平屋大好き さん プロフィール

  •  
平屋大好きさん: 平屋建てが建てたい!大手ハウスメーカーの価格と特徴
ハンドル名平屋大好き さん
ブログタイトル平屋建てが建てたい!大手ハウスメーカーの価格と特徴
ブログURLhttps://hiraya39.com/
サイト紹介文平屋建ての場合、2階建てや3階建ての建築に比べて、価格が高くなる傾向があります!失敗したくないです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 120日(平均5.0回/週) - 参加 2018/02/17 17:21

平屋大好き さんのブログ記事

  • 埼玉で評判の良い注文住宅メーカーを徹底的に検証!
  • 埼玉で評判のいい注文住宅メーカーは?家を建てる際に大事なのは、やはりどの会社に依頼するかということではないかなと思います。各ハウスメーカーにはそれぞれ特徴があり、自分の理想や「これが欲しい」というこだわりがマッチするかどうかは非常に重要になってきますね。そんなあらゆる夢を叶えてくれそうなハウスメーカーを探すのは難しいかなと思いますが、埼玉で見るとタマホームやアイダ設計などのハウスメーカーは評判がい [続きを読む]
  • 連帯保証人による収入合算だとデメリットが多いって本当?
  • 連帯保証人による収入合算のデメリット住宅ローンを組む際にどうしても借入額を増やしたいために、収入合算して申請するパターンも増えています。その中の1つに連帯保証人を立てるものがありますが、こちらはデメリットが多いイメージが個人的にはありますね。収入合算して申請する場合は、一緒に申請したどちらか一方が連帯保証人となりますが、その連帯保証人となった人はローン控除が受けられない上に団体信用生命保険に加入で [続きを読む]
  • 住宅ローンの連帯保証人を親にする際の注意点をご紹介!
  • 住宅ローンを親と合算!連帯保証人を立てる以外の組み方はある?家を購入して住宅ローンを組もうとする際、最近では親と一緒に家を購入するケースも少なくありません。子世帯は子育てできる環境が欲しいのと、親世帯はセカンドライフとしての家が欲しいという需要がマッチすることで、二世帯で収入を合算してローンを組むこともあります。この場合、住宅ローンの組み方には子世帯だけでなく二世帯で組むことが多いのですが、連帯保 [続きを読む]
  • 年収600万円の公務員なら住宅ローンはどれぐらいまで大丈夫?
  • 年収600万円の公務員なら住宅ローンはどれぐらいまで借りられる?公務員の方は基本的に住宅ローンにおいては信用されている職業で、信用情報がよほどひどくない限りは課してもらえるほど審査は簡単とも言われています。そんな公務員で年収600万円もあれば借入可能額はおよそ6000万円となっており、かなり余裕のある住宅計画を立てることができそうです。しかし、これはあくまでも借りられる額。限度額マックスまで借りれば返済額は [続きを読む]
  • 会計士が住宅ローンを組むなら協会の優遇金利を利用すべき?
  • 会計士の人が住宅ローンを借りる際の注意点はある?公認会計士は国家資格の1つで、それなりにステータスがある仕事です。しかし、医師や弁護士などと比べると年収の差も激しく、特に独立して活動している人の中には大手企業に勤める人よりも年収が低い場合もあるみたいです。そんな会計士の人の中には住宅ローンを組んでマイホーム購入を買う人もいますが、会計士というステータスだけでお金を借りられるほど簡単ではありません。 [続きを読む]
  • 農家のマイホームローンならJA?住宅ローン減税の申告を忘れずに!
  • 農家の人が住宅ローン審査に受ける!注意点は?マイホームを夢見るならば住宅ローンの審査は避けて通れないですが、農家をはじめとする自営業の人にとっては高いハードルとなることが多いので、注意点も多くあるようです。どこか企業に就職せずに自営業で働いている人は、年収面で不安定なところがあります。そのために金融機関側としても「お金が返ってこないリスクがある」と考えると、住宅ローンの審査に落ちてしまいます。その [続きを読む]
  • 美容師は住宅ローンの審査が通りにくい?独立する前に読みたい注意点
  • 美容師は住宅ローンを組むのが難しい?注意点は?一般的に美容師は住宅ローンを組むのが難しいと言われており、それは雇用体系の多さも影響しているように思いますね。美容師は自分がオーナーとなってお店を開いていることも多いですが、個人事業主なのか法人なのかで審査のチェックも微妙に違ってきます。個人事業主ならば3年分の売り上げ額がまず求められますし、法人ならば決算3年分の提出が必要な上に黒字化していることが必要 [続きを読む]
  • 看護師の住宅ローン審査では勤続年数と勤務地は必ずチェックされます!
  • 看護師でも住宅ローン審査では勤続年数を見ます住宅ローン審査で金融機関が必ずチェックすると言われているのが、勤続年数と勤務地。金融機関としては貸したお金が返ってこないことだけは避けたいところなので、特に住宅ローンとなればおよそ30年以上に渡ってきちっと返済してもらう能力があることを見極める必要があります。そのため、申請者の勤続年数と勤務地はしっかりとチェックされるようで、それは看護師においても同じよう [続きを読む]
  • 看護師の住宅ローン事情!年収400万円でいくら借りれる?金利は?
  • 看護師が住宅ローンを申請するといくら借りられる?最近では看護師の人が住宅ローンを組むパターンが増えており、家族だけでなく独身の人がマイホームやマンション購入のために計画を立てる人が多いようです。そんな看護師さんは住宅ローンの審査においては通りやすい傾向にあり、あとは勤続年数や年収の額、そして他のローンがない等が条件になってきます。では、実際のところ看護師さんがいくらほど住宅ローンにて借りられるかと [続きを読む]
  • 薬剤師の住宅ローン注意点をご紹介!金利や審査ポイントなど
  • 薬剤師なのに住宅ローンが通らない!?その理由は?住宅ローンの審査を受けると誰もがドキドキするかと思いますが、薬剤師の方だと比較的通りやすいイメージが個人的にはありますね。薬剤師は位置づけとしては国家公務員で、資格がないと就くことのできない専門職。年収としても平均して500万円は堅いといわれており、勤務地や年収の面でみても一般のサラリーマンよりは断然有利な条件かと思います。しかし、住宅ローンの審査はど [続きを読む]
  • 転職は住宅ローン審査にどれぐらい影響するのか検証!
  • 転職は住宅ローン審査にどれぐらい影響する?住宅ローンの審査ではマイカーローンをはじめとする別機関からの借り入れなど、思わぬところまで自分の資産を見られるので不安も大きいもの。特に勤務先と勤続年数は大きなポイントとなっているみたいなので「転職」も審査に響くものかと思いきや、金融機関は別にこの点については触れないようです。転職回数が多くても1つの会社での勤続年数が長ければ問題ないですし、申請時に転職し [続きを読む]
  • 住宅ローン審査を受けるなら、転職前と後どちらのタイミングがいい?
  • 住宅ローン審査を受けるタイミングは転職前、転職後?住宅ローンを借りるならば審査を受けることは避けられず、きちんと準備をしておく必要があります。しかし、その審査のタイミングの前後で転職することになる人もいるかと思いますが、タイミングとしては転職する前と後のどちらがいいのでしょうか。基本的に転職する回数は審査に影響することはなく、やはり住宅ローンにおいて最も大事になってくるのは勤続年数です。融資する側 [続きを読む]