ICHIHARU さん プロフィール

  •  
ICHIHARUさん: Gallery ICHIHARU アートお喋り空間
ハンドル名ICHIHARU さん
ブログタイトルGallery ICHIHARU アートお喋り空間
ブログURLhttp://b-k.hateblo.jp/
サイト紹介文教養を学ぶことは、一流の仲間入りをすること。 あなたの成功を応援する教養講座です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供805回 / 341日(平均16.5回/週) - 参加 2018/02/15 14:43

ICHIHARU さんのブログ記事

  • 千田琢哉『人生を変える、お金の使い方。』で学ぶ。
  • こんにちは。毬紗です。先ほどの記事でも触れましたが、一流の成功者になるには、まずは、自分の専門の勉強を極めましょう。その次に、教養を勉強します。私の年齢になると、日本画関係の図録は、どのページにどの絵が載っているのか、暗記しています。画家の伝記は全て読破していますし、ほぼ暗記するくらい、繰り返し読んできました。過去の名画は、どのような技法を使ってあるのか分析できますし、そっくりに模写できます。それ [続きを読む]
  • お金の勉強プログラム補助記事:投資っぽく見える浪費に気づく。
  • こんにちは。毬紗です。自分の投資になる勉強は、この2つのルールから外れていないものです。1、本業に直接役立つ勉強。2、社会人として尊敬される勉強。アートの場合は、自分の専門分野の勉強です。これを完璧にやってから、2の勉強に移ります。社会人としては、まずは語学、次に、情報、歴史などの知性を磨く勉強です。これらに使う本代、時間を買うためのタクシー代やカフェ代は、投資です。それ以外の勉強への資金投入は、 [続きを読む]
  • 感動した後の、記憶の努力で、教養は身につく。
  • こんにちは。毬紗です。部屋に、イギリス製の巨大な世界地図を貼っています。これです。お気に入りです毎日、目についた場所の国の名前を、チェックしています。覚えているようで、正確には覚えていないのが、チェックしていると丸わかりですね…。忘れてしまうので、何度もチェックして、強制暗記です。教養は、毎日積み重ねるものです。ある芸術に、その場で感動しても、覚える努力をせずに放置していれば、教養までにはなりませ [続きを読む]
  • 毎週更新:Gallery Shop ICHIHARU オープン日
  • Gallery Shop ICHIHARUOpen : 23日(水)12時〜18時『KAZUE』のアクセサリー専用のInstagram です。コメントもお待ちしています。www.instagram.com▼▼▼▼▼蔵田かずえプロデュースのアクセサリーは、?アートを身につける?をテーマにしています。そのため、アート作品のように一点一点題名が付けられています。そして、ゴージャスでエレガンスなアクセサリーでありながら、着けていることも忘れるくらい″軽量 [続きを読む]
  • 褒め言葉に思えない
  • こんばんは。蔵田かずえです。ショップをオープンしている時、大学時代や作家の友人・知人がショップを覗いていってくれることがあります。多くの方が、揃って「頑張っているね」と言ってくれます。工芸作家として公募展に出品し、美術館で作品を前にこの言葉をかけられたら、本当に嬉しく思います。しかし、ショップでアクセサリーをデザインし、販売している私にとってはこの言葉、嬉しい反面、褒められている感覚を覚えないので [続きを読む]
  • セッション受講者限定記事:憧れの絵ではなく、描ける絵を磨く。
  • こんにちは。毬紗です。タイトルで、すべてを言ってしまいました。公募展は、「こんな絵で受賞できたらいいな」と憧れる絵ではなく、実際に、自分が得意な絵で勝負しましょう。使い慣れた武器で勝負するのが、最強です。ほかの公募展で、まったく評価されていない画風に、「もしかしたら、ここの審査員なら評価してくれるかも」と期待するのも、やめましょう。可能性はゼロです。落選しているということは、審査員の好みの問題以前 [続きを読む]
  • お金の勉強プログラム補助記事:どこでも金運のいい人の隣に座る。
  • こんにちは。毬紗です。すべての運は、うつります。運のいい人とコミュニケーションをしていると、運が良くなります。かずえ先生も、運のいい人です。私も運がいいので、相乗効果があります。宣伝会議の初授業でも、いきなり、総合2位の成績を取られました。私は普段から、「やる気だけではなく、結果を出してください」と厳しく言っていますが、かずえ先生は本当に結果を出せる人なので、素晴らしい。金運も、確実にうつります。 [続きを読む]
  • セッション受講者限定記事:なぜほとんどの作品がボツになるのか。
  • こんにちは。毬紗です。公募展の締め切り間近の方で、個人的に予約を頂いている方のみ、限定セッションを開催しています。*ただいま一般の応募はしていません。ほとんどの方が、最初に用意した作品がボツになっています。あなただけではありません。安心してください。では、なぜボツになるのでしょう。「自分だけの視点で描いていたのが、『ジャッジする人に見せる』となったときに、一気に視点が変わるから」これなのです。「ジ [続きを読む]
  • 日本人の意識
  • こんばんは。蔵田かずえです。言語に関する本を読んでいました。その中で、私たちが当たり前使っている言葉。グローバル化が進む社会で、違う言語圏の方とのコミュニケーションは、知識を持って対処しないと通じ合わないものだと再確認しました。例えば私たち日本人は、「蝶」と「蛾」を区別して別々の言葉で表現します。それぞれに違うイメージを持っているからです。しかしフランス語圏の人たちは、「papillon(パピヨン)」という [続きを読む]
  • 【セッション経験者対象】数名様だけ、セッション追加募集します。
  • こんにちは。毬紗です。セッションの記事の閲覧数が増えています。日程を調整しつつですので、過去にセッションを受けていただいた方で、公募展が近い方からご案内を差し上げました。新規の方は、ごめんなさい、まだ予定がありません。過去にセッションを受けた方のみ、1、2名様でしたら、お問い合わせを受付けています。セッション回数は3回(各40分)です。費用は、過去にセッションを受けていただいた感謝も込めて、以前と同 [続きを読む]
  • 「物知り」ではなく「教養人」になる勉強法
  • こんにちは。毬紗です。「あの人、物知りだよね」と「あの人、教養人だよね」と言われる人の違いは、興味の差です。物知りの段階では、物事を多く知っています。ですが、それぞれの物事に対する興味の深さは、浅いのです。教養人と呼ばれる人は、興味に深さがあります。自分が面白いと感じるので、より深く学ぶのです。「物知り」か「教養人」か、話題の内容の深さだけではなく、「記憶の引き出しの仕方」からも、分かります。物知 [続きを読む]
  • 次世代の世代に学ぶ
  • こんばんは。蔵田かずえです。新年初のコピーライター講座は、怒涛の3講座6時間展開でした。終わりがけには、皆さんフラついてました。まりさ先生の少し前のブログ、「10年後、トップランナーになる世代に学ぶ」の中で、メンターを持たないで、同世代で群れている人が、今の世界で大きな成功をしていると書かれていました。コピーライター講座に通っている人たちは、10代の方から60代の方まで、男女問わずいます。職業は学生、会 [続きを読む]
  • セッションのご案内のメール、あと3日ほどお待ちください。
  • こんにちは。毬紗です。昨年に、セッションをご予約いただきましたの方への、ご連絡です。ただいま個別に、ご案内のメールをお送りしています。日程の調整に手間取っております。お待たせして、ごめんなさい。あと3日ほど、お待ちいただけましたら幸いです。展覧会の予定などで、なるべく今日か明日までにとのご希望がありましたら、いつものアドレスinfo@ichiharugalleryに、お知らせください。良いセッションにしましょうね。指 [続きを読む]
  • 耳に残るは君の歌声。
  • こんにちは。毬紗です。タイトルで、「あ、サリーポッター監督の映画ね」と思った方と、「あ、ビゼー作曲『真珠採り』のなかの曲ね」と思った方と、両方いらっしゃるでしょう。私は映画から、「耳に残るは君の歌声」を好きになりました。クリスティーナ・リッチとケイト・ブランシェットの演技が素晴らしい。ユダヤ民族の悲劇を、残虐なシーンを使わずに、静かに描いています。曲は、こちらの動画をどうぞ。ビゼー:歌劇「真珠採り [続きを読む]
  • 毎週更新:Gallery Shop ICHIHARU オープン日
  • Gallery Shop ICHIHARUOpen :14日(祝・月)12時〜18時『KAZUE』のアクセサリー専用のInstagram です。コメントもお待ちしています。www.instagram.com▼▼▼▼▼蔵田かずえプロデュースのアクセサリーは、?アートを身につける?をテーマにしています。そのため、アート作品のように一点一点題名が付けられています。そして、ゴージャスでエレガンスなアクセサリーでありながら、着けていることも忘れるくらい″軽 [続きを読む]
  • 自分の無知を自覚する
  • こんばんは。蔵田かずえです。最近自分が書いているブログをみると、足りていないことへの反省と、今後に向けた自分への啓発のように感じます。ショップを始め、ブログやホームページの開設、コピーライター講座受講など今までやったことのないことに挑戦したことで、その思いはより強くなったと思います。自分はなんでこれまで(今でも)、何も知らず過ごせてきたのだろうかと。無知とは不幸ですね。大学に行ったから大丈夫なんてこ [続きを読む]
  • 中島敦『山月記』を音読して、号泣。
  • こんにちは。毬紗です。何年かに一度読んでしまう本があります。夭折の小説家中島敦『李陵・山月記』です。幼年期から家庭に恵まれず、喘息の宿痾(しゅくあ。持病のこと)に苦しみ、33歳で身罷(みまか)りました。*キンドルでは無料で読めます。『山月記』は11ページほどの短編です。文章の練習に書き写したあとで、音読しました。しかも読みながら、号泣しました。高名な詩人に憧れつつも、虎になった李徴が、旧友の遠傪に嘆き [続きを読む]
  • 無意識に降りるときは、ヒルデガルト・フォン・ビンゲンの歌。
  • こんにちは。毬紗です。『古事記』を読んでいます。ですが、知識としてしか頭に入ってきません。神話に入り込むまでの没頭した感覚がないと、語ることも、描くこともできません。まずは河合隼雄『昔話の深層 ユング心理学とグリム童話』で、深く無意識に降りていく準備をしました。そして、中世ドイツのベネディクト派系女子修道院長で、預言者でもあるヒルデガルト・フォン・ビンゲン(1098 - 1179)の歌を聴きます。Hildegard v [続きを読む]
  • キャッチーな言葉に涙する人は、簡単に騙される。
  • こんにちは。毬紗です。アート・コンサルティングの仕事をするために、相談業やセミナーの調査をしていました。素晴らしい会社もありましたが、詐欺をしている会社もあり、玉石混淆でした。詐欺や、限りなく詐欺に近いグレーな会社の商品、セミナーを購入する人たちには、共通点がありました。「キャッチーな言葉で、励まされて気持ちよくなる」短い言葉を聞いて、「勇気が湧いてきました!」「慰められました!」と感動します。例 [続きを読む]
  • 女性芸術家へのセクハラ/芸術家は恋愛にふしだらではない。
  • こんにちは。毬紗です。「一流」や「教養」を売りにしている会社の、従業員さん(既婚者)から手を握られ、しかもその手を胸に押し当てられつつ、「次は一晩ベッドで」と誘われた件で「迷惑でした」との報告へのレスポンスは、全くありません。社長様も、有名人関係のメール以外は、レスポンス無しです。なかったことにするつもりでしょうか。過去にセクハラの刑事事件に関わっている会社なので、ナーバスになっているのかなあと、 [続きを読む]
  • 織りの神様
  • こんばんは。蔵田かずえです。今日は、織物の神様に新年のご挨拶をしてきました。まずは古墳時代に養蚕・機織の技術を日本に伝来させた秦氏の祖神を祀る、木嶋神社(蚕の社とも呼ばれています)へ。続けて、織物の技術を伝来させたクレハトリ(呉服女)とアヤハトリ(漢織女)の神霊を祀った社である大酒神社へお詣りに行きました。木嶋神社には京都三鳥居の1つとされる石製三鳥居があります。通常の鳥居は二本脚ですが、こちらの [続きを読む]
  • 音楽が、胸に迫るとき。
  • こんにちは。毬紗です。調子の悪いときも、投げ出したいときも、毎日決めた学びを実行します。普通に辛いです。目標を見据えているからこそ、何年も、何十年も続きます。昔は、座ってご飯を食べる暇がなかったので、まだマシな生活になりました。しかも今は、人が決めた忙しさではなく、自分が決めた課題をこなしています。贅沢です。一日の終わりに、ガブリエル・フォーレの『Pie Jesu』を聞きます。私はCDで持っていますが、この [続きを読む]
  • エネルギーの吐き出し場所をアートにする。
  • こんにちは。毬紗です。よく知っている人たちから、「エネルギーの大きさ、すごいよね」と言われます。私は「パッと見は優しそうに見える」そうですが、まるっきり真逆です。相当に強い性格です。熱量はものすごいですし、念や言霊の強さなど、尋常ではありません。ですので、なるべく怒りを抱かないようにしています。確実に相手に届いて、どうにかなるので。ムッとした時、エネルギーを相手に飛ばさないように、制作をしたり、勉 [続きを読む]