かたぐるま さん プロフィール

  •  
かたぐるまさん: 名言に学ぶ
ハンドル名かたぐるま さん
ブログタイトル名言に学ぶ
ブログURLhttp://fanblogs.jp/kataguruma2705/
サイト紹介文日々の自分自身への反省を名言を紹介しながら、綴りたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 176日(平均6.0回/週) - 参加 2018/02/20 18:24

かたぐるま さんのブログ記事

  • まだ他に何ができると思いますか?
  • ギリギリのところでも何とか踏ん張って、あと一歩先を目指していこう。限界になるともう後がないのだから、今までとは違った発想と行動ができる。あきらめるか踏ん張るか、ほんのわずかなところで未来は変わる。万策尽きてもうだめだと思う先に成功はある。ジェームズ・ダイソン(ダイソン社創業者)にほんブログ村LINE ID caster4343 [続きを読む]
  • 先延ばしせずに、いまから何を始めますか?
  • 思いついたら先延ばしせずに、できるだけ早く行動に移す習慣をつけよう。周りの環境は自分の都合に関係なく、常に変化しているのだからいま考えていることが明日できるとは限らない。タイミングを逃さないようにしよう。時のある間にバラの花を摘むがよい。時は絶えず流れ行き、今日微笑んでいる花も明日には枯れてしまうのだから。                         ロバート・ヘリック(詩人)にほんブログ村LI [続きを読む]
  • 事実をどのように把握するようにしていますか?
  • 憶測や噂ではなく、事実がどうなのかを自分自身で確かめるようにしよう。状況を正確に把握できていなければ、正確な判断と行動もできない。最初の段階にズレがあれば、その先の行動は的外れになってしまう。事実がどうなっているかを知ることが、解決のための第一歩です。加藤諦三(社会学者)にほんブログ村LINE ID caster4343 [続きを読む]
  • どんな流れをいま感じていますか?
  • 周りの環境や情勢の変化から、どう進んでいくのかを考えてみよう。物事が起きるにあたっては、必ずその原因があり、変化する前兆がある。変化を察知して、流れを読むことで、自信につながる見通しをつけていこう。先の見通しを持つということは、すでにあった事実の中から、ある一つの方向をもった流れを見つけ出すということである。加藤周一(作家)にほんブログ村LINE ID caster4343 [続きを読む]
  • 基礎をしっかりさせるということは、あなたにとってどんなことになりますか?
  • 基礎がしっかりしていなければ、見た目が一時的に良くても、それは長続きはしない。逆に、基礎がしっかりできていれば、いくつもの可能性を秘めた応用が考えられる。見た目は地味でも、基礎をしっかりさせることは、後々の成長に大きく影響してくる。ありもしない土台の上に、壮大な殿堂を築き上げようとすることは愚行である。                       ノーマン・メイラー(作家)にほんブログ村LINE ID [続きを読む]
  • どんな人物像を目指していますか?
  • 自分がそうなりたいと思う、理想とする人物像を頭に描いてみよう。具体的にイメージして、具体的な行動や態度も、そこを目指していこう。言葉だけで考えるより、ビジュアル的に考えた方が、イメージはしやすくなる。人は誰でもそう見られたいと思っている人物像になっていくものだ。                     デニス・ウェイトリー(思想家)にほんブログ村LINE ID caster4343 [続きを読む]
  • 他の業界の人から見ると、変だと感じる業界事情は何ですか?
  • いままでの常識や先入観によって、視野を狭くしないように注意しよう。当たり前と思うことも、立場が違う人から見れば、違和感を感じることもある。素直な気持ちで見たときに、違和感を感じるところにチャンスは潜んでいる。素人だからこそ、玄人にはわからない商機がわかる。                小林一三(阪急グループ創設者)にほんブログ村LINE ID caster4343 [続きを読む]
  • チャンスのもとになる種まきを、毎日どのくらいしていますか?
  • チャンスを待つだけでなく、そのきっかけになることを自らつくり出していこう。きっかけになるような種を蒔いていけば、何かのチャンスがそこから生まれるし経験するうちに要領も得てくる。環境が整うのを待っていては、チャンスは通り過ぎる。理想の環境なんて待つな。最高のチャンスも同様だ。そんなものは、決して来ない。ジャネット・E・スチュアート(女性聖職者)にほんブログ村LINE ID caster4343 [続きを読む]
  • 一日を充実させるために、どんなことをしてみますか?
  • 今日一日が、充実し満足した一日に感じられるように、全力を尽くそう。将来のことを考えるのも必要だが、目の前の一日が疎かになっては、意味がない。毎日の満足度を高めれば、その積み重ねが、自然と未来の充実につながる。「今日一日の枠の中で生きる」習慣を身につけるように心がけるべきでしょう。ウイリアム・オスラー(医学者)にほんブログ村LINE ID caster4343 [続きを読む]
  • 自分がどんな接し方をされたいですか?
  • 相手を理詰めで追い込んで、それで自己満足しないようにしよう。理論で抑え込み勝ったとしても、それは人間関係では負けているに等しい。相手の立場になって、この先どうすればお互いに成長できるかを考えよう。選手との対話術成功の秘訣といっても、、決して相手を追い詰めないこと、理詰めでいっても、必ずどこか逃げられる道を開いておくことだね。藤田元司(プロ野球監督)にほんブログ村LINE ID caster4343 [続きを読む]
  • 相手の立場と気持ちになって考えていますか?
  • 正当化され理屈ではなく、本心に響く感情を大事にしよう。人の心は誰もが同じではなく、人それぞれ考え方も受け取り方も違う。どんな正しい理屈を並べても、心に響かなければ、相手には伝わらない。正しさだけでは人は動かない。共感には理屈よりも納得が必要なのである。カルロ・ペトリーニ(雑誌編集者)にほんブログ村LINEID caster4343 [続きを読む]
  • 自分と違う意見は、あなたにどんなことを考えさせてくれますか?
  • 相手の意見を聞くことと、同意することは別のことだと、正しく認識しよう。反対だから相手の意見には耳を傾けないということでは、適切な状況判断はできない。相手の意見をきちんと聞いたうえで、賛成か反対か、自分の意思表示をしよう。君の意見に賛成できないが、君が意見を述べる権利は死んでも守る。                           ヴォルテール(劇作家)にほんブログ村LINEID caster4343 [続きを読む]
  • 次のことを考えれば、いま何をしておくことが大事ですか?
  • 将来、衰退しないためにも、新しいことをとりいれていくことを心がけよう。たとえいま安定していたとしても、それがこの先も続くという保障は何もない。衰退する前に、次のことを生み出していけば、流れが途切れることはない。水の流れも澱めば腐る。経営も日に日に新しい流れがなくてはいけない。そうでないと、衰え、進歩が止まってしまう。松下幸之助(松下電器創業者)にほんブログ村LINEID caster4343 [続きを読む]