宇宙生物ぷりちーぴ さん プロフィール

  •  
宇宙生物ぷりちーぴさん: 宇宙生物ぷりちーぴ
ハンドル名宇宙生物ぷりちーぴ さん
ブログタイトル宇宙生物ぷりちーぴ
ブログURLhttp://prycheepiblog.blog.fc2.com/
サイト紹介文4コマ、ショートショートを主に掲載しています。お茶目でかわいい宇宙人がツッコミいれてます。
自由文謎の宇宙生物ぷりちーぴが、天の川銀河太陽系第三惑星地球の日本にやってきて、だらだら過ごしていたが、宇宙人としてそれはどうちーぴと思い、ちょっと
4コマやショートストーリ、俳句何かを書き連ねているちーぴ。よろしくちーぴ。
ちなみに「宇宙雑貨ぷりちーぴ」でも、雑貨と一緒に、4コマショートショートを書いているちーぴhttps://prycheepi.web.fc2.com/
こちらもよろしくちーぴ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供453回 / 217日(平均14.6回/週) - 参加 2018/02/18 17:38

宇宙生物ぷりちーぴ さんのブログ記事

  • 180922キックオフにTシャツは揺れ:ss
  • 180922キックオフにTシャツは揺れ:ss「ふぁ〜日射しがまぶしい」9月の風は既に秋を運んでいるが、日射しはまだ夏にしがみついている。俺は、無糖の缶コーヒーを喉に流し込む。そう、無糖だ。気を付けないと微糖をつかまされる事があるので要注意だ。企業戦士たるもの、接待でこれ食えませんは禁句だが、コーヒーにはこだわりたい。何しろ、メーカーも豆から焙煎からこだわって、財布に優しいお値段で提供しているのだ。その心意 [続きを読む]
  • 180921銀河趣味は果てしなく:
  • 180921銀河趣味は果てしなく:「参ったなぁ」ここは寂れた星系のとある惑星の場末の酒場。暖簾をくぐって、熱燗とおでんを頼んだ。おとうしを出されても頭を抱える俺。「お客さん、何不景気な面してんだよぉ。まぁ、この街自体が不景気だがね」だから笑って元気だしなよと大将がガハハと慰める。俺はぽつりぽつりと話す。「いや、俺の開発したシステムが上の目に留ったんだよ。それでトントン拍子に出世したんだがなぁ。その上司が [続きを読む]
  • 180920奥様は魔女とヘイタクシー:ss
  • 180920奥様は魔女とヘイタクシー:ss「ただいま〜」家に帰ると俺はぐったり食卓の椅子に腰かける。「どうしたの?なんか疲れているわね」俺はぐしゃぐしゃと髪の毛をかきまぜて、「いや、電車の中で電子書籍読んでいたんだけど」「読んでいたら?」「ほら、性質の悪い乗客にタクシードライバーが酷い目に遭う事件があるだろ?でも、特定の人種を乗車拒否すると差別につながるだろ?だから性質の悪い乗客の顔を、顔認証システムで [続きを読む]
  • 180919奥様は魔女とガン○ラと天高く:ss
  • 180919奥様は魔女とガン○ラと天高く:ss今日は久しぶりの休み。昨日は残業で遅くなったので、奥様が昼まで寝かせてくれた。(折角の休日なのに家族サービスもしなくて悪いな。そうだ、午後からショッピングに誘おう)そう決まったら、布団から起き上がる。階段を降りてリビングのドアを開けると・・・「お、お前。俺の組み立てたガン○ラガン△ムビルドダイバーズの機体の一つ、 セラヴィーガン△ムシェヘラザードに何スパンコ [続きを読む]
  • 180918銀河の愛と罰ss
  • 180918銀河の愛と罰ss「貴方のその顔、その真一文字の傷。どうしてついたの?」宇宙の片隅の小さなバーで着飾った女が尋ねる。俺は繁々と女を眺める。ふっくらと色づいた唇。成人しているのにあどけない仕草。男を魅惑する術に長けているのだろう。そして女の胸元にはネックレス、ダンシングストーンが煌めいている。「あ、このネックレス。昔の彼氏がくれたのよね。宇宙船乗りだったのよ」問うたわけでもなく答える女。ふふと女が [続きを読む]
  • 180917銀河古の残滓:ss
  • 180917銀河古の残滓:ss「おやっさーん。ちょっと来て下さいよ」部下の若いもんが通信機越しに呼んでいる。部下と言っても、小規模な高山惑星開発屋だ。家族経営といってもいい。「どうした」俺は彼の元へ急ぐ。「いや、おやっさん。こいつ見て下さいよ」俺が彼の前に出る。「こりゃぁ、宇宙暦以前の遠隔操作型人工知能搭載作業ロボットじゃないか」「そうなんですよ。でもこいつら、まだ動いてますよ」「う、これプルトニウム式稼 [続きを読む]
  • 180916奥様は魔女とガン○ラジェンガ:ss
  • 180916奥様は魔女とガン○ラジェンガ:ssリビングの扉を開けると雪国・・・じゃなくて「お、俺のガン○ラがぁ」そう、黄色い悲鳴ならぬ野太い悲鳴を上げる俺。だって、俺が一生懸命作って、奥様に見つからないように隠していたガン○ラが「じぇ、ジェンがになってるぅ」そう、あの長方形の積み木をこれまた直方体に積み上げて、1個1個抜き取って、崩した人が負けという、あのジェンがの積み木にガン○ラがなり果てていたのだ。ご [続きを読む]
  • 180915奥様は魔女とガン○ラお菓子作り:ss
  • 180915奥様は魔女とガン○ラお菓子作り:ss「ただいまぁ、あ、なんかいい匂いがすると思ったら、クッキー焼いていたのか」そう、リビングには甘い匂いが漂っている。「一口貰ってもいいか・・・てこれはガン○ムダブルオースカイ!しかも3Dクッキー!」すると、奥様がニコニコしながら「そうなのよ。日刊魔女界に載っていた焼き方で、『おいしく食べる収納』っていうのよ」「へぇ。それにしてもよくできてるなぁ」!『おいしく [続きを読む]
  • 180914奥様は魔女とガン○ラ地震対策:ss
  • 180914奥様は魔女とガン○ラ地震対策:ss「ねぇ、あなたぁ。あなたの作ったガンプラ何体か欲しいんだけど」書斎にこもっている俺に奥様がおねだりをする。「・・・嫌だ。又、魔法の実験に使うつもりだろう」そう、奥様は魔女なのだ。「い、いやぁねぇ。実験だなんて。ほら、最近災害が多いじゃない?だから、あなたのガン○ラにソーラーパネル内蔵のライトを組み込んで廊下と洗面所に飾ろうと思うのよ。ほら、あなたの趣味と実益 [続きを読む]
  • 180913奥様は魔女とガン○ラはハローマイネーム伊豆:ss
  • 180913奥様は魔女とガン○ラはハローマイネーム伊豆:ss「ねぇ、あなたぁ見て見て〜♪」奥様が俺を呼んでいる。「ん〜何何ぃって、げっ俺のガン○ラ又改造して。なんでこいつメガネかけてんだよ」「うふふ、魔法で英語圏の妖精さんをガン○ラの中に入れて音声機能をつけたのよ」そう、奥様は魔女なのだ。「なんだよ。それ、新手の英語教材を開発したのか?」「そうなのよう。日本人って学校で英語習ってもちっとも上達しないでし [続きを読む]
  • 180912奥様は魔女とガン○ラ調味料戦記:ss
  • 180912奥様は魔女とガン○ラ調味料戦記:ss「ふにゃぁ〜」「どうしたお前!」下のキッチンから奥様の悲鳴が聞こえ、急いで2階から降りる俺。時は5時を回る。奥様は料理を作っているはず。急いでリビングに向かうと、キッチンで奥様が「俺の作ったガン○ラが宙に浮いているっってお前また魔法で俺のガン○ラに細工したな」そう、奥様は魔女なのだ。「だって、あなた次から次へとガン○ラ作るじゃない。活用して何が悪いの!!収納 [続きを読む]
  • 180911奥様は魔女とガン○ラスノードーム:ss
  • 180911奥様は魔女とガン○ラスノードーム:ss「ただいま〜ってハニーどこぉ」家に帰ってリビングの灯りのスイッチを押す。キョロキョロして奥様の姿を探す。「ここよぉあなた」食卓の上から声がするのでそちらに視線を向けると、マグカップ程のスノードームが置いてある。中には、サンタクロースでも雪だるまでもなく、ちっちゃなガン○ラが数体入っていて中の液体を泳いでいる。「おい、お前また俺のガン○ラ勝手に小さくしたな [続きを読む]