてみてください。 ①宿題が出ない! これは日常的な学習に関して中学校に入ると大きく変わるところです。 基本的には学校から宿題が出ません。これです。 小学校のときには、ドリルなどから少なくとも一日1ページほどの宿題が出ているはず [続きを読む]
  • 今年度の受験シーズン終了!
  • 今年度の受験も中学入試から大学入試まで全日程が終わりました! 1月中旬に始まった千葉私立受験からここまで長かったです。 毎年のことですが、今年も様々なドラマがありました。 ほんの短い期間で子どもは目覚ましく成長します。 受験って大変だけど、やっぱりこの仕事の醍醐味だと、改めて実感しました。今年は国立大後期はいないので、当塾ではこれにて受験シーズン終了です。 そんななか、新年度に向けたお問い合わせもたくさ [続きを読む]
  • 高校の定期テスト始まる
  • 高校受験が終わり、大学受験、中学の定期テストと2月末は大きなイベントが目白押しでした。 これらも一段落したところで、今度は高校生の学年末テストです。 高校生ともなると、苦手な科目1教科だけの受講という生徒さんも多くいます。また、高校入学とともに塾を卒業してしまった元生徒さんもいます。 しかし、そんな子たちも含めて、先週は毎日のように自習に来てくれていました。 接する機会が少なくなる高校生ですが、こうし [続きを読む]
  • 中学校の定期テストが終わりましたね!
  • 江東区、中央区の中学校では、今年度最後の定期テストが終わったことと思います。 早速テストが返され始めた学校もあるようで、本日学校帰りに「先生、数学○○点だった!」と報告に来てくれる生徒さんもいました。 今回の結果を受けて塾探しが本格化する方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで一つご提案です。せっかく苦手克服をするために塾をお探しなわけですので、無料体験授業を活用して、テスト直しをしてみません [続きを読む]
  • 都立入試と高校への準備②
  • 前回の続きです。 成績不振で卒業後に戻ってくる子が毎年必ずいるというお話でした。 どうしてこんなことが起こるのでしょうか。 高校は地域ではなく、偏差値によって生徒層が決まる これが一番の原因ではないかと思います。 入学当初の学力はほぼ横並び、誤差は受験期の偏差値+5程度で固まります。 そんな状況で入学直後の5月には行われる1学期中間考査の結果で、 「俺 / わたしって実はできる?」と自信を持つ子もいれば、 「俺 [続きを読む]
  • 都立入試と高校への準備
  • ブログでは、教室内のことはあまり書かないようにしてきたのですが、たまには中のこともお伝えしようと思います。 先週金曜に都立入試が実施されました。 当塾からも、多くの中3生が受験しました。 自己採点で「終わった〜」と凹む子もいれば、「できた」、「やりきった」という達成感が表れている子もいます。 ですが、「果報は寝て待て」です。やれることをやりきったのなら、あとは待つしかありません。「人事を尽くして天命を [続きを読む]
  • 国語について徒然と③ 〜答えは一つ〜
  • 不定期でシリーズ化している国語徒然ですが、また今日も書きながら考えてみたいと思います。 「国語は答えがいくつもある」 時々こんな言葉を耳にすることがあります。 でも、これって本当でしょうか? 「自分の考えを書きなさい」といった問題や、課題文を読んだうえで答える小論文などであれば確かに当てはまります。 しかし、そうした問題は、あってもせいぜい1割程度、残り9割は答えが一つだと私は考えます。 たとえ解答に [続きを読む]
  • 春が近づいてきています!③
  • 前回のエントリーで、「これから塾をお探しの方には春期講習の便利な使い方がある」というお話までさせていただきました。 今日はその続きになります。 もちろん、塾生と同じ目的で春期講習をご用意していますが、これからどの塾にしようか、という場合、お試しで色々な塾を回れるというのが季節講習のメリットです。 個別指導の塾であれば、最小パックは数日間で受講できる体制になっていると思います。 当塾も5コマからになって [続きを読む]
  • 春が近づいてきています!②
  • 前回に続き、春期講習の目的と内容です。 いきなり本題に入りますが、主に二つの理由から必要性が生じます。 1)勉強が難しい! 算数・数学が例として一番わかりやすいです。 この科目は、春から夏は土台作り、秋から冬はそれを基にした応用という仕組みになっています。 冬期講習では夏から秋にかけての復習を行い、通常授業で予習を進めてはいます。 しかし、それでも冬休み明け以降に習う難しい単元の内容を定着させるまで進め [続きを読む]
  • 春が近づいてきています!
  • 少しずつ暖かくなってきたと思っていたら、一昨日2月19日(月)は二十四節気の雨水でしたね。 二十四節気のうち、冬至から春分まで、7つの節気だけは覚えています。寒い冬から段々と暖かい春が近づく変化が好きなのです。 そういえば、昨夜、 帰り道に突然、花粉症が発症しました。鼻がむずむずし始め、くしゃみが出て、今年も春が来たのだなと痛感しました。 そう、春が来ました。 春と言えば、塾では春期講習です。 「学校の長 [続きを読む]
  • 国語について徒然と②〜国語力は伸びにくいのか?〜
  • 国語についての徒然を続けさせていただきます。 国語といえば、よく「なかなか伸びない科目」と言われますね。 これが本当かどうかは置いておきましょう。どの科目も簡単には伸びないからです。 算数・数学、英語だって、同じく簡単には伸びないと思います。 果実を得るには、それ相応の努力と時間が必要です。土(勉強機会)を耕し、種(指導)を蒔いて、世話をして(勉強)、実(学力、成績)を得るという原則というか、凡事をすっ飛ばし [続きを読む]
  • 国語について徒然と
  • いきなりですが、みなさんは学生時代、「得意科目」ってありましたでしょうか? 私の得意教科は英語でした。 ただ、学生時代に講師をしていたとき、教えるのが難しいと感じていたのも英語です。 英語が好きで、自然と取り組むことができたので、他人に教えられるような体系的な知識がなかったことが原因だと思います。 つまり、「感覚で解けてしまっていた」、あるいは、「感覚に刷り込めるほど勉強していた」ということなのかも [続きを読む]
  • 個別指導で大切にしたいこと 〜 コーチングとは 〜
  • 一日間隔が空いてしまいましたが、今日は「コーチング」についてです。 ■ITTO越中島校でのコーチングとは 個別指導塾と一口に言っても、「1:1」から「1:複数」の様々な形式があります。 当塾では主に1:3で実施しています。もちろん、苦手な教科で一から教え込まなければならない場合や、特殊な科目指導、ピッタリくっついての支援が必要な生徒様には1:1もご案内しています。 どの授業形態であっても共通しているのは、生徒自身が [続きを読む]
  • 個別指導で大切にしたいこと〜マネジメントとは〜
  • 「個別か、一斉か」というテーマでここまで長々と書いてきました。 「で、結局、何?」と思われた読者の方もいらっしゃると思います。つまるところは最初に述べた「内容と形式」の話に戻ります。 「内容」という言葉で意味するものは、勉強・科目のことだけではありません。 塾は勉強に関して人から指導を受けるところですので、結局のところ大事なのは「人」だと考えています。 当塾では個別指導も一斉授業もありますが、最も大切 [続きを読む]
  • 個別指導か?一斉授業か?③ 〜国語編〜
  • ■国語今日は国語編です。こちらは基本的には個別指導で実施しています。 しかし、中学生ともなると、部活・クラブ活動で日程的に受講が難しいという場合も多いです。 「だからと言って、何もしないわけにはいかない!」という思いがあります。また、保護者様からも、「算数、数学の文章題になると途端にできなくなるんです。きっと国語ができていないんだと思います」というご意見を伺ったこともあります。 ■ITTOでの国語の取 [続きを読む]
  • 個別指導か?一斉授業か?〜英語、数学編〜
  • 2月10日の記事で「補習塾か進学塾か」のお話に触れましたが、「個別指導か、一斉授業か」も塾探しではポイントになってきませんか? ■個別か?一斉か? ...と、問題提起から入りましたが... ちょっと待ってください。 勉強と授業とは、ちょうど内容と形式の関係にあると思います。 形式(授業形態)が先にあって内容(勉強)を入れるのではなく、内容(勉強)に合わせて形式(授業形態)を選ぶことが大事ではないでしょうか。IT [続きを読む]
  • 個別指導か?一斉授業か?② 〜理科、社会編〜
  • ■前回までのあらすじ 前回、個別と一斉か、という問題提起から、ITTO越中島校ではどんな授業形態があるのかをご紹介いたしました。 そこから、英語、数学の特徴を考えたら、個別指導が最適というところまで書かせていただきました。 今日は理科、社会編です。 ■理科・社会 英語、数学と逆に、理科や社会は、単元が変わればやることも変わります。 例えば理科で、「生き物とか気持ち悪くてムリ...」という子も、単元が変われば [続きを読む]
  • 「塾・予備校はすぐに決めるな!」〜体験授業のすすめ〜
  • 「塾・予備校はすぐに決めるな!」 うちもお世話になっている塾ナビの広告にこんなキャッチが出ていました。新学年、進学を機に塾探しをしていらっしゃる保護者様も多いことかと思います。当塾に来るお問い合わせの動きを見てもよく分かります。 我らが越中島周辺は、塾と言えばうちくらいしかありませんが、ちょっと足を伸ばして橋を渡った門前仲町界隈には、たくさんの塾がありますよね。 選ぶ基準も保護者様とお子様とでも異な [続きを読む]
  • 補習塾?進学塾?
  • 「ITTOさんは学校の補習が中心ですか?受験勉強も見ていただけるのでしょうか?」 お問い合わせの際に、よくこんな質問をいただきます。「補習塾 / 進学塾」という枠組みから生まれる疑問でしょう。 答えは「どちらでもあるし、どちらでもない」です。 私が小中学生の時分には確かにこんな区分がありました。「○○塾って補習塾だろ?受験大丈夫?」なんて会話が友人との間でありました。年齢がバレますが、個別指導塾なんてほと [続きを読む]
  • 入会金無料キャンペーン実施中です。
  • 標題の通り、2月から4月まで春の入会金無料キャンペーン絶賛実施中です。 校舎にもこんなポップを貼っています。 住宅街のなかでなかなか人目にもつかない場所にありますが、新しい出会いの春!新しい生徒様、保護者様との出会いを楽しみに待っています!! 【ITTOホームページ】http://www.itto.jp/schools/kantou/tokyo23/ecchujima.shtml [続きを読む]
  • はじめまして!
  • はじめまして! ITTO個別指導学院 越中島校で教室長をしております和田と申します。 地域密着型で当塾が開校され13年!もっと多くの地域の皆さまと関わりたくて本日よりブログを開設いたしました。 まずはご挨拶までで、これから少しずつ校舎の紹介や当塾の取り組みなどをここに書かせていただきます。 よろしくお願いします! 【ITTOホームページ】http://www.itto.jp/schools/kantou/tokyo23/ecchujima.shtml※入会金無料キャ [続きを読む]
  • 過去の記事 …