しがらみん さん プロフィール

  •  
しがらみんさん: しがらみん◎アラフォー派遣社員のしがらみ生活
ハンドル名しがらみん さん
ブログタイトルしがらみん◎アラフォー派遣社員のしがらみ生活
ブログURLhttps://shigaramin.blogspot.com/
サイト紹介文独身・女・アラフォー・おひとりさま派遣社員。絶望系スペックの苦し楽しい日常を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 126日(平均3.7回/週) - 参加 2018/02/12 18:12

しがらみん さんのブログ記事

  • 職場の作法・嫌いな相手にこそ挨拶を欠かさない
  • 前回の記事で、職場における自分なりの挨拶観について書いた。職場の作法・挨拶はするに越したことはない挨拶は、しないよりしたほうが絶対いい。するに越したことはない。してしすぎることはない。わたくしはそう考えている。なぜかって?スポンサーリンク 挨拶を交わすと気持ちよく仕事ができる、仕事をする上で人間関係が円滑になりやすい、人として挨拶は当然する行為・・など、いくつもの理由が挙げられる。もちろん、すべて [続きを読む]
  • 職場の作法・挨拶はするに越したことはない
  • 職場で、挨拶をしない人って意外に多い。朝、オフィスですれ違っても「おはようございます」も言わない。帰りがけに「お先に失礼します」と言っても、「お疲れ様です」の一言すらない。案外そういう人たちって多いように思う。アラフォーおひとりさま薄給派遣社員のわたくしが、職場での挨拶について、どのように考えているか書いていく。スポンサーリンク 職場における挨拶とは?さて、わたくしの信条としては、『挨拶はするに越 [続きを読む]
  • きっと何度でも間違える、だからこそ今を正解にするしかない
  • これまでの日々を振り返ってみて、いくつもの分岐点があったと思うんだ。あのとき、こうしていれば、あれを選んでいれば、そこへ行かなければ・・振り返ると、いくつもの後悔、心残りがある。もし、違う選択をしていれば、今とは違う自分だったかもしれない、まったく異なる暮らしをしていたかもしれない、と。アラフォーにしておひとりさまで薄給派遣社員で、くすぶり続ける日々なんかにはならなかった?マジョリティよろしく、し [続きを読む]
  • 職場での人間関係は最も低い優先順位でいい
  • わたくしは、しがらみん。アラフォーおひとりさま薄給派遣社員だ。人間関係の悩みって誰しもあるだろう。わたくしも、もちろんある。かつて友人・知人と思っていたひとたちとは、どんどん縁遠くなっていき、気づけばわたくしは、基本的には「ひとり」だ。だから、友人や知人との人間関係で悩むことは、あまりない。なぜなら現在進行形の友人や知人が極端に少ないから(ほぼいないといっていいだろう)スポンサーリンク では、どん [続きを読む]
  • カプセルトイ(ガチャガチャ)副業に興味津々
  • 先の見えない不安定な時代だからこそ、副業をやっているひとは多いのじゃないかな。書店でいろんな本を立ち読みしていても、副業関連の本はたくさん出版されているように思う。わたくし自身、とても興味を持っている。中年独身女で非正規(薄給派遣社員)という、現代のアンダークラスに所属する身分であるゆえ、少しでも貯蓄を増やし、病気や介護等で働けなくなったときに、安心できる備えをしておきたいものだ。お金を増やすうえ [続きを読む]
  • 32歳で夭折した歌人・萩原慎一郎さん
  • 先日、ニュースウォッチ9を観ていたら、「非正規の歌人」という特集をやっていた。彼の名は、萩原慎一郎さん。昨年、32歳でこの世を去ったという。中高時代にいじめを受け、精神的不調を抱えながら、非正規で働き続けていたという。一方、高校生の頃、短歌に出会い、その魅力に取り憑かれ、新聞や雑誌などに投稿し続け、数々の賞も受賞してきた。歌集の出版も決まっていたが、中高時代に受けたいじめによる精神的不調が続き、昨年 [続きを読む]
  • インターネットとわたくし【アラフォー独女のネット遍歴】前編
  • わたくしは、しがらみん。アラフォーおひとりさま薄給派遣社員である。アラフォーとはアラウンド40であることは、周知のとおりだ。40歳前後、つまり35歳〜44歳を、一般的にアラフォーと呼ぶ。ひとくちにアラフォーといっても、35歳と44歳とではジェネレーションが異なる。さて、わたくしは、現在39歳であるので、アラフォーど真ん中といえるだろう。そんなわたくしが、どのようにネットとかかわってきたか、書いてみたいと思う。題 [続きを読む]
  • 様々な職場を漂流しまくった弊害・銀行口座が増えすぎた
  • わたくしは、しがらみん。アラフォーおひとりさま薄給派遣社員だ。さて、わたくしがこれまで様々な職場を漂流し続けてきたことは以前記した通りだ。漂流するアラフォーおひとりさま様々な職場を漂流しまくった弊害は、そりゃあもういろいろある。そのうちのひとつ・・それは銀行口座が増えすぎたことだ。現在のわたくしの所有している口座数は9つだ。これが多いのかはわからないが、少なくはないと思う。なぜ増えてしまったか?そ [続きを読む]
  • 恵まれた労働環境でも辞めていくひとたち
  • わたくしは、しがらみん。アラフォーおひとりさま薄給派遣社員だ。現在の派遣先で働きはじめて、2年数ヶ月ほどであるが、その間、様々な人が辞めていくのを見てきた。別チームの派遣社員の方たちは何人も辞めていっているし、正社員でも辞めていく人がけっこういるのには驚いた。というのは、以前も書いたように、現在の派遣先はホワイト企業であって、正直、こんなに待遇のいい職場を、正社員なのに辞めていってしまうとはなぜに [続きを読む]
  • 『ひとりで生きる』に勇気づけられる
  • わたくしは、しがらみん。アラフォーおひとりさま薄給派遣社員だ。子どもの頃から現在までを振り返ってみるに、わたくしは、マイノリティ側の人間であったように思う。様々なエピソードの積み重ねなのだが、どことなく自分は少数派の人間だと感じていた。スポンサーリンク 恥ずかしながら、わたくしは、30歳前後で、ようやく世の中の暗黙のルール、仕組みを理解したというほど、いわゆる”まっとうな生き方”について、無頓着であ [続きを読む]
  • 年収100万円で豊かに生活できる?
  • 一体どのくらいのお金があれば、心身ともに豊かに暮らせるのだろうか。その最低限のラインってどのくらいなんだろうか?それは、ひとによって異なると思う。欲望の閾値が高ければ高いほどお金は必要で、低ければ低いほど少ないお金で暮らしていけるだろう。とはいえ、まさか年間10万円とかでは暮らせないだろう!?国民年金保険料や国民健康保険料をきちんと納めながら、過不足なく暮らせるお金っていかほどだろう?スポンサーリン [続きを読む]
  • 壮大にして圧倒的な夢、それは高等遊民
  • わたくしは、しがらみん。アラフォーおひとりさま薄給派遣社員だ。さて、わたくしの壮大にして圧倒的な夢は、高等遊民だということは、以前にも記した通りだ。アラフォー派遣独女、更新ある? 3年待たずに終了フラグか!?新しい働き方を探して高等遊民。その言葉の意味をウィキペディアから引用する。高等遊民(こうとうゆうみん)とは、日本で明治時代から昭和初期の近代戦前期にかけて多く使われた言葉であり、大学等の高等教育 [続きを読む]
  • マウンティングには2種類ある
  • わたくしは、しがらみん。アラフォーおひとりさま薄給派遣社員だ。マウンティング。そう、相手より自分が上だと優位性をアピールする行為。女子の世界では、日常的に行われている行為だ。男同士の世界でも行われているのかも?いや、ある程度人間が集まる集団の中では、必ずマウンティングは行われているといっていいだろう。わたくしは、これまでの人生、マウントする方かされる方かと問われれば、完全に後者、マウンティングされ [続きを読む]
  • ルミネカード10%OFF・それでも消費しないアラフォー独女
  • わたくしは、しがらみん。アラフォーおひとりさま薄給派遣社員だ。昨日からルミネの10%OFFがはじまった。今回の期間は、5/17(木)〜5/21(月)だ。ルミネカードだと、ルミネでの買い物は常に5%OFFになる。それだけでもけっこうお得だが、年4回10%OFFになる期間があるのだ。わたくしも、ルミネカードを所持している。ルミネカードはVIEWカードなので、JRを利用しているなら持っていて損はないと思う。定期券購入 ・オートチャージ [続きを読む]
  • この世は両想いしかありえない
  • 極論かもしれないけども、この世は、両想いしかありえない。もっと厳密に言うと、”最終的に両想いになる” ということかな。トモフスキーというミュージシャンの楽曲に「両想い」というタイトルの曲がある。10代後半にかなり聴いていたトモフスキー。歌詞の一部を引用する。あの人は僕の事を イヤな奴と思ってるさだって僕はあの人を イヤな奴と思ってるからね誰でもみな両想い好きなヒトにしか 好かれない嫌いなヤツにはちゃんと [続きを読む]
  • ブログを書きはじめて3ヶ月経った今の気持ちと今後の展望
  • 当ブログ「しがらみん」は、今年の2月12日からはじめた。であるので、ちょうど3ヶ月経ったところだ。3ヶ月経った今の率直な気持ちと、今後の展望について書いてみたい。このブログはbloggerで作成している。はてなやFC2、アメーバといった他のブログサービスのように、そのコミュニティ内で記事を読んでもらえるような仕組みが、bloggerにはない。いわゆる陸の孤島状態だ。そういうこともあって、ほとんどアクセスないかな?と思っ [続きを読む]
  • なぜお金持ちは「お金持ち」とわかるのか
  • たとえば、日常生活の中で出会った相手に対して「お金持ちだなあ」と感じる瞬間はないだろうか?わたくしは、ある。では、なぜその相手を「お金持ち」だと感じるのか?個人的見解を書いていく。以前の記事でもさんざん書き散らした、派遣先の女王様・山梨さん。 山梨さんについてはこちらを読んで頂くと幸いだ。過剰供給の女 ・派遣先の女王様その1スポンサーリンク なぜ「お金持ち」だと認識できるのか?山梨さんのことを、わたく [続きを読む]
  • 輝く中年になるために
  • わたくしが思い描く、中年の究極の理想的生活がある。『植物男子ベランダー』というドラマで、田口トモロヲ演じる植物を愛でるバツイチ中年男の生活が、まさにそれだ。今までBSプレミアムで3シーズン放映されて、途切れ途切れになりながらもかなり観ていた。なかなか実験的な作りになっていて、マニアックな要素がありながらも、クスっと笑ってしまう部分も多く、とてもユーモアに富んだドラマだと思う。つい先日、地上波でも放映 [続きを読む]
  • GW9連休がやっと終わる
  • 以前の記事でも書いた通り、現在の派遣先は超ホワイト企業であるので、5/1・5/2は会社休日となっており、全社員が休みなのだった。よって、わたくしたち派遣社員も休みで、GWは9連休なのだった。休日にひたすらブログをカスタマイズするアラフォー独女正直、これは嬉しいような、そうでないような、長すぎる連休だ。なぜなら派遣社員は出勤日数が減ると収入も減ってしまう。わたくしは、収入が減っても休みたいほうなので、休みが [続きを読む]
  • あなたを探してる・木村千穂『中庭の少女』
  • 木村千穂、という画家をご存知だろうか?20年ほど前だったろうか、NHKのドキュメンタリーで特集され、当時その番組を偶然視聴していたわたくしは、強烈な印象とともに、木村千穂、というひとの名前を心に刻んだ。拒食症、過食症、ひきこもり、アルコール依存症・・病と対峙しながら、ひたすら描き続けるその姿が心に残った。そして、その絵がすばらしいなと思った。おどろおどろしくもありながら、透明で美しく、狂気に満ちていな [続きを読む]