けんこーほーし さん プロフィール

  •  
けんこーほーしさん: つれづれ音楽サロン
ハンドル名けんこーほーし さん
ブログタイトルつれづれ音楽サロン
ブログURLhttps://ameblo.jp/urabe-kaneyoshi/
サイト紹介文2017年に定年退職しました。在職中に集めたクラシック音楽CDをB級オーディオで聴きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 128日(平均6.0回/週) - 参加 2018/02/16 14:27

けんこーほーし さんのブログ記事

  • ブルックナー「交響曲第9番」
  • ブルックナー「交響曲第9番」です。 この曲は、ずっと前にカラヤン/ベルリンフィルのLPを聴いた記憶がありますが、あまり覚えていません。 BOXセットは、①オイゲン・ヨッフム/ドレスデン・シュターツカペレの全集(9)、②ロベルト・パーテルノストロ/ロイトリンゲン・ヴュルテンベルク・フィルの全集(10)、③カラヤン60年箱(39)、④カラヤン70年箱(51)、⑤バーンスタイン・シンフォニー箱(13)があ [続きを読む]
  • ブルックナー「交響曲第8番」
  • ブルックナー「交響曲第8番」です。 この曲は聴いたことがありません。BOXセットは、①オイゲン・ヨッフム/ドレスデン・シュターツカペレの全集(8)、②ロベルト・パーテルノストロ/ロイトリンゲン・ヴュルテンベルク・フィルの全集(8・9)があります。ここでは、①をB級オーディオBセットで聴きます。 う〜ん。これもブルックナーの音楽そのものです。混沌とした音楽です。3楽章は穏やかですが、特に美しいメロディ [続きを読む]
  • ブルックナー「交響曲第7番」
  • ブルックナー「交響曲第7番」です。 この曲は聴いたことがありません。BOXセットは、①オイゲン・ヨッフム/ドレスデン・シュターツカペレの全集(7)、②ロベルト・パーテルノストロ/ロイトリンゲン・ヴュルテンベルク・フィルの全集(7)があります。ここでは、②をB級オーディオBセットで聴きます。 う〜ん。やはりブルックナーの音楽そのものです。一貫して不気味な音楽と重厚な音の洪水・・・。ちょっと苦手な音楽で [続きを読む]
  • ブルックナー「交響曲第5番」
  • ブルックナー「交響曲第5番」です。 この曲は聴いたことがありません。BOXセットは、①オイゲン・ヨッフム/ドレスデン・シュターツカペレの全集(5)、②ロベルト・パーテルノストロ/ロイトリンゲン・ヴュルテンベルク・フィルの全集(5)、③カラヤン70年箱(52・53)があります。ここでは、③をB級オーディオBセットで聴きます。 80分間を超える重厚な音の洪水です。これが音楽なのかと問われれば、私には「違 [続きを読む]
  • ブルックナー「交響曲第3番”ワーグナー”」
  • ブルックナー「交響曲第3番”ワーグナー”」です。 ブルックナーの交響曲はまともに聴いたことがありません。これまでは冒頭部分だけを聴いて、そのあまりの重々しさに途中でいやになり、ずっと敬遠してきました。改めてじっくり聴きます。BOXセットは、①オイゲン・ヨッフム/ドレスデン・シュターツカペレの全集(3)、②ロベルト・パーテルノストロ/ロイトリンゲン・ヴュルテンベルク・フィルの全集(3)、③フィリップ [続きを読む]
  • ラロ「スペイン交響曲」
  • ラロ「スペイン交響曲」です。 この曲は聴いたことありません。EMI アンネ・ゾフィー・ムターお徳用3枚セット「SUBLIME MUTTER!」(3) 小澤征爾/フランス国立管弦楽団 を聴きます。 実質は交響曲ではなくヴァイオリン協奏曲ですね。1楽章冒頭からなんとも独特なリズムの音楽です。アジア極東の日本人には分かりませんが、これがスペインの雰囲気なのでしょうか。3楽章や5楽章にも独特のリズムが出てきま [続きを読む]
  • フランク「ヴァイオリン・ソナタ」
  • フランク「ヴァイオリン・ソナタ」です。 この曲聴いたことありません。BOXセットには見当たりません。ここでは、以前購入したまま聴いたことがない、五嶋みどり(ヴァイオリン)/ロバート・マクドナルド(ピアノ)の単品CDを、B級オーディオAセットで聴きます。 1楽章冒頭から印象的な旋律で引き込まれます。2楽章は情熱的かつ幻想的。3楽章は即興的なヴァイオリンがいい味わいです。4楽章は冒頭の美しいメロディに始ま [続きを読む]
  • フランク「交響曲ニ短調」
  • フランク「交響曲ニ短調」です。 この曲は聴いたことありません。BOXセットには、①バーンスタイン・シンフォニー箱(15)、②RCA LIVING STEREO箱にモントゥー/シカゴ響(26)があります。ここでは②をB級オーディオBセットで聴きます。 1楽章は冒頭暗く始まりますが、重厚な音楽です。2楽章はピチカートに乗せたイングリッシュホルンの音がいいですね。どこかシベリウスを連想させる音楽です。3楽 [続きを読む]
  • ビゼー「歌劇”カルメン”」
  • ビゼー「歌劇”カルメン”」です。 この歌劇は見たことありません。でも組曲は有名で、もちろん私も聴いています。デアゴスティーニDVDオペラ・コレクション(1) 1978年ウィーン国立歌劇場におけるライブ 指揮:カルロス・クライバー ウィーン国立歌劇場管弦楽団 を見ます。 えー!。どう見てもカルメンよりミカエラのほうが美しい!。カルメンはただのおばちゃんに見えるぞ!。(カルメン役のエレーナ・オブラスツォ [続きを読む]
  • プッチーニ「歌劇”ラ・ボエーム”」
  • プッチーニ「歌劇”ラ・ボエーム”」です。 この歌劇は見たことありません。デアゴスティーニDVDオペラ・コレクション(7) 2003年アルチンボルディ劇場(ミラノ)におけるライブ  指揮:ブルーノ・バルトレッティ ミラノ・スカラ座管弦楽団 を見ます。 歌劇には、大人の私でも眉をしかめるストーリーが多いです。でも、この歌劇は、青春の悲しさが美しい歌で綴られた名作です。特にロドルフォの歌う「なんて冷たい小 [続きを読む]
  • プッチーニ「歌劇”蝶々夫人”」
  • プッチーニ「歌劇”蝶々夫人”」です。 この歌劇は見たことありません。ディアゴスティーニDVDオペラ・コレクション(4) 2004年アレーナ・ディ・ヴェローナにおけるライブ 指揮・ダニエル・オーレン を見ます。 「♪あーる晴れた日ー」って音楽の教科書に載ってたような気がします。でもなかなかシビアで残酷なストーリーです。良い子が読む教科書には詳細なストーリー載せられませんね。オペラは子供に見せられないも [続きを読む]
  • ヴェルディ「歌劇”椿姫”」
  • ヴェルディ「歌劇”椿姫”」です。 この歌劇は、有名な「乾杯の歌」など一部聴いたことありますが、通して見たことありません。デアゴスティーニDVDオペラ・コレクション(2)1994年コヴェント・ガーデン王立歌劇場ライブ 指揮:ショルティ を見ます。 よくできた歌劇です。ストーリーは単純ですが、音楽が美しく場面設定も分かりやすくて見る人を飽きさせません。ワーグナー「ニーベルングの指輪」を見た後では短くすら [続きを読む]
  • ヴェルディ「レクイエム」
  • ヴェルディ「レクイエム」です。 この曲は全部通して聴いたことがありません。有名な「怒りの日」はテレビなどでもよく登場します。その強烈な音は一度聴いたら忘れませんね。 BOXセットには、フィリップス箱にエリオット・ガーディナー/オルケストラ・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク、モンテヴェルディ合唱団(17)がありますので、B級オーディオBセットで聴きます。 「怒りの日」だけでなく、聴きどころ満載 [続きを読む]
  • ワーグナー「管弦楽曲集」
  • ワーグナー「管弦楽曲集」です。 初めて聴いたのは誰の演奏だったでしょうか。思い出せませんが、とにかく「マイスタージンガー前奏曲」、「タンホイザー序曲・行進曲」、「ローエングリン第3幕前奏曲」、「ワルキューレの騎行」等どれもかっこいい曲ばかりです。オーディオ的にも楽しめる曲なので、単品CD数種類あります。 BOXセットには①バーンスタイン・コンオケ箱(69・70)、②レオポルド・ストコフスキー箱(4・ [続きを読む]
  • ワーグナー「楽劇”神々の黄昏”」
  • ワーグナー「楽劇”神々の黄昏”」です。 この楽劇見たことありません。 1990年メトロポリタン歌劇場ライブDVD 指揮:レヴァイン メトロポリタン歌劇場管弦楽団 を見ます。 おお!。思わぬ展開にハラハラドキドキ。「トリスタンとイゾルデ」に続き、ワーグナーは薬物好き?。ジークフリートは、背中を刺され瀕死の状態のなか苦しそうな表情で力強く歌ってます。(すごい生命力!)あのヴォータンという神野郎は登場しま [続きを読む]
  • ワーグナー「楽劇”ジークフリート”」
  • ワーグナー「楽劇”ジークフリート”」です。 この楽劇は見たことありません。 1990年メトロポリタン歌劇場ライブDVD 指揮;レヴァイン メトロポリタン歌劇場管弦楽団を見ます。 ヴォーダンという神野郎(失礼!)が、「さすらい人」となって、やたらちょっかいを出したり、智の神に相談するが答えてもらえなかったり、およそ神様らしくありません。巨人が大蛇になったようですが、蛇に見えない・・・。物語4部作、今後 [続きを読む]
  • ワーグナー「楽劇”ヴァルキューレ”」
  • ワーグナー「楽劇”ヴァルキューレ”」です。 この楽劇見たことありません。1989年メトロポリタン歌劇場ライブDVD 指揮:レヴァイン メトロポリタン歌劇場管弦楽団 を見ます。 いやー。このヴォータンという野郎、いや神様はとんでもない野郎、いや神様です。妻のフリッカには頭が上がらないくせに、従順だった娘のブリュンヒルデには厳しい罰を与えます。それも、もとはと言えば自分の方針を妻に言われて撤回したからな [続きを読む]
  • ワーグナー「楽劇”ラインの黄金”」
  • ワーグナー「楽劇”ラインの黄金”」です。 この楽劇は見たことがありません。1990年メトロポリタン歌劇場ライブのDVD 指揮:ジェイムズ・レヴァイン メトロポリタン歌劇場管弦楽団 を見ます。 「トリスタンとイゾルデ」と違い面白かったです。契約は守らないし、黄金の指輪には執着するし、このヴォータンという神様ってどんな人、いや神?。ニーベルングの指輪4部作の続きが楽しみになります。ワーグナーの管弦楽曲集 [続きを読む]
  • ワーグナー「楽劇”トリスタンとイゾルデ”」
  • ワーグナー「楽劇”トリスタンとイゾルデ”」です。 この楽劇見たことがありません。モーツァルトの「魔笛」以来の、デアゴスティーニ・DVD・オペラ・コレクションです。NO.37を見ます。1983年バイロイト祝祭劇場ライブ 指揮:バレンボイム トリスタン:ルネ・コロ(テノール) イゾルデ:ヨハンナ・マイアー(ソプラノ)。 うーん。毒薬とすり替えられた愛の媚薬を飲んだことによる悲劇なのですが、4時間は長いで [続きを読む]
  • シューマン「歌曲集”詩人の恋”」
  • シューマン「歌曲集”詩人の恋”」です。 この曲は聴いたことがありません。BOXセットには、グラモフォン赤箱にヴンダーリヒ(テノール)/ギーゼン(ピアノ)(54)がありますので、B級オーディオAセットで聴きます。 ドイツ語の歌曲は、怒鳴り声のように聴こえるので少々苦手です。恐る恐る聴き始めましたが、この曲は大丈夫です。全16曲シューマンらしいロマン溢れるよい曲です。前回の「女の愛と生涯」より美しいメロ [続きを読む]
  • シューマン「歌曲集”女の愛と生涯”」
  • シューマン「歌曲集”女の愛と生涯”」です。 この曲は聴いたことがありません。 BOXセットには、ブリリアント・シューマン・ソングス/リーダー箱にフェリシティ・ロット(ソプラノ)/グラハム・ジョンソン(ピアノ)(2)がありますので、B級オーディオAセットで聴きます。 ドイツ語の歌は怒鳴っているようで苦手です。でもこの曲は大丈夫でした。もしかしたら下記のとおり録音のおかげかも知れません。全体的にシューマ [続きを読む]
  • シューマン「ピアノ独奏曲」
  • シューマン「ピアノ独奏曲」です。 シューマンのピアノ独奏曲は聴いたことがありません。BOXセットには、グラモフォン黄箱に「子供の情景」ラン・ラン(32)があるくらいです。単品では、購入したまま聴いたことがない、①ホロヴィッツ「子供の情景/クライスレリアーナ他」、②アルゲリッチ「幻想曲&幻想小曲集」があります。①・②をB級オーディオAセットで聴きます。 まずは①です。「トッカータ」は、独特のリズムが支 [続きを読む]
  • シューマン「ピアノ協奏曲」
  • シューマン「ピアノ協奏曲」です。 この曲は聴いたことありません。 BOXセットには、①グラモフォン黄箱にエレーヌ・グリモー/サロネン/シュターツカペレ・ドレスデン(20)、②フィリップス箱にコヴァセヴィッチ/コリン・デイヴィス/BBC響(31)、③マーキュリー箱にバイロン・ジャニス/スクロヴァチェフスキ/ミネアポリス響(26)があります。ここでは①をB級オーディオBセットで聴きます。 1楽章は、いき [続きを読む]
  • シューマン「交響曲第4番」
  • シューマン「交響曲第4番」です。 この曲は聴いたことがありません。 BOXセットには、①カラヤン70年箱(6)、②バーンスタイン・シンフォニー箱(48)があります。ここでは①、②をB級オーディオBセットで聴きます。 交響曲第3番”ライン”と同様に、少しメンデルスゾーンの曲を連想させるロマンティックな曲です。2楽章のヴァイオリンのソロもいいですね。とてもよい曲です。 ①は②に比べて軽快な演奏です。19 [続きを読む]