cnsht さん プロフィール

  •  
cnshtさん: 世界史勉強備忘録
ハンドル名cnsht さん
ブログタイトル世界史勉強備忘録
ブログURLhttp://fanblogs.jp/otokuinfo2017/
サイト紹介文世界史勉強のまとめです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 80日(平均0.4回/週) - 参加 2018/02/14 08:40

cnsht さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • イクター制の成立と展開
  • アッバース朝時代は官僚制が整いアター体制を維持。マムルークの台頭により支配地域がイラク周辺に縮小し国庫収入激減。アター体制の維持が困難になりブワイフ朝ムイッズ=アッダウラは騎士に分与地(イクター)の徴税権を委ねる政策をとる。これをイクター制という。Webスキルのパーソナルジム【WebCamp】イクター制では軍事奉公の義務をイクター保有者は負い、農民などはイクター保有者の直接支配を受けるようになる。セルジューク [続きを読む]
  • 肉を食べたら吊るし首
  • 中世カトリック教会は宗教日の肉食を禁止し、7世紀には金曜日も肉食が禁止になった。イギリスでは金曜日に肉を食べた場合吊るし首にされる法律が16世紀まであった。また肉抜きの日は性行も禁止された。赤身の肉は「熱い」から催淫効果があるからダメ。水に棲む動物の肉は「冷たい」から食べても良いとされた。参考図書 塩の世界史 マーク?カーランスキーにほんブログ村 [続きを読む]
  • イスラーム国家の産業と経済
  • 広大な領域を支配したイスラーム国家はビザンツ帝国とササン朝の貨幣を継承し流通貨幣とする。金貨?ディナール金貨(ビザンツ帝国由来)銀貨?ディルハム銀貨(ササン朝由来)アッバース朝時代には為替手形(スフタジャ)や小切手を利用する手形決済が発達する。貨幣経済の発達により政府は都市や農村より現物と貨幣の二本体制で徴税が可能となる。商品経済の発達によりイスラーム社会に世界各地の品物がもたらされる。エジプト?亜麻織 [続きを読む]
  • イスラーム社会の形成
  • イスラーム社会はムスリムが多数を占め、数世紀に渡り徐々に形成された。街の中心にはモスクが建設されミナレットから1日5回礼拝を呼びかけるアザーンが聞かれる。モスクに隣接するように市場(バーザールやスーク)が設けられる。キリスト教徒やユダヤ教徒は被護民として人頭税を払い信仰の自由を認められていた。9-10世紀にはバグダードで100万人、14世紀にはカイロで50万人の人口を擁した。都市の外には農村社会が存在した。9世紀 [続きを読む]
  • 西方イスラーム
  • 11世紀半ば、ベルベル人は宗教運動を起こし北アフリカにムラービト朝を建国。聖戦(ジハード)を大義に南下しガーナ王国を滅ぼす。その後イベリア半島にも進出しイスラーム建築や学問を北アフリカにもたらす。しかしもともとは宗教運動(スンナ派信仰)を力に建国したため運動の熱が冷めるにしたがい国力も弱まる。モロッコにおこったムワッヒド朝に倒される。ムワッヒド朝はイベリア半島南部も支配下に収めて貿易路の支配で繁栄。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …