けんこーほーし さん プロフィール

  •  
けんこーほーしさん: つれづれ音楽サロン
ハンドル名けんこーほーし さん
ブログタイトルつれづれ音楽サロン
ブログURLhttps://ameblo.jp/urabe-kaneyoshi/
サイト紹介文2017年に定年退職しました。在職中に集めたクラシック音楽CDをB級オーディオで聴きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供179回 / 245日(平均5.1回/週) - 参加 2018/02/16 14:27

けんこーほーし さんのブログ記事

  • 武満徹「ノヴェンバー・ステップス」
  • 武満徹「ノヴェンバー・ステップス」です。 この曲聴いたことありません。BOXセットにはありませんので、聴いたことのない単品CD、横山勝也(尺八)/鶴田錦史(琵琶)/小澤征爾/サイトウ・キネン・オーケストラをB級オーディオBセットで聴きます。 うーん。難しい曲です。全体的に何を表現しているのかよく分かりません。「11月の階段」?。違う言語を聞いている感覚です。このCDには、他にも「セレモニアル〜オーケ [続きを読む]
  • プロコフィエフ「ピアノ協奏曲第3番」
  • プロコフィエフ「ピアノ協奏曲第3番」です。 この曲聴いたことありません。BOXセットには、①グラモフォン黄箱にアルゲリッチ/アバド/ベルリン・フィル(3)、②デッカ箱にカッチェン/ケルテス/ロンドン響(23)、③RCA LIVING STEREO箱にクライバーン/ウォルター・ヘンドル/シカゴ響(23)、④マーキュリー箱にバイロン・ジャニス/コンドラシン/モスクワ・フィル(32)があります。ここでは [続きを読む]
  • プロコフィエフ「ヴァイオリン協奏曲第2番」
  • プロコフィエフ「ヴァイオリン協奏曲第2番」です。 この曲聴いたことありません。BOXセットには、①RCA LIVING STEREO箱にハイフェッツ/ミュンシュ/ボストン響(14)、②オーマンディ・コンダクツ・20世紀箱(5)にパールマンがあります。ここでは、①をB級オーディオBセットで聴きます。 1楽章 大変充実した聴き応えのある曲です。2楽章 美しいワルツにうっとりします。3楽章 民謡風のメロデ [続きを読む]
  • ショスタコーヴィチ「弦楽四重奏曲第8番」
  • ショスタコーヴィチ「弦楽四重奏曲第8番」です。 ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲は聴いたことありません。全15曲の弦楽四重奏曲の中で一番有名なのが第8番のようです。BOXセットには、エマーソンSQの全集(3)がありますので、B級オーディオAセットで聴きます。 1楽章は、暗く重苦しい音楽です。2楽章は、追いつめられたような緊張感の塊のような音楽です。3楽章は、おどけたような、ふざけたような音楽です。4 [続きを読む]
  • ショスタコーヴィチ「交響曲第15番」
  • ショスタコーヴィチ「交響曲第15番」です。 この曲聴いたことありません。BOXセットには、バルシャイ・ショスタコーヴィチ・シンフォニー箱(11)がありますので、B級オーディオBセットで聴きます。 1楽章。おっと!ロッシーニの「ウィリアム・テル序曲」のメロディーが!。2楽章。、金管の合奏で始まり、「ウィリアム・テル序曲」のチェロやショパンのピアノ・ソナタ2番の「葬送行進曲」らしきメロディーの断片が!。 [続きを読む]
  • ショスタコーヴィチ「交響曲第10番」
  • ショスタコーヴィチ「交響曲第10番」です。 この曲聴いたことありません。BOXセットには、①カラヤン60年箱(46)、②バルシャイ・ショスタコーヴィチ・シンフォニー箱(6)があります。ここでは①をB級オーディオBセットで聴きます。 4楽章で演奏時間51分を超えます。第9番と打って変わって、概ねショスタコーヴィチの交響曲のイメージどおりの曲です。1楽章は暗く重く始まり哀愁を感じさせます。2楽章は速いテ [続きを読む]
  • ショスタコーヴィチ「交響曲第9番」
  • ショスタコーヴィチ「交響曲第9番」です。 この曲聴いたことありません。BOXセットには、①バーンスタイン・シンフォニー箱(51)、②バルシャイ・ショスタコーヴィチ・シンフォニー箱(6)があります。ここでは①をB級オーディオBセットで聴きます。 5楽章で演奏時間25分くらいの短い曲です。第二次世界大戦後に発表された曲なので、単純に時間軸で区切れば、この曲から「現代音楽」の範疇なのでしょう。1楽章はショ [続きを読む]
  • ショスタコーヴィチ「交響曲第8番」
  • ショスタコーヴィチ「交響曲第8番」です。 この曲聴いたことありません。BOXセットには、バルシャイ・ショスタコーヴィチ・シンフォニー箱(5)がありますので、B級オーディオBセットで聴きます。 5楽章で演奏時間64分です。 1楽章は、交響曲第5番とそっくりのフレーズが頻出します。2楽章は、跳ねるような音楽です。3楽章は、弦がリズムを刻む異様な緊張感の音楽です。4楽章は、彷徨うようなメロディーのとても暗 [続きを読む]
  • ショスタコーヴィチ「交響曲第5番」
  • ショスタコーヴィチ「交響曲第5番」です。 この曲初めて聴いたのは、ムラヴィンスキー/レニングラードのLPでした。乏しい小遣いでせっかく買ったのに、ひどい音にがっかりしたのを覚えています。ジャッケトには録音年や「MONO」の表示もありませんでした。その後メロディア・レーベルのレコードには手を出さなくなりました。それでも、レニングラード・フィルのトランペットの異常な迫力には度肝を抜かれました。まともに [続きを読む]
  • ショスタコーヴィチ「交響曲第4番」
  • ショスタコーヴィチ「交響曲第4番」です。 ショスタコーヴィチの交響曲は第5番しか聴いたことありません。BOXセットには、バルシャイ・ショスタコーヴィチ・シンフォニーズ箱にケルン放響(2)がありますので、B級オーディオBセットで聴きます。 交響曲第5番と似たような雰囲気が漂っている曲です。同じ作曲家なので当然ですね。マーラーの影響を受けて作曲したようですが、確かにマーラーの交響曲に登場するフレーズと思 [続きを読む]
  • ベルク「歌劇”ヴォツェック”」
  • ベルク「歌劇”ヴォツェック”」です。 この歌劇は観たことありません。デアゴスティーニ・オペラ・コレクションの中にはありませんので、単品DVDを見ます。リセウ大歌劇場管弦楽団・合唱団他、指揮:セヴァスティアン・ヴァイグレ、演出:カリスト・ビエイト。なお、視聴機器は記載しませんが、映像はハイビジョン・プロジェクターで100インチスクリーンに映写、音声はAVアンプのドルビーサラウンド7.1チャンネルで聴 [続きを読む]
  • ストラヴィンスキー「バレエ音楽”ペトルーシュカ”
  • ストラヴィンスキー「バレエ音楽”ペトルーシュカ”」です。 この曲初めて聴いたのは、モントゥー/パリ音楽院のLPでした。この曲のピアノ版は、「のだめ」が初めてのピアノ・コンクールで大失敗の名演(「今日の料理のテーマ」挿入)をやらかした曲ですね。 BOXセットには、①グラモフォン赤箱にブーレーズ/クリーブランド(8)、②マーキュリー箱にドラティ/ミネアポリス響(13)、③バーンスタイン・コンオケ箱(64 [続きを読む]
  • ストラヴィンスキー「バレエ音楽”春の祭典”」
  • ストラヴィンスキー「バレエ音楽”春の祭典”」です。 この曲初めて聴いたのは、モントゥー/パリ音楽院のLPでした。当時は斬新な音楽に驚いたものですが、今となっては普通に聴ける音楽ですね。何と言ってもオーディオ的に楽しめる曲です。 BOXセットには、①グラモフォン赤箱にブーレーズ/クリーヴランド(8)、②マーキュリー2箱にドラティ/ミネアポリス響(54)、③フィリップス箱にゲルギエフ/キーロフ歌劇場(1 [続きを読む]
  • バルトーク「弦楽四重奏曲」
  • バルトーク「弦楽四重奏曲」です。 この曲聴いたことありません。BOXセットには見当たりませんが、聴いたことがないアルバン・ベルグSQの2枚組CDがあります。1番から6番まで全曲をB級オーディオAセットで聴きます。 バルトークの作品ということで、管弦楽曲のように民族的音楽が続々登場するのかと思っていました。ところが弦楽四重奏曲は、音楽というより密度の濃い音の塊のようです。1〜6番までどこを切り取っても [続きを読む]
  • バルトーク「管弦楽のための協奏曲」
  • バルトーク「管弦楽のための協奏曲」です。 この曲部分的には聴いたことありますが、全曲通して聴いたことありません。BOXセットには、①RCA LIVING STEREO箱にライナー/シカゴ響(5)、②マーキュリー2箱にドラティ/ロンドン響(3)、③バーンスタイン・コンオケ箱(2)、④オーマンディ・コンダクツ・20世紀箱(8)があります。ここでは①と④をB級オーディオBセットで聴きます。 バルトークの管 [続きを読む]
  • バルトーク「弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽」
  • バルトーク「弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽」です。 この曲初めて聴いたのは、ライナー/シカゴ響のLPでした。1楽章の冒頭から、なにやら異様な緊張感のある不思議な音楽にびっくりしたものです。オーディオ的にも楽しめる曲ですね。なおカップリングされていた「ハンガリアン・スケッチ」という曲は、民族的で泥臭い(失礼!)音楽、こちらも違う意味でびっくりしたのを覚えています。 BOXセットには、その①RC [続きを読む]
  • ラヴェル「ピアノ協奏曲」
  • ラヴェル「ピアノ協奏曲」です。 この曲聴いたことありません。BOXセットには、①グラモフォン黄箱にアルゲリッチ/アバド/ベルリン・フィル(3)、②デッカ箱にカッチェン/ケルテス/ロンドン響(23)、③バーンスタイン・コンオケ箱にバーンスタイン弾き振り(15)、④マルティノン・ドビュッシー・ラベル・オーケストラ・ワークス箱にチッコリーニ/パリ管(8)があります。ここでは全部をB級オーディオBセットで [続きを読む]
  • ラヴェル「ボレロ」
  • ラヴェル「ボレロ」です。 この曲初めて聴いたのは、だれの演奏だったか思い出せません。オーディオ的にも楽しめる曲ですね。 BOXセットには、演奏時間の短い順に、①マーキュリー2箱にポール・パレー/デトロイト響(46)13分24秒1958年録音、②RCA LIVING STEREO箱にミュンシュ/ボストン響13分49秒1956年、③バーンスタイン・コンオケ箱にニューヨーク・フィル(56)14分19秒19 [続きを読む]
  • ホルスト「組曲”惑星”」
  • ホルスト「組曲”惑星”」です。 この曲初めて聴いたのは、ボールト/ニューフィルハーモニアのLPでした。第1曲「火星」の冒頭の「タカタタンタンタタタン」というリズムが、白土三平の漫画に時々登場する呪文「アブラウンケンソワカ」に聴こえるのは私だけでしょうか。 BOXセットには、①カラヤン・デッカ箱(7)、②バーンスタイン・コンオケ箱(50)、③オーマンディ・コンダクツ20世紀箱(3)があります。①・②は [続きを読む]
  • ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」
  • ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」です。 この曲初めて聴いたのは、ボレット/デュトワ/モントリオール響のCDでした。大好きな曲なので単品CD何枚かあります。「のだめ」で有名になりましたね。BOXセットには、①RCA LIVING STEREO箱にクライバーン/ライナー/シカゴ響(7)、②グラモフォン赤箱にリヒテル/ヴィスロッキ/ワルシャワ国立フィル(49)、③バーンスタイン・コンオケ箱にアントルモ [続きを読む]
  • シベリウス「ヴァイオリン協奏曲」
  • シベリウス「ヴァイオリン協奏曲」です。 この曲聴いたことありません。BOXセットには、①RCA LIVING STEREO箱にハイフェッツ/ワルター・ヘンドル/シカゴ響(14)、②フィリップス箱にムローヴァ/小澤征爾/ボストン響(37)、③グラモフォン黄箱にヒラリー・ハーン/サロネン/スウェーデン放送響(22)、④カラヤン60年箱にクリスチャン・フェラス(25)、⑤バーンスタイン・コンオケ箱にフラ [続きを読む]
  • シベリウス「交響曲第6番」
  • シベリウス「交響曲第6番」です。 この曲聴いたことありません。BOXセットには、①カラヤン60年箱(58)、②バーンスタイン・シンフォニー箱(54)がありますが、他に聴いたことがないCDに③パーヴォ・ベルグルンド/ボーンマス響のシベリウス交響曲全集4枚組(3)があります。ここでは③をB級オーディオBセットで聴きます。 4楽章ですが、30分を少し超える程度の短い曲です。交響曲2番から5番、6番と、どん [続きを読む]
  • シベリウス「交響曲第5番」
  • シベリウス「交響曲第5番」です。 この曲聴いたことありません。BOXセットには、①カラヤン60年箱(27)、②バーンスタイン・シンフォニー箱(56)があります。ここでは、①をB級オーディオBセットで聴きます。 3楽章の交響曲です。全く中だるみのない大変充実した曲です。シベリウスらしい、速い動きの音・弦のピチカート・哀愁を帯びたメローディー・雄大な盛り上がり方等々は、交響曲第2番よりさらに洗練されてい [続きを読む]