バスク屋さん さん プロフィール

  •  
バスク屋さんさん: バスク屋さとこのバスク道
ハンドル名バスク屋さん さん
ブログタイトルバスク屋さとこのバスク道
ブログURLhttps://ameblo.jp/basukuyasan/
サイト紹介文トルコの木版アート「バスク」に魅せられ修行の道にはいりました。そんな修行の日々を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 12日(平均9.3回/週) - 参加 2018/02/13 19:19

バスク屋さん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 素材博覧会YOKOHAMA2018  第一日目終了
  • 素材博覧会YOKOHAMA2018、初日が終了しました。 バスク屋さんとして、初の出店で、こちらの手順の悪さもあり、お待たせしたお客様には申し訳ありません。 それでもたくさんのお客様にブースによっていただき、またお買い求めいただき、本当にありがとうございます。 中には、Twitterなどネットで品ぞろえをチェックしてきてくださったり。 また一番うれしいのは、ワークショップに参加してくださった方がいらしてくださったり。 ま [続きを読む]
  • 素材博覧会YOKOHAMA2018  今日から開幕です
  • いよいよ、今日10:00 より、横浜大さん橋ホールで素材博覧会YOKOHAMA2018 が始まります。 昨日は、会場の設営にいってきましたが、周りのブースのみなさん、もう、すごい。 什器がまず、すごい。自分仕様のものをいっぱいもってて、素敵な木の棚とか、絶対あれ特注だなーというものも多い。 そして、みなさんが品物をだすと・・・いやー、欲しいものがいっぱい! 絹布、毛糸、刺繍糸、ボタン、ビーズもいろいろ。。。さすがに素材 [続きを読む]
  • 素材博覧会YOKOHAMA2018  販売品のご案内 (その2)
  • 明後日、2/23(金)から、2/25(日)まで、横浜大さん橋ホールで行われる素材博覧会、まだまだ品物を用意しました。 まずは、トルコの手芸といえば、思い出すかたも多いだろう「オヤ」の関係です。 縫い針で編んでいく「イーネオヤ」。今回は、そのイーネオヤで作ったパーツもご用意しました。 オヤには「エフェオヤ」と呼ばれる特別なオヤがあります。今回はそのオヤを模してシルクの糸で作ったエフェオヤパーツを各種ご用意しま [続きを読む]
  • 素材博覧会YOKOHAMA2018  販売品のご案内 (たぶんその1)
  • 素材博覧会YOKOHAMA2018 に参加します! といってもいったい何を売るのか・・・?疑問ですよね。 今回は「布」の分野でエントリーしています。 でも、他の分野のものもおもちしますよ。いうなれば、分野は「トルコ」です! まずは前回のブログで写真だけおみせした「トルコのプリント生地」。 使いやすように、1mと2mの二種類に裁断し、すべて、ラッピングしました。 柄がわかりやすいように、A4袋にいれているので、ラッピ [続きを読む]
  • 素材博覧会YOKOHAMA2018 に参加します − ブース A-58
  • 2/23(金)から2/25(日)まで行われる「素材博覧会YOKOHAMA2018」に参加します。 ブースはA-58 「バスク屋さん」です。 このブース紹介のずーーーっとしたの最後の方にでてきます。 さて、このブース紹介の写真を見て、あれ?って思ったかた。「バスク屋さんなのに、プリント生地・・・?」 これは、プリント生地でも、トルコで仕入れてきた、ヤズマ用の薄いローンのプリント生地。トルコ魂炸裂の、すがすがしいほどエキゾティッ [続きを読む]
  • 「トルコの手仕事展」終了のご報告
  • 清澄白河のBaharさんで開催された「トルコの手仕事展」無事に終了いたしました。 ご来店くださった皆様、ワークショップを受講してくださった皆様、そしてBaharの春日さん、野中幾美さん、どうもありがとうございました。 2/9,2/10でバスクのワークショップは三コースを実施しました。 ありがたいことにヤズマに関しては、午前、午後ともほぼ満席で、少し作業に窮屈な点もあったかとおもいましたが、皆様、素敵な作品を作ってくだ [続きを読む]
  • トートバッグ ワークショップ@Bahar 2018/2/3 のご報告
  • 清澄白河 Baharさんで2018/2/3 に行われたトートバッグのバスク・ワークショップのご報告です。 当日は、たくさんのお客様にご興味をもっていただき、満席となりました。 まずは、グレーか生成りかでトートバッグを選んでいただきます。 そして、お好きな木版を選んでいただき、構図を決めていただきます。 言い忘れておりましたが、ヤズマ、トートバッグともに、試し押しの時間がありますので、安心してくださいね。 そして、ま [続きを読む]
  • ヤズマ(スカーフ)ワークショップ@Bahar 2018/2/2 イベント報告
  • 2018/2/2 清澄白河Baharさんで、ヤズマ(スカーフ)のバスクのワークショップを行いました。 90?四方の、大判のコットンのスカーフ(トルコで購入しました)に、お好みの木版を押し、好きな色をつけていただくちおいうもの。当日、東京は朝から雪の予報で心配しましたが、みなさま、無事に到着され、ワークショップを行うことができました。 まずはお好きな色のスカーフを選んでいただき、お好みの木版と構図を選んでいただきま [続きを読む]
  • カラートートバッグで彩色の実験
  • ワークショップでご用意するのは、グレーと生成りのトートバッグです。この二つは、あまり色の主張がないため、比較的イメージどおりの発色を期待できます。 では、ほかのカラートートバッグに彩色したらどうなるのでしょう? 現在使っているインキは、基本的に色を透過します。その方が透け感も楽しむことができるのですが、トートバッグで試してみると・・? まずは比較的、薄いペールカラーのものを三色用意しました。 モチー [続きを読む]
  • ヤズマ(スカーフ)ワークショップのモチーフ その4
  • ヤズマ(スカーフ)のワークショップで選んでいただけるモチーフをもう一種ご紹介します。 全体に円で構成されてるモチーフが気に入って、合わせてつくってみたもの。 真中のボーダーモチーフは名前は知らないのですが、よく見かけるものです。 どちらかというと、ヤズマよりも、厚いコットンの布に押したりしているのを見かけます。 でもヤズマに使ってもかわいいんですよ。 まいてみるとこんな感じになります。 これを見た友人 [続きを読む]
  • ヤズマ(スカーフ) ワークショップのモチーフ その3
  • ヤズマ(スカーフ)ワークショップで選んでいただけるモチーフには「チェンゲルキョイ」もあります。 あれ?なんか聞き覚えがあるな、という方。素晴らしい記憶力です。 これはトートバッグで選んでいただけるモチーフの「チェンゲルキョイ」と同じなんです。 ヤズマだと、より、伝統的な「トカットモデル」に忠実な再現ができます。 ヤズマのサンプルと木版の写真はこちら。 色使いに関してはやはり伝統的にはこれかな、というの [続きを読む]
  • ヤズマ(スカーフ) ワークショップのモチーフ その2
  • ヤズマ(スカーフ)のワークショップでは、その他のモチーフも選んでいただけます。 例えば、こちらのように単純化された花と葉の模様。シンプルな木版のデザインなので、押すレイアウトと色つけによってイメージはずいぶん変わります。 私の作成例はこちら。 ポイントとなるところだけに色をいれてもいいし、どこに色をいれても構わないのです。 自由な発想で作ってみてくださいね。 ワークショップのお申込みは、Baharさんのブロ [続きを読む]
  • ヤズマ(スカーフ) ワークショップのモチーフ
  • Baharさんのワークショップでは、いままでご紹介したトートバッグのほかに、ヤズマ(スカーフ)のワークショップも開催されます。 トルコでヤズマと呼ばれるスカーフですが、イスラム系の女性の多いトルコではもちろん、髪を覆い隠すのに使われてきたものでsちた。 いまでは、伝統的なバスクのヤズマが使われることはほとんどなくなり、デジタルプリントのポリエステル製のものを使っているかたがほとんどです。 しかし、1950 [続きを読む]
  • トートバッグ ワークショップのモチーフ − プルケ
  • Baharさんのワークショップでは、前回の記事の「チェンゲルキョイ」のほかにも、トートバッグのワークショップで選んでいただけるデザインがあります。 こちらのサンプルをご覧ください。 これは「プルケ」というモチーフです。 花束をささげているような大変華やかかつ可憐なモチーフです。 上に押しているのは、「プルケ」のメインのモチーフになります。 下に二つならんでいるのは、「プルケ」の補助モチーフになります。 額縁 [続きを読む]
  • 過去の記事 …