ちよまる式EnglishQuest さん プロフィール

  •  
ちよまる式EnglishQuestさん: ちよまる式EnglishQuest公式サイト
ハンドル名ちよまる式EnglishQuest さん
ブログタイトルちよまる式EnglishQuest公式サイト
ブログURLhttp://englishquest.hatenablog.jp/
サイト紹介文☆初心者向け☆学校では習わない。現役経営者兼通訳が教える、英語を話すための考え方、裏技、ノウハウ公開
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 298日(平均4.5回/週) - 参加 2018/02/19 14:12

ちよまる式EnglishQuest さんのブログ記事

  • 【英語が話せるようになる4コマ『なにが一番大事か』】
  • 一生懸命英語の勉強をしても苦労の連続の『白うさ』 適当にやっているのに英語で苦労しない『黒うさ』 彼らのたった一つの違いは・・・「英語コミュニケーション」という考え方<英語コミュニケーションのポイント>その街に詳しいこと > 英語がうまいこと   外国人の人に街を案内する場合は、その街の事前調査をしっかりした方が良い案内ができる。英語は少しできればOK。 ▽『英会話』とは違う『英語コミュニ [続きを読む]
  • 【 ゆっくり話すと良いことが沢山! 】
  •  「英語をペラペラと早く話せるとカッコ良さそうだし」と思って、なんとなく早く話そうとしていませんか? 英語がものすごく得意な場合を除いて、早く話すのは得策ではありません。ゆっくりと話しましょう(*´ェ`*) ゆっくり話すことには主に3つの利点があります。英語コミュニケーションにおいてはとても大切です。 1、 相手に伝わりやすい 2、 「自分はあまり英語が得意ではないですよ、手加減してね」という空気を相手に感 [続きを読む]
  • 【英語が話せるようになる4コマ『ここは日本です』】
  • 一生懸命英語の勉強をしても苦労の連続の『白うさ』 適当にやっているのに英語で苦労しない『黒うさ』 彼らのたった一つの違いは・・・「英語コミュニケーション」という考え方<英語コミュニケーションのポイント>日本にいるのだから、最初は日本語で話しかけるのが当然です。その後に相手が英語で話してくるようだったら英語を話しましょう。 どの国でもその国の言葉で話しかけるのが「当たり前」です。なぜ、自分の国に [続きを読む]
  • 【 発想転換。『長男』をどう表現する? 】
  •  『長男、次男、長女』といった表現が英語でわからない時・・・ 1.ファースト、セカンド、サードという言い方をしてみる。長男の代わりに→タツヤ ファーストson次男の代わりに→ヒロキ セカンドson※間違っていても確実に伝わる。正しい言い方はその場で教えてもらえば良い。 2.年齢を言ってみる。長男の代わりに→タツヤ 18years old.次男の代わりに→ヒロキ 15years old.長女の代わりに→ユカ 7years old. 3.スマホで写真を [続きを読む]
  • 【 明後日や次の金曜日という言い方をやめる 】
  •  日本人同士の会話だと当たり前のように使う「明後日」「次の金曜日」という表現ですが、コミュニケーションにおいては勘違いのもととなるので極力避けましょう。特に電話では要注意! A『次の金曜日15時から打ち合わせどうです?』B『いいですよ、ではその時に』 なんて電話をして当日行ったらBさんがいない。B『ごめんなさい、スケジュール帳を間違えて見てました・・・』 英語でのやりとりをしているとこんなことも起こりが [続きを読む]
  • 【英語が話せるようになる4コマ『日本のことも学ぼう』】
  • 一生懸命英語の勉強をしても苦労の連続の『白うさ』 適当にやっているのに英語で苦労しない『黒うさ』 彼らのたった一つの違いは・・・「英語コミュニケーション」という考え方<英語コミュニケーションのポイント>グローバルパーソンとして、自分の国ことを説明できるのはとても大切です。全てを説明できる必要はありませんが、簡単な日本の歴史や神道・仏教・禅・茶道などを雑学程度に知っておくと色々な場面で役立ちます [続きを読む]
  • 【英語が話せるようになる4コマ『英語は目的?手段?』】
  • 一生懸命英語の勉強をしても苦労の連続の『白うさ』 適当にやっているのに英語で苦労しない『黒うさ』 彼らのたった一つの違いは・・・「英語コミュニケーション」という考え方<英語コミュニケーションのポイント>手段が目的にならないように注意しましょう。 どの資格も、それそのものに価値はありません。あくまで指標です。それを使って「どんな仕事をしたのか」あるいは「どんな経験をしたのか」に価値があります。 [続きを読む]
  • 【 会話はこちらがずっと話す気持ちで 】
  •  ランチやパーティーでの会話対策で、相手に話してもらうために「What do you do?(お仕事なにされてるんですか?)」のような質問を沢山覚えたのに、いまいち会話がはずまないという経験をしたことはないでしょうか。 確かに、そうした質問は会話の潤滑油としては有効ですが、それはあくまで会話が走り始めた後の話です。 まずは会話を始めることが大事。こちらから話題を出して皆に乗っかってもらいましょう! 具体的には、 [続きを読む]
  • 【話しかけられた時の返し言葉】
  •  外国人の人に話しかけられた時に緊張してしまう原因の一つに「返し言葉を知らないから」ということがあると思います。 日本語で言うと、「はい?」「どうしましたか?」に該当する言葉ですね。この二つを事前に用意しておくと緊張感を軽減することができるので、是非覚えておきましょう。 はい?→Yes?(語尾を上げるのがポイント どうしましたか?→What’s the matter? これ以外にも色々な返し言葉はありますが、まずは [続きを読む]
  • 【thatを有効に使おう】
  •  Thatには「あなたが今言ったこと」という意味もあり、これが会話ではとても使えます。積極的に使っていきましょう! That is rightの本当の意味は、「あなたが今言ったこと is 正しい」です。 これを応用して、That is great=すごいですね!That is fun=面白いですね!(笑える的な意味で※興味がある的な「面白い」はinteresting.等と言えます。 他にも I agree with that=私は 賛成ですよー あなたが今言ったことに [続きを読む]
  • 【 お知らせ:新規受講生受け入れ枠残り14名 】
  • いつもお世話になっております。ちよまる式English Quest運営事務局です。おかげさまで口コミを中心にちよまる式English Questの受講生が186名になりました。御好評をいただいている当スクールは、現受講生に対するサービスの向上並びに、次の先生の育成にちよまる先生が注力するため、あと14名で新規のお申し込みを一時停止させていただきます。今後はフォローアップが不要となった卒業生が出た時点で、その都度募集を行う [続きを読む]
  • 【70点の英語でいこう】
  •  日本人が英語を話せない理由の一つに、常に100点、あるいはそれに近いレベルの英語を話さなくてはならない、というよく分からない強迫観念があります。 断言します。70点の英語で十分です。コミュニュケーションはできます☆ 細かい文法の違いや単語の選択ミスなどは、実際問題ミスになりません。話し手の大枠の意思が伝わればそれをヒントにコミュニュケーションを続けることができるからです。 その一方、「発音」や「英語 [続きを読む]
  • 【英語が話せるようになる4コマ『誤解を招く英語?』】
  • 【英語が話せるようになる4コマ『誤解を招く英語?』】一生懸命英語の勉強をしても苦労の連続の『白うさ』 適当にやっているのに英語で苦労しない『黒うさ』 彼らのたった一つの違いは・・・「英語コミュニケーション」という考え方<英語コミュニケーションのポイント> 誤解→大惨事はあり得ない 仕事でもプライベートでも「あれ?」と思うようなことを言ったら相手は必ず確認をいれてきます。この英語はおかしいかな? [続きを読む]
  • 【 お知らせ:新規受講生受け入れ枠残り17名 】
  • 10月はじめに新規受講生受け入れをあと35名でご案内しましたが、10月〜11月初旬にかけて18名のお申込みがあり、あと17名になりましたのでご報告いたします。 受講をお考えの方は 11月21日(水)19:30〜20:30 ☆残り8席12月6日(木)19:30〜20:30 ☆残り12席※12月は普段の会場よりも小さいため、参加できる人数が少なくなっております。 の2日程で、東京神田で体験セミナーを行いますので、以下申込フォームよりお申込みくださ [続きを読む]
  • 【英語が話せるようになる4コマ『それって英語力の問題?』】
  • 一生懸命英語の勉強をしても苦労の連続の『白うさ』 適当にやっているのに英語で苦労しない『黒うさ』 彼らのたった一つの違いは・・・「英語コミュニケーション」という考え方<英語コミュニケーションのポイント> ランチやディナーでの会話は、合コンでの会話と似ています。下準備なしで相手と弾んだ会話をすることは至難の業です。 まずは自分の好きなネタ3つを話せるようにしましょう。※いわゆる「しかけ(仕事・家 [続きを読む]
  • 【 英語のちょいワザ『海外の病院で役立つI have a problem here』】
  •  海外にいる時に困るのが体調を崩した時です。 病院で病状を英語で正確に伝えるのは難しい...そんな時は! I have a problem(私は 問題が あります)と言いながら、自分が困っているポイントを指差して『here(ここ)』と言いましょう。 お医者さんにとって一番重要な情報は『どこに問題があるのか?』です。これさえ分かれば、あとはお医者さんがなんとかしてくれます。 逆の立場になって考えてみてください。体のどこが悪 [続きを読む]
  • 【 英語のちょいワザ『英語の語順感覚を掴む』】
  •  英語を使うには『英語がどういう言葉の並び順で話されているのか?』という感覚を掴むのが有効です。 細かいルールは置いて考えると、英語とは 1. 『◯◯は △△です』あるいは『◯◯は △△します ☆☆を』と最初に言う。 2.その他の情報は作り方のルールに沿って、1を言った後に後からくっつける。 という順番で話されています。これを日本語で考えると 【 日本語の並び順 】私は今日14時から課長とミーティングです。  [続きを読む]
  • 【英語が話せるようになる4コマ『受身形はやめよう』】
  • 一生懸命英語の勉強をしても苦労の連続の『白うさ』 適当にやっているのに英語で苦労しない『黒うさ』 彼らのたった一つの違いは・・・「英語コミュニケーション」という考え方<英語コミュニケーションのポイント> 日本人は受身文化に慣れているため、受身形で物事を発想しがちです。しかし受身形は文章の形が難しいのでとっさには言いにくい。 発想を変えて普通の文章の形で言うと簡単に言えることが多くなります。 [続きを読む]
  • 【 英語のちょいワザ『a lot ofを使おう』】
  •  英語で『たくさんの(多くの)◯◯』と言いたい時には a lot of を使いましょう。 英語では「数えられるもの、数えられないもの」という概念があり、たくさんの◯◯を表現する時には 数えられる → many 数えられない → much を使うという決まりがあります。 つまり『水』は数えられないので『たくさんの水=many water』とは言えないのです。 め、面倒くさすぎる!と思ったと思います。 そこで、本日オススメの表現『a [続きを読む]
  • 【英語が話せるようになる4コマ『対等じゃなくない?』】
  • 一生懸命英語の勉強をしても苦労の連続の『白うさ』 適当にやっているのに英語で苦労しない『黒うさ』 彼らのたった一つの違いは・・・「英語コミュニケーション」という考え方<英語コミュニケーションのポイント> 英語を母国語としない人だけがストレスを抱えるのはおかしな話です。相手も言葉を調整しなければいけない等、なんらかのストレスを抱えて始めて対等です。「私も本当は日本語の方が明確に話ができるのだけ [続きを読む]
  • 【スマホをうまく使おう】
  •  今の時代、皆さんスマホを持っていると思います。それって英語の辞書を持ち歩いているのと同義なんですよ。 なので、もし英語で言えないことがあってもその場で調べればいいんです。『Just a moment please』と言って。(少々お待ちください) 英語でのコミュニケーションは20年前に比べて格段に難易度が下がっています。スマホやその他ITを上手く使っていきましょう。  ▽『英会話』とは違う『英語コミュニケーション』だと [続きを読む]
  • 【英語がうまくない=ダメじゃない】
  •  『単語を知らなければ携帯で調べればいい』 『電話が苦手ならばスカイプにすればいい』 『説明が苦手ならば資料を作り込めばいい』 英語が上手くなくても、工夫で乗り越えられることはたくさんあります。 英語が上手くない=ダメなんて思ってはいけません。  ▽『英会話』とは違う『英語コミュニケーション』だとどうして話せるのか?その秘密はこちらをご覧ください。▽Facebookでちよまる先生をフォローしませんか? [続きを読む]
  • 【 英語&コミュニケーションのちょいワザ『否定文は使わない』】
  •  否定文は会話では使わないのがポイントです。否定で言わずに『なにか他の言い方はできないかな?』と常に考えましょう。 〈例〉 『あなたは』『タバコを吸えませんよ』『ここでは』You can't smoke here. の代わりに 『私たちは』『タバコを吸えますよ』『あそこで』We can smoke over there. のように言うと良いでしょう。前向きな言葉は良い人間関係を作り、誤解を防ぎます。 否定文で言う前に少し考えて、前向きな別の [続きを読む]
  • 【英語が話せるようになる4コマ『マネするだけで』】
  • 一生懸命英語の勉強をしても苦労の連続の『白うさ』 適当にやっているのに英語で苦労しない『黒うさ』 彼らのたった一つの違いは・・・「英語コミュニケーション」という考え方<英語コミュニケーションのポイント> 英語を話すのに大切なのは『この状況を自分はどういう英語で表現するか?』と考えるプロセスを積むこと。 人から与えられた情報は記憶に残りにくい。自分で必死に考えた情報は記憶に残りやすい=話せる。 [続きを読む]