tack さん プロフィール

  •  
tackさん: 50代ブログ 自分らしく生き方を変える
ハンドル名tack さん
ブログタイトル50代ブログ 自分らしく生き方を変える
ブログURLhttp://enjoy50.club
サイト紹介文これからの生き方を変え人生最期の日に「良い人生だった!」と思うために好き勝手に書き綴ったブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供167回 / 270日(平均4.3回/週) - 参加 2018/02/20 01:26

tack さんのブログ記事

  • 【離婚準備】決断の時 最終決着へ
  • 【離婚準備】決断の時 最終決着へ離婚話をはじめて妻としてから約4カ月が経過。 当初は、来年3月までには離婚届を出すと妻には告知していたが、実母、親しい友人や彼の奥様など助言を頂きながら年内には決着したいと判断した。 離婚届記入の要求当初は、子供達・妻の実家への理解活動を経て、着地は離婚届の提出として粛々と準備を進めようと計画していたが、離婚話を進めているはずなのに、妻は一向に準備をしている気配がない。 [続きを読む]
  • 【健康管理】定年後に備える肉体改造 筋トレと食事について
  • 【健康管理】定年後に備える肉体改造 筋トレと食事について50代ともなると人間ドックで、メタポリック検査を受ける際にはちょっとお腹を引っ込めるように思わずしてしまうことがあるかと思う。 また、少しでもメタポリック状態を解消するため、会社帰りにジムに通っている方も多いと思う。 あるいは、自宅でダンベルを使って筋トレに励んでいる方もいるだろう。 ジム通いや自宅での筋トレに励む50代が増えることを願っているが、 [続きを読む]
  • 【人生100歳時代の生き方】対策は「長く働くこと」がいかに出来るか
  • 【人生100歳時代の生き方】対策は「長く働くこと」がいかに出来るか人生100歳時代。最近、この言葉が盛んに多用されている。 金融業界は、好んでこの言葉を使っている傾向にある気がする。 それは、顧客への不安を煽る、つまり長い老後対策として、自社の保険商品に注目させたい!そんな背景があるのだろう。 しかし、現実を考えると、日本人の平均寿命は約83歳というデータがあるが、これはあくまでも平均値であり、90歳を超える [続きを読む]
  • 【老後の生活】60歳時の住宅ローン残債がある方は注意が必要
  • 【老後の生活】60歳時の住宅ローン残債がある方は注意が必要前回の記事は、毎月どのくらいの支出があるかわからない、毎月どのくらいの貯蓄をしているのかわからないという方は、下級老人になってしまう可能性があるという内容であった。 【老後の生活】家計相談事例「月、いくら使っているのか」知ってる?老後の生活について、いろんな視点で記事を書いてきたが、今回は、FPの友人からの話を中心に我々世代の老後の生活対策に関 [続きを読む]
  • 【注意喚起】騙されるな!こんな画面が出たらすぐに閉じよ!
  • 【注意喚起】騙されるな!こんな画面が出たらすぐに閉じよ!最近、ネットサーフィンをしていると、次のようなメッセージが突然表示されるようになった。 おめでとうございます!Googleをお使いのあなた!本日の無料iPhone X、iPad Air 2、Samsung Galaxy S6のいずれかの当選者に選ばれました。OKを して景品をお受け取りください。そうしない限り別のユーザーに当選権が移行します! これは、パソコンでもスマホでも表示さ [続きを読む]
  • 【老後の生活】家計相談事例「月、いくら使っているのか」知ってる?
  • 【老後の生活】家計相談事例「月、いくら使っているのか」知ってる?老後の生活について、いろんな視点で記事を書いてきたが、今回は、FPの友人からの話を中心に我々世代の老後の生活対策に関連する記事を書いていこうと思う。 家計相談に来る方々の驚く実態FPの友人曰く、家計相談に来られる方々の話を聞くと驚く時が多々あるという。 それは、「ひと月に使っている支出額がわからない」という方々の事である。 ひと月に使ってい [続きを読む]
  • 【稼ぐ力】これからの時代はお金を稼ぐ力がある人が勝ち組となる
  • 【稼ぐ力】これからの時代はお金を稼ぐ力がある人が勝ち組となるここ数日、老後の生活に関する記事を書いてきた。 これらの記事をご覧になった方の中で老後の生活に不安を抱いた方もいらっしゃるだろう。私もその一人である。 子供の教育の負担が大きく、貯蓄らしい貯蓄など皆無に等しい。 本来、50代ともなると、老後に備え、ある程度の貯蓄があり、60歳の定年を迎える時には相応の経済的ゆとりを持って定年を迎えるのが理想 [続きを読む]
  • 【パワハラ被害】「これは現代の奴隷契約だ」と弁護士語る
  • 【パワハラ被害】「これは現代の奴隷契約だ」と弁護士語る悲惨なパワハラ事件の記事を見た。その記事が下のリンクの記事である。 「これは現代の奴隷契約だ」と弁護士 「パワハラで自殺」女性の遺族らが社長ら提訴 この記事を読むと本当にいたたまれない気持ちになった。 かつて、二人の上司のパワハラに遭い、メンタル不全に陥った経験がある私にとっては他人事ではない事件である。 そのパワハラの状況を読んでみると私以上に強 [続きを読む]
  • 【年金生活】あなたは年200万円で老後の生活は大丈夫?
  • 【年金生活】あなたは年200万円で老後の生活は大丈夫?日本人の平均寿命は83歳とある。現在60歳定年制の会社であれば、寿命まで23年。 その間、消費増税・社会保険負担増をはじめ、現役世代においては教育費の高騰により、貯蓄に回す資金が不足している世帯が多いのではないか。 特に40代、50代の世代で家庭を持っている世帯は、たいへん厳しいものと感じている。このブログを書いている私はその典型的な例である。 貯 [続きを読む]
  • いま50代が考えるべき!「定年後の働き方」は何を選ぶと損しないか
  • いま50代が考えるべき!「定年後の働き方」は何を選ぶと損しないかFPの資格を持った私の友人から聞いた話である。 彼がFPの資格を持っていると聞き、次のような質問を良く受けると話す。 年金がもらえるまで働くと年金が減るのか?妻が社会保険第3号で保険料を払っていないが、自分が会社を辞めるとどうなるのか?定年以降も働いた場合、そのあとに止めても失業保険はもらえないのか? 現在の制度と実情昭和32年4月2日から34 [続きを読む]
  • 年金受給年齢を繰り下げるとメリットがあるのか?
  • 年金受給年齢を繰り下げるとメリットがあるのか?現在は65歳から年金が支給される。繰り上げ支給も繰り下げ支給も出来るが、繰り下げ支給を申請すると、42%も増えるとの事らしい。 しかし、これにはからくりがあることを知った。また、繰り下げ支給を希望する場合は、相応の対策を講じておかなくてはならないことも同時に知ることとなった。 現在、50代であるが、15年後、そして人生100年時代を迎えるにあたり、今後のどのような [続きを読む]
  • 生涯現役でいる!稼ぐ力を得て安定した老後の生活を送ろう
  • 生涯現役でいる!稼ぐ力を得て安定した老後の生活を送ろうここ数日に渡り、老後の生活について記事を書いてきた。 記事を読まれた50代の男性の方ならこの先の老後の生活について生活防衛のために今からやるべきことをイメージされたと思う。 繰り返しとなってしまうが、65歳の再雇用期間が終了するまでに 55歳役職定年60歳定年61歳再雇用 という3つの収入ダウンのとなるきっかけがあるため、出来るだけ早いうちに生活そのものをス [続きを読む]
  • 老後の生活力 50代・60代でも長く働き続けるために
  • 老後の生活力 50代・60代でも長く働き続けるために50代や60代であっても仕事の依頼がどんどん入ってくる人々が存在する。 こうした人々のように老後の生活力がある人物になりたいものである。 高齢化社会ともなれば当然の現象なのかも知れない。 我々が若い頃の50代・60代とは違う我々が入社した頃の昭和終盤から平成初期の頃の50代・60代と、今の50代・60代と比較した場合、今の50代・60代の方が若く感 [続きを読む]
  • 50代からが特に危険!足の異常感覚を感じたらすぐに専門医へ
  • 身体の衰えは足から始まる・・・そんな言葉を聞いたことがある方もいるだろう。 歩行やジョギングなどの足を使う運動は、動脈と性脈の両方の老化を防ぐことが研究により明らかになっている。 また、足に現れる様々な症状は、臓器の異常を知らせるアラームのようなケースも多々あり、こうした足の異常を感じたら、すぐに専門医の診察を受けられることをおすすめする。50代からが特に危険!足の異常感覚を感じたらすぐに専門医へ人は [続きを読む]
  • 脳の老化「新しいことを学べない脳」睡眠不足でカスが溜まる?
  • 脳の老化「新しいことを学べない脳」睡眠不足でカスが溜まる?脳と言う臓器はご存知の通り、精密機械のようなものである。 コンピューターで例えると、マザーボードにある無数の回路と言う表現の方がしっくりくる。 このマザーボードにある無数の回路は脳の神経細胞であるニューロン。 人間は、脳を使い続けていると、その神経細胞にカスが溜まって行くと言う。 カス、つまり脳で生成される老廃物は、ニューロンとその繋ぎ目のシナ [続きを読む]
  • 老後資金3000万円でも破綻?老後資金が急減した夫婦の危機
  • 老後資金を3000万円貯めてもやがて破綻を迎えてしまう。 定年退職を数年後に控え、50代の方なら どのように老後を過ごすのか 当然考えていらっしゃるだろう。 受け取り可能な退職金は、企業によっては昔と比較すると減額になっているところもあるという。 そんな状況の中、老後資金のために再雇用制度を利用し、継続して会社に勤務する方もたくさんいると思う、 老後資金3000万円でも破綻?老後資金が急減した夫婦の危機今回は、 [続きを読む]
  • 50代男性もハマる?パパ活サイトのえぐい相場
  • 50代男性もハマる?パパ活サイトのえぐい相場若い女性が好きで、かつ、経済的ゆとりのある40代から50代男性がハマるパパ活。 パパ活に走る若い女性は、専門サイトを検索するとその存在は意外に多いことに驚くのである。 ちなみに私はパパ活サイトの利用者ではない。今回の記事を書く目的でサイトを調査したことをご理解頂きたい。 私にも娘がいる。この記事を読まれたお嬢さんがいらっしゃる父親はびっくりするかも知れないがこ [続きを読む]
  • 50代男性 定年後の過ごし方を考える「俺の居場所がない!」話
  • 50代男性 定年後の過ごし方を考える「俺の居場所がない!」話私も数年後には定年を迎える。長年、朝9時から夜まで、バブル期においては翌朝までという日もあったが、一日の大半を会社で過してきた。 しかし、定年になると一気に生活パターンが変わってしまう。会社と言う居場所がなくなり、主たる居場所が自宅となるからだ。 私の場合、数カ月後には離婚をして一人暮らしとなる見込みだが、家庭円満な男性の方にとっては、定年後 [続きを読む]
  • 50代で身体を引き締めたい方にオススメのダイエット方法
  • 50代で身体を引き締めたい方にオススメのダイエット方法これからご紹介する動画は、私が数ヶ月間実践して最も効果が出たダイエット方法、といってもエクサイズという表現が正しいかも知れないが、皆様にオススメしたいので、ぜひご覧頂きたい! このエクサイズは、最初はキツイが慣れてくると面白いほど効果が現れる。 ふくらはき・太もも・下腹部など脂肪がつきやすく、かつ、落ちにくい部分に効くものである。 もちろん、日々の [続きを読む]
  • 日本人は糖尿病になる人が多い?糖尿病にならないための食事の注意点
  • 50歳を超えると、成人病にかかるリスクを気にするようになった。 私が気をつけたいことは、要介護とならない老後を過ごすことである。 そうであれば、今から健康に留意して、やがてくる高齢者になった時に、「もっと健康に留意しておけば良かった」と後悔しないように、今から出来ることはやっておきたいと思っている。 そこで、成人病の代表格である糖尿病について調べてみたのでこのブログでその内容を書いていく。 日本人は糖 [続きを読む]
  • 50代前半で早期退職を検討している方へ その2
  • 50代前半で早期退職を検討している方へ その2 昨日に引き続き、50代で早期退職を考えている方への記事を書いていこうと思う。 50代前半で早期退職を検討している方へ その1さて、50代前半で、早期退職を考えている方もいらっしゃる事だと思う。 出来ることなら、私もそうしたい! しかし、早期退職するためには、住居費と生活費をどのように工面するかがポイントとなるはず、 ...50代前半で早期退職を検討している方へ そ [続きを読む]
  • 50代前半で早期退職を検討している方へ その1
  • 50代前半で早期退職を検討している方へ その1さて、50代前半で、早期退職を考えている方もいらっしゃる事だと思う。 出来ることなら、私もそうしたい! しかし、早期退職するためには、住居費と生活費をどのように工面するかがポイントとなるはず、 早期退職したいその理由社畜と呼ばれる今の立場から脱したいと言う理由もあるだろうし、職場の人間関係に疲れたと言う理由もあると思う。 諸外国とは違い、日本の場合は早期退職の [続きを読む]
  • 50代でも男磨きを忘れない!人生の後半を充実させるために!
  • 今日は2018年10月1日。今年も残り3カ月となった。年初に何か目標を決めた方なら4分3が過ぎて今の進捗状況を振り返ってみよう! 50代でも男磨きを忘れない!人生の後半を充実させるために!生きがいを見つけよう今年の9月までにいろんな出来事が起きた。 3月には高校時代の野球部の仲間とマスターズ甲子園に出場しようということで、何十年ぶりに当時の仲間とボールを追いかけるようになった。 これが今の自分の生きがいとなって [続きを読む]
  • 不倫について考察してみた
  • 不倫について考察してみた不倫に関して勢いのまま、私見を書き綴ることにした。きっかけは、不倫に悩む数多くの女性のツィートを見たからである。 今まで幸せだった家庭を壊す要因となる不倫。 本人は、墓場まで持っていくつもりだろうが、もし発覚した場合、本人たちの想像を超える数多くの方々を 不幸にすることには違いない のである。 夫の不倫で離婚した女性の苦労子供がいながら夫の不倫で悩む女性が多く、このまま婚姻関係 [続きを読む]