Drumnet dai さん プロフィール

  •  
Drumnet daiさん: ドラム講師の子育てブログ
ハンドル名Drumnet dai さん
ブログタイトルドラム講師の子育てブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/drumnet-dai/
サイト紹介文ドラム講師のちょっと変わった子育てブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 61日(平均2.1回/週) - 参加 2018/02/17 21:35

Drumnet dai さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 約束を守れなかったときのこと(前)
  • 娘がまだ2歳になるかならないかの頃の出来事。僕は娘をベビーカーに乗せて買い物に。僕と娘、目的はそれぞれ違って、僕は食材や衣類など必要なものを。娘はショッピングモール内にある、大きな風船とかがある遊び場に行きたいとのこと。娘には先に僕の買い物に付き合ってもらって、その後で一緒に遊びに行こう!と約束。とはいえ、買い物は良いものが見つからなかったりで、かなり時間がかかり、ベビーカーから「ねー、まだ〜?」 [続きを読む]
  • 「学べ、そして忘れろ」
  • 前回、僕はいわゆる“テクニック”を使って子どもと仲良くなりました。しかも彼のプライドの高さを利用したテクニックでした。それってどうですか??“テクニックを使って人と仲良くなる”大人の小賢しさというか。。なんだか自分でも嫌な感じです。。(~_~;)特に叩けるくせして、わざと間違えながら「あれ?こう?」なんて聞くのは本当にわざとらしい(~_~;)きっと少しは彼にも違和感があったと思いますよ。。その後で彼自身が作 [続きを読む]
  • 生意気炸裂
  • はじめましての挨拶を僕がすると彼は「誰?お前」みたいな顔。それが前々回から書いている生意気な彼との出会いです(笑)当時彼は小学3年生くらい。僕はドラムの講師をはじめて間もない頃。もともと彼のレッスンは僕の先輩ドラマーがやっていて、それを僕が引き継いだ形でした。彼は教室に入っては毎回ただただバカスカとドラムを叩きまくるだけ。僕から習うなんてとんでもない、話そうともしません。僕は彼に完全にナメられてい [続きを読む]
  • 自信と個性を育むパターンその1
  • 前回からの続きえ??ちょっと待った。その彼はEテレのおじさんから“教わっている”よね?そのおじさんってテレビに出るくらいの先生じゃないの?結局は先生から教わっている。。やっぱり先生から教わったからこそ成果があったんでしょ。確かに教わっているとも言えるんですが、大事なポイントはテレビのおじさんは彼のことを知らないし、彼個人に対して教えているわけではないということ。それを彼も分かっているから、彼にとっ [続きを読む]
  • 教わることは奪われること
  • 10年くらい前、小学5年男子の生徒に「教わることは奪われることでもあるんだよね。」と言われたことがあります。きっかけは彼がドラムを叩いてて、思ったように上手くいかなかったとき。僕はその様子をしばらく見ていて「なんでだろな」と、ひとことだけ言うと彼は少し考えて「なんでか教えて欲しいけど、教わることは奪われることでもあるんだよね。」そのとき僕はびっくりして、「お前よくそんなこと知ってるな!なんで知ってる [続きを読む]
  • キレイにやらない“そのまんま育児”
  • 昔、僕が学校でのことを親父に相談したとき、親父は何も教えてくれませんでした。。それで最悪の結果を招きました。。(><)そのとき思ったのは“あのとき相談したのに!親父はこうなることは分かってたんじゃないのか??なんで何も教えてくれなかったんだよ!”一瞬、恨みも覚えたくらいですが、親父からすれば、とばっちりですよね(笑)そもそも僕が自分で考えて自分で行動した結果ですしね(^^;;だから、もちろんそんなことで [続きを読む]
  • 親が子どもにできること、できなくて良いこと。
  • 親がわざわざ教えることで子どもの成長を邪魔してしまうことって沢山ありますよね。自分らしく生きていく術が掴みにくくなっちゃう。。例えば最近ずっと話している“我慢”にしても、本人が自分で考えて、そして“今は我慢するのが得策だ!”と思ったのならばそうすれば良いです。“自分自身で”決めることが大事。誰かにすすめられる形より自身の成長に繋がると思います。そう自分で判断した結果、ばっちり成功したらそれはもう [続きを読む]
  • 良い子ってどんな子?偉いってなに??
  • “じじ臭いこと言ってないで思いっきりやれよ”“我慢を覚えなくちゃな”どっちも“そのとき”の僕に対する否定的な意味を含む意見。と、同時にどっちにも僕の将来のためを思った親心があるんでしょうけど。でも僕の心に気持ち良く響いたのは片方だけ。響かなかったのは、もちろん我慢の方。我慢をしたことない人間なんて、いないと思いますよ。欲しいものが買えない。寒いけど家に帰るまで暖かくない。いや、帰る家がない。親が [続きを読む]
  • 笑われた恩返しの気持ち
  • 僕は大学受験のとき、音大を受験しました。その試験前のことです。僕はこの受験で、先生方をはじめ、たくさんの方々を困らせて、たくさんの方々にご協力いただいたので、僕は親父にこんなことを言いました。「合格して恩返ししたい」すると、すぐ鼻で笑われました。そして、「恩返しとか、じじ臭いこと言ってないで思いっきりやれよ」そう言われました。言われた瞬間は複雑です。「え?人にお世話になったときって普通そう言うじ [続きを読む]
  • “我慢”をすすめた僕の父
  • 自動車会社の経営をしていた親父(もともとは高卒の整備士)は僕と違って読書家で、アクティブで情熱家で、車よりも“人”が好きでした。僕は親父のことが大好きで、家族でドライブするときは必ず助手席に座りました。運転している親父と話しやすいですから。それは成人してからも変わらず、僕は家の車の後部座席に一度も座ったことがありません。親父とは学生の頃までたくさん話しました。親父が話すことに難しすぎてワケの分か [続きを読む]
  • 君の毎日は君のもの
  • 11歳にして自己啓発本 「見てる、知ってる、考えてる」 を出した中島芭旺くん。昨日HDDに撮りだめしたものを見たらその中に、彼とそのお母さんが出演した番組が!たまたま前回のブログ内容と繋がっていたので、今回はこの番組内での話を◎坂上さんの「我慢の理論ってあるじゃないですか?」その質問に芭旺くんのお母さん「来た!」お母さんはよくそんな質問をされる(というか叩きつけられる?)そうです。お母さん「我慢はむしろ [続きを読む]
  • “義務教育” or “自由気ままな生活”
  • “どうして3歳になったら幼稚園に行くの?”幼稚園に3年通って小学生になり、中学生になり。。というレール。義務教育が始まれば、字の読み書き、数字の計算、2年生になれば かけ算九九をこれでもか!ってくらいやる。。前回、そんな感じで書いたとおり、僕は義務教育に強い違和感を持っています!(義務教育と個人的人権の尊重は矛盾してると昔から思ってた)でも、それは僕の個人的な感覚であって、義務教育を否定しているわけ [続きを読む]
  • ただの甘やかし??
  • 子育てにいろいろなやり方がある中、うちでは幼稚園にも(小学校にも)行かないという選択をしました。娘は毎日ずっと家にいるので、親が疲れる毎日になるという不安はありましたが、それとは裏腹に娘の癇癪はやや落ち着き、むしろ楽な生活になってきました!癇癪が治ってきた理由は単純です◎行きたくなかった幼稚園に行かないことで彼女のストレスは減り、嫌な毎日から一転して、自由な毎日になったから。この結果は、当たり前 [続きを読む]
  • 子どもの意思、大人の意思、何が違う?
  • 幼稚園をやめた娘。でも親として幼稚園に通って欲しかった理由。。それは“幼稚園という社会に出て社会性を身につけて欲しい”とか、そんな理由ではなく、理由はただ一つ、僕ら親が娘から解放されたかったから。親が疲れきっていたら育児は難しくなるから。。いや、そんな冷静なものじゃなく、ただ辛い時間を過ごしたくなかった。。(><)でも、どうしても娘は家にいたい、おかあと一緒にいたい(僕ではない 笑)。娘の意思も理由 [続きを読む]
  • 娘が3歳で幼稚園を辞めた理由
  • 「気持ち、考えを尊重する」娘が幼稚園をやめた理由僕「なんで幼稚園に行きたくないの?」娘「もっとおかあ(お母さん)と一緒にいたいから!」理由ははっきりしてました。そりゃそうか。だってまだ3歳。。お母さんといたいものなんでしょう。朝の幼稚園に行けばきっと誰でも見たことがある光景。それは幼稚園入り口で“泣きじゃくる子ども”と、幼稚園に入るよう言い聞かせるお母さんの姿。それでも子どもは泣いてどうしようもな [続きを読む]
  • 僕VS娘(幼児!)
  • 僕は子どもを授かる前から とても育児に自信を持っていました。10年続けていた先生(ドラム講師)の仕事では、たくさんの子ども、大人とも向き合えましたから。そのドラムスクールでの経験は自分の育児にも大いに役立つだろうと考えていたのです(もちろんドラムレッスンはちゃんとやっています!)。そして自分にもとうとう娘が生まれました!でも、僕の自信は簡単にへし折れました(><)彼女は生まれた頃から癇癪持ちで、とにか [続きを読む]
  • 子どもが自分自身を大事にするために
  • ・尊重すること(思考、好み、センス)・見逃さないこと(人は人に認められたい)・見守ること(信じること)・認めること(子どもも子ども扱いされたくない)・疑わないこと・否定しないこと・“納得”を大事にすること・勝たせること(勝ち癖をつける)・叱るより怒ること(君とは対等でいたい)・頼ることと、前回、僕が子育てするにあたって大切だと思うことを連ねました。一つ一つに触れて行く前にまずは全体についてお話し [続きを読む]
  • 自分が思う“大切な教育”を思いっきり書きます!
  • 〜最初に〜7歳の僕の娘は3歳のときに幼稚園をやめ、現在も小学校に通わない生活を送っています(本当は通って欲かった!)うちにいるときの娘は好きな時間に起きて、好きなだけゲームをして、好きな時間に食事をとり、好きなYouTubeを制限なく見たりしています。なので、7歳ですが数字は“19”までしか数えられません。文字は“こはる”の “こ”しか書けません(“は” も “る“も難しいようです)。そもそも娘本人は数字を数え [続きを読む]
  • 過去の記事 …