AAAKKK さん プロフィール

  •  
AAAKKKさん: 所持雑感
ハンドル名AAAKKK さん
ブログタイトル所持雑感
ブログURLhttp://aaakkkaaa.hatenablog.com/
サイト紹介文主に横浜について書くブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供146回 / 151日(平均6.8回/週) - 参加 2018/02/20 18:45

AAAKKK さんのブログ記事

  • 横浜短観 整い始めた戦力 打撃編
  • aaakkkaaa.hatenablog.com前記事で投手について書いています。先発が揃うのに想定以上に時間がかかってしまいましたが徐々に本来あるべき姿に戻りつつあります。絶対エースというには物足りないかもですが試合を作れる投手が6人いますからゲームメイクはし易くなっています。一般的なチームですと4、5人目から格が落ち始めますが横浜の場合、そういう投手がいないです。個人的懸念点は中継ぎ。酷使が理由というより、もともと [続きを読む]
  • 横浜短観 整い始めた戦力 投手編
  • ①、先発陣先発陣は整い始めていますので気にしてなかったです。思った以上に時間がかかったと思う方の方が多いでしょうか?交流戦明け横浜が走り始めると思ったのは先発が整うからと思っていたからなのですが、こう投打がかみ合わないというか流れが悪かったです。石田、今永、濱口、東、ウィラード、伊納のローテはセで一番の陣容と思います。代わりに飯塚、熊原、平良、京山、バリオスらが出づらくなっていますが伸びしろの [続きを読む]
  • 伊藤の第一印象について
  • 相手打線の特徴、自軍投手の把握が済んでないと思うので配球のべース、2016年の戸柱同様、今はベンチと見ています。それでもバリオスに始まり、武藤、須田、加賀、パットンと救援陣を上手くリードしたと思っています。もし、あのリードのすべてを伊藤が主導していたら、おっと思う印象でした。7回の加賀とか上手く操っていたように感じました。baseballking.jpラミレスも、「彼にとって初戦ですけど非常に良かったと思い [続きを読む]
  • ラミレスが優勝に向けて仕掛ける事とは?
  • 首位広島との差、7.5ゲーム。優勝ラインを80勝とみて、広島 46勝32敗(前半戦終了時) 34勝33敗横浜 36勝40敗(前半戦終了時) 44勝21敗広島が5分、かつ横浜が後半戦2勝1敗ペースで追いつけます。広島さんが後半戦5割ペースで行くかは他力です。それ以上のペースで勝ち進んだ場合はしょうがないです。横浜としては自力として2勝1敗ペースを確立できるかです。www.hochi.co.jp勝率で6割を超えますから勢いが必要で [続きを読む]
  • 高城流出で横浜が失ったもの
  • 暫く捕手関連期の記事が続きます。伊藤がインしたのは大きな切っ掛けになるかもですが現時点では『かもしれない』。可能性の世界です。一方、高城流出により失ったものは確定しています。掲示板などでの高城への批評を聞きますと彼への評価が低すぎる気がします。今回、彼の良さを改めて確認するとともに、横浜の後半戦に向けての懸念を記事として書きたいと思います。まず第一に高城は横浜の捕手陣の中心だった点です。戸柱、 [続きを読む]
  • 優勝を意識した?トレードに思う
  • 思惑的に内野の層が薄い(伊藤が1、3塁で昨年12試合出るぐらい)オリックスと優勝する為に捕手の打力を強化したい横浜の思惑が合致したトレードかとは思っています。どちらが主体的に申し込んだかわかりませんが高城まで放出した経緯をみるに横浜でしょうか?白崎の高い素質。器の大きさは衆目の一致することでしたし構想的に外れかけていた故に記事でも書いていますが、第二の大田になる可能性もあり白崎にとっては良いこ [続きを読む]
  • 配球ストーリーがなかった戸柱・砂田バッテリーに思う
  • ひやひやもの配球でしたが今の横浜のキツさ、綱渡り状態を覚えます。2カード連続勝ち越しこそしていますが試合展開の不味さもあって各所で批判されています。さて、問題の戸柱・砂田バッテリーです。苦しかったですね。場面は8回、点差は6-3勝ち継投でパットンが登板しますが1点失い6-4。ワンアウト、ランナー1,3塁。一打逆転の場面で砂田が登板します。亀井を打ち取り相手打者は宇佐美。配球ストーリーがなく結果オーラ [続きを読む]
  • 勢いが総て急速に萎む優勝への機運とロペス昇格、ラミレス勝負の時
  • 野球は勢い。abematimes.com勢い=流れ、空気感。この空気感が急速に悪化しています。勢いを大事にする監督ですのでイロイロ気遣いを発揮します。チーム内の空気が悪くなるような発言はしません。他、イロイロありますが(優秀なマネージャーとしての素養を見せています)、個の弱さはカバーしきれないようですね。管理職ならわかると思いますが部下の能力不足をマネージメントでカバーするのには限界があります。モチベーショ [続きを読む]
  • 中途半端が招いた敗戦と嶺井の配球について雑感
  • まず最初に中川が落球しなかった場合、試合の帰趨は別のモノとなった可能性が高いです。そして捕手の嶺井が高めのつり球を続けてなければ、これも別の未来があったかたもです。嶺井は良く続けるんですよね。昨年も上手く、対比させる球を意識させて続けてました。aaakkkaaa.hatenablog.comにて嶺井を評し、フォークを意識させつつ直球主体で、投げるぞ、投げるぞと散々エサをばら撒き目線を上に挙げておいて最後にフォーク。っと [続きを読む]
  • 成長が止まったと錯覚するような横浜の野手陣について雑感
  • 横浜の若手野手陣が伸び悩んでいるように感じます。どうして彼らは打てないのでしょう?桑原、倉本、乙坂はじめ2015年より成長しているように見えますが結果を出せていません。柴田や戸柱も2016年を想うと成長しています。ですが彼らは思ったような成績を出せてないです。この辺が今の野球の難しさでしょうか?野球の質が変化し続けています。成長しない=淘汰となっています。一昔前なら堅守と言われただろう倉本の遊撃守備が [続きを読む]
  • WARでみたセ戦力、近々16試合の数字について投手編
  • 野手編に続いて投手編です。使う数字はWAR。投手WAR5/30(47試合分)と6/20(63試合)、その増減(16試合分)*各チームの試合数が違いますが計算しやすさを優先して均しています1位 阪神 +10.8⇒+12.6 ⇒+1.82位 巨人 +7.5⇒+12.4 ⇒+4.93位 ヤクルト +7.5⇒+12.3 ⇒+4.74位 横浜 +7.4⇒+10.1 ⇒+2.75位 広島 +5.8⇒+6.9  ⇒+1.16位 中日 +4.7⇒+5.5  ⇒+0.816試合だけ切り取った絶対値で観ますと巨 [続きを読む]
  • WARでみたセ戦力、近々16試合の数字について野手編
  • 暫くセのチームと対戦しておらず、今の横浜がどの程度通用するかわからないです。数字何て見ませんからね。どうしてもアナログ情報(視聴結果)に頼りがちになります。それでも参考程度にですが近々の数値変化で大よその現在地について語りたいと思います。自分が知りたい面もあります。横浜のこと(復帰組の状態やラミレス采配の解説)で手一杯で他球団の事を気にかけられていませんでした。前回記事aaakkkaaa.hatenablog.com当 [続きを読む]
  • 昔なら勝てない試合で勝った横浜、飯塚初勝利
  • 記事内容的には今永(あえて続投させています)の敗戦記事の方が面白いですが飯塚について。投球内容的に苦しい状況でした。ボール球を振らせたいのはわかるのですが使い過ぎです。ヤスアキ戸柱バッテリーを思いだす配球でランナーを出すわ、出すわ。5回を投げて与四球5、被安打5。それでもホームランのみの1失点。西武からするとどうして点が奪えない、ホームランでしか点を奪えないのか?!!(怒)的な状況なわけで、横浜ファ [続きを読む]
  • 大きな勝利、総力戦、動いたラミレス
  • 監督、流れを変えたかったようですね。風が強く強風で中止になるようなマリン。上空風が渦巻くそうですが、そんな球場で外野守備に不安がある佐野(本日3打数2安打)を一塁でなく外野で先発起用しています。そして調子の良い中川(5打数2安打)を一塁へ。この布陣、次カードの京セラドームで試すかもと思ったのですが流れを変えたかったようです。点を奪いにいきました。そのかいあってヒットは打ったのですが・・・点が入りま [続きを読む]
  • 日ハムさんに三連勝したからと言って大丈夫と言える状態でもないです
  • っとメガネ高城と今永の初勝利について - 所持雑感にて書いたのは遠い昔に感じます。まぁ、そりゃWARでリーグ最下位クラスなんですから仕方ないですよ。大ゴマのロペス、梶不在でソトまで発熱。泣き面にハチですね。大和不在(打球が当たって欠場)も地味に響いている感じです。守備力落ちる感触を覚えます。打てないと、あーして、こーしてと打てないなりの何かを求めたくなりますが、それ技量がないと無理です。中日荒木のよ [続きを読む]
  • DeNA今永が今季初勝利「高城のリードに感謝」した理由について雑感
  • 実態との比較で評価の低い捕手と思われる高城。ネットだけでなく御冗談でしょっと思うようなコメント、書き込みを当ブログでも書きこまれてもいます。わざわざ悪口を書き込まなくてもと思うのですが・・・捕手評価難しいです。乖離が酷いので彼のフォロー記事を良く書いてました(過去形になりつつあります)。まずまず良い捕手と思っています。その理由の一端が彼の姿勢。能力でなく姿勢です。いろいろと課題はありますがメンタ [続きを読む]
  • メガネ高城と今永の初勝利について
  • aaakkkaaa.hatenablog.com雨の影響で今日はメガネしていませんでしたが、メガネ高城に希望を見出した理由に今永の存在がありました。実は今永、先週のソフトバンク戦でノックアウトこそされましたがストレート来てまして。より正確を期すなら来ていたのですが途中で自滅しちゃっています。原因は今永なんですが、どうも山口なみに神経質ぽい一面があるようですね。変化球が思ったところに投げれなくて修正しようとしていたら [続きを読む]
  • メガネ高城に希望を覚えた夜
  • ようやっと高城らしい感じの配球を見れました。今日、メガネをかけていましたが視力、悪かったんですかねaaakkkaaa.hatenablog.com嶺井ロスも幻想だったと皆さん、感じて下さっている事でしょ。単純に投手の状態が悪かっただけです。(ある意味で、より最悪ですけど)+パリーグの各打者が振れているのもありますかね。普段対戦しないので、どうしても力対力に陥り易いです。力がないと知恵(配球)も、なかなか活かせません [続きを読む]
  • 井納先発復帰と賭けに負けたラミレスについて雑感
  • 開幕前井納の中継ぎ配置を賭けと評していました。aaakkkaaa.hatenablog.comaaakkkaaa.hatenablog.com当時記事で井納の力が熊原、飯塚、京山らに劣っていたわけではないのは今シーズン終わる事でわかるかもです。普通に考えれば井納の方が上です。っと記述していましたが、今の所、そんな感じになっています。そんな井納を見込みで中継ぎに配置したわけです。その賭けにはラミレス、負けたようです。賭けをした以上ラミレス [続きを読む]