しゅな さん プロフィール

  •  
しゅなさん: それは突然
ハンドル名しゅな さん
ブログタイトルそれは突然
ブログURLhttps://ameblo.jp/megumimasuzawa/
サイト紹介文夫(30歳)が突然、余命宣告されました。諦めたくない。現実と向き合いながら記録します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 191日(平均1.9回/週) - 参加 2018/02/12 23:19

しゅな さんのブログ記事

  • ノロケ?
  • こんな時間にすみません。夫との思い出を綴ろうと思います。こうして思うと、夫と出会い、お付き合いするようになってからちょうど10年。夫が亡くなった2週間後くらいが結婚記念日だったので、今は11年になりましたが…おそらく、人生で1番楽しいであろう20代を毎日夫と過ごした。私の20代にはいつも夫がいた。人生の1番壮大なことである、結婚、出産も経験させてもらった。私の20代は、夫でいっぱいです。夫が、「病気になってよ [続きを読む]
  • 命日となった日②
  • コメント、みなさんありがとうございます。ゆっくり返していきますので、待っていてくださいね。………夫が亡くなってしまい、夫のお父さんが、「スーツを着せてやるか」と、言った。お義父さん、考えてたのかなぁ…子どもはお願いして、私は夫の支度をするために一旦急いで家に帰った。夫の兄弟も来て、夫が帰って来るために、部屋の片付けを急いで手伝ってくれた。たぶん、全員、平静を装ってたけど、内心パニック状態だったと [続きを読む]
  • そして…命日となった日①
  • テレビで、若年性ガンについてやっていますね。つけてたら、始まったのですが、現実だし当事者なのですが、怖くて見れなかった…。そうなんです、夫の最後の言葉、「明日も元気だから!」なぜ、これを明るく言ったのか。あぁ、思い出しただけで、あなたを抱きしめたい。抱きしめてあげたい。…そして、亡くなる当日。6月24日。日曜日。面会は午後からだから、休みの日で寝坊できるー!と、私も子どもたちも朝、まだ寝ていました。 [続きを読む]
  • 亡くなる前日
  • 毎日寂しくて、どうしようもない感情のまま毎日を過ごしています。ブログを読むと、まるで私が書いたのかと思うくらい同じ気持ちで過ごしている方たちがたくさんいます。今まで勇気がありませんでしたが…今日は、夫が亡くなったときのことを書きたいと思います。忘れてしまうのが怖いから。すでに忘れかけている気がして、すごく怖い。夫が亡くなる前日のことです。6月23日。土曜日でした。面会は午後からなので、午前中は子ども [続きを読む]
  • また、暗いブログ
  • 気持ちが、割と大丈夫だったり、沈んだり…さっき、昼顔の映画Ver.見てたら(ごめんなさい、ずっと録画してあったので子どもたちいない間に見ました)最後、北野先生がまさかの死んじゃって…上戸彩さんの、あの辛そうな演技とか見てたら重なって、耐えられなくなってしまった。その前の、北野先生の奥さんが、飛び降りる前に車の中で、「もう、ゆういちろうって呼べないなんて…」って、そのセリフとその演技にも重なってしまって [続きを読む]
  • 明日から仕事再開
  • 一つ前の記事で、私を励まして下さり、本当に感謝しています。みなさんのコメント一つ一つで、私がどれ程救われているか…ありがとうございます。。。明日から8月。いよいよ仕事復帰の日になってしまいました。行きづらいなぁ…みんな知ってるから、その同情というか…なんていうか。とにかく明日の復帰初日。私、大丈夫かなぁ…実は、夏休みに入った子どもたちを連れて少し実家に帰っていました。私の実家は車で約5時間かかるの [続きを読む]
  • 今、また同じように大事な人を亡くしてしまった方のブログを見て、泣いてしまいました。こんなにも、大事な人を早くに失い、悲しみに打ちのめされている人が沢山いるなんて。世の中は理不尽だ。最低な、最悪な行いをする人間が生きていて、こんなにも愛されている人たちが死んでゆく。なんで?なんで、なんで、なんで?…同じ境遇の方のブログを読んでいると、死期を察して、感謝の言葉を伝えたり、献身的な対応をしている方が多 [続きを読む]
  • 人が死ぬと…?
  • 顔も知らないあったこともない私に、たくさんの励ましのコメントを下さって、本当に有難いです。みなさん、優しいですね。夫の葬儀は、家族葬でひっそりやりたいと私は決めていました。だから、夫が本当に亡くなってしまったときも、このことは夫の両親にもすぐ伝えました。子どもたちのこともあるし、夫のことを知ってはいるけど、仲良くはない。くらいの、(〜ちゃんのパパっていうだけ、とか)方たちには知って欲しくないと思っ [続きを読む]
  • 先が見えない
  • なかなかコメントを返せなくてすみません…。ちゃんと、しっかり頂いたコメント読んでいます。ありがとうございます。ありがとうございます。私のブログ、暗い…こんな暗いブログでも読んでくれて、励ましてくれる方たちがいることに、励まされています。私は、人前であまり感情を出さないタイプです。だから、人と話している時や、誰かがいるときはあまりメソメソしません。「あの人、旦那さん亡くなったのに全然平気そうだね。 [続きを読む]
  • 死ぬということ
  • 夫が亡くなってからしなければならない手続きなどが山のようにあり、それに追われております。まだ夫が生きていた頃に、どなたかのブログにもありましたが、手続きが大変だし、辛いです。いろんな書類を揃えて、いろんな場所に手続きに行く。行くたびに、夫が死んだことを確認させられる。そして、手続きをするたびに、夫の存在が消えていく。ついこの間まで、一緒に暮らしていたのに、確かに元気でこの社会にいたのに、社会から [続きを読む]
  • 当たり前が当たり前でなくなる
  • 夫の仕事場から、私物や備品を預かって自宅に持って帰ってきていました。仕事の作業中に着ていたらしいジャンパーや、長靴などもたくさんありましたが、それらは持って帰ってきても仕方がないので、仕事場の方にお願いすることにしました。処分してしまうそうです。家に持って帰ってきたものは、なんだか寂しくてずっとみれずに部屋の隅に置いたままでした。さっき、やっと整理してみようかと箱から次々と出してみました。私が知 [続きを読む]
  • 憎い
  • 肉腫の発生率は、10万人に2、3人程。全悪性腫瘍の中で占める割合は、わずか1%だそうです。主に、若い人に発生し、進行が早く、最初は痛みも伴わない為、発見するのも遅れることが多いようです。そんな、希少な悪性腫瘍に、うちの夫は選ばれました。そして、食い尽くされました。夫が死んだとき、肉腫も死んだのかな?でも、きっと、またどこか、私の知らないどこかで、肉腫は誰かに寄生して、その人を、その周りの人たちを悲しま [続きを読む]
  • 日々
  • お悔やみや励ましのコメントありがとうございます。本当に本当にありがとうございます。また、お返事や、夫の状態を落ち着いたら振り返っていければと思います。とりあえず、忘れないように記録として…昨日、夫の携帯電話を解約しに行ってきました。月末になるので、とりあえず携帯のみ行きました。今日から夫の携帯は使えなくなりました。これでもう、夫と連絡をとることができません。ラインを夫に送ってみました。送れるんで [続きを読む]
  • ご報告
  • 昨日、6月24日の朝、夫は旅立ちました。急変でした。そして、やっと苦しかった治療から解放され、今は自宅に静かに戻ってきています。また、更新できればしていきたいと思います。 [続きを読む]
  • 緩和?
  • 泣く泣く、近くの病院で緩和治療に移ったのですが…痛みの緩和は出来ていません。それでも、若干出来ているんだとはおもいますが、夫は痛みと苦しみで、電話越しでも会いに行っても、すごく辛そうにしています。フラッシュも1日に何回もしてもらっています。それでも、痛い。苦しい。違う方のブログを読んで、これではダメなんじゃないかと気付きました。今の病院に転院してきたのは、自宅から1番近いと理由からで、緩和ケアがき [続きを読む]
  • 寂しい
  • 最近、ラインに既読がつかなくなった。ついても、返事がこなくなった。いつまでたっても返事がこないと心配で電話する。そうすると、出てくれる。それで、ほっと一安心。毎日、毎日、寂しさと不安の連続。 [続きを読む]
  • 近くの病院
  • 自宅近くの病院に転院してきました。今、お見舞いに来ていて、本人は寝ています。夜中は不安と痛みで眠れないようなので、眠れるときにゆっくり睡眠をとってほしいです。ブログを書いていない間も色々ありましたが、とりあえず、緩和ケアに移りました。病気に対する治療はもうできないようです。結局、専門医からもそう宣告されてしまいました。家族全員つらいです。みんな憔悴しきっている顔をしています。(子どもたちはよくわか [続きを読む]
  • もう、ダメなのかな
  • もう、ムリなのかな。頑張ってきたのに、下がって、上がって、下がって、上がって、また、落とされた。最後の最後まで落とされてしまった。 [続きを読む]
  • 2018/05/27
  • ブログを書いていると、ご自身も闘病中できっととても大変だと思うのに、わざわざコメントを残してくれて、アドバイスや励ましをくれたりする方もいる。本当に、優しいなぁ。と、思う。本当に優しい。みなさん、ありがとうございます。でも、逆に。わざわざ、批判するコメントを残してくれる方もいる。不快に思うなら、読まなければいいのに、そのくせに、記事をいくつも読んでくれてるってこと?そして、批判者がいると、なぜか [続きを読む]
  • 希少がんセンター
  • ホットラインに電話してみました。してどうにかなるわけじゃないとは思ったけど、せずにはいられず…。もちろん、治療に関して何か言える訳もなく、セカンドオピニオンでも、本人が来れるなら初診もできます。ということぐらいだった。。実は、やっぱり、もう治療しても意味がない。と言われてしまいました。今の2剤は、最初の病院でやって効果があったから。ということでまた始めたはずなのに、血液検査の値で効果が見られない [続きを読む]
  • また、なの?
  • *コメントを下さっている方々、本当にありがとうございます。全て読ませて頂いてます。なかなか返事出来ず、申し訳ありません。ブログを書いていない間も、色々あり、それもこれも書いて吐き出したかったのですが、色々ありすぎて、逆に書けずにいました…。はぁ、 … です。夫はというと、実は入院してから貧血の値がよくなく、なかなか投与できずにいました。結局、入院してから4日間は抗生剤を入れて過ごし、5日目から2種類 [続きを読む]
  • 投薬変更
  • 先週、やくやく外来日に病院に行き、夫の主治医の診察に行ってきました。そして、初めてやったきっつーい抗がん剤に変更して、次からやってみることに決定しました。薬剤名をちゃんと覚えていないのですが…(また、参考になればと思うので、また書きます。)とにかく最初の病院では、副作用が強すぎて、Dr.からも1回目で中止を宣告されてしまったので…またやるなんて…副作用が心配で仕方ないです。今の主治医も、投薬量を減らし [続きを読む]
  • 乗り越えられる?
  • 昨日テレビで、骨肉腫を発症し、足を切断したマラソンランナーな女性のことを少しやっていました。今、調べ直してみたら、他にも同じ境遇の選手の方々の名前がでてきて、あぁ…こんなにいるんだな。。って思いました。世界中にはもっともっと、肉腫を発症した人がいるんだなって。希少がんだけど、希少じゃない。そんなのにあたってしまうなんて!夫も私も、クジ運ないのにお名前も忘れてしまいましたが、その女性ランナーが「乗 [続きを読む]
  • 入院・輸血……つらい
  • 退院してからというもの、急激に体調が悪くなり、全く何も食べれていませんでした。ウィンダーインゼリーのみ。歩くのも再びやっとのことになってしまい、少し歩けば激しい動悸、息切れ。込み上げてくる気持ち悪さ今日、本人が主治医に電話したところ、貧血になっていると思うから、近くの病院で輸血してもらったほうがいいかも。と。↑お昼の話し。私は仕事だったので、お仕事お休みだったお義父さんと、1番近い総合病院に16時頃 [続きを読む]
  • 検査の結果
  • 3クール目終了、退院前にCTを撮りました。その結果。縮小している部分と増大している部分があるそうです。肺、肝臓の転移は縮小。リンパ節、原発の前立腺は増大。バルーンもそろそろ外れるようにチャレンジしてみるつもりでしたが、外さない方が良いということになってしまいました。良い方向に向かっていると信じていたのに、また、負の方向です。3クールやった3種の抗ガン剤では、思ったような効果がなかったため、結局1番最初 [続きを読む]