別荘地は負の遺産 さん プロフィール

  •  
別荘地は負の遺産さん: 別荘地は負の遺産
ハンドル名別荘地は負の遺産 さん
ブログタイトル別荘地は負の遺産
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/shigadonbe
サイト紹介文京都府のるり渓清流台にわずかばかりの土地を持つものですが、共益私設維持管理費なる請求書が届きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 78日(平均0.4回/週) - 参加 2018/02/16 17:40

別荘地は負の遺産 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 催告書
  • 契約の無いケーアールジーなる別荘地管理会社の代理人E−ジャスティス法律事務所から催促状が届きました。2月8日付けで「受任通知兼請求書」が届き、今回は3月19日付けで「催告書」が届きました。一切の契約もなく、管理の実態もないのに常識を疑います。放置、無視すれば良いのですが、気分を害す通知です。このような通知で騙される人が居るので、送ってくるのでしょうが、取り締まる方法は無いのでしょうか。 [続きを読む]
  • 別荘地の管理?
  • 整然と管理された立派な別荘地から、全く管理されていない別荘地まで色々です。理想的には、大きな区画で整然と管理された土地が良い別荘地なのでしょう。土地の管理費は土地面積に合わせて請求されるので、広い敷地を持つと高くなり、土地が小さければ負担も少なくなります。そこに建物を建てない間も、管理費はかかりますし、建物が建つと、建物の管理費も加算されます。しかし、るり渓清流台の場合、昭和47年頃に販売していた会 [続きを読む]
  • るり渓清流台
  • るり渓は京都の軽井沢と言われて美しい所です。昭和48年頃別荘地として売り出され多くの人が購入した場所です。その後開発した業者が倒産し、全管連なるものが勝手に管理業務を引き受けると参入してきました。この全管連も倒産し、KRGなる業者が引き継いだと宣言しています。このため、別荘地の所有者は多くの権利を阻害され、多大な迷惑を被り、売却も出来なくなりました。管理費なる請求までもきますが、これは無視ですがとて [続きを読む]
  • 契約ないものは放置する
  • コメント有難うございました。同じ悩みの人いること心強くしています。国民生活センターのホームページによれば契約ないものに対応の必要はないそうで、応答しない方が良いそうです。私も弱気になっていましたが、今回も無視することに決めました。その後、調べてみたら、同じ問題でがんばってられる人々がおられ、プログでアドバイスもしてくれています。とても心強くなりました。下記にURL記入しておきますので参考にされると良 [続きを読む]
  • 立春も過ぎて
  • 立春も過ぎて春の陽ざしを浴びて気分よくしていましたが、不愉快な葉書が到達いたしました。「受任通知 兼 請求書」なる文書です。発送人は弁護士法人E−ジャステス法律事務所です。るり渓清流台共益私設維持管理費(年間負担金)32400円の5年分合計145800円です。気分の悪い話です。購入は昭和47年ですが、購入時の説明では、建築をしなければ維持管理費は無料、別途永年会員権でプール、温泉の割引ができるとのことでした。こ [続きを読む]
  • 過去の記事 …