幸 さん プロフィール

  •  
幸さん: フランスで子育て猫育て。
ハンドル名幸 さん
ブログタイトルフランスで子育て猫育て。
ブログURLhttp://srdavi3216.hatenablog.jp/
サイト紹介文南仏での育児のこと、猫のことをつづっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 6日(平均40.8回/週) - 参加 2018/02/12 21:32

幸 さんのブログ記事

  • 娘 哺乳瓶は横になって。
  • 娘の成長を感じる瞬間は色々ありますが、最近「おお・・・」と思ったのは、哺乳瓶(ストロータイプ除く)を渡すと(そこがどこであれ)おもむろに寝転がるようになったことです。「このタイプの哺乳瓶は、上を向くか寝転がらないと飲めない」ということを学習したんですね。しばらく前から哺乳瓶を渡すと笑顔で仰向けダイブするようになっていたのですが、頭部を守る様子が全く無いため、非常に危なっかしいので、側で見張っていら [続きを読む]
  • 猫 コーヒーに砂をかける。
  • 最近、猫(白茶)は自分が「これ要らない」と思ったものに砂をかける仕草をします。とくに人間の飲料。写真は、コーヒーを入れたマグカップに砂をかけているところ。かなり念入りです。彼には彼のルールがあるらしく、コーヒー →砂をかける。ウィスキー →砂をかける。ビール →缶でもグラスでも瓶でも、飲み口を舐める(そして叱られる)。水 → 飲む(そして叱られる)。失礼な奴だぜ。 [続きを読む]
  • 娘 箱が好き。
  • 猫を飼っていると「猫ってとりあえず箱があったら入るよね」というのはよくある事象ですが、1歳児もそうなんだな、というのは最近よく思います。貰ったり買ったりして増えた娘の玩具やぬいぐるみをポンポン放り込んでおく用に、オムツの段ボールを部屋に置いています。本当はちゃんとした家具を買いたいけど、年内に引っ越しを考えているための仮の処置としてそうしていたところ、背が伸びて自力で出入りできるようになった娘が、 [続きを読む]
  • 娘 ピアノで遊ぶ。
  • 私達家族(私、夫、娘、猫)は現在義父母の家に同居中ですが、義父母の居住フロアには推定100年もののピアノ(調律師曰く)があります。義父母が買って30数年。半年ほど前、義父が60歳を過ぎてから初めてピアノレッスンを受け始めるのに際して調律をしてもらいましたが直しきらず、ガタがきている鍵盤から多少調子はずれの音がなるピアノです。燭台も付いている味わいあるピアノなので、「捨てるには惜しい」という話になり結局買 [続きを読む]
  • 猫 バウンサーは譲らない。
  • 身長がグングン伸びている娘にとって、もうすぐサイズアウトしそうなバウンサー。暖房の前に置いていて暖かいので、もっぱら10歳半の猫の居場所になっています。ほぼ一日中ここで寝ています。娘がバウンサーを使うのは朝最初のミルクの時のみなので、基本的には猫が使って差し支えないのだけど、時間の経過と共に「自分の寝床」という認識をしたのか、最近は「ここは絶対に譲らない」という意志が猫から感じられます。もはや猫の3 [続きを読む]
  • 娘 初風邪のご様子。
  • 生まれて一度も体調を崩したことのない娘、明け方から「ケホケホ」という咳を断続的にするように。そして、平時ならエンドレスで動き続けているのに、今日はつけたTVを座って見ている時間が比較的長い・・・。「こりゃ初風邪かもねー」と夫と話しつつ、喉の保湿も兼ねてこまめに水を飲ませて様子見です。ひどくならないといいけどねえ。ところで、やはり1歳にして初めての咳症状なので、少し心配になって「1歳、咳」で検索した [続きを読む]
  • 石のニースの海岸は1歳児を遊ばせるのに最適。
  • ニースの海岸は、砂ではなく石が入れられています。子どもを生む前は、「寝そべると結構痛いし、歩きにくいなあ」くらいにしか思っていませんでしたが、娘が自分で動き回るようになってからは、「砂のビーチより良い!」とほぼ毎週連れて来ています。ビーチの場所によっては砂が露出しているところや、小さめの石が多いところもありますが、基本的には1歳の娘の手のひらサイズの石が入れられています。これが、拾ったものは一応口 [続きを読む]
  • 娘1歳1ヶ月半 朝寝をやめました。
  • 娘1歳1ヶ月を過ぎたあたりから、昼寝が1時間半程になってしまいました。13時頃に寝かせて、起きるのが14時半過ぎ。こうなると、夫が帰宅する19時過ぎには疲れて眠くて機嫌が悪くなり、入浴時にはギャン泣きで、寝る前の歯磨きなんか「この世の終わり」とばかりに泣き叫ぶので、風呂&歯磨き係の夫はぐったり(そして不機嫌)。私にとってもこの時間は夕飯作りと重なっているため、機嫌の悪い娘を相手し続けるのは本当にし [続きを読む]
  • 猫 春が近いよ。
  • ニースのカーニバルを来週に控え、徐々に春らしくなってきました。近所のミモザの木も満開。街路のオレンジやレモンも実をつけています。(毎年思うけど、街路樹のオレンジはもらったらあかんのだろうか)で、猫の抜け毛シーズンが始まり、軽い猫アレルギーにはやや辛い季節でもあります。我が家で一番でかくなった子猫(生後9ヶ月)も外に出たがることが増えてきました。好きに出ていいけど、ノミは遠慮するよー。 [続きを読む]
  • 娘、『ノンタン』に興味を持つ。
  • 1歳1ヶ月の娘、朝ごはんの後は積み上げてある絵本の山を崩すことから一日が始まります。だいたいは、本を投げたりひっくり返したりして、次のおもちゃに突撃していくのですが、ここ数日ひとりで静かにしてるなと思って見てみると「ノンタン」の絵本を眺めていることが度々。少し前までは、持たせるとページを破きかねない扱いだったので、私が見ていない時には厚紙仕様の本だけ渡していたのですが、少し大丈夫になった模様。・・ [続きを読む]
  • 1歳娘大興奮 立春前だけど雛人形飾った。
  • 「雛飾りは節分後、立春以降、2月中旬までに飾ると良い(遅くても桃の節句の1週間ほど前までに)」ということらしいのですが、昨日思い立って3日程早く雛飾りを完了しました。昨年の初節句の際には、人形をちらつかせても「・・・(無)」だった娘、今年は「触らせろ触らせろ」の大騒ぎ。一足早く雛人形を飾りました。昨年は生後2ヶ月ちょいで、全く無関心だった娘、今回は飾った瞬間から他のおもちゃに見向きもせず触らせろと激し [続きを読む]
  • 娘 1歳1ヶ月歩く気配なし。
  • 娘、1歳1ヶ月になりました。年明けから、彼女に靴も購入し、できるだけ積極的に公園などに連れ出しています。我が家は坂の中腹にあるため、出かけるにも帰るにも、重くなった娘を乗せた重いベビーカーを押して坂を登り降りせねばならず、所用ついでにベビーカーで娘と出かけても、用事が済んだら「・・・もう帰っちゃおうかな」と思うくらいぐったり。「いや、でも今帰ったら娘はベビーカーに乗ってただけじゃん!」と気持ちを奮い [続きを読む]
  • フランスでワクチン(2) 娘、接種証明書をもらう。
  • 娘のワクチン接種時期の前後になると、ニース市からメールで「conseil de vaccination」という予防接種の案内が届きます。添付のPDFファイルを開くと、「予防接種スケジュールに従い、あなたのお子さんに次のワクチンを接種してください。接種したら、この書面にその旨を記載してニース市に提出してください」という趣旨の内容が書かれています。最初は、なぜ市が私のメールアドレスを知ってるのか?と驚きましたが、セキュリテソ [続きを読む]
  • 猫 近くて遠い。
  • 白茶の子猫が来て7ヶ月。手のひらサイズだったのが、あっという間に大きくなりました。先住の白黒(10歳半)は、白茶が小さい時に散々威嚇していたのに、今では体のサイズも態度の大きさもすっかり逆転され押され気味。若い白茶のあふれる活力に高齢な白黒はうんざり、という感じ。私は複数の猫を飼うのがこれが初めてなので、ぜひ猫二匹がぴとっと寄り添って眠る様を見たくて仕方ないのに。白茶は、時々眠る白黒にそーーーーっ [続きを読む]
  • 娘と公園。
  • 日曜日は、1歳の娘を連れて近所の公園へ。公園や人が多く集まる場所に来ると「ニースって子どもが多いな」と感じます。どの公園に行っても似たような混雑具合。平日も多いけど、休日はもうカオス。幼児から中学生くらいの子どもたちが走り回っています。対する同伴の親たちは、ベンチなどに座るとつい気を抜いて「虚無」の表情になっているのも「ウンウン、分かる分かる」という感じ。ニース市内の公園には、ほぼ同種の遊具が [続きを読む]
  • フランス1歳の1日分レシピ。
  • 本日は、娘の1歳検診。今回も、かかりつけの小児科医が1歳用の1日分の栄養が摂れるレシピをくれたので、日本語にしてシェアします。基本的には「もう大体何でも食べてもいいよ、ピザでもフライドポテトでもソッカ(ニースのひよこ豆クレープ)でも。」と言われました。うちの先生、指導が非常にゆる〜いので気が楽。1歳未満の離乳食については、別エントリーにまとめています。朝食1)粉ミルク(1歳以上用。フランスでは“Cr [続きを読む]
  • 猫と娘 庭遊び&育児専業主婦に戻った感想。
  • 語学学校がひとまず終了し、育児専業主婦の日々復活。2018年の抱負の一つ、「娘をできるだけ外に連れ出す」という目標を実行すべく、「いざ、近所の公園へ!」...ではなく、我が家の庭へ。我が家の庭は義父母が非常にこまめに手入れをしていて、小ぢんまりしていて、すごく素敵なのだけど、温暖なニースの気候のせいで4月に入るともう蚊が発生し、6月にもなると刺されやすい体質の私は5分と居られない恐怖の場所になるんで [続きを読む]
  • 夫、初めての1歳娘のひとり育児やりました。
  • 年が明けて1月4日から移民局(OFII)の語学学校が再開。今日は午前午後とも授業がある日だったので、まだ冬休み中の夫は娘1歳とお留守番となりました。夫に「これが僕の初ひとり育児」と言われて驚いたのですが、確かにそのとおり。さて、夫と娘、二人でどう過ごしたのでしょうか。スポンサードリンク夫と娘の一日。07:00 娘起床、朝のミルク07:50 娘の離乳食の下ごしらえ(茹でる用の肉と野菜を切るだけ)をして私外 [続きを読む]
  • 猫 我が家のおっぴろげ。
  • クリスマスイブです。フランス語では「Veille de Noël」とか「Réveillon de Noël」。よし、覚えた。我が家は、普段遠方に住んでいる義兄弟たちが帰省してきております。24日の晩ご飯を盛大にやろうね、っていう予定です。義父恒例のサーモンのにぎり。一方、猫たちは通常運行。寒いせいか、小さく丸まって猫がほとんどなのに、うちの末っ子は夏と変わらずおっ広げです。へそ天で眠る猫を飼っている幸せを味わっております。 [続きを読む]
  • フランスで子育て11ヶ月目 水道水解禁&粉ミルクのこと。
  • 水道水が解禁された。娘、無事に11ヶ月になりました。娘は、生まれた時から赤ちゃん飲料可のペットボトル水を使用した飲み物しか飲んでいません。ミルクもお茶も全部そう。ドイツ系のLIDLというスーパーで販売されている1.5Lで0.26ユーロの水を、切らさないように毎週毎週買っています。重いし大変なんだ、これが。アマゾンで買おうかと思ったけど、LIDLよりずっと高いので、重くてかさばることを除けば買いに行ったほうが安いので [続きを読む]
  • 猫 昼寝してます。
  • うちの末っ子猫の寝姿だけで、ごはん3杯くらいいけそうな気がする。娘が他室に移動するときと、ごはんのためにハイチェアに着席したときは、必ず一緒についてくるので、犬的要素が強めなところが良いです。あと、娘に対して忍耐強い。しっぽを握られても、しっぽの先をかじられても、怒らずそっと離れる良い男です。 [続きを読む]
  • フランス 自分でどうにかする(代用)レシピ(2) ソース
  • 渡仏以降、自宅でお好み焼きを食べるときは、たいていは醤油で食べていました。お好み焼きソースって使うとなるとたっぷりかけたいし、アジア食品スーパーに行けば買えるけれど、まあまあ値が張るもので・・・。ところが、先日ツイッターですばらしい情報を目にしました。フランスのスーパーで普通に買える「Worcester Sauce」とケチャップで、日本のソースが再現できる・・・!マジレスするとあたしは日本の所謂ソースが安価に [続きを読む]
  • 雨の日の洗濯にはビニルシートをかけて。
  • ニースの11月は、比較的曇ったり、雨がち。今年は雨が少ないですが、それでもどんよりした日が多いです。晴れていたとしても、太陽の光が弱いので洗濯物がなかなか乾かないのが、この時期つらいところです。朝は晴れてるけれど、午後からの天気予報は雨。しかも大して降らなさそう…。そんな日に洗濯をする場合、私の義母はなかなか大胆な技を繰り出します。干した洗濯物の上からビニルシートをバサッと。写真のとおり、屋外 [続きを読む]
  • フランスのベビー雑貨「Kaloo(カルー)」のウサギに娘が夢中。
  • 小さなお子さんがいらっしゃる方、寝んね用ぬいぐるみ「DouDou(ドゥドゥ)」持ってますか?フランスで出産した際、「DouDouは用意した?」と何度か聞かれたのですが、こちらでは赤ちゃんが生まれた際に、寝んね用のぬいぐるみを用意する(プレゼントする)のが定番です。買ったり贈られたりした複数のぬいぐるみの中から、赤ちゃんが好きなものを選ぶとか。そして例にもれず、私達の娘も、たくさんぬいぐるみを貰いました。(親が [続きを読む]