mine さん プロフィール

  •  
mineさん: 理系的文系弁理士の生き方
ハンドル名mine さん
ブログタイトル理系的文系弁理士の生き方
ブログURLhttps://ameblo.jp/kyushu2012/
サイト紹介文文系出身でも特許ができるのか?を検証していく実録日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 161日(平均1.4回/週) - 参加 2018/02/18 22:21

mine さんのブログ記事

  • 転職の時期 転職のプロからアドバイス(?)
  • 業界的に転職が多いので、数多くの転職支援をしてきた私の転職の持論を書きます。どちらかと言うと、今回はテクニック、それも振る舞い編です。心構えや面接テクニックなどはここでは書きません。①辞めたいと思った時点で、もう遅いまず、最も大事な事ですが、辞めたいと思った時はもう既に時期を逸しているということです。どういうことかと言うと、大半の転職理由は、いまのところ職場が嫌だからという理由だと思います。しか [続きを読む]
  • 弁理士試験は選択科目が一番辛い
  • もうすぐ弁理士試験の選択科目があります。個人的に、この選択科目には思うことがあります。 まず、弁理士試験には、短答、論文必須科目、論文選択科目、口述があります。このうち、論文の選択科目については、一定の資格の保有者と修士号の保有者は免除されます。 一定の資格とは、応用情報処理技術者、薬剤師、司法書士等です。文系の修士はこの時代においてもレアですし、文系の免除資格は行政書士・司法書士・司法試験合格な [続きを読む]
  • 出川イングリッシュについて
  • ネットニュースで、出川イングリッシュについての記事が出ていたのを見て思ったことです。ちなみに、出川イングリッシュとは、文法とか細かいことは気にせず、ハートで英会話をしようという感じのものです。弁理士も外国語は関係が深いです。外国案件の方が利益率が高かったり(いわゆる内内は値切られやすい)するためです。外国出張もよくあり、時にはAPPAやINTAといった国際会議に参加することもありますので、英会話は比較的 [続きを読む]
  • マイナー資格
  • 比較的マイナーな資格を多く保有していますので、無料で質問対応します。メッセージを下されば、専用メールアドレスを連絡します。 対象の資格はこちらです。 弁理士柔道初段応用情報処理技術者試験基本情報処理技術者試験ITパスポート1級知的財産管理技能士(ブランド専門)2級知的財産管理技能士3級知的財産管理技能士ビジネス著作権検定上級ビジネス著作権検定初級1級アマチュア無線技士2級アマチュア無線技士3級アマチュア無 [続きを読む]
  • 第1級海上特殊無線技士
  • 第1級海上特殊無線技士、合格していました!合格率自体は約50%なので、そんなに難しくはないのですが、試験対策本はおろか試験情報もあまりないので書いてみます。 ①試験科目無線工学無線法規英会話(主として航海英語)欧文送話欧文受話 ②対策無線工学と無線法規は過去問を回せばOK。過去問のまま出ます。類似じゃなく、一言一句同じで出ます。この本がおすすめです。https://www.amazon.co.jp/%E7%89%B9%E6%AE%8A%E7%84%A1 [続きを読む]
  • 大学入学から10年
  • ふと思ったのだが、大学入学って10年前なのか!法学部に入ったが司法試験だけは目指すまいと思っていたので、何を目指し頑張ろうか悩んでましたね〜大学を受け直そうと思っていたくらいでした。いわゆる理転をしようとしていました。スポーツが好きだったので、暇さえあれば泳いだり筋トレしていました。しかし、スポーツ選手になれるような人じゃないので、なんとなく、何か士業がいいなーと思っていた10年前。その一年後に弁理 [続きを読む]
  • 弁理士 論文式試験
  • 論文式試験が近いということで、論文式試験の個人的見解(受かるコツ)を書きます。まず、なぜ論文式なのかを考えるべきだと思います。単に趣向を変えたいから2次を論文式にしたとは思えません。個人的な見解としては、論文式試験を通じてリーガルマインドをみたいのかな?と思っています。つまり、短答は答えの正しさしか見えません。思考回路は薮の中なんですね。口述も時間的にあれこれ受験生の思考回路までは踏み込めません [続きを読む]
  • 応用情報処理技術者
  • 応用情報処理技術者試験、合格していました! 午後の選択は問題番号分野問1情報セキュリティ問2経営戦略問9プロジェクトマネジメント問10サービスマネジメント問11システム監査です。 点数は午前得点83.75点午後得点66.00点で決して誇れるものじゃありませんが、文系弁理士にしては頑張ったと自画自賛しています(笑) 情報処理はTACが一番いいですね。応用情報クラスになると淡々と授業を進める先生が多い印象だけど、TACの先生 [続きを読む]
  • なぜ戦うか
  • アメリカ出張帰りということもあり、久しぶりに大東亜戦争について考えてみました。ご存知の通り、実質的な宣戦布告であるハルノートを受け取った日本は悩みます。和平交渉にも努めますが、戦争することが決まっていたアメリカは会談に応じません。それどころか、チャーチルくんと会談しています。日本では御前会議を開きますが、なかなか決まりません。ここで、昭和天皇が明治天皇御製を吟われたのは有名です。そして、長野朝日 [続きを読む]
  • 不平等条約
  • 日韓修好条規。これも小学校時代に疑問だった。なぜ、日清修好条規は対等条約なのに、日韓修好条規は不平等条約だったのか。これは想像なんですが、ご存じの通り、清は中華思想ですし、ウリナラ君は中国の属国でした。だから、清と平等条約というのはそれだけでも画期的です。一方、ウリナラ君と平等条約を結んだら、宗主国様は怒りますよね。だから不平等条約にしたのではないでしょうか。 [続きを読む]
  • 朝鮮出兵
  • 秀吉最大のしくじりと言われているこの政策。小学校の頃から疑問があったので考えてみました。個人的な考えなので根拠とかないのですが(笑)この考えは、世界史を学んだ高校生の頃に立てた仮説です。まず、安土桃山時代は大航海時代(大侵略時代?)で太陽の沈まない某国の時代です。ご存知の通り、フィリピンもカルロス君にやられており、日本にとっても他山の石ではなかったと思います。また、秀吉の朝鮮出兵の目的は、朝鮮では [続きを読む]
  • パチプロ弁理士
  • だそうです。https://ameblo.jp/toujours-ensemble43538/entry-12284037390.html弁理士には色々な人がいますので、パチンコで生計を立てていることには驚きませんが、最後がスピリチュアル的な内容なだけに心配になるブログです。ところで、実は、弁理士の大きな分野にパチンコがあります。パチンコ特許って結構あり、パテントサロンの求人にはパチンコ系の明細書が書ける人の求人が常に出ています。興味本位でj-platでどんな明細 [続きを読む]
  • ビジネス著作権検定上級
  • 数少ない著作権法についての検定です。弁理士試験で、著作権法で合格していたので、あまり対策はしていません。そこで、弁理士試験の時に学習を紹介します。まず、著作権法は特許法くらい本来的には勉強しないといけないです。しかし、著作権法は弁理士試験的には軽いので受験生も軽視します。さらに、試験委員もそれを承知しているので、著作権法の短答はクソ易しいです。人を小バカにしているのか?と言いたくなるレベルで簡単 [続きを読む]
  • 基本情報処理技術者
  • 半年も経ってしまったので、少々記憶が薄らいできているのですが、今日は基本情報について書きます。 まず、午後の選択は、ソフトウェア、ソフトウェア開発、サービスマネジメント、経営(ストラテジー)、表計算です。 まだ結果待ちですが、応用情報よりも勉強はしにくかったです。やはり、アルゴリズムはきつかったです。応用情報は、マネストに絞れますが、基本情報はアルゴリズムが必須、かつテクノロジー分野も選択しないと [続きを読む]
  • 残念!
  • 人間万事、塞翁が馬。正解を選択するのではなく、選択を正解にしようということですが、これを初めて実感したのは中1のときでした。私は凡人でしたが、御三家中を受験しました。そして、落ちました。直前の模試で一位になったこともあり、大丈夫だという根拠のない自信があったのですが、見事に落ちました。そういうこともあり、中1のときは軽い自暴自棄でした。当時、通っていた寿司屋に私立中学の先生をされている方がいました [続きを読む]
  • 不合格でした…
  • ふと、太閤記を思い出しました。これは今読んでも得るものが多い書物やと思うんよね。最も有名なところやと、秀吉が草履取り立ったときの話だけど、この話のように、秀吉の仕事に対する考え方って今にも通ずると思うんよ。多くの人が、草履取りなんてキングオブ雑用で、頑張る価値のないものだと思っていたわけやけど、そんな役割でも頭角を表せるわけです。さしづめ、現代で言えば、新人の仕事といったところでしょうか?確かに [続きを読む]
  • 凡を極めて非凡たれ
  • 色々と資格の勉強をしていると、「凡を極めて非凡たれ」だなとつくづく思います。 つまり、どう日々の生活リズムに勉強を組み込むか考えられるほどブレイクダウンできるかが合格するかどうかにかかっていると思います。それには、多くの場合、過去問の分析が最適です。基本的に、馬鹿正直に勉強しようとすると、パンクするように構成されています。弁理士試験にせよ、海事代理士試験にせよ、無線の試験にせよ、出題範囲として書か [続きを読む]
  • 弁理士試験
  • 弁理士が本業なので、弁理士試験について書きます。知財管理検定との違いも書こうと思いますが、知財管理検定については、私はまだ学科試験しか合格していないので、弁理士試験を中心に書きます。 【受験した科目】私は文系大卒だったので、選択科目の免除がありませんでした。私が選択科目として受験した科目は、著作権法でした。 【独学or通学】予備校で勉強しました。独学は難しいかな・・・と思います。一度でも通しで勉強さ [続きを読む]
  • 第1級陸上特殊無線技士
  • 第1級陸上特殊無線技士(1陸特)を解説します。 【難易度】特殊無線技士の中では突出した難易度を誇る資格です。陸上無線技士の前哨戦的位置づけでもあるため、3級陸上無線技士(実在しません。)と言われるほどの資格です。合格率は25%ほどです。他の資格と比較すると、1アマと同じくらいのレベルの印象です。 【1アマとの違い】1アマ・モールスに関する問題が出る。・国際法規に関する問題が出る。・基礎物理の部分が1陸特 [続きを読む]
  • 無駄を省いて効率的?イミフなんやけど
  • 日々思っていることシリーズです。世の中には、無駄と切り捨て、効率的に生きているつもりの人が多いと感じています。高校生のときです。周りの多くは受験勉強(勉強ではなく、受験勉強です。)に必死でした。彼らは問題集はやれど、例えば数学の原理の解説書などには関心が無いようでした。もちろん、私も受験勉強をしたし、問題集をやり込みました。しかし、私が好きだった参考書は、世界史のトリビアばかり載っている参考書や [続きを読む]
  • ルールに不満があるなら遵守せよ!
  • 日々思っていることシリーズです(笑)会社なり学校なりサークルなり、組織にはルールがあると思います。例えば、始業時間は9:00とか、◯○は持ち込み禁止とか。当然ながら、不満のあるルールもあるわけです。その時に、私は、人一倍ルールを守り、そして文句と改善案を提示します。しかし、不満のある人の多くは、ルールを守りません。自分で言うのもなんですが、私はルールを遵守し過ぎて、管理職でもないのに業務ルールを考えた [続きを読む]