バスク屋さん さん プロフィール

  •  
バスク屋さんさん: バスク屋さとこのバスク道
ハンドル名バスク屋さん さん
ブログタイトルバスク屋さとこのバスク道
ブログURLhttps://ameblo.jp/basukuyasan/
サイト紹介文トルコの木版アート「バスク」に魅せられ修行の道にはいりました。そんな修行の日々を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 156日(平均2.3回/週) - 参加 2018/02/13 19:19

バスク屋さん さんのブログ記事

  • 6/22 バスクのワークショップのご報告(3)
  • 午後の部の方の作品はまだまだ続きます。 こちらはカイナナユムルゥ(お姑さんのげんこつ)。私がトルコで二番目に彫った型なので、感慨深いです。華やかな彩色ですね。 こちらはプルケ。緑の地に赤とオレンジのお花がぱきっとしててとても映えますね。 こちらは三つの型を個性的に配置しています。彩色も渋めの色つかいに白をアクセントにしていてとてもシックですね。 こちらは華やかでさわやかな一枚になりました。 この他にも [続きを読む]
  • 6/22 バスクのワークショップのご報告(2)
  • バスクのワークショップ午後の部のみなさんの作品です。 もっていった木版を全部押し。でも彩色が白だけということで統一感がありますね。 こちらはお孫さんに、とさわやかでかわいらしい色調でまとめられています。 版木の配置も、選んだ寒色の色調もまるでトルコのタイルのよう。 幾何学的な配置に、部分的な彩色。個性的ですね。 そして午後の部の方の作品はまだまだ続きます。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 6/22 バスクのワークショップのご報告(1)
  • 6/22に、TOHOギャラリーさんで、バスクのワークショップを行いました。延べ20名を超える皆様に参加していただきました。本当にありがとうございます。 基本的に私が行うワークショップは、用意した中でお好きな色の布を選び(今回はスカーフ)、お好みの木版を選び、自分のイメージのまま配置してもらい、そして最後に採色して仕上げていただきます。 もちろん、アイデアのヒントとして私の作品もお見せしますし、トルコの伝統的 [続きを読む]
  • 6/27(水) 西調布folklora さんでスカーフのワークショップ
  • 6/27 (水) 13:00-15:30 の予定で西調布のfolkloraさんで、スカーフを作成するワークショップを行います。 スカーフの大きさは60cmx60cmで、トルコで買い求めた薄手のスカーフ用のコットン地から作っています。色の種類は、オレンジ、オフホワイト、サーモンピンク、水色、モスグリーン、マスタード、レンガ色の全七色からお選びいただけます。 そこに、黒色で木版を押し、その後、お好きな色で彩色して、世界でひとつだけのス [続きを読む]
  • トカットの古い街
  • トカットの街は、とてもコンパクトにできてます。 県庁やおおきなホテルなどがある中心地は一本の大通りに沿ってたてられています。 その大通りを抜けると、旧市街・・・まではいきませんが、古い町のたたずまいを見ることができます。 こんな感じの家がたっています。 そして、この古い家家の間からもトカット城をあおぎみることができます。 トカットの街は、トカット城を仰ぎ見ることができるように、設計されているのです [続きを読む]
  • トカットの古い街
  • トカットの街は、とてもコンパクトにできてます。 県庁やおおきなホテルなどがある中心地は一本の大通りに沿ってたてられています。 その大通りを抜けると、旧市街・・・まではいきませんが、古い町のたたずまいを見ることができます。 こんな感じの家がたっています。 そして、この古い家家の間からもトカット城をあおぎみることができます。 トカットの街は、トカット城を仰ぎ見ることができるように、設計されているのです [続きを読む]
  • ラーレ(チューリップ)のテーブルクロス
  • さて、トカットの新しいアトリエではひたすら色を塗り続けました。 まずは、3〜4点、指定された色を塗る。 それから小品を自由に色を塗る。 それから次に来たのは、ラーレのテーブルクロス、大物でした。 「なんでもいいのよ、自由に塗ってみなさい」 アトリエの先生に促されて、一応構想を練ります。 単に、赤いチューリップだけにしても、大物だけに面白くない。。。 まずは、端から塗り始めました。 青から紫、ピンクまでのグ [続きを読む]
  • トカットの猫は豪邸ぐらし
  • トカットは地方の街なので、中心地はコンパクトにまとまっています。 ホテルから先生のアトリエやトカット博物館などへ徒歩でも十分まわれます。 そんなときに見つけたのが、この白い豪邸。 「KEDI」って猫だよね・・・? 「Suzi」・・・? すぐお隣にいました。 Suziさん。 トカットの猫、Suziさんは、白い一軒家で、表札つきでした! トカットでも猫さんは大切にされています。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • ひたすら色をぬるべし
  • トカットの女性だけのアトリエを紹介してもらい、女性だけににぎやかなお茶の時間をもちました。 トカット一日目はそのあたりで終了。 次の日 − おはようございます!トカット城が今日もきれいだ!! さて、今日は朝から、新しいアトリエへ。 ひたすら塗るべし。塗るべし。塗るべし。 ちなみにこの配色は、まだはじめなのでアトリエの方の指示です。 さすがトルコ・・・・。という配色でこれも楽しい。 お客様が来ても、なんか [続きを読む]
  • 5/27(日) May's Dinerさんで「トルコのお茶会」
  • ブログはバスク修行のお話の真っ最中ですが、ここでひとつお知らせを。 来週の日曜日、5/27(日)に二子新地のMay's Dinerさんで「トルコ祭り第二弾」として、「トルコのお茶会」を開きます。 お茶会というからには、トルコのお茶(チャイ)を、専用のポット「チャイダンルック」を使っていれます。 ここにMay's Dinerさん手づくりのトルコのお茶菓子がつきますよ。 そして、なんと、お土産に、ボンジュクオヤのブレードで作ったブ [続きを読む]
  • 女性だけのアトリエ
  • 今回の修行をどうするのか、それはトカットにいって状況みないとわからないわね、となっていました。 そんなところで先生からアドバイスが。 知り合いのバスクの女性の先生が、近くで女性だけのアトリエを開いているので、そこへいってみたらどうかしら、と。 歩いていける距離でしたから、まずはいってみて、何ができるか聞いてみることにしました。 とことこ歩いて、ビルに入っている先生のアトリエを訪れました。 いやー、本当 [続きを読む]
  • シミット修行伝説
  • みなさんは「シミット」ってご存知ですか? トルコではポピュラーなリング型のパンでゴマがたっぷりまぶしてあります。 色々な場所でこのシミット売りの屋台がでていたりしますので、トルコを訪れたことがある人にはおなじみのものですね。 私のトカット修行といえば、切り離すことができないのがこのシミットなのです。 私が最初に教えを受けた先生は、あまり食に興味がないタイプ。お昼ご飯とか食べなくてもまぁいいか、という感 [続きを読む]
  • トカットでの今回の修行のはじまり
  • 先生との再会の喜びもつかの間。 すぐにお仕事を再開する先生。いつものマイペースです。 そして、私は「筆小僧」として、わきに控えます。 筆小僧というのは、先生が版を押すスタンプ台のようなものに、均一にインクを塗って、準備をする係。 師匠が版をタイミングよく押せるように、様子をみながら、インクを足して、スタンプ台にあたる部分をならしていきます。 これがなかなかタイミングが難しい。。。先生が猛スピードで押し [続きを読む]
  • 再びのトカットへ
  • 話題がいろいろと飛んでしまっているブログですが、前回のトカットの旅についての話題が、三月に書いたので途中になっていました。 しかもペイパザルまででトカットに到着していなかった。。 今回こそはトカットへ入ります。 ペイパザルを出て、アンカラに戻り、そこからバスにのって、ゆらゆらと。トカットについたのは深夜でした。しかし、ホテルに送ってくれるシャトルバスがいたので、スムーズにホテルにつくことができました [続きを読む]
  • ワークショップ用のスカーフの実験
  • 以前からスカーフ(ヤズマ)のバスクのワークショップを行っていましたが、なかなか二時間のワークショップ時間内に終わるのが難しいというのが悩みでした。 以前から使っているのは、トルコのトカットで先生が端処理のオーダーにだしたものを譲っていただいた90cm四方の大判のもの。 達成感も大きいものですが、特に初めての方だと、全体を終わらせるのが難しかったり、焦ってしまったり。 それでは、モチーフなども少し減ります [続きを読む]
  • トルコ祭り、オーダー品の完成です。
  • 先週の土曜日のトルコ祭りには、多くのお客様にご来店いただきありがとうございました。 ありがたいことに、布を買っていってくださった方のほかにもオーダーをしてくださった方がいらっしゃいました。 今週は、オーダー品の制作習慣。昨日、五件のオーダー品すべて納品してまいりました。 まずは、巾着二件。プリント布が変わるとずいぶん感じが変わりますね。 次は小さめのバッグ。シックな色調に、裏地と持ち手に赤をきかせて [続きを読む]
  • 第一回「トルコ祭り」無事終了しました。
  • 4/14 二子新地のMay's Dinerでの「トルコ祭り」第一弾、無事に終了いたしました。 ご来店くださったお客様、どうもありがとうございました。 今回、品ぞろえを増やし臨んだトルコのプリント布、多くのお客様にご覧いただきありがとうございました。 華やかな大判の柄から、小花柄まであって、みなさん選ぶのが大変とおっしゃりながらも丁寧にお気に入りのプリントを選んでいただきました。 ご自分で作るので、ということで、布の [続きを読む]
  • トルコ祭りのオーダー受付見本
  • 今週土曜日にせまってきましたトルコ祭り。 今回は、華やかなトルコのプリント布を選んでいただいた、その上、その布での仕立てのオーダー受け付けます!ということをお知らせしています。 でも、どんな品のオーダーがあるの?どんなのならできるの?っていうのは、ちょっとものがあるほうがわかりやすいですよね。 いくつかこの布にあいそうな小物を作ってみました。 ふかふか芯地のふかふかバッグとか。 渋い布と合わせて柔らか [続きを読む]
  • トルコのプリント布で何つくる?
  • ぼーっとしている間にきがついてみたら、二子新地May's Dinerさんでの「トルコ祭り」まであと一週間をきっていました。 たいへん!! ぼーっとしてはいますが、何もしていないわけではなく・・・。 素材博覧会でトルコのプリント布を手にとってもらった方のコメントで多かったのが、 「綺麗だけど何をつくればいいかわからない・・・」 スカーフは?スカートは?バッグなどの小物は? とご提案してみたのですが、日ごろ作りなれて [続きを読む]
  • 4/14(土)は二子新地で「トルコ祭り」開催
  • Facebook,Instagram,Twitterなどでは先にご連絡していましたが、来る4/14(土)に、二子新地のMay's Dinerさんで「トルコ祭り」を開催することになりました! May's Dinerさんが作ってくれた素敵なチラシがこちら! May's Dinerさんは、ハンドメイド雑貨の委託販売コーナーもある、素敵カフェ。二子玉川の喧騒がたった一駅でウソみたいにぴったりとまるのどかな二子新地にあります。(一駅といっても多摩川をわたるだけ・・・ [続きを読む]
  • トルコから布がやってきた
  • 来た来た来たーーーー トルコに追加オーダーしていたプリント布たちがやってきました。 今年の夏の素材博覧会にも出展する予定なので、追加で発注をかけていました。 今回はなんとトルコから一週間もたたずに到着。船便ですが早いですねー。 郵便局員さん、重い荷物を運んでくれてありがとうー! 一部をご紹介。 素材博覧会で人気だった柄の追加や、新たな柄も到着しました! 大柄なものから小花柄まで。何色か色違いを取りそろ [続きを読む]