松田 定幸 さん プロフィール

  •  
松田 定幸さん: 修 斗 画 廊  ?  Shoot Gallery ?
ハンドル名松田 定幸 さん
ブログタイトル修 斗 画 廊  ?  Shoot Gallery ?
ブログURLhttps://ameblo.jp/h032075/
サイト紹介文主に、少年漫画調の人物画と写実的な動物画を載せています。
自由文毎年秋に地元のギャラリーにて、「修斗画廊一人展」というシリーズ名で、個展を開催しています。

 その他にも、会員制の同人サークルや絵画クラブのグループ展への参加も続行しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 266日(平均0.9回/週) - 参加 2018/02/19 20:55

松田 定幸 さんのブログ記事

  • 「 蠍 座 ― スカーレット・ポイズン ― 」
  •  昨年開催の三度目の個展「十二星画」修斗画廊一人展の出展作品です。 「黄道十二星座」をテーマにしたなかでの、「蠍座」が題材の一作です。  蠍座=真紅と猛毒、という図式が閃いたのですが、そこからどういうわけか、毒針が光る蠍を施した叱咤の構図に行き着いてしまいました。 「母親と息子」「教師と生徒」「先輩と後輩」「上司と部下」「姉と弟」… 様々な関係のなかでの、暴風雨に出くわしたかのような局面は、ナント [続きを読む]
  • 「 天秤座 ― 行商大将 ― 」
  • 昨年10月に開催した三度目の個展、「十二星画」修斗画廊一人展の出展作です。「黄道十二星座」をテーマにしたなかでの、「天秤座」がモチーフの一作です。  天秤座では、昔風の天秤棒に担いでの行商の一場面が思い浮かびました。恰幅のある女性キャラは構想当初から思い描いていたのですが、ペン入れの段階で急遽、「異国の地で日々商いや生活に奮闘する、蒼い瞳の若き肝っ玉母さん」の像が思い付き、活気ある生活感も込めて、 [続きを読む]
  •   了 ― 個展報道 ―
  •  本年度秋季の個展「 After Arts Ⅰ 」修斗画廊一人展、昨日を以って開催終了と相成りました。 今回は終始晴天に恵まれ、夏の一際の暑さを経て秋らしい気候の中での一週間でした。   フルタイム在廊となった最終2日間。 20日の土曜日は、午前中に団体の入場者を二組迎えました。作品解説を設置したコーナーで、一作一作のコメントを精読した方や、ポストカードサイズの作品の展示コーナーで、細部にまで目を向けていた方など [続きを読む]
  •   中 ― 開催報道 ―
  •  今年度秋季の個展「 After ArtsⅠ 」修斗画廊一人展も、折り返し地点を過ぎました。    三日目にあたる17日・水曜日が一日中の在廊となりましたが、午前と午後にそれぞれ団体の入場者を迎えると共に、時折通うカフェのオーナーと福岡市からお越しのイラストレーターの方が、昨年から引き続きの来場を果たされました。そして短大入試では面接官であり、福祉方面の科目を教わった教授が会議や講義の合間を縫って来場してくだ [続きを読む]
  •   始 ― 個展開催 ―
  •  今年度秋季の個展「 After ArtsⅠ 」修斗画廊一人展が、本日から開始となりました。  適度な睡眠と朝からの自宅清掃、朝食と、順調なコンディショニングを経て搬入から設営に臨んだのですが、設営に思いの外時間が掛かってしまいました。それが災いして数人の入場者の方々を待たせてしまい、早々と難局を迎える事になりました。  ハードウェア(展示台や長机をはじめとする会場側の各種備品)の移動と設置、ソフトウェア(作品と [続きを読む]
  •  個展のお知らせ ― 変更・追加 編 ―
  • 約1週間後になりました、「 After Arts Ⅰ 」修斗画廊一人展 の開催情報の最終告知です。 作者の在廊日についてですが、10月 17日(水) は10:00〜11:00から一日中に、18日(木)は在廊無しに、それぞれ変更になりました。改めまして、在廊日は下記の通りです。  ・10月 15日(月) / 一日中(搬入・設営/9:00〜、開催 / 13:00〜) 16日(火) / 10:00〜11:00      17日(水) /   [続きを読む]
  •  個展のお知らせ ― 会場詳細 編 ―
  • 来月開催の個展「 After Arts Ⅰ 」修斗画廊一人展 の開催情報の告知です。  < 会場への主要アクセスルート >  ・JR利用の場合 : JR筑豊本線(福北ゆたか線)飯塚駅を下車、徒歩約6分。  ・西鉄バス利用の場合 : 田川後藤寺〜天神 間の特急バスにて、田川方面からなら[卸商団地]停留所を下車。天神方面からなら[堀池]停留所を下車。  いずれも、徒歩約7分。    ・自家用車の場合 : 福岡方面から八木山バイパ [続きを読む]
  •  個展のお知らせ ― 日程関連 編 ― 」
  • 来月に開催を控えている「 After Arts Ⅰ 」 修斗画廊一人展の作者在廊予定日を記述しておきます。 ・10月 15日(月) / 一日中(搬入/9:00、設営/9:30、開催/13:00〜    16日(火) / 10:00〜11:00    17日(水) / 10:00〜11:00     18日(木) / 10:00〜11:00 19日(金) / 10:00〜11:00    20日(土) / 一日中     21日(日) / 一日中(撤去/17:00、搬出/18:00〜)     上記の [続きを読む]
  • 「 乙女座 ― 女神たちの午睡 ― 」 
  • 昨年10月に開催した三度目の個展、「十二星画」修斗画廊一人展の出展作です。「黄道十二星座」をテーマにしたなかでの、「乙女座」がモチーフの一作です。  乙女座では、ギリシア神話の処女神、アテナとアルテミスを題材に選びました。神話の神々がこのように昼寝を行うのかは定かではありませんが、周辺で諍いや争い事が特に起きなければ、このような一場面もあり得るのではないかと思い描いています。もっとも、実際に女神の寝 [続きを読む]
  •  個展のお知らせ ― 画像告知 編 ―
  • 以前4月22日付のブログ(https://ameblo.jp/h032075/entry-12370244211.html)で記述した、個展の宣伝告知用画像をupしております。  次回の更新は、9月 9日(日)の予定です。  作者の在廊予定日を記述いたします。  あらためて個展の概要を。  ・ 展示会名 : 「 After Arts Ⅰ 」修斗画廊一人展 ・ 日 時 : 平成30年 10月 15日(月) 〜 21日(日)            ・ 会 場 : 風の音ギャラリー [続きを読む]
  • 「 獅子座 ― Growing LEO ― 」
  • 昨年10月に開催した三度目の個展、「十二星画」修斗画廊一人展の出展作です。「黄道十二星座」をテーマにしたなかでの、「獅子座」がモチーフの一作です。  獅子座ではいくつか題材が浮かんだのですが、いずれも格闘技の王者を取り扱った「キング・オブ・キングス」的なものになりました。そこから幾分趣向を変えて、発展途上・成育途上にある、云わば「若獅子」を選定して描いていきました。 群れから巣立って独り立ちした雄ラ [続きを読む]
  • 「 蟹座 ― こんなサルカニ合戦はどうだ ― 」
  • 昨年10月に開催した三度目の個展、「十二星画」修斗画廊一人展の出展作です。「黄道十二星座」をテーマをしたなかでの、「蟹座」を題材にした一作です。  蟹座モチーフでは、何故か日本民話の「さるかに合戦」が思い浮かび、臼・栗・蜂との共同戦線ではない、別の報復手段による蟹の猿への復讐譚がないだろうかという考えにまで至りました。 巨大化した蟹が、怪獣映画や巨大ヒーロー番組での一場面のように、猿の集落を襲撃する [続きを読む]
  • #土曜の夜にこの一作 ― twitter投稿企画 ―
  •  これまで星屑書房が発行した「創星」に執筆・掲載の自作を、今夜から毎週一作づつ、twitterにてupいたします。  短歌とイラストを組み合わせた、#タンカトイラスト と、星座モチーフの動物画である #星座と幻獣 を、土曜日の夜におよそ半年に渡ってお送りする次第です。  尚、こちらのtwitterアカウントは、@mazda_sadayukiです。何かの折にご観賞いただければ、幸いです。 [続きを読む]
  • 「 双子座 ― フィスト・オア・ツイスト ― 」
  • 昨年10月に開催した三度目の個展、「十二星画」修斗画廊一人展の出展作です。「黄道十二星座」をテーマをしたなかでの、「双子座」を題材にした一作です。  これまで双子座を題材にしたコミック系のイラストをいくつか見てきたのですが、白と黒や光と影といった、「陽と陰」を表現した感のある美少女画が多数を占めていました。 自らが双子座モチーフで描くのであれば、それらとは一線を画したものにしようと思い、赤と青(情熱 [続きを読む]
  • 創作グループ活動 ― サークル新刊 & イベント参加 編 ―
  • 現在会員として籍を置いている社会人文芸サークル、星屑書房の同人誌「創星」17号の印刷・製本作業が、先月下旬に執り行われました。  今月の9日(土)・10日(日)に、冷泉荘リノベーションミュージアム(福岡市博多区上川端町)で開催される文学系 同人誌即売会&交流会「第7回 福岡ポエイチ」に向けての新刊となります。  今号でも、星座に因んだ幻獣の動物画と、短歌+イラスト数点が執筆・掲載です。  「福岡ポエイチ」には [続きを読む]
  • 「 牡牛座 ― 牛頭人身晩餐 ― 」
  • 昨年10月に開催した三度目の個展、「十二星画」修斗画廊一人展の出展作です。「黄道十二星座」をテーマをしたなかでの、「牡牛座」を題材にした一作です。 牡牛座では、多種の牛を描写しようと案を練り、結果的にはレオナルド・ダ・ヴィンチの絵画「最後の晩餐」のような構図を思い立ちました。 そしてそこから、ギリシア神話のミノタウロスのようなキャラクターの食事シーンを描こうと意図して、ステーキ・焼肉・シュラスコと [続きを読む]
  •  創作ソロ活動 ― 今年度秋季 ―
  •  先日開催を終えた、修斗画廊一人展「星獣座」に引き続き、今年度二度目の個展のお知らせです。  主な概要は、下記の通りです。    ・ 展示会名 :「 After Arts Ⅰ」修斗画廊一人展      ・ 日 時 : 平成30年 10月 15日(月)〜21日(日)          (10:00〜18:00)※初日/13:00〜、最終日/〜17:00      ・ 会 場 : 風の音ギャラリー / さかえ屋本店 ・2F            [続きを読む]
  • 「 牡羊座 ― 羊皮狼身 ― 」
  •    昨年10月に開催した三度目の個展、「十二星画」修斗画廊一人展の出展作品です。「黄道十二星座」をテーマにしたなかでの、牡羊座から題材の一作です。 「羊の皮を被った狼」という慣用句がありますが、字面通りの姿形を具現化したらどうなるかと思い付き、牡羊座モチーフを描くにあたって、このように描いてみました。羊に擬態したものの正体が露見してしまった狼と、どうにも怪しげな羊が実は狼だったと判明した羊たちの、 [続きを読む]
  •  FINISH ― Exhibition Report ―
  •    一昨日をもって今年度春期の個展、修斗画廊一人展「星獣座」の開催を終えました。  最終日は夕刻から在廊、所属しているサークルの主宰者や、様々な媒体で作家活動を展開している歌人、昨年本会場で二人展を開催した新社会人と、入場された方が相次いで、観覧と会話を楽しんでいかれました。  他の会場や催し物では幾度となく会っていながら、本会場では初めての顔合わせとなるケースも少なからずあり、店主の方との紹介や [続きを読む]
  •  MIDDLE ― Exhibition Report ―
  •  先週末、というか先月末から開催した、本年度春期の個展、修斗画廊一人展「星獣座」が折り返し地点を迎えました。  昨日は夕刻から在廊しておりまして、所属している会員制同人サークル・VICTORY主宰の桜井優、渡辺まこ の両氏が来場、久方ぶりの再会ということもあり、積もる話に花を咲かせました。  程無くして、相互に読者登録している けいこ氏もお越しになられ、奇しくも、以前主催していたコミックイラストのグループ [続きを読む]
  •  START ― Exhibition Report ―
  •    今年度春期の個展、修斗画廊一人展「星獣座」が、本日より開催の運びとなりました。  前日の夕刻から搬入・設営に取り掛かり、展示に予定していた作品と備品は全て取り揃えました。  今回は初めて使用する会場ということもあり、新たに展示用の備品を開発・導入しています。   奇しくも、(土)(日)に始まって翌週の(土)(日)で終わるという、プロ野球日本シリーズの全日程と同じ開催期間(※月曜日は、休館)となりました [続きを読む]
  •  在廊日(個展のお知らせ)
  •  今月末、というか来週末に開催の本年度春期個展、修斗画廊一人展「星獣座」の作者在廊日が決まりましたので、明記いたします。 ・ 4月 4日(水)/15:00〜・ 4月 8日(日)/15:00〜  あらためて、展示会の概要を述べておきます。  [日 時] 3月31日(土)〜4月8日(日)         /11:30〜20:30       ※4月2日(月)は、休館  [会 場]  Cafe & Gallery フッフー [続きを読む]
  • 「 三 月 ― 早春の訣別 ― 」
  •    一昨年の10月に開催した「十二画月」修斗画廊一人展に、「一年十二か月」をメインテーマとして出展した一作です。 三月は卒業式の時期という事で、「別れの一幕」が真っ先に題材として浮かび、このようなシーンを描いてみました。  作品の設定や内容は少女漫画的なのに、画面の描写や演出効果は少年漫画的になってしまった感じです。指で弾かれたボタンの箇所は、実際に五百円玉を何度も弾いて、その軌道と回転の様子を観 [続きを読む]
  • 「 二 月 ― 内の鬼 ― 」
  • 一昨年の10月に開催した「十二画月」修斗画廊一人展に、「一年十二か月」をメインテーマとして出展した一作です。時期は過ぎてしまいましたが、ご覧の通り「節分」を題材として描き上げてみました。 十数年程前に保育士の仕事に就いていまして、園内行事として節分を複数回担当した事がありました。鬼の役を受け持つにあたって、衣装や小道具を自作していったのですが、さして上出来とは言えないようなお面でも、それを付けて鬼 [続きを読む]
  •  個展のお知らせ ― 本年度春期 ―
  •  先月上旬にお知らせした通り、今年は春・秋と二回の開催を予定しております。 画像と概要を、あらためてupいたします。   ・  展示会名 : 修斗画廊一人展 「 星獣座 」      ・  日  時  :  平成30年 3月31日(土)〜4月8日(日)             (11:30〜20:30)  ※ 4/2(月)は、休館   ・  会  場 :  Cafe&Gallery フッフール             [続きを読む]