相続遺言専門家(小平、国分寺、小金井、立川、府中) さん プロフィール

  •  
相続遺言専門家(小平、国分寺、小金井、立川、府中)さん: 東京都 多摩 相続・遺言 相談所
ハンドル名相続遺言専門家(小平、国分寺、小金井、立川、府中) さん
ブログタイトル東京都 多摩 相続・遺言 相談所
ブログURLhttps://sozoku.family-terrace.com/
サイト紹介文相続・遺言専門(小平、国分寺、小金井、立川、府中を中心に)の法律家としてわかりやすく詳しく説明します
自由文東京都 多摩地域 小平市に拠点を置き、相続・遺言を専門としている法律家(行政書士)です。

相続相談 初回 1時間無料です。 ・小平市とその隣接市 出張相談 無料です。

ご来所頂くか(駐車場完備、西武多摩湖線 一橋学園駅から徒歩5分)、

小平市、国分寺市、小金井市、国立市、立川市、調布市、西東京市、東久留米市、東村山市、東大和市、府中市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市は無料出張致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 95日(平均0.8回/週) - 参加 2018/02/17 22:21

相続遺言専門家(小平、国分寺、小金井、立川、府中) さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 遺産分割協議に協力しない相続人がいるとき
  • 亡くなった親(被相続人)などが遺言書を書いていない場合は、遺産分割協議書に相続人全員の署名・押印を貰い、不動産や自動車等の名義変更を行う必要があります。↓以前詳しく説明した記事がございますので併せてご覧ください。↓あなたが遺言書を書かなかった場合〜遺された相続人〜 遺産分割協議に協力してくれない相続人が1人以上いる 亡くなった被相続人の遺言書がなく、遺された相続人同士で仲が悪い場合は遺産分割協議書に [続きを読む]
  • 遺留分の計算方法
  • 遺留分とは 配偶者子(直系卑属)親(直系尊属) といった法律で定められた法定相続人が最低限もらえるものを遺留分と言います。注意点は兄弟姉妹に対して遺留分を請求する権利はないことです。 具体的にどういう割合で最低限もらえるのかは既に記事で説明しましたので以下の記事をご覧ください。遺言書でできることは結構多い 遺留分は放棄できる 財産の名義人である被相続人が亡くなる前に「相続権」を放棄することができません [続きを読む]
  • 相続人が認知症やアルツハイマーの場合どうしたらいいか
  • 日本はいま、超高齢社会と言われています。従って認知症やアルツハイマーといった判断能力が不十分である方がご家族にいらっしゃることは不思議ではないです。そこで今回は認知症やアルツハイマーを患っている方が家族にいらっしゃる場合は相続がどうなるのか、どう対策をすればいいのか説明していきます。 遺産分割協議 亡くなった方が遺言書を書いていないときは相続人が複数人存在するときは全員で財産の分け方等を相談して合意 [続きを読む]
  • 遺言が本人の意志だと証明する方法〜相続人争い予防〜
  • これから遺言書を書こうとなさっている方は何らかの事情である相続人に対して多く相続させたいある相続に対して相続させたくないなどなど、通常の法律で定められている相続の分け方とは違った相続をお望みだと思います。従って相続する財産が少ない相続人が不満を持った場合、遺言書というものに対して無効だと主張することが多いのです。以前に説明した記事では「遺言書を遺すことが出来る判断能力」が備わっている証拠集めの方法 [続きを読む]
  • 頭がしっかりしていることを証明する方法〜相続人争い予防〜
  • 遺言書を書くためには遺言書を書くことが出来る判断能力が必要です(遺言能力)。残された相続人の方々の中で、自分にとって不利な内容の遺言書があった場合、その遺言書自体が無効であるという主張を粗探しに近いような形でし始めます。その代表的に主張する例が「遺言能力」なのです。つまり、遺言を遺す方が遺言書を有効に書くことが出来る判断能力をもっていたことを客観的な証拠で証明していく必要があります。そのためにはど [続きを読む]
  • 遺言書に書いてはいけない言葉
  • 前回「遺言書で出来ることは多い」と説明させて頂きました。遺言書でできることは結構多い遺言書というのは誰が見てもわかりやすく、かつ法律上の要件を満たしていなければなりません。しかし遺言書を遺す方が「良かれ」と思って書かれたことが実は遺言書全体を無効にしてしまう落とし穴だということがあり得るのです。もしこれから遺言書を書こうと考えてる方や相続について興味がある方はここから書く記事の内容を覚えておいて損 [続きを読む]
  • 遺言書でできることは結構多い
  • 前回は遺言書を書かなかった場合の相続される財産の割合をくわしく わかりやすく伝えさせて頂きました。あなたが遺言書を書かなかった場合〜遺された相続人〜 今回は遺言書をなんで書く必要があるのか?遺言書にどんなことを書くことが出来るのか?について学んでいきましょう。 相続分の指定 あなたが遺言書を書かなかった場合〜遺された相続人〜上の記事で遺言書を書かなかった場合の財産の分け方(法定相続分)の説明をさせて [続きを読む]
  • あなたが遺言書を書かなかった場合〜遺された相続人〜
  • もしあなたが遺言書を書かずに亡くなられた場合、どうなるかご存知ですか?今回はかゆいところに手が届く、わかりやすく くわしく 解説していきます。 法律で定められた相続財産の分け方(法定相続分) 遺言書がない場合、法律で財産を相続できるのは次の人です配偶者子(相続前に亡くなったら孫)親(養子縁組の養親含む)兄弟姉妹(相続前に亡くなったらその子) 1~4の優先順位で相続していきます。ではどのような割合(法定相 [続きを読む]
  • 「公正証書遺言」と「自筆証書遺言」の違い
  • 昨今はテレビや新聞等で相続のことが取り上げられることが多くなってまいりました。遺言書作成キットや自分で遺言を書くための本が世間に出回る一方で、なぜ、公正証書遺言が年度を増すごとに増えて人気なのか?そこで「公正証書遺言」と「自筆証書遺言」の比較を長所、短所を くわしく わかりやすく説明していきたいと思います。 信用、信憑性 公正証書遺言の「信用、信憑性」 公正証書遺言というのは裁判官や検察官出身が多い「 [続きを読む]
  • 遺言書は自分で作れると思いますか?
  • 遺言書作成キットも買ったし、本も読んだから「遺言書は自分で作れる」その通りです。しかし「遺言書」というものは他の一般的な契約と違います。法律で定められた遺言の厳しい要件をすべて守っているか?遺言書を書いた人が正常な判断能力を持っていた客観的な証拠があるか?遺された相続人が納得するような”争族”にならない内容か?上記の3点をすべて守れていると胸を張って言える方は少ないと思いますし、まだまだたくさん注 [続きを読む]
  • 過去の記事 …