おーちゃん さん プロフィール

  •  
おーちゃんさん: 震災の年に旦那が亡くなりました
ハンドル名おーちゃん さん
ブログタイトル震災の年に旦那が亡くなりました
ブログURLhttp://hajinchu.muragon.com/
サイト紹介文あれからどれくらいの時間が過ぎたのだろうか。 いつまでも旦那と一緒にいたかった。。
自由文東北の震災の年の6月5日に脳腫瘍による
脳内出血2回目で旦那さんは☆になりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 79日(平均4.0回/週) - 参加 2018/02/15 15:42

おーちゃん さんのブログ記事

  • 何をやっても悪循環みたい
  • 人生の選択… もしあの時あ〜選択していたら… 私は選択を間違えていたのかもしれません。 全部が裏目に出ている今、過去の自分にアドバイスが出来るなら 決めた方と反対の方に行きなさいというでしょう。 もしかしたら…そう思ってしまうのは今がこんなだからなのかも しれない。 ゆうちゃんと一緒になったのだけ正解だったかな。 あの時はそれでも幸せでした。 ゆうちゃんはお兄さんと大工をしていたから 国民年金だっ [続きを読む]
  • こんな人生いらない。
  • 今いる父親とは血が繋がってないし お母さんとは12年くらいしか一緒にいれなかったし 子供の頃は孤児院だし 孤児院出て、お母さんと一緒に住めるようなったのに お母さんの弟に夜中襲われて泣きながらお母さんに話したのに 信じてもらえないし 大人になってゆうちゃんと結婚したのに 不妊症で子供が出来なくて やっとできたのに2回流産して 3回目に娘が出来たけど お耳忘れてきてしまったし 中学2年の娘と一緒に眠 [続きを読む]
  • ゆうちゃんが居なくなってつい 夜空を見上げることが癖になりました。 今日は雨だから☆は出ないけど きっといつものように見上げてしまうと思います。 ゆうちゃんと歳が離れていたのに この7年で5つ違いになって いつかゆうちゃんの年齢を越してしまう。 その頃の自分を今は想像は出来ないけど 生きていられるかな… 今日は弁護士の先生に相談に行ってきます。 どうにもならない問題だったとしても 子供の為に戦いた [続きを読む]
  • お耳はまだ話してない。
  • 結局娘は金曜、日曜とデートをしてきました。 そして日曜に告白をされてお付き合いする事になったそうです。 お耳に関しては言ってないらしいですが もしそれで相手に何かしら態度が変わったり したらそれだけの方と思うようにするって言ってました。 ただ もうわかってるかもしれないけど 自分できちんと話はすると言ってました。 GWの時 KーPOPのイベントで娘は大阪にいくため 宿をとってあるんだけど 大阪まで [続きを読む]
  • 娘のデート?
  • 先週土曜に娘は友達の誘いがあって 友達の会社で開催の花見に出かけてきました。 そこで一人の男性からラインがきて 今日帰りにご飯を食べてくる〜〜♪って言ってました。 もう本人も二十歳を過ぎたので 親の私があれこれ言う事はないかなって思ってるんですが 親として娘に言わないけれど心配で。 私は娘が補聴器をしていても 耳が・・でもなんとも思ってはいないけど 二回目でしかない相手がどう思うんだろう。 娘が傷 [続きを読む]
  • 久しぶりになりました。
  • もう十日程ブログを書く気になれずにいました。 補聴器は無事新しいのを貰えて娘は快適に過ごしています。 私自身が精神的にも肉体的にも辛くて 出来る事なら地下に潜っていたいような 感じでした。 今もなんですが… 日々無理をしないで過ごしているつもりでも ひとり親になり 子育て、家事、仕事 全てをこなすのは大変なんだって 実感してます。 もっと大変な方も沢山いらっしゃると思います。 本当にそんな方々を尊 [続きを読む]
  • 補聴器と血液型
  • 娘は両耳小耳症で生まれました。 男の子と女の子では男の子の方が確率的に多いらしいです。 両耳で生まれた子の場合です。。 そしてうちの子は血液型がRH−ABです。 生れたばかりの頃誰かに 地球儀の中にティースプーンですくったくらいの確率と 言われました。 私は+Aでゆうちゃんは+Bで マイナスが生まれる事があるのでしょうか?と 先生に聞いたら 隔世遺伝かもしれないと言われました。 今後手術を控えてい [続きを読む]
  • 寒い…
  • 全国的にもう春で真夏日なんていうところもありますが ここは寒いです。 日曜はもしかしたら雪が降るかもなんて天気予報には 書いてありました。 折角咲いた桜がどうなるのかな。 今日は娘は友達とご飯にいくらしいので 私は1人。 夏くらいに引っ越しを考えてます。 土曜には 粗大ごみやらを持ち込みで 市がやってるところに持っていこうかなと考えてます。 前は持ち家で 中身も結構あったので 賃貸にするにしても [続きを読む]
  • もがき苦しむ
  • ゆうちゃんが生きた証ではないけれど ブログにあれこれ書いてきました。 日々もがき苦しみ誰も助けてはくれない現実。 そして 娘と二人で強く生きるとゆうちゃんに約束をしたけれど 今とても自信がない。 大好きな韓流ドラマをみていても 心の穴は埋めることも出来ない。 どうして人は笑っているんだろう。 最近娘によく聞かれます。 ママは今幸せ? 幸せだよって答えると娘は良かった^^ と なります。 娘に幸せ? [続きを読む]
  • 開花宣言
  • お昼に運転していたら 木蓮の花と桜が綺麗に咲いていました。 やっと開花宣言かもしれません。 春は花が色んな種類が咲いていて大好きな季節です。 お隣は枝垂れ桜があっていつも目の保養になります。 枝垂れだからまだ時期的にほんの少しだけ開花には早いけど もういつでも咲きそうなくらいになっています。 桜を見ると元気になれる私ですが 今年は無理かも… 恋しくて恋しくて ゆうちゃんに会いたい。 [続きを読む]
  • 先日
  • テレビで孤独死についてやっていました。 自分はどうなんだろう。 娘がいつまでもそばにいる訳もないし 結婚するかもしれない。 そしたら 私も孤独死になるのかな。 娘にはもし ガンになっても延命は必要ないと話はしてあります。 人生を諦めてるとかではなく 元気に天寿全うできるならそれが一番だけど 薬だのを使って意識がなく生きているのなら 無駄な事なので お金をかけてまでしないでくれと言ってあります。 今 [続きを読む]
  • ゆうちゃんのいたずら?
  • ゆうちゃんの仏壇参りをしてくれたお友達。 その人と昔話をしていた時。 そういえば携帯の機種変した時の事覚えてるか聞かれました。 ゆうちゃんが亡くなった時ゆうちゃんの携帯は解約しました。 携帯の本体は大事なのでずっと残してあります。 ゆうちゃんが亡くなってから2年くらいした時 そのお友達に 友達かも?って入ってきた番号があったそうです。 スマホにしたからラインに入ってきたんだけど 友達かもって雄二の [続きを読む]
  • もうあちこちで桜が咲いていますね。 ここは4月9日開花予想です。 桜が咲くのは楽しみです。 娘が生まれた記念にしだれ桜を植えました。 結局随分前に抜いてしまいました。 木が病気になったせいで 切りました。 バラも好きで庭に何種類ものバラを植えていました。 亡くなった祖母が花が好きで庭に色々植えてくれましたが 祖母が亡くなってから母が 家庭菜園をやると言って 何年かやってました。 新鮮な夏野菜を毎年 [続きを読む]
  • 終末期のゆうちゃん
  • 大工さんで筋肉質なゆうちゃんはいつも真っ黒に日焼けをして いました。 腕だけで棒をよじ登って行ったり どんなに重たい物でも持ってくれました。だけど 大工仕事は自宅に関しては何もしてくれませんでした。 簡単な棚を作ってとか ここにくぎ刺してなんていうのも却下、道具は仕事以外で使いたくないと 言われてました。 ある日 なんか家の中でドリルの音がする??? 覗いてみたらゆうちゃんが壁に鍋とか置ける棚を作 [続きを読む]
  • 幸せな姉家族
  • 妬みなのかもしれません。 旦那さんがいて子供たちがいて 楽しそうにしてる姉夫婦を見たくないです。 姪っ子が今年の春から大学生になります。 本当はお祝いを上げるのが一番良いんだろうけど どうしてもお祝いをする気になれない… 実家に入るつもりで自宅を売却してから 姉の猛反対を受け実家に帰る事が出来なくなりました。 先に 売却を決める前に義父に話をして 動物も自宅の脇にある今は誰も住んでいないアパートに [続きを読む]
  • 自分の人生だから
  • 前お母さんに ゆうちゃんが亡くなった頃言われた言葉。 これからは娘の為に生きていきなさい。 闘病生活8か月。 そしてゆうちゃんが亡くなってぽっかり空いてしまった穴。 母の言う事もわかりますが 私の人生なんだよな…そう思いました。 闘病と言っても私は特に何をしたのかわかりません。 ただそばにいて三人で普通に過してきただけです。 でも普通にしていたからこそ ゆうちゃんがいなくなった事に対する不安感は [続きを読む]
  • 最期の時そして夢枕
  • まだゆうちゃんの最期の時を思い出すと言いようのない 悲しみや淋しさで心が一杯になってしまいます。 自分の最期はどうなるんだろう。 ゆうちゃんのように意識がなくなって体だけが生きている状態が 良いのか お母さんのように苦しみながらが良いのか… 人は誰でも最期の時がきます。 死は貧乏でも金持ちでも関係なくやってくる。 私はどんな最期なのかな。 不安な事はないと思ってます。 みんながいるから。 私の祖母 [続きを読む]
  • なむなむ。
  • 昨日お友達の人が九時半くらいにきてくれて お参りしてからお昼近くまでお話して帰っていきました。 日頃は仏壇はあってもお参りはしないんだよ そう言ってました。 その人は5年前お父さんを亡くしました。 ゆうちゃんの時 お父さんも一緒だったけど 認知症で目を離せないから連れてきたって言ってました。 病気で介護も大変だけど 認知症も酷かったから大変だったらしいです。 自分のお父さんと奥さんの方のお父さんと [続きを読む]
  • 仏壇参り
  • 明日はゆうちゃんの幼馴染の人が仏壇参りにきてくれると ラインがありました。 ゆうちゃんは50代で亡くなったのですが 幼馴染でずっと交流を持っていた人が何人かいます。 必ずお彼岸だったりお墓参りだったり 来てくれます。 人徳なんでしょうか?もう何年経っても忘れられていないゆうちゃんを 誇らしくも思います。 ゆうちゃんの最期 二回目の脳内出血をしてほぼ即死。 けれどその後三日意識不明のままいました。 [続きを読む]
  • 自分の人生
  • ブログを始めるようになってから 人生を振り返るようになった。 幸せな人生かと言われたら そうではないかも。 親の離婚や孤児院や死別や姉との確執。子供の事。 沢山不幸な出来事があって それは生きている人みんな幸せな事ばかりではなく 自分だけが不幸とは思ってはいません。 子供の事だけは不幸と私は思ってません。 宝物ですから。 ただ 疲れたなって思う事が最近は多々あります。 そしていつも思うのが ゆうち [続きを読む]
  • 辛い
  • 休みの日は辛く 一人でいると本当に辛いです。 まだ夕飯も食べる気になりません。 また娘に食べていないと怒られてしまいますが 食べれない。 テレビすらつけないで ただゆうちゃんを 考えて写真を眺めて時間が過ぎるのを待っています。 ゆうちゃんが早く迎えにきてくれたら 良いのに。 まだ現生にいないとだめですか? もうやり残した事もないんだけど。 ゆうちゃんが居なくなり 娘も成人して 義父にも必要とされな [続きを読む]
  • 生きてるのか死んでいるのか
  • 母の病気が発覚する前、ゆうちゃんが倒れる前の年 母方のおばさん ゆうちゃんの一個上のおばさんが乳がんの治療をしてました。 うちの娘はダンスを習っていて 体調がいい時は 練習場まで一緒に見に行ってくれたり 娘を可愛がってくれてました。 おばさんは独身で子供もいませんでした。 だから尚更なのかな〜って思っていました。 母の最期に立ち会ってくれたおじさんのお姉さんにあたる方です。 通院しながら抗がん剤を [続きを読む]
  • 不思議な出来事②
  • ゆうちゃんのお通夜の日でした。 訪問してくださった方々を私とゆうちゃんのおにいさんと 娘と出迎えていた時でした。もう殆どの方がお見えになって 席についていらっしゃいました。 そして最後の訪問客を迎えた瞬間 私の頭の上で 「バラバラバラ」と 音が聞こえました。あれ?上を見上げた瞬間天井部分から 私のはめていた数珠がバラバラになって 落ちてきました。 その時 私は手を振り回してもいないので おじぎをし [続きを読む]
  • 死に装束
  • 病院を出て家族と母方のおじさんとみんなで 実家に行きました。もう葬儀屋さんの手配も終わってました。 ゆうちゃんの時も悲しんでいる暇はないくらいでしたが 母の時もそうでした。 色々な人が出入りして色々な人に連絡をしました。 母が入院中お世話になった方にも。 母のお姉さんは静岡にいます。 連絡したらおじさん以外みんな来てくれました。 その日の夜は娘と実家にいました。 そしてドライアイスで冷たい母と同じ [続きを読む]
  • 退院そして入院
  • 母と今となっては最後のクリスマスを実家でやりました。 今まで殆ど食欲のなかった母がケーキを少しだけ食べて みんなで過ごしました。 その次の年 新年のあいさつにいったら 母が ポチ袋に入れてお金をくれました。 いらないよって言ったのに 母は「もうお母さん何もしてあげれないから」 そう言って… そのお金と袋は今でも大切にお財布に入れてあります。 母の匂いはもうついてないけど 母が生きた証として。その袋 [続きを読む]